2012年04月29日

連日、裏山へ・・・

昨日見掛けた トラフシジミが チョッピリ消化不良なので、再び 裏山の緑地へ行ってみた。
今日は、シオヤトンボに混じって、オグマサナエの姿を 数匹見る事が出来た。♪

  
               オグマサナエ                                 オグマサナエ

  
               シオヤトンボ                                  シオヤトンボ

  
              アサヒナカワトンボ                           ムモンホソアシナガバチ

  
              キボシアシナガバチ                            ニホンカブラハバチ

スジグロチョウも 数頭に増えていた。

  
              スジグロシロチョウ                             スジグロシロチョウ

ツマキチョウは、今日も健在・・・昨日と違って 至近距離にやって来て、目の前で吸蜜してくれる。

  
               ツマキチョウ                                 ツマキチョウ

  
               ツマキチョウ                                 ツマキチョウ

1時間以上、ツマキチョウを独り占めして、至近距離で撮り放題だったのに、、、虫網を持った子供がやって来て、
「チョウチョやぁ〜」って、網で捕まえ虫籠に入れて、そのまま “お持ち帰り” ・・・
『おぃおぃ!何すんねん!貴重品を・・・』って 思いながらも声には出さず、「まっ、仕方が無いか!」と諦める。。。
posted by 子猫 at 13:47 | Comment(4) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2012年04月28日

裏山の湿地

蝶やトンボたちが姿を見せて居ないか?と、午後からまた 裏山の緑地へ行ってみた。
湿地に着いてすぐ、トラフシジミを発見、しかし、同じようなショットを 数枚撮った時、飛ばれてしまい 行方不明・・・

  
               裏山の湿地                                  トラフシジミ

一番奥まで行くと、何と予想もしていなかった ツマキチョウが2頭 ひらひらと飛んで居るではないか♪
見失わないよう目で追いながら、留まるのを待つ・・・

  
               ツマキチョウ                                 ツマキチョウ

  
               ツマキチョウ                                 ツマキチョウ

モンシロチョウだと思っていた シロチョウが、留まった所をみると スジグロシロチョウだった。

  
              スジグロシロチョウ                             スジグロシロチョウ

トンボも姿を見せるようになり、ムギワラトンボ(シオカラトンボの♀や若♂)も 10匹ほど飛び交っていた。

  
               シオヤトンボ                                 シオヤトンボ

  
              ナナフシの赤ちゃん                            ナナフシの赤ちゃん

  
               ニワハンミョウ                                 ニワハンミョウ


      オビコシボソガガンボ (体長 10mm前後)
   S-Birdさんに、教えて頂きました。ありがとう御座います。
posted by 子猫 at 22:30 | Comment(6) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2012年04月27日

お城へ

オオルリやキビタキに出会えるかも?と、朝からお城へ行ってみた。

高い木の上からキビタキの声は聞こえるものの、その姿が見えない・・・
桜広場に着くと、ヨタカがこの辺りに降りたらしく、何人かが血眼になって探している・・・が、見つからないようだ!
ここでも、キビタキを見たと言う人は居るが、鳥の姿が無い・・・

保護者同伴での幼稚園児の遠足や、海外からの観光客など、平日なのに人出が可成り多い!
神社裏や天守閣横、飛騨の森などにも、各々10名以上のカメラマンが待機しているが、何処も鳥の出が悪いようだ・・・

お昼を回り 帰る前に、梅林も一回りしてみようと中に入ってみるが、一人のカメラマンとも出会わない・・・
人が居ないからか?  梅林の南側まで来ると、石垣の下の草原で アカハラ、マミチャ、クロツグミが採餌していた。

  
               アカハラ                                     アカハラ
  

  

  
               アカハラ                                   クロツグミ(♀)

  
                                                        ツマジロエダシャク

帰る間際になって、やっとシャッターを切る事が出来、何とか手ぶらでの帰還だけは避けられたが、
お目当ての オオルリ、キビタキには出会えずのまま帰宅するハメに!!!
posted by 子猫 at 20:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2012年04月23日

再び ツマキチョウを

風もなく穏やかで暖かい日になりそうなので、再び ツマキチョウのポイントへ出向いてみた・・・
現場に着くと、相変わらず キチョウ、シロチョウ、アゲハチョウ、シジミチョウたちが沢山 飛び交っている。

