2014年07月09日

道央の探蝶(鳥)旅_まとめ

今回の旅で出会った 蝶たちのまとめ♪
 01  初  アイノミドリシジミ     27  初  オオイチモンジ        
 02     アカシジミ           28  △  キベリタテハ         
 03     ウラゴマダラシジミ       29  初  クジャクチョウ        
 04  初  ウラミスジシジミ (シグナタ型)   30  初  コヒオドシ          
 05  初  カシワアカシジミ        31     サカハチチョウ        
 06  初  カバイロシジミ         32  初  シータテハ          
 07     カラスシジミ          33     ヒオドシチョウ        
 08     ジョウザンミドリシジミ     34  初  フタスジチョウ        
 09     トラフシジミ                               
 10     ハヤシミドリシジミ       35     カラスアゲハ         
 11     ヒメシジミ           36     ミヤマカラスアゲハ      
 12     メスアカミドリシジミ                           
 13  △  リンゴシジミ          37     クロヒカゲ          
                       38  初  シロオビヒメヒカゲ      
 14  初  ウスバキチョウ         39  初  ダイセツタカネヒカゲ     
 15  初  エゾシロチョウ         40  初  ヤマキマダラヒカゲ      
 16  初  エゾスジグロシロチョウ                          
 17  初  ヒメウスバシロチョウ      41  初  ウラジャノメ         
 18     モンキチョウ          42     ヒメウラナミジャノメ     
 19     モンシロチョウ                              
                       43     オオチャバネセセリ      
 20  △  アサヒヒョウモン        44  初  カラフトセセリ        
 21  初  カラフトヒョウモン       45  初  カラフトタカネキマダラセセリ 
 22  初  ギンボシヒョウモン       46  初  キバネセセリ         
 23  初  コヒョウモン          47     キマダラセセリ        
 24  初  ホソバヒョウモン        48     コキマダラセセリ       
 25     ミドリヒョウモン        49     コチャバネセセリ       
 26     メスグロヒョウモン                            

posted by 子猫 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2014年07月08日

道央の探蝶(鳥)旅_7/8-1

7月8日、旅の最終日、今日は小樽まで移動して、カシワ林で ゼフィルスたちを探す予定なのだ♪

朝5:00出発の予定で、荷物を持って温泉街の中央に有る駐車場へ出て見ると、
夜、街灯に集まり地面に落ちた蛾を、ニューナイスズメが何羽もやって来て採餌していた。
夜の11時ごろには、キタキツネも蛾を食べにやって来るらしい・・・


                                 ニューナイスズメ


小樽への移動ルートの途中にある「三笠」へ立ち寄ってみた。



此処では、エゾフクロウが営巣していて、可愛いヒナが見れるはずだったのだが、既に旅立った後のようで、
フクロウの姿は無かったが、代わりに オオアカゲラが出迎えてくれた。


                                   オオアカゲラ







↓ ムクドリの群れの中に 見慣れない模様のヤツが混じっていて、コムクか?と思ったが、画像を見ても良く解らない!

                                ?? ムクドリ ??

小樽のカシワ林に到着したのは、9時過ぎ・・・早速、林の中へ・・・
沢山居るとは聞いて居たものの 10mと進まない内に、下草の彼方此方に アカシジミが留まって居る♪

しかし、アカシジミなのか? カシワアカシジミなのか? 図鑑に載っているほどのハッキリした違いが解らない!


                                    アカシジミ


↓ 翅が完全に伸びきっていない アカシジミ

                                アカシジミ(未成熟)

