2011年07月04日

裏山の園地

裏山の山頂近くにある園地へ午後から出掛けてみた。
駐車場で車を降りると、ツマグロヒョウモンが出迎えてくれ、何だか幸先の良い予感が・・・

  
              ツマグロヒョウモン                              ツマグロヒョウモン

湿地帯の木道まで来ると、スミナガシらしき蝶がヒラヒラと・・・
「留まれっ!、留まれっ!」と念じるが、そのまま林の奥へ・・・友人に知らせようと電話をとり出すが、圏外・・・
暫くすると、ゴマダラチョウらしき蝶が5〜6頭、樹間を飛び回りだし、一部の蝶は葉に留まってくれた。
距離は17〜18mで、目線より可成り上だが、とりあえずシャッターを押す。。。
帰宅後、画像を見てみると、ゴマダラでは無く オオムラサキだったのだ ♪♪♪ もっとしっかりと撮っておくべきだった!

  
               オオムラサキ                                 オオシオカラ ♂

  
              オオシオカラ ♀                                オオシオカラ ♀

  
              オオシオカラ ♀                                オオシオカラ ♀

  
             ネキトンボ ♂未成熟                                シオヤアブ

  
               ニホンカナヘビ                                  ヒメギス


               モノサシトンボ
posted by 子猫 at 22:52 | Comment(5) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2012以前
この記事へのコメント
こんばんは
ほんと オオムラサキですね!!!
子猫さんの裏山も素晴らしい所ですね。
スミナガシはカメラにおさめたいです。
いつ会えることやら。。。
Posted by まちちこ at 2011年07月04日 23:30
まちちこさん、こんばんは。
うちの近くの裏山は、当たり外れが極端なんで困ってるんです。
冬場の鳥も同様で、ハズレの時はな〜んにも居ないんですょ!
Posted by 子猫 at 2011年07月05日 00:19
これはビックリ.ニホンカナヘビってトカゲ見たいに足ついてますやん!でもシッホがかなり長いしヘビなんやねえ。
Posted by フーテンの近さん at 2011年07月05日 21:21
へえ〜これはビックリ!ヘビに足が付いてるなんてねえ。でも確かにシッポが長いから、いや身体はトカゲの身体してるのにねえ。ヘビどっか!
Posted by フーテンの近さん at 2011年07月05日 21:26
近さん、こんばんは。
どちらもトカゲ目に属する、いわゆる「トカゲ」の仲間なんやけど、名前が「ニホンカナヘビ」って言うんです。
ニホンカナヘビ は カナヘビ科、ニホントカゲ は スキンク科 で、まったく別の種類なんですょ。
体表が かさかさした感じで、尻尾の長〜い(胴体長の2倍ほど)のが「カナヘビ」で、
金属光沢があり つやつやで、尻尾が短め(胴体長とほぼ同し)のが「トカゲ」だと判断してま〜す。
Posted by 子猫 at 2011年07月05日 22:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46527513
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
                                    【 戻る 】