2018年06月22日

ハッチョウトンボ

6/22、久し振りに晴れたので、ミドリシジミと ハッチョウトンボを撮りに出かけてみた。

到着したのは 9:45、過去に何度も ミドリシジミの姿を見ている ハンノキの林には、今年は姿が無い!
早かったのか? 遅かったのか? 異常気象の性で 蝶の羽化時期が読めない・・・
下草や 木の上を丹念に探していると、笹の葉に オオムラサキが一頭留まっていた!
羽化して間がないのか? それとも、体温が上がっていないのか? 飛ぼうとはしない。 (傷みの無い綺麗な個体だ!)

↓ オオムラサキ








ハンノキ林をぐるりと回り 林のほぼ反対側で ミドリシジミを探してみる事に・・・

↓ セモンジンガサハムシ ? (透明の鎧を着た ジンガサハムシの仲間)


↓ リスアカネ


やっと、ミドリシジミを発見、でも、距離が4mほど離れていて、これ以上近づけない。

↓ ミドリシジミ






↓ ホオジロの幼鳥 ?


ミドリシジミは、帰りにまた立ち寄ってみるつもりで、トンボのボイントへ移動する事に・・・

↓ ハッチョウトンボ 成熟♂


↓ ハッチョウトンボ 若♂


↓ ハッチョウトンボ ♀


↓ モートンイトトンボ




↓ ショウジョウトンボ 若♂


♂は、翅に脚をこすりつけて鳴く かわったバッタも居た。

↓ ナキイナゴ ♀


再びミドリシジミの場所へ戻ってみたが、蝶の姿は地上3mほどの葉っぱのうえで、写真が撮れない。

↓ ムラサキシジミ


諦めて車へ戻る途中、立ち寄ったトイレの傍に、ハンノキと アワブキが一緒に生えている場所があり
7〜8頭のミドリシジミが集まって居た。

↓ ミドリシジミ








アワブキノの木には ヒョウモン蝶もやってきた。

↓ メスグロヒョウモン ♂




posted by 子猫 at 20:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2018年
この記事へのコメント
撮る物がなくハッチョウでもとKさんを誘って出かけました

まさかお会いするとは…Mさんも久しぶりでした

呼んでいただいて助かりました 地元では見る事が出来ないのでKさんも少し興奮されてたようです

今後ともよろしくお願いします オオヒカゲももう一度チャレンジしなくては


Posted by abe at 2018年06月23日 06:16
abeさん、こんにちは。 コメントありがとう御座います。
私も、伊賀でお会いするとは思っても居ませんでした。

帰る直前になって、トイレの側にミドリが集まってるとは、意外でした。
翅は開いてくれませんでしたが、至近距離でどれを撮ろうか迷うほど
だったのは嬉しい誤算でした。

此方こそ これからも宜しくお願いします。
Posted by 子猫 at 2018年06月24日 11:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183614229
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
                                    【 戻る 】