2010年06月29日

道北の鳥見旅−7

朝食までに戻る予定で、朝4:00にホテルを出て、昨日の 森林公園へ ・・・
アカゲラの巣立ちが見れるかも知れない ・・・ との期待からだ !

しかし、森の中の4〜50m離れた所から アカゲラの声はするものの、雛も 親も その姿が無い。。。
どうやら、昨日の午後に巣立ちしたようだ。

森林公園の中を 少し歩いてみるが、葉が茂っている為、他の鳥達の姿も 見付ける事は出来なかった。

  
            エゾアカゲラ                                     ヒヨドリ

  
           ニュウナイスズメ                                  ニュウナイスズメ

ホテルへ戻り 美味しい朝食を摂った後は、お風呂で汗を流しスッキリと ・・・
カメラ機材以外を スーツケースに納め、宅配便で自宅へ送ってもらうよう ホテルのフロントに依頼し、
11時の チェックアウトまで、部屋で一休み ・・・

レンタカーの返却もあり、12時過ぎには 旭川空港へ着いたが、空港周辺にガソリンスタンドが無い !!!
仕方なく レンタカー会社で聞くと、4qほど離れた所にあるとの事。
ガソリンを 満タンにして戻ってくると、時間は 12:30を回っている。 返却手続きも まだなので 少々焦った。
posted by 子猫 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2010年06月28日

道北の鳥見旅E-1

朝4:30ごろから ホテル周辺を探鳥 ・・・ 今日も暑くなりそう ・・・
庭の木の天辺で、綺麗な鳴き声がする。 アオジの “さえずり”だ!

  
            アオジ                                      ニュウナイスズメ

川沿いに出ると、コマドリ や カワラヒワの “さえずり”も・・・
ホテルの中庭に戻ると、庭の木に ベニマシコが来ていた。

  
            ベニマシコ                                      ベニマシコ

  

旭岳の駐車場周辺からの トレッキング・ルートも、手入れや 管理がなされていないのだろう
草がぼうぼうで 木道も腐り 折れたり 欠落したりしているので、散策するのを諦める。

  
            キセキレイ                                      キセキレイ

旭岳を早々に切り上げ、K森林公園 へ行ってみる事に・・・
オオルリ や キビタキの “さえずり”が聞こえる。
現地でお会いした 地元のバーダーさんに、エゾアカゲラ や エゾフクロウ が比較的 見やすいポイントを教えて頂いた。

  
           エゾアカゲラ                                      エゾアカゲラ

  
           エゾアカゲラ                                      エゾアカゲラ

  
           エゾアカゲラ                                      エゾアカゲラ

  
           エゾアカゲラ                                      エゾアカゲラ

シマアオジ だけは 『外れ!』 だったが、ウトウ に ケイマフリ、ウミスズメ、オオジシギ、ギンザンマシコ、クマゲラ、等々
見たいと思っていた鳥達を、一通りGETでき、満足、満足、大満足 !!!

今日帰るお二人を 旭川空港まで送り、私は ナキウサギが見てみたくて、旭山動物園へ ・・・
posted by 子猫 at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

道北の鳥見旅E-2

午後から “ナキウサギ” & “昼間のシマフクロウ” が見てみたくて、旭山動物園へやって来た。
日本一との評判の『旭山動物園』・・・ 駐車場には 50台ほどの観光バスが止まっている。

西門の方へ回り、駐車料金 500円、入園料 800円を払って中へ入る。
気温33℃、コンクリートで囲まれた園内は、昨日の旭岳 以上に暑い !!!

まずは、北海道産動物のコーナーへ 行ってみる ・・・
キタキツネ や エゾリス、エゾフクロウ、アカゲラ などが居るものの ナキウサギ は居ない !
猛禽舎には、2羽のオジロワシが じぃ〜として居るだけで、全く動か無い ・・・ シマフクロウ も居ない !

動物の行動展示をする動物園として、超有名なのだが ・・・ 他の動物園と どこが違うのだろう ???

案内係の人に聞くと、ナキウサギ、シマフクロウは、現在は飼育されて居ないとの事。 ガァ〜ン!
暑い中、『骨折り損のくたびれ儲け』なのか(?)

