2015年04月30日

オオヨシキリ

先日購入した Nikonのカメラのテスト撮りを兼ねて、オオヨシキリ狙いで、近くの治水公園へ出掛けてみた。

葦の生えた水辺に着くと、「ギョギョ!ギョギョ!ギョシギョシ」って鳴き声が、彼方此方から盛んに聞こえる。
葦の先に姿を現すのを待ってみる事に・・・

↓ オオヨシキリ














↓ カイツブリの雛が3羽生まれて居た♪




↓ アゲハ (露出補正が +0.3EV なのに 何故か黄色が濃く写っている)




↓ アオスジアゲハ




↓ ジャコウアゲハ


今までの感覚に比べ、若干AFの速度が遅い様に感じるが、これは気の性だろうか?
Canonに比べると、やはり合焦精度は高く、ボケ画像は2割ほどに とどまったし、
色合いは、目で見た感じに近く自然な風合いが出ていて、私の好みの発色なのが気に入った。
(薄暗い場所での合焦精度は まだ解らないが・・・)
posted by 子猫 at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイフィールド

2015年04月29日

Nikonのカメラ

昨年の10月末に、EOS-7DU を購入以来、Canonのカメラには、どうも信頼感が持てず 気に入らない部分が多いので、
この際、他のメーカーに変わってみようか?と思案していた所、Nikonから非常に軽い 300mmのレンズが発売された。

そこで思い切って、カメラ(D7200) & レンズ(300mmF4_PF) & テレコン(14EV) & ストロボ(Nissin-i40) を買ってみた。

>

自宅へ戻り梱包をバラして、先ずはバッテリーの充電。

前ピン、後ピン など、カメラ本体とレンズの相性をテストする為、セットする。
軽い!・・・カメラ+レンズで 1.5sほど!
これなら一日、首からぶら下げて居ても苦にならない♪

だが、今まで ず〜っとCanonを使ってきた私にとって、初めての Nikonは途惑う事ばかり・・・
購入前から解っていた事だが、
レンズのマウント方法、ピントリングの回転方向、などは全く逆だし、メニュー画面の設定方法も可成り異なる。
カメラ上部の液晶に表示される SS や ISO感度の情報も 実際に撮影される値では無く、Auto設定の上限値が表示されるし、
操作ボタンの カスタマイズ方法もややこしい!
「アクティD-ライティング」だとか? 「ウィネットコントロール」だとか? 項目名も取説を読まなければ解らない。

まっ! 慣れるしかないか。。。
posted by 子猫 at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2015年04月28日

ギンイチモンジ

早朝6:20に自宅を出て、お隣の県へ ギンイチモンジを撮りに出掛けてみた。

昨年と同じ流域だが、別のポイントへ入って探してみる事に・・・
今日の天気は、薄曇り・・・日射しが無いと蝶たちの活性が上がらず飛ばないので、見付けられるか?どうか?疑問だ!
心配をよそに、探し初めて5分もしない内に、ギンイチモンジを発見!
一頭見付けると、次々と見つかり、私の周りたけでも数頭いるようだ・・・

↓ ギンイチモンジ




















同じ様なショットばかりになるので、このポイントを切り上げ、トラフシジミの居る場所へ移動する事に。。。
posted by 子猫 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

蝶を探しに!

お目当ての ギンイチモンジも撮れたので、車に戻り移動して トラフシジミの居るポイントへ・・・
しかし、日射しが弱いからか? 例年見掛ける場所では一頭も見付けられず、車の近くまで戻って来て やっと姿を見付けた。

↓ トラフシジミ








↓ サトキマダラヒカゲ


↓ ベニシジミ


↓ シロスジヒゲナガハナバチ ? (額が赤いのは、どうやら花粉で染まっているようだ!)




再び車で移動し、ツマキチョウが居る場所へ・・・

↓ ツマキチョウ




またまた、車に乗り、アゲハチョウを探しに・・・

↓ ジャコウアゲハ




移動して来た湿原には、羽化して間のない カワトンボも居た。

↓ アサヒナカワトンボ ?