  
               ベニシジミ                                   ベニシジミ

その中に今日は、お目当ての ツマキチョウの姿も何頭か見られる・・・しかし、全く留まってくれない !!!
交尾相手を求めて飛び交っているからだろうか? 何時間もよく飛び続けられるものだ・・・

  
               ツマキチョウ(♀)                            ツマキチョウ(♀)

  
               ツマキチョウ(♀)                            ツマキチョウ(♀)

留まってくれないので、仕方なく 飛び回るツマキチョウを、400mmのレンズを手持ちで追いかけシャッターを切るが、
どれもピンあま・・・情けない・・・

  
               ツマキチョウ(♂)                            ツマキチョウ(♂)

  
               モンシロチョウ                               モンシロチョウ

2時間半 待機してみたが、一度も留まった場面を目にすることが出来ないので、この場を諦め、ケリの雛が見れると聞く
ポイントへ向かってみたが、親ケリの姿も無い・・・もう巣立ってしまったのだろうか? 
それではと、ミヤマセセリが居るはずの山へ向かってみた。
しかし、ミヤマセセリの姿は見れたものの、こちらも 全く留まってくれず、暗い上に小さな蝶なので 飛び物を狙う事も叶わず
結局、一枚の写真も撮れずに帰還するハメに・・・トホホ・・・

  
               ツマキリエダシャク                           コナフキエダシャク

ガックリして帰る山道は足取りも重く、軽いはずのカメラも何だか重〜く感じる!
posted by 子猫 at 22:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2012年04月20日

シロチョウ

ツマキチョウが居たという河原へ・・・
葦原の中に セイヨウカラシナが咲いている この小さな河原には、沢山のシロチョウが飛び交っている。
この中に、ツマキチョウが混じっていたらしいのだが、今はその姿が無い・・・

  
               モンシロチョウ                               モンシロチョウ
  

  

  


  
            ツマキチョウ(過去画像より)                      ツマキチョウ(過去画像より)

暫く待機してみたが、お目当てのツマキチョウが見付けられないので、帰ろうとカメラを片付けていると、
5mほど離れたフェンスに、ムクドリが留まった。。。綺麗な♂だ!!!

  
               ムクドリ                                     ムクドリ
posted by 子猫 at 12:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2012年04月19日

3度目の正直

今日で三度目、お隣の市の マミチャジナイのポイントへ 朝から行ってみた。
到着すると、クロガネモチの木に 1羽のマミチャジナイが来ていたが、枝被りが酷く シャッターの押せる状態では無い!
太陽を背に、暫く待ってみる事に・・・

20分に一度ぐらいの割で、マミチャジナイたちはやって来るのだが、すぐに木の中に入ってしまい 枝や葉が被ってしまう。
全身の見える一瞬を狙って、鳥の姿を追う。♪

  
               マミチャジナイ                               マミチャジナイ

  
               マミチャジナイ                               マミチャジナイ

  
               マミチャジナイ                               マミチャジナイ

  
               シロハラ                                      メジロ

なかなか思うようには 木の表面に姿を見せず、赤い実を啄むシーンが撮れなくて、じれったく感じていた 10時半ごろ、
「ツマキチョウがいるょ♪」って電話が入った・・・早速、カメラを片付け移動する事に・・・
posted by 子猫 at 17:42 | Comment(3) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2012年04月17日

コンデジ

検討していた コンデジの機種を、CANON PowerShot SX260 HS に決定し、昨日、梅田へ出掛けた帰りに購入してきた。

  
           PowerShot SX260 HS                         PowerShot SX260 HS

今まで、機能や操作性、写り具合など充分に検討してきたつもりだったのに、購入した当日に早くも問題が発覚・・・
「測光方式」の設定内容を記憶しないのだ・・・

モードダイヤルの P や Tv, Av で使用する場合、「測光方式」が変更出来るのだが、
電源を OFFにしたり、モードダイヤルを AUTOにしたりすると、変更したはずの「測光方式」がリセットされてしまい、
標準値の「中央重点測光」に戻ってしまうのだ。。。
しかも、「測光方式」を変更するには、毎回、7ステップもの操作が必要なので、電源 ON後の速写性は最悪となる。

日中の屋外で、蝶やトンボを撮りたいと考えている私には、「スポット測光」は欠かせないのだが・・・

CANONに問い合わせても、『この機種は、こういう仕様なので、毎回 設定を変更して頂くしか方法が有りません』だって・・・
どうやら、カスタム設定機能の無い CANONのコンデジでは、全ての機種が「測光方式」の変更を記憶する機能は無いらしい!