  

連泊予定のホテル 「 ディアバレー 」 に戻り、お風呂で汗を流す。。。

夕方6:30ごろ、部屋の窓から ふと裏庭を観ると、森の中から エゾジカ が用心深く 此方の様子を伺っている。
やがて、辺りを警戒しながら 裏庭に姿を現し 草を食みだした。

  

今夜も美味しいディナーをいただき、道北の旅、最後の夜を の〜んびり、ゆったりと過ごす。
posted by 子猫 at 11:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2010年06月27日

道北の鳥見旅D

朝 5:00 旭川市内の ブラザホテルを出発 ・・・
途中、今夜の宿「ホテル・ディアバレー」に立ち寄って、ロープウェイのチケットを貰い 6:00 の便に乗る。

遊歩道にも50cmの残雪が有ると聞いていたので、カッパやレインスパッツ、簡易アイゼンまで
持って行ったのに ・・・ 姿見駅を出ると、朝なのに寒いどころか 気温23℃。。。

まずは、第3展望台へ行く ・・・ 既にカメラマンが5名、20分ほど前に ギンザンマシコの姿を見たとの事 !
30分ほど待機してみたが、第4展望台でも ギンザンマシコが出たとの情報があり 移動する事に ・・・

  
        第4展望台から見る朝の旭岳山頂                   第4展望台から第3展望台方向を望む

  
            エゾシマリス                                     エゾシマリス

  
            エゾシマリス                                     エゾシマリス

日が昇り、朝8時を回ると気温がどんどん上がる。 リュックに付けた温度計は 28℃を指している。
無風状態で太陽がギラギラと照りつける・・・寒いと思い、関西では春先に着る服装で登って来たので、暑くてたまらない。
しかも、ブヨが多く何十匹も周りを飛び回るから、手袋や長袖、首まわりのタオルは外せない !!!

1本しか持って行かなかった ペットボトルの飲み水が すでに底をついた ・・・
遊歩道を下って、姿見駅の売店まで 飲み水を買いに行くしかない。。。

戻ってくると、第4展望台から 階段状の岩を 20mほど下りた場所で ギンザンマシコが姿を見せていた !!!
鳥までの距離も近い ・・・ だが、カメラが手元に無い ・・・ あぁぁ〜〜〜 ついてない !

  
            ノゴマ                                        ノゴマ

やっと ギンザンマシコが姿を見せた ! しかし、遠い 100mほど離れている。
7年前に来た時と 同じような距離だ !

  
           ギンザンマシコ                                  ギンザンマシコ

  
           ギンザンマシコ                                  ギンザンマシコ

  
            キセキレイ                                     カヤクグリ

午後6時の最終まで居る予定だったが、あまりの暑さに、ギブアップ ・・・ 午後2時過ぎには下山。。。
エアコンの効いた売店で、ソフトクリームを注文 !!! 生き返る思いだった。

ロープウェイから車で5分ほどの リゾートホテル 「 ホテル・ディアバレー 」 へ
此処は、部屋数が25部屋ほどの プチホテルで、品の良いザービスと 美味しい食事で、リビーターも多いと聞く。

3時を回っていたので、チェックインし お風呂で汗を流す ・・・
夕食までの間、部屋で一休み と思いきや、部屋にはエアコンが無い !
しかも、夕日がまともに差し込むので 再び汗が流れてくる ・・・

支配人にお聞きすると、この地で30℃を超える日は、年に1、2度あるか無いか(?) なので、
この辺りのホテルには、どこもエアコンの設備は無いらしい ・・・
仕方が無いので、木陰に座って やって来る鳥達を見ている事に。。。

  
            カワラヒワ                                      モズ
posted by 子猫 at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2010年06月26日

道北の鳥見旅C-1

朝4:20 民宿「あしたの城」を出発しようと車を発進させた途端、
民宿入り口の道路に エゾセンニュウ らしき鳥が ・・・
車をバックさせ、カメラを持って行くと ・・・ もう居ない !!!

