2012年07月30日

近くの治水公園

以前、人なつっこい カワセミが居た 治水公園へ コンデジだけを持って 久し振りに行ってみた。
半年前まで、ここに居たカワセミは、餌付けされている訳でもないのに、人怖じもせず、5mくらいまで
近づかせてくれたのだが、のら猫に殺られてしまったのだ・・・

それ以降、別のカワセミが たま〜に 姿を見せる事は有るのだが、長居せず、精々1〜2分で飛び去ってしまう。。。
木陰で休みながら しばらく待ってみたが、今日は姿を見せないようだ!!!

  
               ヤマトシジミ                                  ヤマトシジミ

  
               ヤマトシジミ                                  ヤマトシジミ

  
              アオモンイトトンボ                             アオモンイトトンボ

  
               トモンハナバチ                                トモンハナバチ
               Gamothさんに、教えて頂きました。ありがとう御座います。

  
              今年生まれの スズメ                            今年生まれの スズメ
posted by 子猫 at 22:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2012年07月27日

裏山・飯盛山々頂

歴史に出て来る、飯盛山城が有った飯盛山へ登ってみた。
今は山頂に、楠木正行の銅像が建っているだけで、史跡はあまり残っていないが、大阪府下の見晴らしは抜群だ!

コンデジだけの軽装備で登ってみたが、途中、あまりの暑さに ポーチに付けた温度計を見ると、40℃を示していた・・・
冷却スブレーで タオルや帽子を凍らせ 首筋や頭部を冷やす。。。

この飯盛山の山頂付近には、オオムラサキが何頭も縄張りを張り、近くを飛ぶものには、ツバメや オニヤンマにまで
スクランブルを掛ける場所が有るのだ。。。

  
               オオムラサキ                                  オオムラサキ

  
               オオムラサキ                                  オオムラサキ

触覚が 鋸刃のような ノコギリカミキリ(体長45mmほど) や、

  
              ノコギリカミキリ                               ノコギリカミキリ

幼虫が アリジゴクを作る事で知られる、ウスバカゲロウ(開翅長85mmほど)も居た!

  
              ウスバカゲロウ                                 シオカラトンボ

  
       ? ハグルマトモエ or オスグロトモエ                         ジャノメチョウ
posted by 子猫 at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2012年07月24日

裏山のオオムラサキ

昨日、裏山の麓を歩いてみたが、生き物たちを ほとんど見掛けなかったので、山の上はどうだろう?と登ってみたが、
鳥たちの声はするものの姿は見えない!  蝶やトンボたちの姿も 殆ど無い!

それではと、オオムラサキの来る 樹液の出る木へ回ってみた。

  
               オオムラサキ                                  オオムラサキ

  
              オオムラサキ(♀)                              オオムラサキ(♀)

木の上の方から、クワガタが降りて来た ・・・ 近寄って見てみると、ノコギリクワガタだ!!!
図鑑によると、このクワガタの♂は、幼虫期の栄養状態により 成虫の大きさが大幅に異なり、小型個体と 大型個体に
分かれるらしい・・・また、小型♂と大型♂では、大アゴの形状がまったく異なるとのことなのだ・・・
と言うことは、こいつは 幼虫期の栄養状態か あまり良くなかった、小型個体の♂のようだ!

  
          ノコギリクワガタ と カナブン                             ノコギリクワガタ

  
       オオムラサキ(♀) と ノコギリクワガタ              オオムラサキ(♀) と ノコギリクワガタ の攻防

  
              オオムラサキ(♀)                               ? ベニシタバ

オオムラサキは まだ健在のようで、この木の周辺では 同時に 7〜8頭の姿を見る事が出来た。
posted by 子猫 at 21:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2012年07月23日

裏山の麓

散歩がてら コンデジだけを持って、裏山の麓を歩いてみた。
鳥ばかりか、蝶やトンボの姿も 殆ど見掛けなくなっている!

