2011年09月28日

裏山への道

25日、裏山へ登るハイキングコースを歩いてみた。
蝶やトンボは非常に数が少なく、これといって変わったものも居ない・・・
キバナコスモスに ホシホウジャクが何匹も吸蜜に来ていた。  見た目以上に暗くSSが上がらないのでブレ画像を量産。

  
             ホシホウジャク                                ホシホウジャク

ふと後方を見ると、オオセイボウが来て居た♪  距離が近すぎてピントが合わない・・・
もたもたしていたら何処かへ飛んで行ってしまって、戻って来ない。(うぅ〜ん残念)

  
              オオセイボウ                                 オオセイボウ

  
         ポーズをとる ハラビロカマキリ                         ハラビロカマキリ

  
              ヒメアカタテハ                               ウラギンシジミ

  
     車の窓に留まった オオアオイトトンボ                            ナツアカネ

  
            ホオズキカメムシ ?                             ホオズキカメムシ ?

  
             ヒメスズメバチ                                   スズバチ
posted by 子猫 at 11:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2011年09月27日

樹液の広場

24日、お隣の市の樹液の出る木が有るお花畑へ、何か別の種が来ていないか?と見に行ってみた。
この日の樹液の木には、オオスズメバチが数匹 陣取っていて、チョット近寄りがたい・・・
サトキマダラや ヒカゲチョウなどがやって来るのだが、スズメバチが動き回るので直ぐに逃げてしまう。
草原の上には、黄色いトンボが何匹も飛び交っているが、留まろうとはしない・・・おそらく ウスバキトンボだろう。
樹液の木の近くの竹杭に、リスアカネが留まっていた。  ナツアカネも居る。。。

  
              リスアカネ                                   リスアカネ

  
              リスアカネ                                   リスアカネ

  
        間抜け顔の オオスズメバチ                              ナツアカネ

  
             ヒカゲチョウ                                  ヒメジャノメ ?
posted by 子猫 at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2011年09月26日

ドアップ−3

蛾やバッタ、アブ、爬虫類などもドアップに・・・
ヘビやトカゲなどを嫌う人は多いが、その目は鋭いときも有るが、私は結構可愛いと思う♪

  
              ニホンカナヘビ                               ニホントカゲ

  
              オオスカシバ                              ヒョウモンエダシャク

  
              アオメアブ                                  シオヤアブ

  
          オオカマキリ・フキバッタ                             ミヤマカミキリ

  
              クビキリギス                               ツマグロイナゴ

  
             ツクツクボウシ                                 ナナフシ

  
            ツヤチャイロコガネ
posted by 子猫 at 00:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2011年09月25日

ドアップ−2

トンボもドアップにしてみた。
昆虫の中でもトンボなら目が大きいから複眼の細部まで写っているかも?と思ったのだが・・・
しかし、以外と毛深く 雨粒や汚れをはじく構造になっているのが良く解る♪

  
              コオニヤンマ                                キイロサナエ

  
               コサナエ                                   ギンヤンマ

  
             シオカラトンボ                               ショウジョウトンボ

  
              ヒメアカネ                                  ミヤマアカネ

  
              マユタテアカネ                                マイコアカネ

  
              ノシメトンボ                                  チョウトンボ

  
            オオアオイトトンボ                               ベニイトトンボ

  
             グンバイトンボ                                キイトトンボ

  
            アサヒナカワトンボ                              モノサシトンボ

  
             ミヤマカワトンボ                               ホソミオツネトンボ
posted by 子猫 at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2011年09月24日

ドアップ

この夏に撮った虫たちの画像から ドアップに耐えられそうなものをピックアップして、リサイズをせず トリミングだけで
Blogに使っている 1350 x 900 に切り取ってみた。
作業を初めて気付いたのは、虫たちの正面顔を ほとんど撮っていないのだ・・・真横や斜め前からのショットばかり・・・
先ずは蝶から

  
               キアゲハ                                   キアゲハ

  
              オオムラサキ                                 オオムラサキ

  
             アサマイチモンジ                              イチモンジチョウ

  
              ホシミスジ                                 イシガケチョウ

  
             ミドリヒョウモン                                ルリタテハ

  
              アオスジアゲハ                             サトキマダラヒカゲ

  
              クロヒカゲ                               スジグロシロチョウ

  
              ベニシジミ                              ヒメウラナミジャノメ


              ツバメシジミ
posted by 子猫 at 14:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2011年09月22日

ギャラリー

西本町のオリンパス・ギャラリーで開かれている「海野和男」さんの昆虫写真展を見に行ってみた。
入口を入ってすぐの壁面に、全紙サイズにプリントされた蜂や蝶、蛾のクローズアップ写真が展示され、強いインパクトを受ける!
奥へ進むにつれ描写の雰囲気が変わり、広角や魚眼レンズを使った“虫たちの居る風景写真”的なものになっていて、
強い遠近感の有る山河の風景をバックに、カメラの直前に居る虫たちが生き生きと写し撮られている。