2時ごろ、お目当ての蝶も撮れたので、引き上げる事に。。。
帰途についた直後、電話が鳴った、、、1ヶ月以上前に注文していた Nikonのレンズがようやく入荷したとの事!
車の進路を梅田に変更し、カメラやレンズ類を引き取りに。。。
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年04月27日

お隣の街もハズレ!

お昼ごろから、ツマキチョウでも居ないか? と、お隣の街の園地へ 出掛けてみた。
が、、、こちらも、マイフィールドと同じで、モンシロチョウや キチョウが 数頭、ヒラヒラ飛び回っているだけで、
な〜んにも居ない!
オオルリの声が 20mほど先から聞こえるのだが、姿を見付けられない !!!

↓ アゲハ




↓ ツバメシジミ






↓ シオヤトンボ


友人が先日、ツマキチョウを見掛けたと言う場所にも 立ち寄ってみたが、此処もハズレ・・・な〜んにも居ない。。。
posted by 子猫 at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年04月25日

何も居ない裏山

いくら何でも、もう ツマキチョウが姿を見せているだろうと、裏山の園地へ出掛けてみた。
が、、、ツマキチョウは おろか 他の蝶たちも、トンボも、昆虫や、トカゲも、全く姿を見掛けない!!!

↓ やっと1頭の モンシロチョウ を見付けた。


ウグイスの声が近くで聞こえるので、探していると、見える所に出て来た。
↓ ウグイス




暗い茂みの中で、キビタキが水浴びをしていた ・・・ カメラを向けると、近くの枝へ飛び移って羽繕い。
しかし、暗い所に弱い Canonのカメラ、AFの合焦が甘く 8割以上がピンボケ・・・(トホホ・・・)
↓ キビタキ


↓ 鱗粉が可成り剥げ落ちた ルリシジミ


余りにも 「生き物たち」 が、少な過ぎるので、園地の管理人や、園地に隣接するホテルの従業員に 話をお聞きすると、
どうやら、昨年、マイマイガの幼虫(ケムシ)が大量発生し、来園者や ホテルの客たちが 気持ち悪がったので、
広範囲に渡って駆除作業をしたらしい・・・

スズメバチが集まるからと、樹液の出る木は切り倒してしまうし、ケムシが発生したからと言って、駆除するし・・・
この分では、スミナガシや オオムラサキ、ホソバセセリ、オオウラギンスジヒョウモンなど、今年も見れないかも???
ますます この森は、死の森になってしまった様だ。。。
posted by 子猫 at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイフィールド

2015年04月24日

三度 河川敷へ

23日、朝9時ごろから 三度 ホソオチョウの居る河川敷へ出掛けてみた。

到着すると、2名の先人が蝶の写真を撮っておられる。
先日に比べると、ツバメシジミや ヤマトシジミ、キアゲハ、アゲハ、などの数が増えているようだが、
殆ど留まってくれない。
一方、ホソオチョウも数は増えているのだが、翅の傷んだ個体が多く 先日もしっかり撮ったので、今回はパスする事に。

↓ ヤマトシジミ


↓ ベニシジミ


私の近くを アゲハ蝶が飛び回るのだが、一向に留まってくれない!
それならば飛び物を狙ってみようと、ISO感度を800に上げ、1/1000 以上のSSが確保できる様にして、
右目でファインダーを覗き、左目で不規則に飛ぶ蝶を追いかけながら、留まらないアゲハを狙ってみた。

↓ アゲハ






時間帯などに因るのだろうか? それまで留まらなかった ジャコウアゲハが、カラシナで吸蜜するようになった。
↓ ジャコウアゲハ








キアゲハも近くに留まるようになった! 春の日射しをまともに受け 黒と黄色のコントラストが鮮やかで美しい!
↓ キアゲハ








蝶を撮っている最中、200mほど離れた樹木に オオタカが姿を現す場面も有ったが、小さなレンズでは、到底撮れない!
小一時間ほどで切り上げ、他に行く場所も無いので、引き上げる事に。。。
posted by 子猫 at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年04月23日

スギタニルリシジミ

22日、早朝から スギタニルリシジミの姿を求めて、蝶友たちと 近畿北部の山へ出掛けてみた。
ところが ところが、高速道路は大停滞・・・到着したのは、何と10:30なんてとんでもない時間に・・・

これでは、蝶たちの活性が高くなり、トチノキの上の方へ行ってしまって、写真を撮るのが難しい!!!

