2012年02月26日

ハイタカ

この冬は、鳥たちが少なく 獲物が獲れないからだろうか? 公園などで、猛禽が ハトやスズメを狙う姿をよく見掛けるので
今日は、猛禽を探しに大阪市内へ行ってみた♪
曇り空なので SSは上がらないだろうから、ハナっから飛び物は期待できない。

現場に到着すると、5〜6名のカメラマンが待機している。  見ると、お目当てのハイタカは 枝に留まって居るのだが、
動きが無いうえ 細かい枝が幾重にも重なっていて とてもじゃないが シャッターを押す気にはなれない・・・

  
               ハイタカ(幼鳥)                              ハイタカ(幼鳥)
  

近くの芝生に舞い降りた ドバトの群れを狙って、ハイタカが飛び出した。  しかし、1度目の狩は失敗・・・
1時間後、再び ドバトの群れが芝生に降りて来たので、ハイタカは地面すれすれに飛び出した・・・
今度は かろうじて空中でGET・・・足でドバトの首を絞めたまま、アスファルトの上に着地した。

  

  

  

本来なら その場で解体を始めるのだろうが、通行人が近くを通った為、獲物を足で掴んだまま飛び上がり、
近くの林へ入ってしまった。

  

左側に トラックの廃棄タイヤが無ければなぁ〜〜♪



解体を初めてから食べ終わるまで、3〜4時間は掛かるし、枝被りのひどい場所でもあるので、諦めて帰る事に・・・
posted by 子猫 at 17:54 | Comment(6) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2012年02月24日

のら猫に・・・

カワセミに逢いに、いつもの治水公園に出掛けてみると、常連さんが「カワセミ・・・もう居ない・・・」って言われる!
数日前に、のら猫に襲われたらしい・・・
詳しくお聞きすると、フヨウの枝からダイビングして 小魚をGET後、いつもの岩に 着岩しようとした瞬間、
岩陰に隠れて狙っていた のら猫に 「アッ!」と言う間も無く 襲われ絶命したとの事・・・

             
                      カワセミを咥える のら猫 (常連さんが撮影)

このカワセミは、人の個体識別ができるのか? 散歩の人などが近づくと すぐに逃げるのに、いつも写真を撮りに来る
3〜4人だけには、あまり警戒心をみせず 近寄らせてくれたし、これから繁殖期に入り ペアの ♀を連れて来るのを
楽しみにしていただけに 残念でならない・・・
やはり、自然界を野生で生きて行く事が、いかに厳しいものなのかを目の当たりにした思いがする。
posted by 子猫 at 20:49 | Comment(4) | TrackBack(0) | マイフィールド

2012年02月22日

アリスイ

2ヶ月前には、その姿を見ることが出来なかった アリスイを探しに、お隣の県へ行ってみた。
到着すると、カメラマンが2人 ファインダーを覗き込み撮影している。 今日も待ち時間ゼロのようだ・・・

  
               アリスイ                                     アリスイ
  

  

  

フェンスに留まったアリスイがいて、飛び出しを撮ろうと、ISO感度を上げ F8まで絞り込んで シャッター半押しのまま
ファインダーを覗き込んだ状態で待機したのだが、20分経っても一向に飛び出す気配が無い・・・
目は ドライアイのように ヒリヒリして来るし、シャッターを半押ししている指は だる痛くなってきて、集中力が無くなり
気を抜いて 指を離した途端、想定外の後方へ向かって飛び出してしまい、結局一枚も撮れず・・・
骨折り損のくたびれ儲け・・・この20分は 何だったんだろう。。。

春が近い事を知らせるように 小さな蕾がついた梅の木には、モズも姿を見せていた。♪

  
                モズ                                        モズ
posted by 子猫 at 00:08 | Comment(4) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2012年02月20日

カワセミ

2月中旬になって、カワセミがまた よく姿を見せるようになったので、いつもの治水公園へ 午後から行ってみた。

ここのカワセミは、餌付けされていない 全くの天然物なのに、脅かすような動きさえしなければ、6〜7mまで近づく事が
可能なのだ・・・しかも、1時間近く長居してくれる・・・

  
               カワセミ(♂)                                カワセミ(♂)
  

冬場は 我々人間が いくら水面を覗き込んでも 魚の影すら見付けられないのに、当のカワセミは、水平方向に 5〜6mほども
離れた場所の小魚を見付け出し 高い確率でGETしてくる。

  

  

野生のカワセミが、天然の小魚を狙っているので、どの方向へダイビングするか?予測がつかないし、水面から飛び上がっても
何処へ着地するか?も解らない ・・・ その上、距離が近いから 飛び出してからでは、カメラの パンや フォーカスが
間に合わない為、あらかじめ予測した位置へ 置ピン して待機するのだが、今日は尽く予想が外れ 空振りばかり・・・

