2014年11月30日

カメラの色合い調整

EOS 7D mark2 の色の再現具合が、旧の EOS 7D に比べると、何となく不自然に感じるので、カメラの設定を変更しては
テスト撮りしてみるのだが、カメラの設定変更値は、一段分が可成り大きいようで、極端に変わってしまう。
『 シャープネス 』には、7段階
『 コントラスト 』、『 色の濃さ 』、『 色合い 』、は 各々4段階の調整ができるようになっている。

今回は、『 コントラスト 』を+1段階、に設定してみた。  なお、他の設定は、前回と同じで、
ホワイトバランス ・・・・・・ 標準の AWB のまま
WB修正/BTK設定 ・・・ 9段階中の1段 Blue側へ (BTK設定は未使用)
色空間 ・・・・・・・・・・・・・・ Adobe RGB に (標準は sRGB)
ビクチャースタイル ・・・・ 忠実設定 で、シャープネスを 7段中の2段目

↓ 色合いが鮮やかだけど ドキツイ感じで、あまり好みでは無い・・・

                                    ルリビタキ

↓ コントラストを1段強くした性か? 『 高輝度側・階調優先 』にしてあるのに、白飛びしている。

                                    ルリビタキ


↓ PhotoShopElements の 『 シャドー/ハイライト 』を使って白飛び部分を修正 !


↓ ISO=1600 なのに、背景部分のノイズが強調され、ノイズリダクションが役にたっていない !

                                      アオジ






EOS 7D mark2 は、カメラの『コントラスト』設定は、変更せずに ±0 の方がよさそうだ。

ミヤマホオジロの♂も撮れたので、この続きは、明日にでも。。。
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイフィールド

カメラの色合い調整_2

奥の茂みに ミヤマホオジロが数羽、姿を現した! 手前に出て来るのを待ってみる。

↓ 群れの中には、♂も混じっている。

                                 ミヤマホオジロ(♂)









                               アオジ と ミヤマホオジロ


                              ミヤマホオジロ (♂)と(♀)


                                 ミヤマホオジロ(♂)


                                 ミヤマホオジロ(♀)


カメラの設定では、コントラストや シャープネス、色の濃さ、色あい 等々は、一段の変化値が大き過ぎるので、
変更しない方が良さそうだ!
何種類も有る『 ピクチャースタイル 』は、何の為に有り、どの様に違うのか?良く解らない。。。
posted by 子猫 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイフィールド

2014年11月22日

久々の出会い

最近は RAW画像を使わなくなった! 大きくプリントする事も無くなり、精々ブログで使う程度だから、JPG画像で充分
なのだ! それに、JPGの方が一々現像処理をしなくて済むし、容量が少ないのでハードディスクへの保存も楽・・・

JPG画像でも ノイズの除去や 色温度の変更、特定な色の濃淡、コントラストの変更、シャドウ・ハイライトの調整、
アンシャープマスク、などなど必要な加工は、どちらででも出来てしまう・・・

何より問題なのは、7Dmk2 から Canonは 付属のCDを初め、各ソフト類を、WinXP や Vista には 非対応とした事だ!
7Dmk2の RAW画像(.CR2)は、WinXPや Vistaに対応した旧の現像ソフト Digital Photo Professional (3.14.15)
では 見る事も現像する事も出来ないのだ!

新しく買い換えた EOS_7Dmk2 も JPGで撮影するしかないのたが、以前の EOS_7D に比べ、赤や黄色の色合いが
強いように感じるので、カメラの設定を変更してみた。

ホワイトバランス ・・・・・・ 標準の AWB のまま
WB修正/BTK設定 ・・・ 9段階中の1段 Blue側へ (BTK設定は未使用)
色空間 ・・・・・・・・・・・・・・ Adobe RGB に (標準は sRGB)
ビクチャースタイル ・・・・ 忠実設定 で、シャープネスを 7段中の2段目 に

