2009年07月25日

夏の豊かな潟

日の出  カワラヒワの幼鳥
潟の日の出、稜線に射した光で 雨雲の一部が黄金色に輝く・・・

コヨシキリの親子  コヨシキリの親子
潟の葦原では 巣立ちした子供達がエサを待ち望んでいる。

コヨシキリの親子  オオヨシキリ
親鳥達は 給餌と 周辺の警戒に忙しそう・・・

コヨシキリの幼鳥  ハグロトンボ

ハグロトンボ  アオモンイトトンボ
ハグロトンボ(♀) 光に透けた羽紋が何とも綺麗だった。        緑(♂)と赤(♀)が美しい  アオモンイトトンボ

ホオアカ  モズの幼鳥

コヨシキリ  モズ(♂夏羽)
posted by 子猫 at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 信越地方の探鳥(蝶)旅

2009年07月24日

ヨシゴイを見に !

090724_001  090724_002
  このカモ・・・何と何の混血(?)

090724_003  090724_004
 湖面がハスで覆い尽くされた湖、この中に ヨシゴイ は居るはず・・・
 雨上がりの気温33℃、ムッとするような高湿度で 木陰でジッとしていても汗が噴き出してくる。

ヨシゴイ_005  ヨシゴイ_006
 そんな中、Mさんが1時間近くも歩き回って ヨシゴイ を探してくれた。 感謝々々!

ヨシゴイ_007  ヨシゴイ_026
 餌となる小魚が豊富なので、近くに人が居ても 気にする様子はまったく感じられない !

ヨシゴイ_008  ヨシゴイ_009
 一度 姿を見つけると、あっちにもこっちにも居る。 後は撮り放題・・・ しかも、その距離 5〜10m

ヨシゴイ_010  ヨシゴイ_011

ヨシゴイ_012  ヨシゴイ_015
     胴体よりも 長〜い首 ・・・ 縮めている時の 首の骨は どのような形で仕舞われているのだろう???

ヨシゴイ_013  ヨシゴイ_014
 何という脚力(握力)・・・ハスの茎を握ってダイビングした後、バネ仕掛けのように元の体勢に戻る!!!

ヨシゴイ_020  ヨシゴイ_016

ヨシゴイ_017  ヨシゴイ_018

ヨシゴイ_019  ヨシゴイ_022

蓮の葉の上からの漁は、やはり安定が悪いのか(?) 時折バランスを崩し翼を広げて調整していた。
ヨシゴイ_021  ヨシゴイ_023
                                               でも、獲物は捕り逃がさない!
ヨシゴイ_024  ヨシゴイ_025
posted by 子猫 at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 信越地方の探鳥(蝶)旅