2015年06月29日

高山性のゼフ−1

6月29日、高山性のゼフィルスを探しに、早朝3:30の出発で、兵庫県 北部の山へ出掛けてみた。

お目当ての蝶は小さいのて、1.4xのテレコンを加増し、D7200 + 1.4x + 300mmPF (実質 630mm) にして手持ちで撮影。
また、谷間など遠い所に居る場合を考えて、EOS-70D + SIGMA 100-600mmズーム (実質 960mm) も持って行った。

山道を走りだすと、中腹の辺りから 沢山の木の枝や、石ころが、いたるところに落ちている。
まるで、台風でも通過した後のようだ!
枝や石ころを避けながら、ジグザグに ゆっくりと走りながら山上を目指す。。。

7時すぎ 山の上に到着すると、一面にガスが掛かり、しかも寒い (気温 12℃) ポンチョを取り出して上から被る。
今日もダメかぁ〜!と、この地を諦め、少し高度の低い南側へ移動する事に。。。

昨年、フジミドリを見付けた場所まで来ると、道路脇の下草の中に、フジミドリ達が 翅に水滴を付け身を隠して居た!
一つ見つかると、1〜2m間隔ぐらいで 下草の陰に隠れている フジミドリが 次々と見つかった。

↓ フジミドリシジミ












エゾミドリも下草に隠れて居た!
↓ エゾミドリシジミ






この場所は、山蔭なので陽が射すまでには まだ暫くかかるだろうから、200〜300m離れた陽の当たる場所へ移動してみると、
アイノミドリが翅を開いて テリ張りを始めていた!

↓ アイノミドリシシミ




高山性のゼフィルスが、携帯でも撮れる距離で見れるなんて、滅多に無い現象に大興奮・・・
(続く。。。)
posted by 子猫 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

高山性のゼフ−2

先程の場所にも、ぼつぼつ 陽が射しているだろうと戻ってみると、フジミドリが下草の上で開翅しだした。

↓ フジミドリシジミ








↓ エゾミドリシジミ


水滴がいっぱい着いた アイノミドリも 翅を広げウォーミングアップした後、テリ張りを始めた。
↓ アイノミドリシジミ
















卍飛翔の撮影にも挑戦してみたが、動きが速く ISO=1600、SS=1/640 では、全く止まらず全てブレブレ・・・
やっぱり、高感度ISOを使っても ノイズが目立たない D4S や 1DX で、1/1600 以上の SS を使う必要が有るのか?
↓ アイノミドリシジミ




この後、場所を移動して、念の為に!と見て回ったポイントでは、フジミドリの開翅や、テリ張り行動が見られた。
(続く。。。)
posted by 子猫 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

高山性のゼフ−3

場所を移動して、念の為に!と見て回った林縁のポイントには、周りより 2〜3mほど高い場所があり、テリ張り行動をする
フジミドリが何頭も飛び回り、目線の高さで、しかも、至近距離で見る事ができた。。。

↓ フジミドリシジミ






やがて、♀を見付け プロポーズが始まった。 (左が♂、右が♀)













が、、、どうやら ♀のお気に召さなかったようだ!



1時近い時間になったし、この辺りでは、ジョウザンや ヒサマツの姿を見掛けないので、帰途の途中にある
別の山へ向かって移動する事に。。。
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

高山性のゼフ−4

朝来た道路を引き返す形で1時間ほど走り、過去に何度か来た事のある地へ立ち寄ってみた。
山の上まで車で登れると思っていたのに、1qほど手前で通行止めになっている。
しかたが無いのて、車から降り カメラと飲料水だけを持って、歩いて登る事に・・・

↓ スジグロシロチョウ


↓ ウラギンヒョウモン


↓ ウスイロオナガシジミ


↓ キアゲハ




↓ ウラキンシジミ


↓ コキマダラセセリ




↓ ツマグロキチョウ


↓ ミズイロオナガシジミ


↓ アカシジミ


わざわざ立ち寄った割には、ネットマンに遭遇した上、これと言った蝶も見当たらないので、今日の探蝶を終了し
帰宅する事に。。。
posted by 子猫 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年06月25日

隣町の園地

今日はお昼ごろから、お隣の街の園地へ出掛けてみた。
過去3年、数は少ないが ミドリシジミや アカシジミ、ミズイロオナガシジミ などを見掛けているのだが・・・

しかし、現地に到着すると、なぁ〜にも居ない! テングチョウすら見掛けない!