↓ RGBの色空間



テスト撮影を兼ねて、自宅から車で15分ほどの山へ出掛けてみた。
どうせ 鳥たちは居ないだろうと、EOS_7Dmark2 に 300mm をセットして持って来たのだが、
今日は到着早々 アオジ、ミヤマホオジロ、ホオジロ などが、姿を見せていた。
暫くすると、ルリビタキも現れた。
(こんな事なら大きいレンズを持って来るべきだったとチョッピリ後悔・・・掲載画像はトリミング有り)

↓ まだ若いヤツなのだろう、メスタイプの色合いが残っている。

                                  ミヤマホオジロ




↓ シーズン初期のルリビタキにしては、綺麗な個体だ!

                                    ルリビタキ








左斜め前の上に太陽が有るので、やや逆光ギミになり、可成り暗い・・・撮影データーは、ISO=6400 SS=1/500 F=4.0


                                      アオジ








↓ ホオジロも混じっていた。

                                     ホオジロ


色空間を Adobe RGB にしたからか? それとも ビクチャースタイルを「忠実設定」に変更したからか?
全体に白っほい画像に仕上がってしまったし、黄色味がまだ少し強いように感じる。
色の設定は微妙で難しいし、目盛り一段が何%に匹敵するのかも解らない。。。(マニアルに明記しといてょ!)
それに、高感度ISOが使えるようになったとは言え、さすがに 6400はノイズが酷い・・・許せるのは 3200ぐらいまでか。。。
posted by 子猫 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイフィールド

2014年11月20日

期待外れのカメラ

5年ぶりに鳴り物入りで登場した Canonの一眼レフカメラ EOS_7D_mark2、先行予約までして 10月末に購入したのに、
期待はずれも甚だしい・・・
一番の難点は、AFの合焦精度や合焦率が Nikonなどの下位機種よりも遙かに劣る点だ!
ピントの甘いボケ写真は、何枚撮っても意味が無い!!!
その次は、標準設定では 色合いが不自然で、赤や青が強く 取って付けたようにドギツイ!!!
そろそろ Canon信者からの脱却時期かも。。。

   
posted by 子猫 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2014年11月18日

フクロウ

自宅から車で20〜30分ほどの緑地公園に、フクロウが姿を見せていると聞き、早速出掛けてみた。
タイムズに駐車し、ものの7〜8分歩くと、数名のカメラマンが待機している。
お聞きすると、姿は見えているのだが、今は 目をつぶっているので待機しているのだとか・・・

近づくと葉が被り フクロウの姿が見えなくなるので、チョットでも被りの少ない場所を探して 私も待機してみる事に !

↓ 近くにカラスがやって来たので、目を開いて警戒態勢に !

                                     フクロウ


↓ カラスが去り、また居眠りモードに !




↓ 方向転換を初め、後ろ向きになってしまった。




↓ 今まで以上に葉が被るが、私の左横は せせらぎの為、左へ寄る事ができず・・・




隣で Nikonを使っているカメラマンが、「ピントは一発でバッチリょ!」って言っておられるのに、私の方はと言うと、最新の
7Dmk2を使っていながら、曇天でやや逆光ぎみの被写体には、AFでは ほとんどピントが合っていない !!!
腹立たしさを覚えながら ライブビューで拡大表示し、マニアルでピントの微調整をしなければならない始末・・・

それに、ホワイトバランスを オート(AWB)で使用してるのに、黄色や赤が強く再現されてしまうのは、天候に対して
色温度の自動変更が上手く出来ていないのでは??? 早急にファームウェァーの変更をしてもらいたいものだ!

