2012年10月30日

プチ遠征−1

お隣の県の河口に ミヤコドリが、山手の農村には キクイタダキが姿を見せていると聞き早速行ってみた。
キクイタダキは、午後の方が見れる可能性が高いらしいので、河口のミヤコドリから回ってみることに・・・

到着すると、ヒドリガモや オナガガモに混じって、ミヤコドリらしき鳥が1本足で眠っている。
干潟へ降りて、30mぐらいの距離まで近づき、目を覚ますのを待つ・・・

  
               ミヤコドリ                                    ミヤコドリ
  
               ミヤコドリ                                    ミヤコドリ
  
               ミヤコドリ                                    ミヤコドリ

同じような写真ばかりになるので、後ろを向いて セイタカアワダチソウに来る ノビタキや ジョウビタキを探している間に、
対岸へ向かって飛ばれてしまい、レンズを向けた時には既に川の中程を飛行中・・・

アチャ〜!って思っていたら 大きな魚を鷲掴みにした ミサゴが目の前の上空を通過している♪
急いでフレームに捉え、露出をプラスに補正するが、太陽にレンズを向ける形となり上手く撮れない・・・

  
               ミサゴ                                     ジョウビタキ

対岸から戻って来た ミヤコドリは、逆光の位置に着地し、満潮が近いので 順光側へ人は回れない事もあり、
この地を切り上げ キクイタダキが姿を見せる 山手へ移動することに・・・
posted by 子猫 at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国地方の探鳥(蝶)旅
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59695138
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
                                    【 戻る 】