  
                               ( 携帯のカメラで撮影 )
  

野鳥写真から昆虫の世界へ足を踏み入れた私は、背景をぼかす事や フレームいっぱいに 虫を撮る事ばかりを考えていたが、
広角系のレンズを使ったこの描写方法は、何だか目新しく感じられ今後、挑戦してみたい気がする。
posted by 子猫 at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2011年09月19日

舞子はん

お城に マイコアカネが居るらしい・・・と知って半月、何度か出向いてみるが、出会う事が出来ず空ぷりばかり・・・
友人に詳細な場所を調べてもらい 今日行ってみた。
前回も探し回った場所なのだが、漠然と探すのと、居ると解って探すのとでは大違い・・・到着して、ものの数分で発見!
青白い顔に赤いべべ・・・体長35mmほどの小さな小さな赤トンボ・・・舞子という銘々がうなづける。
数枚撮影した後、嬉しくて友人に発見のTEL ♪

  
              マイコアカネ(♂)                             マイコアカネ(♂)
  

  
              マイコアカネ(♀)                             マイコアカネ(♀)

  
              マイコアカネ(♂)                             マイコアカネ(♂)
  


            おまけの コサメビタキ
posted by 子猫 at 22:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2011年09月15日

ミヤマアカネ−1

地元で見れる蝶やトンボは、何時も同じ様な種ばかりで、此といって目新しい物が居ない!
そんな時、友人のBlogに ミヤマアカネがアップされていた。
昔は何処にでも沢山居たトンボなのに、今では数も少なくなり 見れる場所が局地的になってきた。
友人に場所を聞き早速行ってみた。

お隣の県だが、自宅から電車で1時間チョットのこの小さな川は、水も澄みオイカワやカワムツの泳ぐ姿も見られる・・・
河原に降りると、体長3〜4cmのミヤマアカネが 彼方此方に沢山いて、どれを撮ろうか?目移りしてしまう ♪
それに、50cmぐらいまで近づいても逃げない・・・

  
             ミヤマアカネ(♂)                            ミヤマアカネ(♂)

  
             ミヤマアカネ(♂)                            ミヤマアカネ(♂)

  
          ミヤマアカネ(♂未成熟)                            ミヤマアカネ(♀)

  
             ミヤマアカネ(♀)                            ミヤマアカネ(♀)

  
    日の光を受け翅が黄金色ん輝く ミヤマアカネ             日の光を受け翅が黄金色ん輝く ミヤマアカネ

ISO感度を1600まで上げ、ミヤマアカネの飛翔を狙ってみたが、小さなトンボなのに 飛び出す速度は以外と速く
私の反射神経では、シャッターが下りた時には 既にフレームアウトしている。

  

  

照りつける太陽の中、気がつけば 1時間半ほどの間に430枚も撮影していた。
明るい場所のうえ、至近距離での撮影なので ブレやピンボケが少なく、帰宅後の画像整理が大変だ。。。
posted by 子猫 at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

ミヤマアカネ−2

ここを流れる川は、水が澄み水深が2mぐらい有りそうな場所でも 川底がハッキリ見える。
魚もメダカ サイズの小さい物から 20cmぐらいの物まで、多種に渡って生息しているようだ。
また、水面近くでは、ハグロトンボが何匹も飛び交っている。

  
              ハグロトンボ                                 ハグロトンボ

  
              ハグロトンボ                          カワムツ(全長17〜18cmぐらい)

  
             マユタテアカネ(♂)                           マユタテアカネ(♂)

  
           マユタテアカネ(♂未成熟)                       マユタテアカネ(♂未成熟)

  
             マユタテアカネ(♂)                           マユタテアカネ(♂)

日陰になる場所が無いので、9月半ばといえど暑くてたまらず、目的のトンボも沢山撮れたので、早々に退散する事に。。。
posted by 子猫 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2011年09月12日

裏山の湿地帯

裏山の森林公園へ行ってみた。
樹液の木から湿地帯のボードウォークへ回ってみるが、鳥はおろか蝶やトンボも居ない!