↓ 一緒に持って行った50倍ズームだけを持って、別角度へ回り込み、見通せる場所を探してみる。







この跡、カワセミのポイントへも回ってみたが、姿を見る事ができず、居たのはキセキレイだけ・・・


                                    キセキレイ

後日解った事だが、月刊カメラマン11月号によると、Nikon に比べると Canonの合焦率は 相変わらず悪い様だ・・・
Canon 7D    44%
Canon 7D2   54%
Canon 1DX   83%
Nikon D7100 86%
Nikon D4s    89%
posted by 子猫 at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2014年11月17日

2点支持のホルダー

12月の末ごろに、Canonから 手振れ防止付き 100-400mmズームのレンズが、リニューアルされて発売されるらしい・・・
このレンズの旧型製品は、10年ほど前まで、EOS_D30のカメラにセットして使っていた事があり、印象としては、
10mほどの距離までだったらクッキリ写るが、それ以上の距離となると、解像度が可成り落ちてくる状況だった。

今は、ズームレンズよりは解像度が高い、単焦点のレンズを何本か保有し使い分けている。

カメラが悪いのか? 腕が悪いのか? ここ数年の Canon製品は、薄暗い場所に弱く、解像度も、AFのビント精度も
Nikon製品に比べると可成り劣り 企業努力が感じられないのだ。。。
新しく出た EOS_7Dmk2 も、AFセンサーの感度が、Nikon_D4s や D800 などと同じ -3EV となっていたのだが、
どうみても 誇大表示のような気がする。

保有レンズの中に、手振れ防止機能の無い 400mm F=5.6 が有り、旧 100-400mmズームよりは 遠くの解像度が
良いので、今でも時々使っているのだが、暗い場所では、三脚を使ってもミラーショックなどで ブレる事が有る。
そこで、手振れ防止機能がないレンズ用に、ブレを少しでも軽減できればと、レンズ先端と カメラ本体を同時に支える
二点支持式のホルダーを作ってみた。

↓ レンズの先端はマジックテープのベルトで固定、カメラ本体側は小さな雲台を使用

                                 カメラのホルダー


↓ レンズやカメラに取り付けた状態。

                                ホルダーのセット状態


↓ 三脚にセットした状態。


AFでのピントの甘さは、ライブビュー表示して、マニアルで微調整し、そのまま、レリーズを使ってシャッターを押せば、
ブレの無い画像が撮影できるものと期待している。 (・・・が、これではデジスコと変わらんやんか?)
posted by 子猫 at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2014年11月16日

アオジ

午後から EOS_70D + 400mm を持って、奈良県側の生駒山麓へ行ってみた。
相変わらず鳥たちの声は無く、森の中はシーンと静まりかえっている。

↓ 下草の中へ何かが飛び込んで来た! やがて姿を見せたのは アオジだった。

                                      アオジ




昨年の末には、ミヤマホオジロや ルリビタキ、ベニマシコなどが、よく姿を見せていた場所にも鳥の気配が無い!





↓ 梢の先に一羽でポツンと留まっていた カワラヒワ。

                                    カワラヒワ


陽の落ちるのが早く、3時ごろの太陽でも やや赤っぽく写ってしまう。。。
posted by 子猫 at 19:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイフィールド

2014年11月13日

今日もハズレ !

昨日買い替えた スタッドレスタイヤの皮剥きを兼ね、EOS_7Dmk2 + 300mm を持って、朽木まで足を延ばしてみた。

朽木の管理センターは、この春、運営を廃止したと聞いてはいたが、鳥は居るだろうと思ったのが大間違い!!!
到着すると、大型の重機が何台も入り、池や遊歩道のコンクリート、岩、杭など構築物を撤去している最中だった。

↓ 7Dmk2 で撮った画像を、むりやり連結

                                撤去作業中の広場跡


当然の事ながら 辺りは勿論、奥の方の木々にも鳥の姿は無く、ヒヨドリや カラスさえ見掛けないし、鳴き声も無い・・・

↓ やむなく近くに有った紅葉を撮ってみた。




再び車に乗り、高島市の新旭水鳥観察センターへ向かってみたが、カモたちの種類も数も少ない。


                          ホシハジロ、キンクロ、オオバン など


                             キンクロハジロ と ホシハジロ


                             カンムリカイツブリ

posted by 子猫 at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2014年11月12日

タイヤ買い換え

4年前に購入した スタッドレスタイヤは、経年変化でゴムが硬くなり 今シーズンは、その効果が期待でそうに無いので、
今日、新しい物に取り替えた。
新品のスタッドレスは、表面の皮剥きを兼ねて 300〜400q走り込んだ方が良いと聞くし、タイヤのバライス確認も兼ねて
阪奈道路を走り、奈良県まで行ってみた。