ある意味、極端な “白飛び 黒潰れ” が発生する失敗を 防止するのが目的なのかも知れないが、それにしてもねぇ〜。。。

  
    ISO=200 1/160 F6.8 -0.3EV 中央重点測光         ISO=200 1/160 F6.8 0.0EV スポット測光

  
   ISO=125 1/160 F6.8 -0.7EV 中央重点測光          ISO=100 1/160 F6.8 -0.3EV スポット測光

  
    ISO=250 1/160 F6.8 0.0EV スポット測光          ISO=640 1/320 F6.8 -0.3EV 中央重点測光

  
    ISO=320 1/160 F6.8 +0.3EV 中央重点測光         ISO=100 1/250 F6.8 +0.7EV スポット測光

上記画像は、PowerShot SX260 HS の P モードでテスト撮影したもので、レンズ倍率は全て 20倍のテレ端です。
プログにアップする為、リサイズのみ実施しています。

「測光方式」の変更を 記憶しない事以外には、画質、AFの速さ、液晶の見やすさ などには、特に問題点は無く、
このクラスとしては、可成り良い性能だろうと思うので、せいぜい使い込んで 露出の補正量に 慣れる必要が有るようだ・・・♪
posted by 子猫 at 17:37 | Comment(4) | TrackBack(0) | 機材・その他

2012年04月15日

ツリアブのオンパレード

鳥だけでなく、虫たちが姿を現してないか?と、裏山の園地へ出掛けてみた。
暖かくなった春の日曜日とあって、80台は止められる駐車場も満車で、周辺の路上にまで沢山の車が止められている。
フィールドに入ると、小さな子供連れの家族が多い・・・犬を連れた人たちも可成り居る・・・

鳥の声は聞こえるものの 姿はほとんど見られず、目に付くのは ハチやアブ、ハエ類のみ・・・

  
               ビロードツリアブ                              ビロードツリアブ

  
               ビロードツリアブ                           交尾中のビロードツリアブ

  
               ビロードツリアブ                       コウゾハマキモドキ(体長7mmほど)

  
               テングチョウ                                   キタテハ

  
               セイヨウミツバチ                            リュウキンカの花 ?

  
                ハナニラ                              デメモロコ ? (体長7cmほど)

ハナニラの名前、S-Birdさんが教えてくれました。 ありがとう御座います。
posted by 子猫 at 23:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2012年04月13日

コンデジ

デジスコ用のカメラとして、数年前に購入したコンデジ(SONY DSC-W7)も、最近は使う事が無く 精々旅行の時の風景写真や
昆虫などの撮影に、時々出番が有る程度だったのだが、友人が最近購入した 16倍ズームのコンデジが、可成りの高評価なので
私のコンデジも、そろそろ買い換え時かも?と、各メーカーの性能を一覧表にまとめ 比較検討してみることに・・・



希望としては、風景写真以外に、蝶やトンボを 1mぐらい離れた所から大きく撮れる物が欲しいので、
   1.カメラ本体が、コンパクトで ポケットに入るサイズのもの。
   2.ノイズが少なく、クッキリ鮮明に撮れる高画質のもの。(重要)
   3.レンズのワイド端が24mm相当で、テレ端は15倍以上の高倍率のもの。
   4.テレ端での最短撮影距離は、1m以下のもの。
などが 選択条件なので、カタログ性能だけを見れば、Olympus SZ-30MR が 私の使用目的にはピッタリなのだが、
Netなどの「口コミ」を見ると、画質が鮮明さに欠けイマイチと書かれているサイトが多いし・・・