サロベツ原生花園へ行ってみるが、風が強く ウィンドブレーカーを着ていても まだ寒い。
シマアオジの姿は無さそうなので、下サロペツへ回る事に ・・・

駐車場の近くでは、今朝も コヨシキリが 朝日を浴びながら盛んにさえずっている。

  
            コヨシキリ                                      コヨシキリ

  
            コヨシキリ                                      アオジ

  
            ツメナガセキレイ                                ツメナガセキレイ

鳥種は昨日と変わりないが、朝の為 太陽の位置が逆で、もろ逆光となり 写真が撮りづらい !

Mさんが 駐車場の柵に留まる カッコウを発見し 携帯で連絡してくれたのだが ・・・
到着と共に飛ばれてしまった。(うぅ〜ん残念!)

サロベツまで来たのだから パンケ沼も見てみようと、車を走らせる。

  
            ノビタキ ♂                                     ノビタキ ♂

  
            ノビタキ ♀                                     ノビタキ ♀

朝7:00 今日の目的地“S湖”へ向け出発 ・・・ R40を走り 先ずは美深へ !
posted by 子猫 at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

道北の鳥見旅C-2

パンケ沼 から S湖 まで 約150q、途中 美深の町の北で、休憩を兼ね 少し探鳥 ・・・
しかし、ニュウナイスズメと ツツドリしか見なかった。

10時すぎ、S湖に到着。
先客のカメラマン達が皆、カメラに張り付き撮影している。 クマゲラが現れているようだ。!!!

前回(23日)とは別の角度から狙おうと、距離は少し遠くなるが反対側の位置に陣取る ・・・

  
            クマゲラ ♂                                     クマゲラ ♂

  
            クマゲラ ♂                                     クマゲラ ♂

  
            クマゲラ ♀                                     クマゲラ ♀

  
            ヤマゲラ ♂                                     ヤマゲラ ♂

午後4時前、クマゲラのポイントを後に、23日に宿泊した「そばの花」前へ移動 ・・・
相変わらず アオジ、ニュウナイスズメ、ノビタキ、ベニマシコ、ホオジロ などが 頻繁に姿を現す。
距離 7〜8mで撮れるという事もあって、車中から撮影することに ・・・

  
           ニュウナイスズメ ♂                                 ノビタキ ♂

  
            ノビタキ ♂                                     ノビタキ ♂

午後5:30、今夜の宿泊地である旭川市内へ向け この地を後にする ・・・
明日は、早朝から旭岳だ !!!
posted by 子猫 at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2010年06月25日

道北の鳥見旅B-1

今朝はボートに乗り 海上からの撮影だ ・・・
朝6:00 予約していたチヤーターボートに乗り込み、海上から“赤岩”へ向かう。
ここ何日か 風が強かったり 波が高かったりで、出航出来なかったらしく
我々は「非常に幸運な人達だ!」と言われた!!!

“赤岩”の周辺に到着すると、海上には ケイマフリと ウトウが 沢山の群れに分かれ 浮かんでいる。
ボートがゆっくり近づくと 10mほどの距離までなら逃げないが、
さらに接近すると 水面を蹴って飛び出してしまう。

  
            ケイマフリ                                    ケイマフリ

  
            ケイマフリ                                    ケイマフリ

この時期、岩の上に上がって居る ケイマフリは 珍しいのだとか ???
サービス精神 旺盛な子が居て、よかった! よかった!

  
            ケイマフリ                                    ケイマフリ

  
            ケイマフリ                                    ケイマフリ

波間に浮かぶ 巾1.5mx長さ6mほどの 小さなボートは、木の葉のように よく揺れ、
被写体を フレームに入れるのが難しい !!!
ピントの許容範囲が広がるように、絞り値を F8 まで絞り込む。