蝶友がカシワの木を叩くと、出るわ!出るわ! アカシジミを初め、ゼフィルスたちが、
まるで、ハチの巣でも突っついたかの様に、飛び出して来る。


                                 カシワアカシジミ










↓ カシワアカシジミの翅裏が垣間見れた。




                                 コキマダラセセリ
posted by 子猫 at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

道央の探蝶(鳥)旅_7/8-2

カシワの木を叩いて飛び出して来た ゼフィルスたちの中には、写真の撮り易い 低い位置へ降りて来るものも・・・

↓ ウラジロミドリシジミが開翅した〜♪

                                ウラジロミドリシジミ











↓ ハヤシミドリシジミも降りて来た。

                                 ハヤシミドリシジミ





↓ ジョウザンミドリシジミも居た♪

                               ジョウザンミドリシジミ



↓ ライトブルーが綺麗なイトトンボ

                                  ルリイトトンボ



↓ 同一個体でも、左右の翅の模様が異なるものが多い シグナタ型。

                     ウラミスジシジミ (シグナタ型)  上と下は、同一個体





                                 上と下は、同一個体


↓ コンデジの広角レンズで撮影


まだまだ ゼフィルスたちが居たので、続きは次回に。。。
posted by 子猫 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

道央の探蝶(鳥)旅_7/8-3

周りの木々を叩くと、アカシジミに混じって色々なシジミ蝶たちが飛び出して来る。
何だか宝探しでもしているかの様な気分で、ワクワクする♪

↓ 襟元からわずかに、メタリツクな輝きが覗いている。

                                 ハヤシミドリシジミ





↓ カバイロシジミも V字に開翅した!

                                   カバイロシジミ













                                ヒメウラナミジャノメ

途中、捕虫網を持った方とお会いし、お聞きすると、林の奥に アイノミドリシジミが居て、採集したとの事だったので、
我々も直ちに行ってみる事に・・・!

↓ 地面に降りて吸水していた アイノミドリシジミ (飛ぶと メタリックグリーンの翅表が とても綺麗だった♪)

                                アイノミドリシジミ











                               ヒロオビトンボエダシャク


                                   カラスシジミ

この地では、まだまだ探蝶して居たかったが、午後1:00を回ったので、飛行機の時間を考えて 車へ戻る事に・・・

銭函地区のお寿司屋さんで、打ち上げを兼ねて チョッビリ贅沢な昼食を摂ってから、一路 千歳空港を目指したのだが、
道央道で札幌JCTの料金ゲートを潜った途端、まるで、ネズミ捕りの時のように、警官が車の前に立ちはだかった!

それまで、80qの制限速度を 20qほどオーバーして走っていたから、「アッチャ〜!やられた〜!」って思ったら
何と、後部座席のシートベルト不着用だったのだ・・・

一斉検問で捕まったら逃れようが無いし、飛行機の時間まで あまり余裕が無い事もあって、警官に違反キップの作成を
手早く済ませてくれるよう言ってみた。

雪渓から滑落するわ!、交通違反で捕まるわ!、色々有った北海道旅行だったが、雨に降られる事も無く、
お目当ての蝶は殆ど見れたし、何よりも、49種もの蝶に出会い、内27種は初めて見る蝶だったと言う
幸運にも恵まれた、わくわく感満載の楽しい旅だった♪
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2014年07月07日

道央の探蝶(鳥)旅_7/7-1

7月7日、朝5:00出発で、銀泉台へ ・・・ 今日は、赤岳への登山道を登り「コマクサ平」まで行って、
ウスバキチョウ、ダイセツタカネヒカゲ、カラフトヒョウモン、ギンザンマシコ が狙いなのだ!

銀泉台から登山口までの間で、子連れのエゾライチョウに 2度も出会ったが、
暗くて、被りが酷く、ブレてたり ボケてたりで、全てボツ!


                                 赤岳登山道の入口

登山道を登り始め暫くすると、森林が途切れ 辺りが見渡せるようになったのだが、雲に覆われ遠くは見えない!

↓ ギャーギャーとカケスの様な声、30mほど離れた枯れ木に、ホシガラスが留まって居た!

                                    ホシガラス


ホシガラスを撮っていると、後方に居たお仲間が、「エゾライチョウ〜!」って叫ぶ・・・
とりあえず今居る位置から何枚か撮り、もっと近い場所へと、登山道を下る・・・

↓ 枝留まりして、動こうとしない エゾライチョウ ・・・ カメラとの距離は、7〜8m♪

                                  エゾライチョウ




全く動く気配の無い エゾライチョウに別れを告げ、再び登山道を登って行く・・・!

