2012年02月20日

カワセミ

2月中旬になって、カワセミがまた よく姿を見せるようになったので、いつもの治水公園へ 午後から行ってみた。

ここのカワセミは、餌付けされていない 全くの天然物なのに、脅かすような動きさえしなければ、6〜7mまで近づく事が
可能なのだ・・・しかも、1時間近く長居してくれる・・・

  
               カワセミ(♂)                                カワセミ(♂)
  

冬場は 我々人間が いくら水面を覗き込んでも 魚の影すら見付けられないのに、当のカワセミは、水平方向に 5〜6mほども
離れた場所の小魚を見付け出し 高い確率でGETしてくる。

  

  

野生のカワセミが、天然の小魚を狙っているので、どの方向へダイビングするか?予測がつかないし、水面から飛び上がっても
何処へ着地するか?も解らない ・・・ その上、距離が近いから 飛び出してからでは、カメラの パンや フォーカスが
間に合わない為、あらかじめ予測した位置へ 置ピン して待機するのだが、今日は尽く予想が外れ 空振りばかり・・・

  

  

帰る途中、別の場所でも カワセミを見掛けた♪  日陰だが背景が暗いので、スッキリした絵になるかも・・・と、
リュックから再びカメラを取り出し、数枚撮影して 距離を詰めた途端、警戒され飛び去られてしまった。
posted by 子猫 at 15:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | マイフィールド
この記事へのコメント
カワセミのいいポイントですね。魚と一緒に水草もついてきたみたい。昨日天野川のカワセミ観察会に参加しましたが、4箇所でカワセミ発見。でも全て♂でした。光によってカワセミブルーが変っていくのがよくわかりました。
Posted by S-Bird at 2012年02月20日 22:09
S-Birdさん、こんばんは。
このポイントも 来るのは ♂ばかりで、ここ半年以上 ♀の姿はみかけませんね!
水草が絡んだ時は、離水する時も上手く飛び上がれず2度ほど失敗してましたし、飲み込むのにも可成り苦労してましたょ。
この鳥は、光の当たりぐあいで ブルーに見えたり グリーンに見えたりして とても綺麗なので、何度も通ってしまいます。
Posted by 子猫 at 2012年02月20日 22:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54069544
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
                                    【 戻る 】