2015年08月29日

自立型の一脚

ベンロの一脚 C29T (400g) と スリーレッグ VT1 (250g)、GITZO の自由雲台 G1178M (400g)を組み合わせて、
自立型の一脚を作ってみた。

組み立て後の縮長は、56cm ・・・自由雲台を外せば、47cmなのでリュックにも収まるし、飛行機にも持ち込める。
しかし、自由雲台が 400gもあるので、結局、総重量は 1sほどになる。

↓ 自立型一脚のパーツ


軽いカメラなら取り付けた状態でも 確かに自立するが、不安定なので、カメラは常に首から ぶら下げておく必要がある。

                  

棒状態の一脚だけでは、カメラを構えた時に、左右に回転する様に揺れるが、スリーレッグを着けると三脚なみに止まる。
上下左右へのカメラ位置変更は、手持ちに勝るものは無いが、三脚に比べると、高さの変更が簡単だし、自由度が高そうだ。
posted by 子猫 at 22:54 | Comment(6) | TrackBack(0) | 機材・その他

2015年08月27日

舞子はんに逢いに

毎年、この時期になると、舞子はん(マイコアカネ)に逢いに、出掛けているので、今年も行ってみた。
渡りの鳥にも出会えるかも知れないので、今日は、D7200 + 1.4x + 300mm_PF + CLOSE_UP Filter の組合せだ!

↓ マイコアカネ (CLOSE_UP Filter 使用)


しかし、Nikon の 300mm f/4E PF ED VR と Kenko の CLOSE_UP No.1 Filter との相性は良くないようで、
ピンアマの時のような 少しボケた感じの仕上がりになってしまう。

仕方ないので、CLOSE_UP Filter を外し、再度撮影し直し ・・・(やっぱり、PK-13 の「接写リング」が必要か?)

↓ マイコアカネ (CLOSE_UP Filter なし)






舞子はんの♀を探すが、見付けられない ・・・

↓ ヤブサメ








↓ コルリ(若)









posted by 子猫 at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2015年08月21日

奥庭へ遠征_5

8月21日、朝食は8時からなので、それまでの間 ペンションの周辺を散策してみた。
昨夜も雨が少し降ったようで、朝の路面は濡れ 下草には露がいっぱい!

↓ スジグロシロチョウ


↓ ナツアカネ




↓ オツネトンボ ?


↓ ジャノメチョウ


↓ イチモンジセセリ


朝食を済ませ、車に荷物を積み込んで、「サンメドゥズ清里」を目指す・・・
此処には、標高 1,900mまで登れるリフトが有り、山上の花畑には ベニヒカゲ が居るらしいのだが、霧が立ち込める
今日の天気では、蝶たちは期待出来ない!!!

山上に到着すると 霧が掛かり、案の定、なぁ〜んにも居ない!
一回もシャッターを切る事なく、早々に撤収し、入笠山へのゴンドラが有る「富士見パノラマリゾート」へ移動した。

当日の「入笠山」ピンポイント天気予報は、晴れ、、、しかし、ゴンドラで 1,900mの山上へ行くと、やっぱり霧と小雨。
レインスパッツを巻き、ポンチョを被り、傘を差して フィールドを回ってみる。

↓ マツムシソウ


↓ ヤマユリ


↓ ヨツスジハナカミキリ




↓ ミヤマショウブヨトウ(蛾)


↓ ヒカゲチョウ


↓ アサギマダラ









翅裏の斑紋から あまり見掛けない セセリ蝶だなぁ〜と思いながらも、図鑑が無いので 名前が解らない・・・
取りあえず、シャッターを切り、後で調べる事に・・・
帰宅後、図鑑を見てみると、日本の中でも信州方面の山にしか居ない珍しい蝶、アカセセリだった。

↓ アカセセリ


黒い中型の蝶が姿を見せた、、、一瞬お目当ての「ベニヒカゲ」か?と色めき立ったが、小さめの ジャノメチョウだった。
↓ ジャノメチョウ


旅の全日程に渡り、霧や雨に祟られたのは、今回が初めて ・・・ 天気が悪くては、蝶も 鳥も 風景も撮れない!!!
14:30 ゴンドラに乗って「入笠山」を下山し、帰阪の途に着く事に。。。
posted by 子猫 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 信越地方の探鳥(蝶)旅

2015年08月20日

奥庭へ遠征_3

8月20日、昨夜からの雨は、朝になっても降り止まず、標高 2,200mの奥庭の朝は 可成り寒い・・・
おそらく 10℃を下回っているだろう・・・
ポロシャツ、ズボン、靴下など、全てを2枚重ねで着た上に、ウインドブレーカーを羽織った!

