2014年01月25日

服部緑地公園

車に自転車を積み、SX50_HS と 超軽量の三脚を持って 服部緑地へ足を伸ばしてみた。
「日本民家集落博物館」近くの駐車場へ車を停め、自転車を組み立てて、探鳥開始・・・

何の鳥情報も得ないまま来て居るので、まずは 「集落博物館」の周辺から順に、過去に鳥たちを見掛けた
ポイントを回ってみるのだが、何処にもカメラマンの姿が無い!!!
10日ほど前までは居たはずの コイカルのポイントもハズレ・・・各池も極々普通のカモたちが居るだけ・・・

  
                カワセミ                                     カワセミ

  
                ゴイサギ                                     ゴイサギ

  
               キンクロハジロ                                キンクロハジロ

  
               ハシビロガモ                                   ヒドリガモ

私と同じような ネオ一眼を持った人には、2〜3人すれ違ったが、結局、三脚を構えたカメラマンには出会う事が無く、
約3時間で引き上げる事に。。。
posted by 子猫 at 20:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 近畿地方の探鳥(蝶)
この記事へのコメント
カワセミがばっちりですね。自転車は有効のようですね。使い勝手が良いんですね。そため、行動範囲が広くなったのではないでしょうか。
Posted by フーテンの近さん at 2014年01月27日 12:08
近さん、こんばんは。
電チャリ、やっぱり便利ですね! 文明の利器を感じます。 広い公園を縦横斜めに 何の苦も無く回れました。
鳥やカメラマンを探しながら 出来るだけゆっくり走らせるのですが、それでも、歩く人の2〜3倍の速度は出るので、
見落としが多いのが難点ですが。。。
Posted by 子猫 at 2014年01月27日 21:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85993361
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
                                    【 戻る 】