2015年10月29日

モズ

大阪市内へ出掛けたついでに、DSC-HX90Vを持って行ったので、市内の公園に立ち寄ってみた。
が、、、スズメや ハトぐらいしか見掛けない!
そんな中、後方から モズの声が聞こえて来た。

↓ モズ






DSC-HX90Vは、ポケットに入るサイズながら ファィンダーが付いているので、720mm相当の望遠でも、
鳥を捕らえ易くて良い、、、これで ノイズ除去の機能が優秀なら文句無いのだが。。。
posted by 子猫 at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2015年10月28日

裏山の紅葉

散歩がてら DSC-HX90V を持って 出掛けた裏山は、紅葉が逆光に輝いて とても綺麗だった。
しかし、露出を色々と変えて撮ってみたが、目で見た色合いが上手く再現出来ない。

↓ 裏山の紅葉





posted by 子猫 at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイフィールド

2015年10月27日

レタッチソフトで逃げ

買ってしまった物(DSC-HX90V)は、何とかして使いこなすしか無いので、その方法を 試行錯誤してみる事に・・・
私にとっての問題点は、
1、低い ISO感度でもノイズによる「ザラザラ」感が強い!
2、ホワイトバランスが AUTO なのに、自動での対応が悪く、赤茶けたり、
   黄色っぽい画像になってしまう事が多々有る。

カメラの「メニュー設定」で、何とかなる問題では無いし、、、Photoshop などのレタッチソフトで逃げを打ってみた。
オリジナル画像(4896x3264)を、3000x2000 に トリミングし、レタッチソフトで「ノイズの除去」と「色温度の変更」で
変更量と不自然さを見比べながらの対応だ!!!  (掲載画像は 1200x800 に縮小)

↓ ハラビロカマキリ


↓ キタキチョウ


↓ アキアカネ


ブログなどに使う分には、何とか許容範囲内になったかも・・・でも手間が掛かるぅぅ。。。
posted by 子猫 at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2015年10月26日

DSC-HX90V

散歩の時のコンデジとして、SONY の DSC-HX90V を買ってみた。
ポケットに入るコンデジでありながら、ポップUP式のファインダーが付いてるし、マニアルでピント合わせ出来るリングが
有るのが魅力だったのだ。

しかし、、、お店でテスト撮りし カメラの液晶で拡大表示した時には、気付か無かったのだが、
今日フィールドで撮影してみると、ノイズ除去の機能が 半端無く 悪い ISO=80 でも、陰の部分はザラザラ・・・

これでは、3.5年前に買った Canon の SX260_HS の方が よっぽどマシだ!!!

↓ バンの幼鳥 ( jpg 撮って出し画像を 1200x800 に縮小のみ)


↓ jpg 撮って出し画像を 1050x700 に等倍切り出しのみ

             Pモード 中央1点スポット EV=+0.7 F=6.4(Auto) SS=250(Auto) ISO=250(Auto)

↓ ツマグロヒョウモン ( jpg 撮って出し画像を 1200x800 に縮小のみ)


↓ jpg 撮って出し画像を 1050x700 に等倍切り出しのみ

             Pモード 中央1点スポット EV=±0 F=6.4(Auto) SS=250(Auto) ISO=200(Auto)

↓ アオサギ ( jpg 撮って出し画像を 1200x800 に縮小のみ)


↓ jpg 撮って出し画像を 1050x700 に等倍切り出しのみ

             Pモード 中央1点スポット EV=±0 F=6.4(Auto) SS=500(Auto) ISO=80(Auto)


ホワイトバランスも Auto なのに、上手く切り替わらず、赤茶けた画像になってしまう。

↓ のら猫 ( jpg 撮って出し画像を 1200x800 に縮小のみ)

             Pモード 中央1点スポット EV=±0 F=6.4(Auto) SS=640(Auto) ISO=80(Auto)

↓ ヤマトシジミ ( jpg 撮って出し画像を 1200x800 に縮小のみ)

             Pモード 中央1点スポット EV=-0.3 F=6.4(Auto) SS=640(Auto) ISO=80(Auto)