水上池の辺りまで来ても居るのは、カモたちと カワウ、ダイサギ ぐらい ・・・ 小鳥たちの姿もない ・・・


                                      コガモ


                                    カイツブリ


遠くには マガモや ハシビロガモ、コブハクチョウ なども居たが、シャッターを押す気にもなれず引き上げる事に。。。
posted by 子猫 at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2014年11月11日

キセキレイ

マイフィールドには、殆ど鳥の姿が無いので、お昼ごろから 軽い 70D + 300mm を持って 鶴見緑地へ出掛けてみた。
いつも車を停めるタイムズが満車だったので、今日は別のタイムズを探すハメに!

つい2日前までは、キクイタダキも居たらしいのだが、既にその姿も無く、アカゲラや アトリも見付けられない・・・

↓ 太鼓腹の キセキレイが居た。 (チョット食べ過ぎ?)

                                    キセキレイ






ゲラ類が居るかも?と、移動してみたが、シジュウカラしか見付けられなかった。


                                   シジュウカラ



↓ シジュウカラを撮っていると、ヒラヒラと アカタテハが 近くへやって来た。

                                   アカタテハ

これといった鳥に出会えないので、カワセミなら居るだろうと、そのポイントへ回ってみた。


                                   カワセミ (♀)












至近距離のカワセミを、独り占め状態で撮影出来たので、引き上げる事に。。。
posted by 子猫 at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2014年11月10日

裏山はハズレ!

午後から裏山の麓を 70D + 300mm を持って散策してみた。
神社裏の森は、ボランティアの方が 一部の木を間引き伐採されたので、可成り明るく感じる。

鳥は、ヒヨドリと カラスだけで なぁ〜んにも居ない !!!
昔は カラ類や コゲラ、メジロ、ソウシチョウ などが居たのに ・・・

↓ 越冬中なのだろうか? ウラギンシジミが日向ぼっこしていた。

                                  ウラギンシジミ


ウラギンシジミを撮っていたら、何処からか ムラサキシジミもやって来て 日光浴しだした。

↓ 高い所に留まられ 見通せる角度がチョット悪い。

                                  ムラサキシジミ
posted by 子猫 at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイフィールド

2014年11月07日

近くの治水公園

散歩がてら 昔はカワセミが姿を見せていた 近くの治水公園へ 70D + 300mm を持って出掛けてみた。

↓ モズに追われ 小さな川の護岸壁に留まった ジョウビタキ。

                                   ジョウビタキ






人工の池には、カイツブリや オオバンも来て居た。


                                    カイツブリ


                                     オオバン

ベニシジミや ヤマトシジミ、モンシロチョウ、キチョウ、なども居たが掲載はカット・・・


                                    アキアカネ

posted by 子猫 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイフィールド

2014年11月05日

オオヨシゴイ

高速を走って 自宅から1時間ほどの所に、滅多にお目に掛かれない オオヨシゴイが出て居ると聞き、お昼前から
出掛けてみた。
車を降りてから可成り歩くだろうと想定し、7D_mk2 + 400mm F56 を持って行ったのだが、思っていたほど歩く事も無く、
これなら重くっても 大砲レンズを持って来るべきだったとチョット後悔・・・

現場は、既に100人ほどのカメラマンが ズラ〜と並び、暇そうにしている。
情報をお聞きすると、昨日は、午前中は姿を見せず、12:30ごろに現れて、以降30分間隔ぐらいで撮る事ができたらしいが
今日は朝から誰も姿を見ていないのだとか!  カメラマンとカメラマンの間に入れてもらい、私も待機してみる事に・・・