  
            ウトウの大あくび                                 ウトウ

  
            岩の上で小休止                                  岩の上で小休止

  
        海面から岩によじ登る ウトウ                           海面から岩によじ登る ウトウ

  
       ディスプレー行動をする ウトウ                          ディスプレー行動をする ウトウ

  
            ウミスズメ                                      ウミスズメ

  
            ウミウ と 雛
posted by 子猫 at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

道北の鳥見旅B-2

朝9:40 の高速艇で 天売島を後にし、羽幌へ戻る ・・・
船中では、外の景色を見るより 今朝 海上から撮影した画像の削除作業に没頭 ・・・

10:40 羽幌港に到着、駐車場に置いてあった車に 荷物を積み込み サロペツへ向け出発 !!!
一路 オロロン街道を北上 ・・・ 天塩町から“道道稚内天塩線”と呼ばれる海岸道路を走るつもりが、
何処かで、入り口を見落としてしまったのだろう R40 と合流してしまった。
10q以上 内陸部へ入った事になる。。。 海岸道路へ戻らなくでは ・・・

幌延ビジターセンターに到着。
先客のカメラマン氏に聞くと、センニュウ類は駐車場の周辺、ツメナガ、アカエリは長沼の入り口付近との事 !

  

  
            ツメナガセキレイ                                ツメナガセキレイ

  
            ツメナガセキレイ                                ツメナガセキレイ

  
           アカエリカイツブリ                                アカエリカイツブリ

  
           アカエリカイツブリ                                アカエリカイツブリ

  
            ノビタキ                                       ノビタキ

  
            ノビタキ                                       コヨシキリ

サロベツ原生花園へ移動 ・・・ ビジターセンター直前の 草が刈られた路肩で、ジシギ発見 !!!
車にフロントガラスが 無ければ 撮れたのにぃぃぃ!

原生花園の木道を一週してみたが、ノビタキと ツメナガ程度で、お目当ての シマアオジは見かけない。
シマアオジ狙いのカメラマン氏に聞くと、朝に一度姿を見せただけだと言う・・・
しかも 100mほど先なので デジスコでも遠いらしい。。。

  
            ノビタキ                                      ツメナガセキレイ

  
            ツメナガセキレイ                                ツメナガセキレイ

原生花園へ到着する直前に ジシギを見かけた場所で、オオジシギの鳴き声がする。
車を止めて声のする方向を探すと、200mほど離れた上空を、此方へ向かって飛んで来るところだ !!!
三脚を出している暇は無い・・・ 手持ちで ピントが合った瞬間にシャッターを押した。

  
            オオジシギ                                      オオジシギ

今夜の宿は、サロベツ原野のすぐ側にある民宿「あしたの城(じょう)」だ。。。
posted by 子猫 at 11:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2010年06月24日

道北の鳥見旅A-1

昨夜から降り出した雨は、今朝になっても止まないので、朝食までの間、車中から探鳥する事に!!!
「 そばの花 」の前を流れる 朱鞠内川の岸辺には、オオイタドリが密生しており 餌となる虫たちが多いからか
ノビタキ、ベニマシコ、ニュウナイスズメなどが、頻繁に姿を現す。 カメラとの距離7〜8m・・・

しかし、車を運転しながら 助手席に置いた大砲レンズでの撮影は、レンズの取り回しが自由に出来ず、
撮り逃したショットも多い・・・

  
            ノビタキ ♂                                      ノビタキ ♂

  

  
                                                           不明の鳥

朝食後、チェックアウトし、クマゲラのポイントへ ・・・
駐車場の直前で、採餌中のクマゲラ発見 ・・・ 急遽、手持ちによる車中からの撮影となった。

  
            クマゲラ ♂                                      クマゲラ ♂

  
            クマゲラ ♂                                      クマゲラ ♂

車を駐車場に入れ、昨日の撮影ポイントで待機 ・・・ 相変わらず ブヨの大群が襲って来る・・・
雨は小降になっているが、昨日以上の暗さで、飛び物を狙う事は出来ない!!!

  
            クマゲラ ♂                                      クマゲラ ♂

  
            クマゲラ ♀                                      クマゲラ ♀

  
            クマゲラ ♀                                      ヤマゲラ ♀

このポイントには、ヤマゲラも多く 目の前を飛ぶ姿を何度も見かけた。
フェリーの時間もあり、11時ごろには切上げて、羽幌港へ向けて出発。。。
posted by 子猫 at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

道北の鳥見旅A-2

S湖を後にして 一山越えると、天候が変わり空は晴れて来た。
羽幌港へ向かう峠道は、数十キロにも渡って信号の無い区間があり 車にも殆ど出会う事が無く快適に走れる。
途中、キタキツネが道路を歩いていたので 車を止めると、車の側に寄って来て 食べ物を貰おうとする ・・・