↓ キブシの花で吸蜜する アカタテハ


↓ キブシの花には トラフシジミも来ていた






↓ 今期初の コツバメ (もうちょっと綺麗な所に留まって欲しかった!)


小指の爪ほどの大きさの スギタニルリが、地上30cmほどの所を飛び回るのだが、なかなか留まってくれない。
↓ やっと枯葉に留まった スギタニルリシジミ


↓ 苔生した所にも スギタニルリシジミ が降りて来た






午後になり、地表近くを飛び回っていた スギタニ が、笹の葉に留まり翅を開きだした。
↓ スギタニルリシジミ(♀)




↓ キブシの花にも吸蜜にやって来た




↓ やっと撮れた スギタニの飛翔


↓ ハナアブの飛翔も撮れた


3時過ぎ、お目当ての スギタニも 何とか撮れた事だし、引き上げる事に。。。
posted by 子猫 at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年04月18日

またまた ギフチョウ

4月も中半を過ぎたこの時期、カタクリの花が咲き、ギフチョウが舞う山が お隣の県に有るので、
EOS-70D + EF100-400mmUズームを持って出掛けてみた。

カタクリは咲いているが、群生していると言えるほどでも無く、10〜20株単位で 彼方此方と
まばらに自生している程度だし、山道には ローブが張られ「立入り禁止」になっている為、
花までの距離が遠い。
お目当ての ギフチョウは、そこそこ居るようだが、滅多に留まらないので お花絡みでの写真が難しい。

↓ カタクリの花


↓ カタクリ & ギフチョウ


↓ ギフチョウ














↓ アカタテハ


結局、カタクリの花に来る ギフチョウは撮れず、、、諦めて帰る事に。。。
posted by 子猫 at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年04月17日

春型ホソオチョウ

1週間前は、早すぎて 全く姿を見る事が出来なかった ホソオチョウが、もうぼつぼつ羽化しているだろうと、
河川敷へ出掛けてみた。
午後1時過ぎ 現地に到着すると、車の中からでも 堤の周辺を飛び交って居るのが見える。

↓ ホソオチョウ(♀)






↓ ホソオチョウ(♂)






↓ 交尾中の ホソオチョウ



辺りには、ジャコウアゲハも羽化し飛び回って居る。

↓ ジャコウアゲハ








↓ ベニシジミ




↓ ツバメシジミ


一頻り 蝶たちを撮ったので、コムクドリが居ると聞く場所へ移動してみたが、鳥はおろか カメラマンの姿も無く
諦めて引き上げる事に。。。
posted by 子猫 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年04月16日

地元にも黒ノビ

久し振りに朝から晴天の今日、ぼつぼつ 地元の園地にも ツマキチョウが姿を見せているかも?と、出掛けてみた。
が、、、ツマキチョウは おろか 何処ででも見掛ける キタキチョウや モンシロチョウすら飛んでいない!

↓ ルリシジミ


↓ コサメビタキ







一瞬、ベニヒカゲか?と、近づいて見ると、何の事はない蛾の仲間の イカリモンガだった。
北海道にでも行かなければ見れない蝶なのに、こんな所に居る訳が無い!!! それに、発生時期も全然違う!!!

↓ イカリモンガ





1〜2時間で、園地を引き上げ、まだ付け替えしていなかった、冬用タイヤを、夏用タイヤに交換する為、
行きつけのGSへ・・・
ATオイルの交換や洗車などの作業も含め 小一時間ほど掛かるので、カメラを持って、治水公園へ行ってみると、
この公園では珍しい 黒ノビが来て居た。

↓ ノビタキ
















一頻り 黒ノビの写真を撮り終えた頃、GSから作業が終わったと Tel ・・・ 引き上げる事に。。。
posted by 子猫 at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイフィールド

2015年04月15日

キビタキ & コマドリ

ころころ変わる空模様と、あてにならない天気予報に 翻弄されながら、先日は見掛ける事の出来なかった
キビタキや コマドリが撮れたらと、EOS-70D + 150-600mmズームを持って出掛けてみた。

現地に到着すると、オオルリや キビタキの声が、四方八方から聞こえてくる・・・が、姿が見えない!
この辺りなら・・・と思える場所に、カメラをセットし、待ってみる事に!