↓ 待機中、暇なので木の天辺に留まった アオサギ をパチリ。

                                     アオサギ

しかし、3:00を回っても一向に姿を現しそうに無いし、もう抜けたのかも?と、諦めの心境で ぼつぼつ帰る人も・・・

私も帰ろうか?どうか?思案していた 3:30ごろ、左手上空からヨシゴイらしき鳥が飛んで来て、右手の水草が茂った
水面の辺りへ降りた!  だが、私の位置からは降りた辺りが見通せない!
早速、カメラと三脚を持って左手へ移動し 見通せる場所を探す。

遠すぎて ファインダーでは ピントが合っているのか?どうか?すら解らない!
仕方が無いので、ライブビュー表示に切り替え 10倍に拡大して、マニアルでピントを合わせる始末・・・

↓ 最初に姿が見れたのは、40〜50m先の草の中・・・(画像は大々トリミング)

                                    オオヨシゴイ




少しでも近い場所へと、元居た辺りへ戻ってみるが、距離は相変わらず30〜40mだし、その上 やや逆光ギミ!
持って行った 400mm のレンズは、手振れ防止機能が無く、三脚を使っていても低速シャッターでは結構ブレるので、
ブレブレの画像よりはましと ISO感度を 6400まで上げてみた。


                                    オオヨシゴイ



                         ISO=6400 F=8.0 SS=1/400 EV=±0




















約1時間ほど撮影し、鳥がガマ原の中へ姿を消したので、私も引き上げる事に。。。
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2014年11月04日

今日もハズレ!

今日は天気が良いので、7D_mk2 + 300mm と SX50_HS を持って、奈良県側の生駒の公園を散策してみた。
だが、この園地にも小鳥たちの姿は無く、居たのは 見慣れた蝶と 赤トンボぐらい・・・

↓ ヒラヒラと飛んだので、存在に気付いた キタテハ。

                                     キタテハ
↓ 日の当たる幹で日向ぼっこしていた ルリタテハ。

                                    ルリタテハ

↓ 赤トンボも数匹飛んでいて、留まった翅胸を見ると アキアカネのようだ!

                                    アキアカネ


此処も鳥が居なくて ダメだぁ〜と思いながら 車へ戻ろうとすると、シジュウカラ の群れがやって来た。


                                   シジュウカラ





↓ コゲラも3羽混じって居て、ドラミング音が良く聞こえる。

                                      コゲラ







↓ 色の違うのが来たって思ったら ミヤマホオジロ のようだ。

                                   ミヤマホオジロ
posted by 子猫 at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2014年11月03日

裏山を散策

久し振りに太陽が顔を覗かせたので、新しく買った 7D_mk2 に 300mm-F4 のレンズを付けて、裏山を散策してみた。
だが、小鳥はおろか越冬準備中の虫たちすら居ない・・・聞こえるのは、ヒヨドリの声のみ・・・

↓ 日溜まりの中を ヒラヒラ飛んで来た キチョウ。

                                     キチョウ


↓ 何か?赤っぽいのが飛んで来た!と思ったのだが、見慣れた テングチョウだった。

                                   テングチョウ

鳥が居ないので 一眼レフの出番が無く、以下の画像は、一緒に持って行った PowerShot SX50-HS で撮ったもの。。。

↓ ヤマトシジミも弱々しく飛び回っているが、なかなか留まってくれない。

                                   ヤマトシジミ




                                   モンシロチョウ


                                   ウラナミシジミ


                                    ベニシジミ

↓ 蜜を求めて飛び回り、留まってくれる事の無い ホシホウジャク。 (SX50_HSでは ちょっとピンアマ!)

                                   ホシホウジャク

↓ チャバネセセリだと思うが、翅裏に白斑が全く無い!

                                 ? チャバネセセリ ?


                                ボロボロの ホシミスジ


                                    オオカマキリ
posted by 子猫 at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2014年