  
               アゲハ                                       キタテハ

  
               ヤマトシジミ                                ヒメウラナミジャノメ

  
            オオシオカラトンボ(♀)                          オオシオカラトンボ(♂)


               ルリタテハ

予想通りとはいえ、蝶やトンボが あまりにも少なく ガッカリな散歩だった。
posted by 子猫 at 22:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2012年07月19日

三重県へ・・・

ハッチョウトンボや、モートンイトトンボが見られると聞き、友人たちと3人で、三重県の森林公園へ行ってみた!

カーナビのデーターが悪いのか? すぐ近くまで来てるのに、駐車場への入り口が解らない・・・ 案内標識も見当たら無い・・・
近くで農作業をしていた方にお聞きし、やっと 入り口へのアプローチが解った♪
ぐるっと回り込んで、高架道路へ入らないといけなかったのだ・・・

現地の湿原に到着すると、お目当ての 小さな小さなトンボ、体長 20mmほどの ハッチョウトンボは、直ぐに見つかった。
昨年は見る事が出来なかった ハッチョウトンボの♀も、何頭も居る♪♪♪

  
             ハッチョウトンボ (♂)                          ハッチョウトンボ (♂)

  
             ハッチョウトンボ (♀)                          ハッチョウトンボ (♀)

同じ場所には、体長 40mmほどの ハラビロトンボも居た・・・

  
              ハラビロトンボ (♂)                           ハラビロトンボ (♂)

  
              ハラビロトンボ (♂)                           ハラビロトンボ (♂)

ハラビロトンボの ♀ が居ないか? と探していると、ヒメアカネや キイトトンボが居た!

  
               ヒメアカネ                                   キイトトンボ

フィールドを移動し、水溜まりか?って思うほど小さな池では、カゲロウのような 影の薄いイトトンボが居た!!!
体長 30mmほどで、半透明な感じ・・・ 帰宅後、図鑑を調べると、
眼後紋と後頭条がつながったように見える事と、尻尾(腹部)の先の色の変わり具合から、ホソミイトトンボだと思われる。

  
            ホソミイトトンボ(未成熟)                        ホソミイトトンボ(未成熟)

翅を開いて留まる イトトンボ ・・・ 翅胸下部が 白い粉をふいて居るように見えるので、アオイトトンボだ!

  
               アオイトトンボ                                アオイトトンボ

  
              オオシオカラトンボ                             ショウジョウトンボ

蝶たちは以外と少なく、4種類ほど見掛けただけだった。

  
              コチャバネセセリ                                  コミスジ

お目当ての ハッチョウトンボは居るものの、モートンイトトンボは見つけられず、昆虫たちの種類も 以外と少ない・・・
お昼過ぎには、この地を引き上げ、奈良県へ移動する事に・・・
posted by 子猫 at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

三重からの帰り道

三重県からの帰り道、昨年、トンボたちを沢山見ることが出来た 奈良の池へ回ってみた。
珍しいトンボは居ないが、数が多く、池周辺の草に留まるので、写真が撮り易いのだ!

現地に到着すると、池周辺の葦が伸び過ぎて、目線よりも高くなっている所が多く 写真が撮り辛い・・・
出来るだけ背が低く 視界の開けた場所を探して、トンボたちが 留まってくれるのを待つ。。。

  
               チョウトンボ                                  チョウトンボ

  
               チョウトンボ                                 コシアキトンボ

足下の下草には、キイトトンボや ベニイトトンボなどが 何頭も留まっていて、うっかり歩くと 踏んづけてしまいそうだ!

  
               ベニイトトンボ                                ベニイトトンボ

  
              アオモンイトトンボ                               モノサシトンボ

  
               クロイトトンボ                                 コフキトンボ

田んぼの見える位置へ来ると、アオサギが タウナギを 捕まえた場面に出会った。

  
               アオサギ                                    アオサギ

  
               キチョウ                                   ムラサキシジミ

木が生い茂り 薄暗くなった場所には、オオアオイトトンボも居た。

  
             オオアオイトトンボ                              オオアオイトトンボ

三重県で見れなかった ハラビロトンボの ♀ も 見つける事が出来た♪

  
              ハラビロトンボ (♀)                           ハラビロトンボ (♀)