↓ ホシホウジャク ( jpg 撮って出し画像を 1200x800 に縮小のみ)

             Pモード 中央1点スポット EV=±0 F=6.4(Auto) SS=250(Auto) ISO=80(Auto)

↓ モズ ( jpg 撮って出し画像を 1200x800 に縮小のみ)

             Pモード 中央1点スポット EV=±0 F=6.4(Auto) SS=400(Auto) ISO=80(Auto)

さらに、オートパワーOFF の設定は有るが、レンズを収納せずに直ぐに再起動できる 節電モードが無いので
再び撮影出来るようになるまでに時間が掛かり チャンスを逃してしまう。
また、お蔵入りのカメラを増やしてしまった様だ。
posted by 子猫 at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2015年10月21日

レンズ入院

この6月に購入した、シグマのレンズ 150-600mm DG OS HSM (c) の 手振れ補正機能に疑問があり、
カメラ D7200 と共に、今日メーカーへ送り出すハメに。。。

状況は、600mmで使用する時、SSが 1/125 以下の場合には、70〜80% ほどの割で ブレが発生するのだ。
それも、手持ち撮影の場合だけでなく、手摺りなどに乗せている場合、三脚に取り付け雲台のロックをやや緩めている場合
など、どれも同じ様な確率でブレが発生する。

特に斜め 45°ぐらいに レンズを傾けた場合には、90%近い確率でブレてしまうし、
連写すると 1枚目はOKだが、2枚目 3枚目に ブレが発生する。  ミラーショックをモロに拾ってるのか???
手振れ補正のモードを 通常の1から 流し撮りの2に変更しても 全く変化なし!

メーカーの説では、補正機能は 4段分らしいので、SS=1/40 でもブレを防止できるはずなのだが・・・
これでは、SSの上がる明るい場所以外では使いモノにならない。。。


posted by 子猫 at 14:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2015年10月19日

高原の別荘

鳥や蝶で ご一緒するMさん達と、Mさんのご友人が所有する別荘へ D7200+Σ150-600mmを持って お邪魔して来た。
庭先に野鳥たちがやって来るので、テラスで居ながらにして、大名撮影が出来る素晴らしい所だ!
お邪魔して居た3時間ほどの間には、残念ながら普通種しか来なかったが、日に寄っては、ヤマドリや カケス、ゲラ類、
マシコ類、ツグミ類、野生の哺乳類など、数も種類も多いらしい・・・

↓ メジロ




↓ ヤマガラ


↓ キビタキ


↓ エゾビタキ


午後からは、高原をご案内頂いた。
なだらかな斜面には、一面、逆光に輝くススキが広がり 息を呑む美しさだ・・・
                        Canonのコンデジ SX260_HS で撮影








冬場が一番沢山 鳥たちが集まるのだが、標高が高い場所なので、12〜2月は常に氷点下で、雪と氷に覆われるらしい・・・
後輪駆動の私の車では、スタッドレスを履いても登れないだろう。。。
posted by 子猫 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2015年10月14日

秋の渡り終盤_1

秋の渡りも そろそろ終盤なので、最後にもう一度、生駒の山へ出掛けてみた。
到着したのは 7時過ぎ、、、アトリが姿を見せて居た。

↓ アトリ














↓ アトリの成る木


↓ アトリ


アトリの腰って こんなに白かったんだぁ〜! (今頃気付いた!)




つづく。。。
posted by 子猫 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

秋の渡り終盤_2

10時ごろから 1時間以上 鳥たちが な〜んにも やって来ない状態が続いた・・・
退屈したのか? 周りの人達が 三脚だけを残して 場所を離れいる隙に、キビタキ(♂)がやって来て 水浴びを始めた。
たまたま、スポット的に日のあたる場所だったので、SSが上がりブレずに済んだ。

↓ キビタキ (1DX+Σ150-600mm ISO=3200 F=8 SS=1600)




















