2014年01月07日

折りたたみ電動アシスト自転車

最近、鳥や蝶、トンボを追っかけて山道を歩き回るのが、少々キツくなってきた。
そこで、ふと思いついたのが、車のトランクに「折りたたみ自転車」を積んで行き、現地で組み立てて使用する方法だ!
しかし、山中の道はアップ、ダウンが多いので、電動アシストの物が必修だろう。

車のトランクの寸法を測り、収まるサイズの「折りたたみ電動アシスト自転車」を、ネットで探してみる。

中国製なら 4万円ぐらいから何種類も有るのだが、日本製となると 10万円以上する上、大手の自転車メーカー
ブリジストン、ヤマハ、ミヤタ、丸石、など 多くの企業は、折りたたみ電動アシストからは、撤退しているようで、
車のトランクに積める物となると、種類は非常に少ない・・・

国産の自転車でも、支店や営業所、販売店などを持たず、ネットでの通販のみのメーカーも有り、いざ故障となると、
梱包して製造元へ送るか、部品を取り寄せて自分で修理するしかない物も多く、益々候補の対象が少なくなる。

  

  

試乗も兼ねて 現物をこの目で確認しようと、メジャーを持って、数軒の自転車ショップを回ってみた。

結果、タイヤサイズが 14や 16インチの自転車でも、アシスト力は強く 急な登り坂でも 座ったままで楽々と発進できるが、
直進走行の安定性に欠け、片手運転なんかしようものなら、いつ転んでも不思議ではないので 検討対象から外す事に!

18〜20インチの物に絞ってくると、3種類になってしまった上、折りたたみ時の幅が どれも50cmほどある為、
微妙な寸法差で、私の車のトランクには収まらない!
さらに、重量が20kgもあり、筋力が衰えだした私が、何時まで車に積み降ろし出来るのか?疑問が残る。

トランクに収まるように、自転車の車体を改造する方法も含め、さらなる検討が必要なようだ。。。

・・・・・ 後日談 ・・・・・

折りたたみ自転車には、ペダルも折りたたみ式の物が付いているのだが、それでも厚みが 5cmほどもある。
これが無ければ、折りたたみ時の自転車の幅が、その分狭くなるようだ・・・

調べて見ると 「クイックリリース・ペダル」と言う物が有って、ワンタッチでペダルを着脱できるらしい・・・

  

これならば、折りたたみ時の車幅が45cm以下になるので、車のトランクにも収まりそうだ。。。
posted by 子猫 at 23:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 機材・その他
この記事へのコメント
今年もよろしくお願いします。
折りたたみ自転車はじっくり考えて買わないと秋まへんでえ、私なんか、ナショナルのスポーツタイプの電動自転車を一昨年の一月に買いましたが安定性が悪くて二度も転倒して膝を打って医者通いしました。126000円も使って経った一年程度で、廃品と鞠ました。下取りは取ってくれないから、仕方なかったです。今はママチャリの形の電動自転車を乗っています。折りたたみですと、腰を痛めないように注意しておくれやっさや。
Posted by フウテンの近さん at 2014年01月09日 18:44
近さん、此方こそ宜しくお願いします。
えぇ〜! 一年で廃車ですか!!! 勿体ないぃぃ!
私も最初、小さい方が持ち運びに便利かな?なんて考えてたんですが、実際に試乗してみると、直進安定性に欠け、
両手でしっかりハンドルを支えてないと、危険やなぁ〜って思いました。
やっぱり、タイヤは大きい方が良いみたいですね! ママチャリのタイヤ26インチが一番安定してるみたいですね!
ブレーキを掛けた時に、前輪が横滑りして転倒するのが一番怖いです。 転ぶとカメラもおシャカになるし・・・
Posted by 子猫 at 2014年01月09日 19:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/84793467
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
                                    【 戻る 】