15分ほど経った頃、ふと足元の流れに目を移すと、岩の上に キビタキが居るではないか!!!

↓ キビタキ(♂)








オオルリや キビタキ、ホオジロ、カラ類などは沢山居るようなのだが、肝心の コマドリの声が聞こえない・・・
先日来の雨で増水している上に、日射しが無く 時折雨まで降り出す空模様の為、餌となる カゲロウが羽化しないから
何処かへ行ってしまったのだろうか?

コマドリの姿を求めて、あちこち歩き回り、半ば諦めかけた時、丸太の手摺りに チョコンと留まっていた!!!
背景と同化し、ともすれば見落としてしまいそうだ・・・

↓ コマドリ








人が集まりだすと、警戒したのか? 落ち葉や細い木の根っこが多い 岩場の方へ飛んで行ってしまった。

↓ コマドリ








1時過ぎ、お目当ての鳥も撮れたので、引き上げる事に。。。
posted by 子猫 at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2015年04月12日

コツバメ 外れ!

時々晴れ間は覗かせるものの、3月下旬からの長雨で、春の妖精と呼ばれる蝶たちを 撮りに行ける機会が非常に少なく
今期は、コツバメと ミヤマセセリが まだ撮れていない!

チョット時期が遅いかな? とは思いつつも、毎年、4月の初めに行く蝶のポイントへ出掛けてみた。

↓ ミヤマセセリ








↓ ギウチョウ








↓ ツマキチョウ








↓ キタキチョウ


↓ ツバメシジミ


↓ ルリタテハ



↓ オグマサナエ ???


↓ ホソオビヒゲナガ ? (蛾・フサフサの襟巻きが有るので違うかも?)


↓ ビロードツリアブ


↓ 葉が生え花が散りだした ヤマザクラ


↓ 最盛期を過ぎ茶色くなったアセビ


アセビがこんな状態なら コツバメが来るはずも無く、また来年・・・と言う事で、諦めて帰る事に。。。
posted by 子猫 at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年04月11日

春の黒ノビ

朝目覚めると、予報に反し まだ雨が降っている。  今日もダメだ〜! と 二度寝する事に・・・
次、目が覚めると 9:40、雨は上がり陽が射している。

朝食を摂りながら この時間からなら何処が良いだろうと思案した結果、、、河川敷へ行ってみる事に!
早速、EOS-70D に SIGMA 150-600mm_c をセットして、車のトランクには自転車を積み込んだ。

現地に到着し、堤防の上から見渡すと、3〜4ヶ所に別れ 数名づつのカメラマンが点在している。
さらに、流れに近い辺りには、黄色いカラシナが密集している場所があり、此処に鳥たちが出てくれれば!と期待する。

↓ ヒバリ




↓ キジ



期待通り カラシナの密集地には、ホオアカや 黒ノビが居たのだが、思い通りの場所には なかなか止まってくれない!

↓ ホオアカ




↓ ノビタキ








黒ノビがやっと カラシナの傍に止まった!













50m以上離れた場所に止まっても 960mm相当のこのレンズなら難なく狙える。
↓ 70mほど離れた ススキに止まったノビタキ


↓ ウグイス


↓ ホオジロ


午後3時過ぎ、帰宅するつもりで 車へ戻り、自転車を収納して、昨秋 ホソオチョウが居た辺りへ・・・
車を降り、周辺を探してみるが、ツマキチョウ(♀)が 3頭 ヒラヒラと飛んでいるだけで、
ホソオチョウも ジャコウアゲハも見つからない! まだ、チョット早かったか!。。。
posted by 子猫 at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2015年04月09日

オオルリ

鬱陶しい春の長雨も 今日は一休み、久し振りに太陽が顔を出したので、蝶を撮りに行くか、鳥りを撮りに行くか、
迷ったが、夏鳥たちがやって来たと聞く お城へ出掛けてみる事に・・・

が・・・到着早々「コマドリは抜けたようで昨日から姿を見ない!」と聞くし、キビタキが出て居ると聞くポイントも
後手後手に回って一羽にも出会えず終い!!!