つづく。。。
posted by 子猫 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

秋の渡り終盤_3

再び、アトリや ヒタキ類が 頻繁にやって来るようになると、沢山の鳥の中に、ムギマキが混ざって居た。
胸元のオレンジ色の感じが、アトリに似ているので、見付けるのが難しい・・・
今期 初見のムギマキに、他の鳥そっちのけで、狙いを定める。

↓ ムギマキ










↓ サメビタキ






↓ エゾビタキ








まだまだ、鳥たちは やって来るだろうが、3時近い時間になった事もあり、機材を片付けて帰途に着くことに。。。
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2015年10月09日

4たび生駒の山へ

キビタキ(♂) と オオルリ 狙いで、4たび、生駒の山へ出掛けてみた。
朝の方が鳥の出が良いようなので、今回は、早朝6:30に出発してみる事に・・・

到着すると、鳥たちはもう姿を見せていて、キビ、サメ、エゾ、オオルリ などが、入れ替わり立ち替わり現れる!

↓ オオルリ (若♂)










↓ オオルリ (♀)








つづく。。。
posted by 子猫 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

4たび生駒の山へ

近くで 複数台の草刈機が使われ 大きなエンジン音が響いていた、8:40ごろから 1.5時間ほどの間は、鳥たちの姿が
全く無い状態が続いたが、エンジン音が消えた10時過ぎ、再び鳥たちが戻って来た。

↓ キビタキ (♂)










↓ ヤマガラ




↓ サメビタキ






エゾビタキだと思うのだが、やけに茶色っぽい・・・この個体、他の角度から撮った画像が無いので、判別できない。
↓ エゾビタキ ???


2時前、ぼつぼつ帰ろうと、車へ向かって フィールドを歩いていると、ソウシチョウの鳴き声・・・
沢山の群れが藪の中に居る様だ!  暫く見て居ると、群れの中の数羽が木の枝に上がった!!!

↓ ソウシチョウ






入れ替わり 立ち替わり 頻繁にやって来る鳥たちに、600枚近い写真を撮り、ソウシチョウまで撮れたので、
気分よく帰途につくことが出来た。。。
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2015年10月05日

アカマシコ

お昼前に出掛けた ノビタキのポイントで、幼鳥だが 初めて見る鳥、アカマシコに出会った。

しかし、鳥までの距離が遠い ・・・ 80〜100mほど離た距離から スズメより僅かに小さい鳥を狙うには、
持って行った D7200 + Σ150-600mmZoom(換算=900mm相当)でも、チョット辛い。
AFが 上手く合焦しないが、正確に合焦した時の画像は、何とか使い物になるようだ。

↓ アカマシコ(幼鳥)  .jpg 撮って出し画像を 1200x800 に等倍切り出しのみで 無修正!

            ISO=1000 絞り優先モード F=8.0 EV=-1.0 中央1点 SS=1000(Auto)

↓ アカマシコ(幼鳥) 2100x1400 にトリミング後、5%ほどコントラストを上げ、1200x800 に縮小














↓ ノビタキ












蕎麦の花は既に散り 実が成りだしているので、ノビタキを諦め帰宅する事に。。。
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

2015年10月04日

三度、生駒の山へ

秋の渡りの短期間だけ ヒタキ類がやって来る 生駒の山へ 三度、出掛けてみた。
現地の日陰部分は暗いので、機材は EOS_1DX + 1.4x + EF100-400mmUにした。

↓ ヤマガラ














↓ サメビタキ







                            サメビタキ EOS-1DX で撮影

↓ コサメビタキ


↓ オオルリ(若)


↓ キビタキ(♀タイプ)


↓ アカスジキンカメムシ(5齢幼虫)


↓ アサギマダラ


お昼過ぎ、鳥たちの出も悪くなったので、ノビタキを撮りに、里山へ移動することに。。。
posted by 子猫 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)

再び・ノビタキ

車へ戻り ノビタキを撮りに、里山へ移動 ・・・ 到着したのは、3時前だった ・・・
数羽の ノビタキが居るが、チョット距離が有るようなので、D7200+Σ150-600mm を使う事に・・・

↓ ノビタキ










お目当ての鳥も撮れたので、4時前だが、引き上げる事に。。。
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)