  

  

帰る途中、別の場所でも カワセミを見掛けた♪  日陰だが背景が暗いので、スッキリした絵になるかも・・・と、
リュックから再びカメラを取り出し、数枚撮影して 距離を詰めた途端、警戒され飛び去られてしまった。
posted by 子猫 at 15:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | マイフィールド

2012年02月17日

オジロビタキ & キマユムシクイ

2週間ほど前、大阪市内の小さな公園に、オジロビタキ(若)が居ると聞いて居たが、オジロは過去に何度も撮ってるので、
まっ!何時でもいいかって事で、今日まで伸び伸びにしていたのだったが、他に これといった鳥たちも居ないし、
500oのレンズを持って今日行ってみた。

現地は、公園というよりも 野球のグランドや テニスコート、スイミングプールなどがメインで、その一角に散歩道を兼ねた
小さな小さな緑地帯があり、そこにお目当てのオジロビタキは居た。

  
               オジロビタキ                                 オジロビタキ
  

  

  

あまりにも簡単に オジロに出会え、時間も余ったので、さらに西の キマユムシクイが居るポイントへ移動する事に・・・
駐車場に車を入れると、カメラマンが 7〜8名、ファインダーを覗き込み撮影しているのが見える。
どうやら、キマユが出て居るらしい・・・急いでカメラをセットし、先着者の後ろからキマユの姿を探す♪

  
               キマユムシクイ                               キマユムシクイ
  

この地では、500oは大き過ぎて視界が狭く チョコチョコと常に動き回る キマユムシクイを捉えきれない・・・
手振れ防止の付いた 300oも持って来るべきだったとチョット後悔。。。
posted by 子猫 at 22:29 | Comment(4) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2012年02月10日

シマアカモズ

都心の小さな小さな農地跡に、シマアカモズが居ると聞いていたので、遅ればせながら今日 行ってみた。

ネットの地図検索で目的地を調べ、周辺のコインパーキングを探すと、1qほど離れた駅周辺にしか無い・・・
ならば、電車で行く方が早いし安いし・・・って事で、軽い300oと、軽い三脚を持って、歩いて行ったのに
鳥の居る現場から、ものの200〜300m離れた場所にコインパーキングは有った。

現地に着くと、カメラマンが一人も居ない・・・あれっ! シマアカモズが居なくなったのか?と思いつつも、
暫く待って居ると、4名のカメラマンが戻って来た。
聞くと300mほど西に小さな貸し農園が有り、お目当ての鳥は、そちらの方に居たらしい。。。

カメラマンと一緒に、シマアカモズも帰って来たのだが、30mほど離れた場所に居て近づいて来ない。

  
               シマアカモズ                                 シマアカモズ

農地跡には40分ほど居たが、また、西の貸し農園の方へ飛んで行ったので、後を追って移動する事に・・・

  

  

  

  



こちらでは、15〜20mほどの距離が多かったのだが、最短の時には、7〜8mの距離まで近づいて来ることも・・・
しかし、望み通りの絵は撮れず、やっぱり、重くっても500oを持って来るべきだったか・・・
posted by 子猫 at 23:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2012年02月05日

アオバト

オオタカやハイタカなどの猛禽類が見れるかも・・・と、500mmのレンズを持って、自宅から7〜8km離れた緑地公園へ。

到着すると、懐かしい友人が居て「一足違いや〜!ついさっきまで居たのに〜」だって・・・
また来るかも?と待機しながら、近況や鳥情報、カメラ、PCなどの雑談に華をさかせる。。。

2時間ほど待機したが、猛禽は現れそうにないので、小鳥たちが居そうな場所へ移動すると、
今期、初見のジョウビタキ(♂)が居た。 距離7〜8mと近い!

  
               ジョウビタキ                                 ジョウビタキ
  

  

少しづつ距離を詰め 5〜6mまで近づいて撮っていると、すぐ傍でモズ君が 「僕も居るょ!」と その存在をアピールする・・・

  
                モズ                                        モズ

モズ君も ジョビ君も撮ったし、そろそろ別の場所へ移動しようかな?って思っていた頃、
右横15mの木にアオバトがやって来た♪  これも今期 初見の鳥だ! ゆっくりと距離を詰める・・・

  
                アオバト                                    アオバト
  

撮りやすい反対側の位置へ回り込み撮影していると、アオバトの方から飛んで来て足もとの水槽へ着水・・・距離5m
過去最短の撮影距離だった。
猛禽類には振られたが、午後からのラッキーに、気分を良くしての帰還となった。
posted by 子猫 at 21:18 | Comment(4) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)