2012年02月17日

オジロビタキ & キマユムシクイ

2週間ほど前、大阪市内の小さな公園に、オジロビタキ(若)が居ると聞いて居たが、オジロは過去に何度も撮ってるので、
まっ!何時でもいいかって事で、今日まで伸び伸びにしていたのだったが、他に これといった鳥たちも居ないし、
500oのレンズを持って今日行ってみた。

現地は、公園というよりも 野球のグランドや テニスコート、スイミングプールなどがメインで、その一角に散歩道を兼ねた
小さな小さな緑地帯があり、そこにお目当てのオジロビタキは居た。

  
               オジロビタキ                                 オジロビタキ
  

  

  

あまりにも簡単に オジロに出会え、時間も余ったので、さらに西の キマユムシクイが居るポイントへ移動する事に・・・
駐車場に車を入れると、カメラマンが 7〜8名、ファインダーを覗き込み撮影しているのが見える。
どうやら、キマユが出て居るらしい・・・急いでカメラをセットし、先着者の後ろからキマユの姿を探す♪

  
               キマユムシクイ                               キマユムシクイ
  

この地では、500oは大き過ぎて視界が狭く チョコチョコと常に動き回る キマユムシクイを捉えきれない・・・
手振れ防止の付いた 300oも持って来るべきだったとチョット後悔。。。
posted by 子猫 at 22:29 | Comment(4) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)
この記事へのコメント
オジロはバッチリですね、拡大して分かります、やはり500oの威力でしょうか。キマユムシクイは枝の中をちょこまかと動きまわる様子が目に浮かびます。撮りにく買ったんでしょうねえ。オジロのように良い枝っぷりには出てきませんでしたか。
Posted by フーテンの近さん at 2012年02月19日 00:03
近さん、こんにちは。
やっぱり 500oは鮮明に撮れていいですょね! これで軽ければ文句無いんだけど・・・
キマユのポイントは、全面この様なゴチャゴチャした場所のうえ、一時たりともじっとして居らず、止まるのは長くて3秒
ぐらいなもんだから、フレームに捉え AFが合焦した頃には、もう居ないって状況で手強いヤツでした。
それに、レンズの視界が狭いから 30〜40p動かれると フレームアウトして、何処へ行ったか解らなくなる始末なんです。
Posted by 子猫 at 2012年02月19日 14:31
オジロもキマユもいいですね!!!
着いてすぐとはラッキーで楽しい1日でよかったですね(^O^)
Posted by まちちこ at 2012年02月20日 00:12
まちちこさん、こんばんは。
この日は大吉の日だったんでしょうね♪  どちらも待ち時間“0”なんですものね・・・
でも、キマユのいいのが撮れなかったので 「夢よもう一度」とばかり、この後1時間半ぐらい待ったのですが、
結局現れず、再チャレンジは出来ませんでした。
Posted by 子猫 at 2012年02月20日 00:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54028795
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
                                    【 戻る 】