撮れたのは、オオルリと ヤブサメだけ。。。(疲れたぁ〜)

↓ エナガ


↓ シジュウカラ


↓ オオルリ








オオルリも撮れたし、クロツグミや ヤブサメが居ると言うポイントへ回ってみた。

↓ ヤブサメ




クロツグミは、何度かその姿を見るのだが、茂みから茂みへ素早く飛び すぐに隠れるので、ピントを合わせる暇も無い!
諦めて、再び オオルリの居た場所へ戻る事に・・・

↓ シロハラ


↓ オオルリ






キビタキを見たと聞くポイントを 何ヶ所か回ってみたが、どれも飛び去った後ばかりで、結局一度も出会えず、
3時過ぎ、チョット早いが帰る事に。。。

posted by 子猫 at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2015年04月04日

再び ギフチョウ

近畿の北部でも ギフチョウが見られると聞き、車を走らせてみた。
自宅から約1.5時間・・・到着した里山は、人影が無く ひっそりと静まり帰っている。
見掛ける鳥たちも、極々ありふれた カワラヒワや ホオジロたちだけで、時折 ウグイスの囀りが聞こえる程度だ!

ギフチョウが居そうな林縁を 探索しながら歩いていると、目線より高い位置に有る ツツジで一頭が吸蜜していた!
しかし、被りが酷く、どうにも撮り辛い・・・

↓ ツツジで吸蜜する ギフチョウ(♂)








ギフチョウが飛び去った方へ移動してみると、幼虫の食草である カンアオイがチラホラ自生している。
辺りを見回すと、3〜4頭のギフチョウが 地上30cmほどの高さを、ヒラヒラと飛んで居るのだが、一向に止まらない。

胸元にカメラを構え、飛ぶ蝶を目で追っていると、小休止なのだろうか? 枯葉や苔の上に舞い降りる事も有るのだが、
警戒心が強く 3〜4mまで近づくと、飛び去られてしまう・・・

↓ 地上で小休止する ギフチョウ




青や赤紫の花の傍で待機し粘って居ると、たま〜に、花を訪れるヤツも・・・

↓ ムスカリにやって来た ギフチョウ


↓ サクラソウにやって来た ギフチョウ



キチョウや シロチョウもちらほら・・・
↓ キタキチョウ


↓ ハンミョウも居た・・・


初めて行った場所だが、お目当ての蝶も撮れたし、景観も解ったので、お昼前には帰宅する事に。。。
posted by 子猫 at 12:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年04月02日

カタクリ+ギフチョウ

春の妖精 ギフチョウを、カタクリの花絡みで撮ろうと、早朝から高速道路を走って出掛けてみた。
朝は肌寒かったが、陽が昇ると ポカポカと暖かく、動くと少し汗ばむほどの陽気だ!

現地に到着したのは、9:30、、、斜面に カタクリや キクザキイチゲ、ショウジョバカマ などがチラホラ・・・
が・・・肝心の ギフチョウが見当たらない・・・

日当たりの良い奥の方へ移動してみると、、、居た! ヒラヒラと地を這うように飛んでいる。

↓ カタクリ & ギフチョウ(♂)












↓ 交尾中のギフチョウ (上が♀、下が♂)




↓ カメラのレンズにも・・・(左が♂)


↓ 切り花の菊にも・・・


↓ キクザキイチゲ & ギフチョウ(♂)


↓ キブシ & ギフチョウ(♂)


↓ オオイヌノフグリ & ギフチョウ(♀)


↓ 桜 & ギフチョウ(♀)


カタクリ+ギフチョウが タップリ撮れたので、一端 車へ戻り、場所を替えて、エンゴサクの生える地へ・・・

↓ エンゴサク & ギフチョウ(♂)






↓ エンゴサクには ビロードツリアブも・・・


↓ ショウジョバカマ


↓ カエルも冬眠から目覚めていた。


1:30過ぎ、見込み以上の成果に、予定より少々早いが、帰阪する事に。。。
posted by 子猫 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年