  
             産卵中の ギンヤンマ                       マメコガネの体液を吸う シオヤアブ

==================================================================
生き物の数え方を調べると、動物学などでは、魚類と 鳥類以外には 「頭」 を使うのが 慣例らしく、 蝶や 蛾、トンボ、
カブトムシ、カエル なども 頭で数えるのだそうです。
しかし、日本語の通例としては、人が抱えられる大きさより 大きいモノは 「頭」 で、小さいモノは 「匹」 で、数える
そうなのですが、例外も多いようです。  だから、一般的には、頭 でも 匹 でも 間違いではないようだ!
==================================================================
posted by 子猫 at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2012年07月15日

お隣の県へ

山の中に、古民家を何軒も移築し、昔の里山を復元した自然公園 「大和民族公園」 へ、蝶やトンボを探しに行ってみた!
この地には、7〜8年前の冬、探鳥で来た事があり、湿地や小さな池、渓流風の流れ、農耕地などが作られているので、
昆虫たちも多いのでは?と 期待の持てる場所なのだ♪

だが、時期が悪かったのか? 蝶やトンボが殆ど居ない!
トンボは、シオカラ、オオシオカラ、ショウジョ、コシアキのみ、イトトンボ類や ヤンマ類は皆無・・・
蝶も、ヒメウラナミ、ジャノメ、ヒカゲ、ヤマトシジミ、モンシロ、ツマグロヒョウモン、ホシミスジ 程度しか居ない・・・

  
            復元された里山の風景                           復元された里山の風景

  
               ホシミスジ                                  ジャノメチョウ

  
              ツマグロヒョウモン                                ベニシジミ

  
              ヒメウラナミジャノメ                            ? ウラギンシジミ

  
               ジガバチ                                    オオスカシバ

  
              ショウジョウトンボ                              ショウジョウトンボ

生駒山系の東の麓なのに、予想外に昆虫たちが少なく ガッカリして帰還するハメに・・・
posted by 子猫 at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2012年07月13日

またまた裏山へ

裏山の蝶のポイントへ、午後からまた出掛けてみた。
このポイントは、普段はあまり人が入らず、下草がボウボウなので、マムシを踏んづける可能性も有り、
昔、釣りをしていた頃の ゴム長を履いて出掛けた。

以前から 「ニレの木に アゲハ蝶が来ればいいのに・・・」 って 思って居たのだが、今日はその想いが通じたのか、
ナガサキアゲハがやって来た♪  しかし、花から花へ常に飛び回り 一瞬しか留まってくれない。

  
               ナガサキアゲハ                                ナガサキアゲハ

  
               ナガサキアゲハ                                ナガサキアゲハ

ナガサキアゲハが去って、トラノオなどが咲いてる場所に戻って来ると、ホソバセセリが姿を見せて居た。

  
               ホソバセセリ                                  ホソバセセリ

  
               ホソバセセリ                                  ホソバセセリ

他にも、キマダラセセリや オオチャバネセセリ、スジグロシロチョウなどが居たが、ヒョウモン蝶は全く姿を見せない!

  
               キマダラセセリ                              オオチャバネセセリ

  
           毛深いハエ セスジハリバエ               ? ヒメバチの仲間 (獲物はイオウイロハシリグモ)

  
       ? シュレーゲル or モリアオガエル                   ? シュレーゲル or モリアオガエル

  
                 メジロ                                       メジロ
posted by 子猫 at 00:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2012年07月11日

今日も裏山へ

先日、ホソバセセリや ヒョウモンチョウを見た場所へ、再度、行ってみた。
しかし、キマダラセセリや オオチャバネセセリ、スジグロシロチョウなどは居るものの、
お目当ての ホソバセセリの姿は、見当たらない・・・

コチャバネセセリだと思って撮った翅表の画像を、帰宅後、図鑑と見比べると、なんと! ホソバセセリだったのだ!