↓ 色の褪せた アカシジミ


↓ コシアキトンボ


↓ ヤマサナエ


↓ 10cm以上ありそうな ザリガニ


↓ カナヘビの妊婦さん ?


↓ オオウラギンスジヒョウモン


以前は沢山生えていた トラノオの花も殆ど無く、蝶や昆虫たちが居なくなるのも解る気がした。
posted by 子猫 at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年06月22日

兵庫の北部へ

朝6時の出発で、兵庫県の北部へ探蝶に出掛けてみた。
途中、カーナビに登録されていない新しい道を走ったら、その後の指示ルートがおかしくなった。
間道を走るショートカットの道かも?と、ナビに従って走ると、とんでもない山道へ誘導されてしまった。 (バカナビが!)
山越えする道なのかも知れないが、かえって時間が掛かるだろうから、来た道を引き返し国道へ出る事に・・・

現地で 蝶の先輩たちと合流し、車で 900m級の山の上を目指す。
山を登って来るに従い、薄雲が広がり陽差しが無くなってきた。 とりあえず 目的地の手前にある草原で探蝶してみる。

↓ ウラギンヒョウモン




↓ モンキチョウ


↓ クロアゲハ


↓ イチモンジチョウ


さらに車を走らせ、ゼフィルスのポイントへ・・・

↓ ヒメキマダラヒカゲ




↓ ルリシジミ


ブナの木を 長竿で叩いてみても 何〜にも飛び出してこない!
昨年、フジミドリを見掛けた場所へ移動する事に! ・・・ しかし、此方もハズレ! 蝶の姿が無い!

↓ ウスイロオナガシジミ




↓ ミズイロオナガシジミ


↓ オオヤマトンボ ???


今年は、何処へ行っても 蝶たちの姿が少ない ・・・ ハズレ年なんだろうか?
お目当ての フジミドリにも出会えず終い、、、3:00前、雨も降ってきたので、早々に帰途に着く事に。。。
posted by 子猫 at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年06月17日

中国地方で探蝶

早朝4時の出発で、蝶の先輩たちと 中国地方へ ゼフィルスたちを探しに出掛けてみた。

厚手の長靴で マムシからの防御、レインスパッツで マダニの進入を防止 ・・・ それでも時々衣服のチェックが必要だ!
探索を始めた時には、メスグロヒョウモンの♀も留まっていたのだが、カメラを向けた途端、飛ばれてしまった。

今期は、地元で姿を見る事が出来なかった ウラジロミドリ や ミズイロオナガ も撮れた。
↓ ウラジロミドリシジミ




↓ ミズイロオナガシジミ




ミズイロオナガに似た ウスイロオナガの姿もよく見かける。
↓ ウスイロオナガシジミ









↓ クロミドリシジミ


ベルベットのような翅表が、陽の光を受けて美しい・・・









↓ ヒロオビミドリシジミ







初めて見る セセリ蝶、ヘリグロチャバネセセリ がいた!
↓ ヘリグロチャバネセセリ







↓ ウラナミアカシジミ (翅がボロボロだったので、あえて葉っぱ被りに!)


蝶友が見付けた アオガエル ・・・ 虹彩が赤味を帯びているように見えるので、モリアオガエル だろう!
↓ モリアオガエル




↓ キハダカノコガ


↓ 交尾しながら飛ぶ ヒラタアブ


ウラミスジシジミの姿が全く無く、ウラナミアカも ボロボロの個体を1頭見ただけだし、今日羽化したものと思われる
クロミドリシジミが、発生木の周辺に姿を見せ始めたが、帰りが遅くなるので、ぼつぼつ帰途に着く事に。。。
posted by 子猫 at 17:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年06月13日

幻の鳥を求めて!