  
              ニホンカナヘビ                                ニホントカゲ

  
               オオカマキリ                               モリアオガエル

  
               ギンツバメ                                アサマキシタバ

  
               ザトウムシ                                 クロヒカゲ

  
             スジグロシロチョウ                            スジグロシロチョウ
posted by 子猫 at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2011年09月09日

奈良の池

8月の初旬には、トンボたちが沢山居た 奈良の池へ出掛けてみた。
周辺の田んぼでは、実の入った稲が ぼつぼつ頭を垂れかけていて、その上を アキアカネが飛び交っている。

池の水面は、相変わらず青々としたスイレンの葉で覆われているが、トンボたちの数が激減している。
特に、1ヶ月前には沢山居た チョウトンボが、今日は数えるほどしか居ない! しかも 翅はボロボロ・・・

  
            ギンヤンマの連結産卵                           ギンヤンマ(連結)

  
              マユタテアカネ                               マユタテアカネ

  
          翅がボロボロの チョウトンボ                         オオアオイトトンボ

  
               ベニイトトンボ                              モノサシトンボ

  
              アオモンイトトンボ                 もの凄い爆音で超低空飛行するタンデムローターのヘリ

土手の草地に目を凝らすと、イトトンボたちが あちらこちらで健在だ! ベニイトトンボも沢山残っていたが、
キイトトンボは一匹も見掛けない! (どうしたんだろう?)
posted by 子猫 at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2011年09月08日

再びお城へ

一昨日は見ることが出来なかったコルリ・・・今日は見れるかな?と 再びお城へ行ってみた。
しかし、今日もお目当ての鳥は姿を見せない!
現地に来ていた カメラマンによると、綺麗なキビタキ♂がいたらしい♪
ムシクイや コサメも居て 時間つぶし出来そうなので、暫く待機してみる事に・・・

  
              メボソムシクイ                              メボソムシクイ

  
               コサメビタキ                               コサメビタキ

やっと キビタキ(♂)が姿を見せたが、暗い上に逆光、留まった枝との組み合わせも悪く絵にならない!
が、やっぱり シャッターを押してしまった。

  
               キビタキ                                   キビタキ

持参した 400mm f5.6 のレンズでは、暗くてAFのピントが合わず誤動作ばかり・・・
仕方なく マニアルでピント合わせをするが、小さなファインダーでは ピントの山が解らない (トホホ!)
posted by 子猫 at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2011年09月07日

裏山への道

裏山へ登る いつもの道を歩いてみた。
民家が途切れた辺りで、コゲチャオニグモが ベッコウバチに襲われ、地面をジグザグに走り回って 何とか逃れようとしているが、
捕食者のハチの方が素早く ついにはその毒牙にかかってしまった。

両者共、走る速さが結構早く、しかもジグザクに走るので、カメラで追うのが難しいうえ、フォーカスが追い付かない!

  
         コゲチャオニグモ と ベッコウバチ                    ベッコウバチ と コゲチャオニグモ

  
          ベッコウバチ(体長25mmほど)                    ヒメスズメバチ(体長40mmほど)

大型のスズメバチが沢山いる中、体長20〜25mmほどで お腹の細長〜い虫が 蜜を求めて飛んでいるのだが、
なかなか留まってくれない・・・ハラボソツリアブの仲間のようだ!

  
              ハラボソツリアブ                            ハラボソツリアブ

  
              ヤマトシリアゲ                                 タマムシ

  
               コミスジ                                 ダイミョウセセリ

  
              アサマイチモンジ                                キチョウ


               ウスバキトンボ

オニヤンマのような留まりかたをする 赤トンボだなぁ〜と思って カメラを向けたら ウスバキトンボだった(ラッキー♪)
posted by 子猫 at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2011年09月06日

後の祭り

関西圏に多大な被害をもたらした、台風と5日間にも渡る長〜い雨が、ようやく上がり 抜けるような青空が戻って来た。
雨の合間に出掛けようと準備をし 戸口を出ると、また 降り出すありさまで、伸び伸びになっていた コルリを見に
お城へ出掛けてみた。
朝早くから行く必要もないだろうと、自宅を出たのは 10時30分・・・

コルリのポイントへ到着しても だぁ〜れも居ない・・・???
それらしき植え込みの中で、小鳥の動く影があり目で追ったが、チラッと見えた姿からは、どうやらムシクイのようだ。

後ろを振り返った時、7〜8mほど先の 下草の上に乗った枯葉が 動いたように見えた !
カメラで覗くと、なっなっ何と ジシギが居るではないか・・・ ♪ すぐさま シャッターを押す !
しかし、同じショットを数枚 連写した時、シャッター音に警戒したのか?いきなり東の方へ飛び去った。(うぅ〜ん残念!)

帰宅後、図鑑とにらめっこするが、何シギなのか?私には判別出来ない!
  
               ???                                  コサメビタキ

  
               コサメビタキ                               コサメビタキ

  
               コサメビタキ                               キジバト

現地でお会いした方にお聞きすると、昨日まで居た コルリはもう抜けてしまったようで、
3〜4ヶ所あったポイント全てで、その姿が見られないとの事・・・

ホトトギスを見たと言う方も居られたが、この時期のお城には、他に これといった鳥も居らず
早々に退散するはめに。。。
posted by 子猫 at 20:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)