  
               ホソバセセリ                                 キマダラセセリ

  
              オオチャバネセセリ                             オオチャバネセセリ

  
               クロヒカゲ                                    クロヒカゲ

  
               リスアカネ                                    リスアカネ

  
               キイトトンボ                                  キイトトンボ

  
           獲物を捕獲した シオヤアブ                             マメコガネ

  
              ニッポンマイマイ                              スジグロシロチョウ
posted by 子猫 at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2012年07月09日

チョッピリ遠征

ヤマセミが綺麗な背景で、しかも比較的近い距離で撮れるようなので、お隣の県まで行ってみた。
朝7時ごろには 現地に到着したが、月曜日だと言うのに、既に30〜40名のカメラマンが・・・

しかし、お目当ての ヤマセミは居るものの、距離が遠く200〜300mほど先の枝に留まっている。

  
            ヤマセミ (大々トリミング)                         ヤマセミ (大々トリミング)

度々ダイビングは見せてくれるものの、大砲レンズでは距離が遠過ぎ、点にしか写らない・・・
近くへ来てくれそうにも無いので、ヤマセミは諦め、終盤に入ったゼフィルスを探しに、近くの自然公園へ移動・・・

駐車場に車を止めると、周りの植え込みに、中型の黒い蝶が沢山舞っている。

  
               ジャノメチョウ                                ジャノメチョウ

友人が電話で場所を聞いてくれた、ゼフィルスのポイントには、ミドリシジミが何頭も居た♪

  
               ミドリシジミ                                    ミドリシジミ

ライトを当てて撮影すると、翅表の “輝く緑色” が、キラキラと見え隠れしているのだが、翅を開いてくれない・・・。

  
              ミドリシジミ (♂)                              左の画像をドアップに
  

別個体だが、やっと翅を開いてくれたと思ったら、茶色一色で輝きの無い ♀ だった!

  
              ミドリシジミ (♀)                                ミドリシジミ

  
               ヤマトシジミ                                  ヤマトシジミ

  
              ゴマダラカミキリ                                 シオヤアブ

  
               ウチワヤンマ                                 ウチワヤンマ

  
               ヒヨドリ                                       ヒバリ

昨日までの涼しい天候から一転して、日差しが強く蒸し暑い一日だったが、チョッピリ遠出しただけの
甲斐有る楽しい一日だった!
posted by 子猫 at 22:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2012年07月08日

ホソバセセリ

午後から 裏山の山中へ、再び オオムラサキなどの蝶を探しに行ってみた。
現地に着くと、大量発生した マイマイガ が、至るところで飛び回っている。

  
               ウグイス                                      ウグイス

樹液の出ているクヌギまで来ると、蛾やコガネムシ、スズメバチが何匹も来ている。 周りを探すと ヒカゲチョウも居た。

  
              オニベニシタバ                                  ヒカゲチョウ

しばらく待って居ると、樹液を吸いに オオムラサキもやって来た。

  
               オオムラサキ                                  オオムラサキ

オオムラサキのポイントで、蝶を専門に観察されている方にお会いし、色々とお話をさせて頂く内に、ここの山中にある
“ないしょ” の場所へ連れて行ってもらえる事に・・・

  
           オオウラギンスジヒョウモン                        オオウラギンスジヒョウモン

  
              ミドリヒョウモン                                ミドリヒョウモン

  
              ミドリヒョウモン                                ミドリヒョウモン

秘密の場所では、今年、初認だと言う ホソバセセリ に出会う事が出来た。

  
               ホソバセセリ                                  ホソバセセリ

  
               ホソバセセリ                                  ホソバセセリ

初めて見る ホソバセセリに、時間の経つのも忘れ、気が付くと駐車場のゲートが閉まり、危うく車が出せなくなるところだった。
posted by 子猫 at 22:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2012年07月07日

またまた ミドリシジミ

昨夜からの雷を伴った豪雨は、今朝になっても雨がまだ少し残っていたが、10時ごろには 日が射して来た。
昼食を摂ってから、ミドリシジミの開翅に4度目の挑戦をしてみる事に・・・