それにしても、鳥たちがやって来ない!
雨が降っているので、水溜まりは何処にでも有り、わざわざ 人の居る水場まで来る必要が無いのだろうか???

7時すぎ、やっと1羽のルリビ(幼鳥)がやって来た!

↓ ルリビタキ(幼鳥)




だが、ものの1分ほどで飛び去り、それ以降、2時間ほど 全く鳥の姿は無し・・・
余りにも手持ち無沙汰なので、出入り口のガラス戸に留まった「蛾」を コンデジで撮ってみた。

↓ 蛾 ???


暇を持て余し、食堂でコーヒーを飲んで居た 9時過ぎ、1羽のホシガラスが水場にやって来た。
鳥を驚かさない様、ゆっくりゆっくり カメラまで歩き、何とか撮影する事が出来た。

↓ ホシガラス






だが、人の姿を見ると 早々に水浴びを止め 近くの枝へ飛び上がってしまった。





充分に水浴びが出来なかったからなのか? 奥庭への簡易舗装路の 凹みに出来た水溜まりで、水浴びを始めた!



ホシガラスは 9:15 ごろに飛び去り、その後また、一羽の鳥も寄りつかない時間が流れる・・・
小雨が降っている天候なので、蝶なども期待出来ない・・・

暇を持て余していた 10:30すぎ、「鳥くん」が ツアーガイドとして、20名ほどのバーダーや カメラマンと共にやって来た!
何年ぶりの再開だろう???

近況などに話が弾んでいる 11時すぎ、メボソムシクイが水場にやって来た!

↓ メボソムシクイ








メボソが飛び去ったので、チョット早いが 昼食タイムにする事に・・・

午後になると、雨も上がり少し明るくなってきたが、相変わらず鳥たちはやって来ない・・・

↓ 富士をバックに「鳥くん」と記念撮影



奥庭をぶらぶらした後、水場に戻って来ると、13:40ごろ イスカが5〜6羽 近くのカラマツにやって来た。

↓ イスカ




イスカが下に降りて来そうにないので、三脚からカメラを外し、2階へ上がって部屋の窓から手持ちで撮影する事に・・・















1時間近く居た イスカも飛び去り、時間も 14:30近くになったので、下山する為、荷物をまとめて、
五合目のバス停まで 車で送ってもらう事に。。。

つづく・・・
posted by 子猫 at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 信越地方の探鳥(蝶)旅

奥庭へ遠征_4

五合目まで車で送ってもらうと、観光バスが何十台も停まっていて、中国語と覚しき声が飛び交っている・・・

シャトルバスで 北麓駐車場まで下って、停めてあった レンタカーに荷物を積み込み、
今夜の宿「ガストホフ・コメット清里」がある 八ヶ岳の南麓へ向かい高速道路を走る。

清里に入り ペンションに到着する前に、草地で蝶たちを探してみた。

↓ モンキチョウ(♀)


↓ モンキチョウ(♂)


↓ ヤマガラ(幼鳥)


↓ ツバメシジミ


↓ ベニシジミ


↓ キアゲハ




曇り空では、普通種の蝶たちも なかなか姿を見せないので、チョット早いが 17:30 チェックインする事に。。。

つづく・・・
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 信越地方の探鳥(蝶)旅

2015年08月19日

奥庭へ遠征_1

8月19日から2泊3日の予定で、富士山の奥庭と、八ヶ岳の清里や 入笠山へ出掛けてみた。
奥庭では、ホシガラスや キクイタダキ、キベリタテハなど・・・清里や入笠山では、ベニヒカゲなどが お目当なので、
鳥撮り用として EOS-1Dx + SIGMA_150-600mm Zoom と、蝶撮り用として D7200 + 300mm PF + i40_ストロボ
をリュックに詰め込んだ。

7:26の新幹線で三島駅まで行き、駅前でレンタカーを借りて、河口湖の近くの富士北嶺駐車場に向かう事に・・・
富士山の五合目まで登る スバルラインは、夏期マイカー規制の為、シャトルバスに乗り換え「奥庭」へ・・・

↓ 奥庭の水場




到着したのは 12:50、荷物を部屋に置き カメラの準備をして、早速、庭先の撮影ポイントへ・・・

↓ コガラ






↓ ヒガラ






↓ ルリビタキ(幼鳥)






↓ ウソ








↓ メボソムシクイ








出発日の早朝まで、五合目の天気予報は 「曇りのち晴れ」だったのに、ガスが掛かり時折雨も降り出す始末!
鳥の出現は悪く 手持ち無沙汰で、すっごく暇〜〜!