関西で、珍鳥フィーバーしているポイントへ、早朝4時に出発して出向いてみた。

到着した 5:30ごろには 姿を見せていたらしいのだが、それ以降は 全く姿がない・・・鳴き声も聞こえない・・・
フィールドの傾斜した地道を、登ってみたり、下ってみたり・・・

樹液の出ている木があり、ヒオドシ蝶たちが沢山集まっていた。
↓ ヒオドシチョウ




↓ ルリタテハ


↓ キビタキ


↓ ヤマガラ幼鳥



珍鳥のポイントから少し離れ、車道脇の「栗の木」を見て回ると、アカシジミや ウラクロが居た。

↓ アカシジミ




↓ ウラクロシジミ





今日はダメだ!と、諦め帰りかけた 12時ごろ、「フィーフィー、フィーフィー」という鳴き声が、近くで聞こえてきた。
声の聞こえた方向を、双眼鏡で丹念に探してみる。
枝や葉が幾重にも被る中、鳥が見通せる位置は ワンポイント! ・・・ 三脚や一脚なんて到底使えない!
通勤電車なみの ギュウギュウ詰め状態で、撮れる位置を探す・・・

↓ ヤイロチョウ




6時間待ちでの ワンチャンスだったが、幻の鳥 と言われる ヤイロチョウも撮れた事だし、帰途に着くことに。。。
posted by 子猫 at 15:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2015年06月10日

ゼフィルスを探しに!

6月10日、朝から蝶の先輩と待ち合わせ 滋賀県の北部へ「ゼフィルス」と呼ばれる蝶を探しに出掛けてみた。
曇りの予報に反し 空は快晴、気温も高く 日の当たる場所では、汗ばむほどだ・・・

先ずは、標高の低い平地から探索を開始・・・
クリの花が咲き、ヒョウモン蝶たちが群がっている。  ウツギの花もまだ咲いている。

↓ メスグロヒョウモン(♂)


↓ メスグロヒョウモン(♀)


↓ オオウラギンスジヒョウモン


↓ ミドリヒョウモン


近くで、クリの花を見て回ると、ミドリシジミが何頭も吸蜜に来ていた。

↓ ミドリシジミ








ミドリシジミは吸蜜に夢中で、翅を開く事が殆ど無く、また、視線より20〜30cm上にいる為、開翅が撮れない!

↓ ルリシジミ


↓ キタテハ


↓ ヤマサナエ ???



標高の高い山の中へ移動し、ウラクロ や メスアカ を探してみる事に・・・

↓ 蝶友の肩に留まった ムカシヤンマ


しかし、例年、メスアカ や ウラクロ などを見掛けたポイントには、何にも居ない・・・
フライングで、2〜3日早かったか?  とりあえず、もう少し上まで登って、昼食タイムに・・・

普通、キンモンガは、翅が黄色と黒なのに、此処のキンモンガは、黒と白のヤツばかりだ!
↓ キンモンガ



期待した フジミドリにも出会え無かったので、下山する事に・・・
2時ごろ、下って来る途中で、もう一度先ほどのポイントを探してみると、少数だが ウラクロ と メスアカ が見つかった。
どうも、今朝 羽化したばかりでは?と思われる。

↓ ウラクロシジミ




メスアカは、6〜7mと距離が離れている上、枝や葉の障害物が多く、撮る事は叶わなかった!

下まで降りて来ると、ヒョウモン蝶や ミドリシジミなどが まだ飛び交っている。

↓ キマダラセセリ


ウラジロミドリがまだ撮れてないが、3:30近い時間になったので、この地を切り上げ 帰途に着く事に。。。
posted by 子猫 at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年06月04日

くたびれ儲け!

今期はまだ、ミズイロオナガシジミの姿を見掛けていない!
今日は朝から 生駒山系の 北部、中部、南部の3ヶ所を巡って、その姿を探してみた。

しかし、結果は総ハズレ!  例年なら苦もなく見れる蝶なのに・・・

遊歩道を歩いていると、何羽もの ソウシチョウや ウグイスの声が響き渡るのだが、その姿を見付けられない・・・

↓ コゲラ


↓ キビタキ




↓ ルリシジミ




↓ コミスジ


↓ ホシミスジ


↓ ツバメシジミ




↓ コムラサキ


↓ ヒカゲチョウ


↓ モンシロチョウ


↓ アオダイショウ


↓ ウシガエル ???


車で移動したとは言え、山の中は徒歩、、、鳥や蝶を探しながら 今日は、7〜8qは歩いただろうか?
3時すぎ、何の収穫も無く 3っ目のポイントから車へ引き返す 2qほどの間は、足どりが重く 疲れがドッ!と出てきた。
posted by 子猫 at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年