フェリー乗り場を確認した後、時間に余裕が有るので、近くの“道の駅ほっとはぼろ”で昼食を。。。
この地は、日本一のアマエビの産地らしい・・・アマエビを使った 色々なメニューの中から、
“エビたこ餃子ら〜めん”( @ 900 ) を食べてみた。
見た目よりは あっさりしていて、けっこう美味しかった。

  
           エビたこ餃子ら〜めん                           羽幌フェリー(489トン)

此処のフェリーは、思っていた以上に小さく 横幅が10mほどしか無い ・・・
駐車場に車を置き 荷物を持って 人間だけ乗り込む ・・・
この船には ジャイロや スタビライザーが 搭載されていないのか(?) 横揺れがひどく
手摺りに掴まっていないと 立っている事も難しい!!!

天売港に着くと、今夜の宿「 オロロン荘 」のご主人が迎えに来てくれていた。
お聞きすると、『 ウトウの写真を撮りたいなら バスツアーよりも レンタカーが 絶対にお勧め! 』との事なので、
急遽「 おろろんレンタル 」で、軽四を借り 明るい内に、下見を兼ねて 島内を 一週してみる事に。

写真には撮れなかったが、車で赤岩展望台へ行く途中、道路に エゾセンニュウが降りている事もあった。

  
          赤岩の灯台と展望台付近                           赤岩展望台からの眺め

  
          赤岩展望台からの眺め                            赤岩展望台からの眺め

地面に空いた無数の穴ボコは、全て ウトウの巣穴らしい ・・・
半径150m、高さ100mほどの この一角に 60万羽を超える ウトウが生息するという。

  
          海面に浮くウトウの群れ                         海面に浮くウトウの群れ(アップ)

赤岩展望台を離れ 周遊道を東へ ・・・

  
            ノゴマ ♂                                      ノゴマ ♂

  
            コヨシキリ                                     コヨシキリ

1泊・18時間ほどの滞在予定だが、少々時間が足りないかも ???
posted by 子猫 at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

道北の鳥見旅A-3

午後5:30に、早めの夕食をとり まだ足下が明るい 6:30ごろから、赤岩展望台へ ・・・
太陽が沈み 周りが暗くなってくると、何万羽もの ウトウ達が 魚を咥え 一斉に巣穴に戻って来る。
その魚を狙って、待ちかまえていた ウミネコや セグロカモメの集団が ハトほどの大きさの ウトウに襲いかかる !!!

その為、ウトウは 飛行状態からいきなり巣穴に飛び込もうと、まるで 特攻隊のように突っ込んで来るので、
道路標識やガードレール、遊歩道の柵、案内板などに激突し、気絶する個体も多いのだとか?
しかし、彼らの体は頑丈に出来ていて、激突で死ぬ事は殆ど無いと聞く。。。

  
            ウトウ                                       ウトウ

  

例年なら、一度に 何匹もの魚を咥え戻って来るのに、今年は、殆どが一匹しか咥えていない ・・・
海の環境が変わり 魚の群れが少なくなっているのだろうか ???

  

             

辺りは真っ暗で、ライトが無いと足下すら見えない !

遊歩道に立って撮影していた Mさんが、撮影中のカメラに激突され、そのカメラで 鼻頭を強打 !!!
鼻血こそ出なかったが かなり痛そう ・・・

ウトウに激突され 怪我をしたのでは 物笑いの種と、遊歩道のフェンス内に しゃがみ込み、柵ごしに撮影していると、
今度は、ゴーンという音と共に、私の左頬に ウトウが激突した。

どうやら、柵に激突し、そのまま 柵をすり抜けて、私にぶつかったものらしい。
足下に落ちた ウトウは、ピクリとも動かない ・・・

十数秒も経っただろうか? 仰向けに転がった ウトウが、ケイレンを起こし始めた ・・・
やがて、意識の戻ったウトウは、もがきながら立ち上がり、ヒョコヒョコと歩いて遊歩道のフェンス内を出て行った。