この天気では、蝶たちの出現は見込み無し・・・甲虫たちでも居ないか?と、辺りを散策してみた。

↓ シラフヒゲナガカミキリ




↓ マルガタハナカミキリ




2時を回ると、鳥たちの出現は 益々悪くなり、1時間に一度ぐらいの割で、普通種の小鳥が1〜2羽やって来る程度だ!
3時を回ると、日帰りのカメラマン達が、ぼつぼつ引き上げだし、宿泊組だけが残ったので、鳥たちが来るかも。。。

つづく・・・
posted by 子猫 at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 信越地方の探鳥(蝶)旅

奥庭へ遠征_2

霧と雨の為、鳥たちの出は悪いし、雨の合間を縫って辺りを散策してみても、日差しが無いから蝶たちも皆無・・・

↓ ルリビタキ(幼鳥)








↓ ルリビタキ(若♂)








↓ ルリビタキ(成鳥♂)










富士山に笠雲が掛かってると聞き、コンデジで撮影してみたが、露出が難しく、雲を写し撮ろうとすると、周りの物が
シルエットになってしまう。

↓ 富士山の笠雲


日帰りのカメラマンが居なくなり、宿泊客だけとなった 6時ごろ、水場に ホシガラスがやって来た。

↓ ホシガラス




水場に降りてきた ホシガラスは、600mmのレンズでは 収まりきらず、尾羽や足がフレームアウト・・・
幸い ズームレンズなので、急遽 400mmに倍率ダウン・・・

↓ ホシガラス








さすがに 6時を回ると、ISO=6400、F=6.3 でも、SS は 1/40 にしか上がらないので、被写体ブレが多い!
ホシガラスが飛び去ったところで、本日は終了とする事に。。。

つづく・・・
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 信越地方の探鳥(蝶)旅

2015年08月18日

富士へ遠征

8月19日〜8月21日まで、富士山の奥庭 と 八ヶ岳の麓 へ探鳥(蝶)に出掛けています。

ルートは、新幹線で三島駅へ行き、レンタカーを借りて
   三島駅前 → 富士の奥庭(1泊) → 八ヶ岳の清里(1泊) → サンメドウズ清里 → 入笠山 → 三島駅前 の予定だ!


posted by 子猫 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 信越地方の探鳥(蝶)旅

2015年08月14日

再び 寄り目ちゃん

先日 撮りに出掛けた“寄り目ちゃん”(アカハネナガウンカ) ・・・
EOS-70D + 100-400mmZoom 単体では、最短撮影距離が約1mの為、思ったほど鮮明なドアップが撮れなかった。

今日は、カメラとレンズの間に、エクステンションチューブ(接写リング)を2個付け、最短撮影距離を 65cmぐらいに短縮し、
さらに AF用の補助照明として、850ルーメンの LEDライトを取り付け、再挑戦してみた。

↓ アカハネナガウンカ








Canonの 100-400mmZoom は、被写界深度を稼ごうと、F=16 まで絞り込むと、開放の時よりも画質が劣化する
ようなので、妥協策として今日は F=8 で撮ってみた。
posted by 子猫 at 23:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年08月12日

寄り目ちゃん

ギラギラ照りつける太陽も、今日はチョットマシなので、長袖、長靴、手袋、防虫ネットの完全装備で、
“寄り目ちゃん”(アカハネナガウンカ) を撮りに、出掛けてみた。

ウンカの居る場所は、背丈より高い笹が茂り、ヤブ蚊や ブヨも多く マムシや マダニの居る可能性も有る・・・
笹の葉を捲ってみては、赤い小さな ウンカが居ないか?探して回る!!!

↓ アカハネナガウンカ








体長 4〜5mmの 真っ赤な体を、真正面から見ると、極端な寄り目に見えるのが面白い・・・


↓ ベニイトトンボ


↓ キイトトンボ


↓ リスアカネ


↓ チョウトンボ


↓ ウチワヤンマ


↓ ムラサキシジミ


↓ ウラナミシジミ


何年かぶりかで、この時期、この地へ来てみたが、トンボは種類も数も非常に少なく、1.5時間ほどで引き上げる事に・・・
posted by 子猫 at 21:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年08月05日

地元のゴイシシジミ

先日は、その姿を見付けられなかった 地元のゴイシシジミ・・・
今日、洗車に出掛けたついでに 立ち寄ってみると、2頭が姿を見せ、弱々しい感じで ひらひらと飛んでいた。

↓ ゴイシシジミ (トリミング)




チョット距離があったので、近くへ来るかも?と、ササを揺すってみると、返って逆効果となり奥へ移動されてしまった。

↓ アサマイチモンジ


ギラギラと照りつける直射日光に、汗が噴き出しポロシャツはボトボト・・・30分ほどで この場を退散する事に・・・
posted by 子猫 at 18:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)