1:30、現地到着、、、今まで姿を見掛ける事が多かった 池の中央付近から探してみるつもりだったが、
過去に見掛けた「水面に張り出した小さな木」で、ミドリシジミは 既に休んで居た。
しかし、左の翅がボロボロで可成り傷んでいる。 右側の翅は綺麗なんだけど・・・

  
               ミドリシジミ(♂)                                ミドリシジミ
翅が傷んでいるからと、あまり写真を撮らなかったのだが、帰宅後、画像を見てみると、待望の ♂ だったようで、
翅表の輝くグリーンが見え隠れしている。

  
               ミドリシジミ(♀)                             ミドリシジミ(♀)

今日は、ミドリシジミが入替わり立替わりやって来て、2〜3mの距離で撮らせてくれるのだが、どうも♀が多いようだ!

  
                 ミドリシジミ                                 ミドリシジミ

足元の笹の葉に、小さなシジミ蝶が居た・・・よく見ると、ミズイロオナガシジミのようなのだが、
翅に傷みは無いものの、色が抜け落ち哀れな姿になっている。  老齢なんだろうか?

  
             ミズイロオナガシジミ(♂)                          モノサシトンボ(♀)

  
             モノサシトンボ(♂)                             モノサシトンボ(♂)

  
               セマダラコガネ                                ヤマガラの幼鳥

友人ともお会いし、お喋りしながら楽しい時間を過ごせ、午後4時前 帰宅する事に・・・
posted by 子猫 at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2012年07月04日

三度、ミドリシジミを・・・

ミドリシジミの開翅が撮れたら・・・と、三度、隣の市のK園地へ出向いてみた。
先日、ミドリシジミが居た笹の葉から 3〜4m離れ、池側に張り出して生えるハンノキに、ミドリシジミは居たのだが、
相変わらず翅を開いてくれない。  カメラからの距離は 2〜3mと近いのだが・・・

  
               ミドリシジミ                                   ミドリシジミ

  
             ツマグロヒョウモン(♀)                          ツマグロヒョウモン(♂)

前回、飛ぶミドリシジミを見掛けた トイレやBBQ施設の有る辺りへ移動してみる。

  
            蛾を捕まえた ヤマサナエ                        蛾を捕まえた ヤマサナエ

  
             チュウガタコガネグモ                           交尾中の ニホンカナヘビ

  
             ヒョウモンエダシャク                               カシワマイマイ

  
              マイマイガ(♂)                                マイマイガ(♀)

  
              ? シタバ蛾の仲間                             ? シタバ蛾の仲間

  
             スジハグルマエダシク                               カナブン

相変わらず ミドリシジミの開翅は撮れず ・・・ 7月も半ばになると、その姿を見付けるのも難しくなるだろうし・・・
また 来期へ繰り越しか!!!
posted by 子猫 at 23:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前

2012年07月02日

ゼフィルスを探して・・・

隣街の山中に ミドリシジミが居るのなら、我が街の山中にも 居るかも?・・・って事で、ゼフィルスを探しに裏山へ・・・
M園地の管理人にお聞きすると、この山中には ハンノキは少なく、大きな池の周りに何本か有る程度らしい!
とりあえず、フィールドを歩いてみる事に・・・

  
               コゲラ                                        コゲラ

  
             スジグロシロチョウ                              スジグロシロチョウ

2〜3ヶ月前に見付けていた、樹液の出ているクヌギには、オオムラサキが姿を見せていた♪  ラッキー♪

  
               オオムラサキ                                  オオムラサキ

  
               オオムラサキ                                  オオムラサキ

  
               オオムラサキ                                  オオムラサキ

少し距離が遠く逆光だが、ミドリヒョウモンの姿も確認出来た!

  
              ミドリヒョウモン                                  ベニシジミ

  
              シラホシカミキリ                               シラホシカミキリ

  
              ナナフシモドキ                          ? クロヒメバチ (体長30mmほど)

ゼフィルスには出会えなかったが、オオムラサキや ミドリヒョウモンを撮ることが出来、気分良く帰る事に・・・
posted by 子猫 at 00:21 | Comment(4) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前