  
         気絶し仰向けに落ちた ウトウ                      意識が戻り起き上がろうと もがく


 何事も無かったかの様に スックと立ち上がり 姿を消した

ヒチコックの“鳥”を 思い出させる光景で、まるで 鳥の集団に 自分が襲われているかの様な 錯覚さえ覚える。
日本広しと言えども、このような光景を 目の当たりに出来るのは、おそらく此処だけだろう!
鳥好きには、“一見の価値有り”の感動ものだった !
posted by 子猫 at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2010年06月23日

道北の鳥見旅@

まだ一度も行ったことのない道北 ・・・ いつものように Mさんが、企画してくれた。
ルートは、旭川 → 朱鞠内湖 → 天売島 → サロベツ原野 → 朱鞠内湖 → 旭川 → 旭岳 → 旭川 と回ることに !

3日前までは、最初に 旭岳へ回る予定だったものを、現地の天気予報などを調べ
急遽 ホテルなどの予約を変更してくれたものなのだ。

出発当日は、朝から雨 ・・・ リュックとスーツケースに レインカバーをかけ、傘を差して自宅を出る。

到着した旭川空港は 曇り、予約してあった レンタカーを借り、旭川市内の 上川神社へ ・・・
過去には、チゴハヤブサが 目の前で見れたらしいのだが、今回はその姿が無い !!!
早々に諦め、クマゲラが見られるという S湖へ移動。

クマゲラに関しては、ピンポイントでの 位置情報が有る。

到着は 17時ごろで、曇り空の為か(?) 林の中は可成り暗いが、ISO感度を1600まで上げることで、
止まっている物なら 何とか撮影ができそうだ !

待機していると、プヨの大群が周りを飛び回る。 長袖、長ズボンに手袋、首にはタオルを巻いて防御。
虫よけスプレーは必修アイテム ・・・

  
     関東や九州方面から来られた先客さん達                       クマゲラ ♂

  

  

今夜の宿は、朱鞠内湖から車で5分ほどの所にある 「 そばの花 」 というペンションで、
その名の通り“蕎麦”づくしの料理が味わえ、一日3組までとの事・・・
こぢんまりとはしているが、上質でインテリヤなどには可成りのこだわりを持って居られる感じが伝わってくる。

  
           朱鞠内湖 そばの花                                蕎麦づくしの料理
posted by 子猫 at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2010年06月06日

ホイホイホイを探しに

サンコウチョウ、オオルリ、キビタキ を探しに、軽い 300mmのレンズを持って茶処へ・・・
山に入るなり オオルリ、キビタキ の声が、あちらこちらで響いている。
谷筋に入ると、ホイホイホイ の声も ・・・
しかし、声はすれども ・・・ で、姿が見付けられない!

  
             メジロ                                       キンモンガ

人の目には明るく感じる森の中も、カメラにとっては ものすごく暗い
ISO感度:1000、絞り F:4.0 で、シャッタースピードは何と 1/40 にしかあがらない。
  
            サンコウチョウ                                   サンコウチョウ

  
            オオルリ                                       オオルリ

背後で、アオゲラが けたたましく鳴き続ける ・・・
声を頼りに その姿を探すと、ヘビが巣穴を襲撃している最中だった。
ヘビは 直径2cm、長さ1m以上もある アオダイショウ だ ・・・
  
            アオゲラ                                       アオゲラ

  
     アオゲラの巣穴から出てくる ヘビ                        卵を飲み込み去って行く アオダイショウ

午後からは、場所を移動して ハヤブサ を見に ・・・
  
          雛に給餌する ハヤブサ                            雛に給餌する ハヤブサ

  
posted by 子猫 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2010年06月05日

オオヨシキリ

今日もまた オオヨシキリ・・・
先週と異なり、今日は 葦や 茂った木の中で鳴く事が多く、写真の撮りやすい所へ出てくれない。

  
            オオヨシキリ                                     オオヨシキリ

  

  

飛び出しを狙ってみたが ・・・ どれも失敗 ・・・ トホホ
シャッターボタンを押した 直前の何コマかが撮影される「前後撮り連写」機能が欲しい ・・・
  

  
posted by 子猫 at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイフィールド