2012年02月26日

ハイタカ

この冬は、鳥たちが少なく 獲物が獲れないからだろうか? 公園などで、猛禽が ハトやスズメを狙う姿をよく見掛けるので
今日は、猛禽を探しに大阪市内へ行ってみた♪
曇り空なので SSは上がらないだろうから、ハナっから飛び物は期待できない。

現場に到着すると、5〜6名のカメラマンが待機している。  見ると、お目当てのハイタカは 枝に留まって居るのだが、
動きが無いうえ 細かい枝が幾重にも重なっていて とてもじゃないが シャッターを押す気にはなれない・・・

  
               ハイタカ(幼鳥)                              ハイタカ(幼鳥)
  

近くの芝生に舞い降りた ドバトの群れを狙って、ハイタカが飛び出した。  しかし、1度目の狩は失敗・・・
1時間後、再び ドバトの群れが芝生に降りて来たので、ハイタカは地面すれすれに飛び出した・・・
今度は かろうじて空中でGET・・・足でドバトの首を絞めたまま、アスファルトの上に着地した。

  

  

  

本来なら その場で解体を始めるのだろうが、通行人が近くを通った為、獲物を足で掴んだまま飛び上がり、
近くの林へ入ってしまった。

  

左側に トラックの廃棄タイヤが無ければなぁ〜〜♪



解体を初めてから食べ終わるまで、3〜4時間は掛かるし、枝被りのひどい場所でもあるので、諦めて帰る事に・・・
posted by 子猫 at 17:54 | Comment(6) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)
この記事へのコメント
すごいドキュメントですね。 大阪市内でこんな狩が見られるとは。
私も昨日淀川でハイタカが飛ぶのを見ました。
Posted by S-Bird at 2012年02月27日 11:20
S-Birdさん、こんにちは。
私も、狩の初まりから 獲物のGET・解体作業までの一部始終を 目の当たりにしたのは、初めてで、
しかも、その様子を至近距離で撮れるなんて思ってもいませんでした。
すぐ側を人が通らなければ、解体作業もスッキリ撮れたのにぃ〜って、チョッピリ残念な思いです。
Posted by 子猫 at 2012年02月27日 13:20
ハイタカの獲物の捕るところから一部始終をこれだけ見事にゲットされたのは凄いことです。オオタカより貴重です。ハイタカはオオタカより一回り小さいのにこんな大きなドバトを捕まえるなんて稀ですよね。対外はもう少し小さい獲物を狙いますが。良く撮れましたねえ。子猫さん今年はついてまっせ〜〜〜〜
Posted by フーテンの近さん at 2012年02月28日 23:08
近さん、こんばんは。
やっぱり 運が良かったのでしょうね♪ 到着して2時間ほどの間に、2回もスクランブルする姿が見れたのですから・・・
それに、自分とたいして変わらない大きさのハトを 掴んで飛び上がれるんだから 猛禽ってすごいな〜って思いましたょ!
スズメが、10mと離れてない場所に、沢山群れていたのですが、ハイタカは チラチラと 見てはいるものの、飛び出そう
とはしません。 一度ハトの味を知ると、スズメなんか獲る気にならないんでしょうか? (肉の量が違い過ぎるし)
それとも、飛びながら足で捉まえるには、ススメは小さいから もっともっと狩の技術が要るのでしょうかね・・・
Posted by 子猫 at 2012年02月28日 23:49
目の前でこんなのが見れたなんて凄いですね。
↓のねこちゃんも獲物ゲット!
動物も生きていくために自分の力で頑張ってるんだなぁ〜って教えられたような気がします。
私も何時までも、のほほんと過ごしてたらだめなんだと思うんだけど中々ねぇ〜
仕事も思うように見つかりませんね。
Posted by サラセナママ at 2012年03月02日 08:37
サラセナママさん、お久しぶり〜〜♪
獲物を食べてるシーンは見たことが有っても、スクランブルから獲物をGETする瞬間を見るのは初めてだったので、
シャッターを押すのも忘れ、見入ってしまいました。
お仕事・・・週に1〜2度、在宅でされてたのでは? 今まで頑張って来られたんだから もうそろそろ 解放されて
好きな事に打ち込むのもいいかもね!
Posted by 子猫 at 2012年03月02日 12:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54198799
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
                                    【 戻る 】