画質に関しては、人それぞれに評価基準が異なるし、ショップなどの室内で テスト撮影させて貰っても、
普段使用している屋外での撮影環境とは異なるから、的確な判断は出来ないし・・・
最も重要な部分が ブラックホールになるのが 一番困るんだよなぁ〜!
posted by 子猫 at 23:44 | Comment(4) | TrackBack(0) | 機材・その他

2012年04月10日

裏山

スプリング・エフェメラルと呼ばれる 春一番の蝶たちが、そろそろ姿を見せ始めたようなので、我が裏山でも
何か現れて居ないか?と出掛けてみた。

沼に落ち込む急斜面の暗い森の中を歩いて居ると、2羽の小さな鳥が斜面下に舞い降りた! その距離5mほど・・・
暗い上に落ち葉と同化して肉眼では識別しづらいが、どうやら ヤブサメのようだ・・・
急いでカメラの ISO感度を 1600まで上げるが、それでも SSは 1/30にしかならない!

  
               ヤブサメ                                     ヤブサメ
  

スプリング・エフェメラルと呼ばれる蝶では無いが、タテハチョウやテングチョウが飛んで居た。

  
               キタテハ                                     キタテハ

  
               テングチョウ                               交尾を迫るルリタテハ

  
            交尾を迫るルリタテハ                            交尾を迫るルリタテハ

  
               ミズバショウ                         長さ1cmほどのオタマジャクシたち

山頂から少し下った池に回ってみると、カモたちに混じって バンと オオバンが居た。

  
               バン                                       オオバン
posted by 子猫 at 22:28 | Comment(6) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2012年04月06日

ホオジロ&ツグミ

昨日行った河川敷で、ノビタキを見付けるまでの間、周辺の遊歩道を歩いて居ると、ペアのホオジロが
道端へ現れ、仲良く採餌している。  その距離7〜8mなのに、あまり警戒していないようだ・・・

  
               ホオジロ(♀)                                ホオジロ(♀)

  
               ホオジロ(♀)                                ホオジロ(♀)

  
               ホオジロ(♂)                                ホオジロ(♂)

さらに歩を進めると、ツグミも地面で採餌していた。

  
                ツグミ                                      ツグミ

ジョウビタキや ウグイスの姿も見掛けたのだが、枝被りが酷くシャッターを押せないまま、飛び去られてしまった。。。
posted by 子猫 at 19:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2012年04月05日

ノビタキ

朝寝坊して遅い朝食を摂っていると、携帯が鳴った・・・「河川敷に頭が黒くなりかけのノビタキがいるょ!」との事♪
食べかけのトーストを口に放り込み、500mmのレンズを車に積んで、早速河川敷へ・・・

河川敷に到着すると、吹き飛ばされそうなぐらいの強風が吹き荒れていて、鳥はおろか人っ子一人いない???
お目当ての ノビタキが見当たらないので、葦原の周辺を歩いてみる事に・・・
ウグイス、ホオジロ、ツグミ、ジョウビタキなどを見て、1時間半後に戻ってみると ノビタキが茎の上に留まっていた。

  
               ノビタキ                                     ノビタキ
  

  

  

  

ここのノビタキは、あまり人怖じせず ほぼ7〜15mぐらいの距離に出てくれるし、背景も抜けた状態になるので
写真を撮る者からすれば有り難い (もう少し緑が欲しいが)・・・しかも、他に人が居ないので独り占め・・・
posted by 子猫 at 19:33 | Comment(4) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2012年04月02日

コゲラの穴掘り

穏やかな いい天気なのに、行く所が無くって暇してるとき、「コゲラが巣穴掘りしてるょ!」って連絡を貰った。
早速 車で出向いてみる。
現地に着くと、2〜3名のカメラマンが居て、巣穴にレンズを向けたまま、待機している・・・
当のコゲラは、せっせと穴堀りに余念が無い。。。

  
               コゲラ                                       コゲラ
  

  



待機していたカメラマンは、穴掘りを交代する時、一瞬だが♂♀2羽が 並ぶ瞬間があり、それを狙っておられたのだが、
何時来るか解らず、また、一瞬の出来事なので、私は 話し込んでいたり よそ見していたりで、尽くチャンスを逃してしまった。
posted by 子猫 at 18:56 | Comment(4) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)