↓ 最初の雪渓の途中で、ウソが採餌していた。

                                       ウソ


巾、100m以上は有りそうな雪渓を、幾つも渡り「コマクサ平」を目指す・・・


                                 赤岳登山道の雪渓




登り始めて 約2時間、到着した「コマクサ平」には、蝶たちの姿が無いし、食草のコマクサも少ない!!!
ウスバキチョウの姿を求め、蝶友たちは、さらに先へ進んで行ったが、私は鳥たちの声が盛んに聞こえる水場に残った。

↓ 鳥たちの姿を探しながら、ふと 足元を見ると、なんと、ウスバキチョウが吸水しているではないか!

                                  ウスバキチョウ




この先にお目当ての蝶たちが居たらしく、蝶の先輩がわざわざ呼びに来てくれた。





                                   コマクサの花

↓ 日射しが出て来ると、蝶たちも姿を見せるようになったが、コマクサの花には留まってくれない。

                                  ウスバキチョウ











↓ 岩などに留まると、何処に居るのか?解らない ダイセツタカネヒカゲ

                                ダイセツタカネヒカゲ



↓ 蝶友のリュックに留まった ヤマキマダラヒカゲが、翅をV字に開いた♪

                                ヤマキマダラヒカゲ




                            傾斜のキツイ雪渓を登るハイカー

この先で、ギンザンマシコが出て居るらしいので、移動してみる事に。。。
posted by 子猫 at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

道央の探蝶(鳥)旅_7/7-2

蝶を待っていると、近くで ギンザンマシコの声が聞こえる・・・
声の聞こえて来る方向を探してみると、近くの大きな岩の上で鳴いて居るではないか・・・


                                  ギンザンマシコ


この先で「ギンザンマシコが出て居る」と、蝶の先輩が知らせに来てくれた♪
チョコット移動して、ギンザンマシコが出ていると言うポイントへ・・・

到着すると、これまた 距離 10m以下で、しかも、ギンザンマシコが地上で採餌していた。


                                  ギンザンマシコ

















↓ ギンザンマシコが出ていた場所の近くにある、背の低い茂みの中で、シマリスの赤ちゃんがゴソゴソしていた。

                                シマリスの赤ちゃん

↑ 茂みから出てきた シマリスの赤ちゃんは、お世辞にも「可愛い!」とは言えない。

時間も12:00を回ったので、ぼつぼつ下山する事に ・・・ 登って来た登山道をそのまま引き返すつもりだ ・・・



この時期の雪渓は、雪がシャーベット状なので、簡易アイゼンは効果が無く、登る時よりも下る時の方が良く滑り 恐い!

上から3っ目で 傾斜角40度ぐらいの雪渓を渡って居る時、先人の靴跡に自分の左足を乗せ 体重を掛けた途端、
谷側の雪が崩れ、そのまま 滑り台を滑るような体勢で滑落してしまった。

ヤバイと思った瞬間、右手に持っていたストックを、左腰辺りの雪面に、両手で突き刺して、左脇を締めるような形で
ストックに掴まると、後ろを歩いていた蝶の先輩が、リュックの肩紐をガッチリと掴んでくれた。

自分の状況を確認し、ストックに掴まったまま 四つん這いの体勢に入れ替え、つま先を雪面に打ち込んでから、
手を伸ばしてみるのだが、元歩いていた雪渓上の道には届かない!

ストックと両足の3点支持を確保しながら、少しづつ雪の斜面を這い登って、元の道へ・・・

雪渓の道へ戻ってから、滑った斜面の先を見て、ゾッとした。
雪が無くなる辺りは、深い崖、、、そのまま滑り落ちていたら、おそらく命は無かっただろう。
命拾いした このストックも 下山時に蝶の先輩が貸してくれた物だったのだ!


下山して、次に向かったのは、昨日 カラフトヒョウモンが居た トンネル近くの駐車場へ・・・

↓ だが、この場所に居たのは、ヒメシジミだけだった。

                                    ヒメシジミ





峠のドライブインで ソフトクリームを食べてから、ウラジャノメが居ると聞く林道へ行ってみた。
この林道には、昨日、ヒグマが出たらしいので、腰にクマ避けの鈴を付け探蝶を開始する・・・


                                   ウラジャノメ






                                  サカハチチョウ


                                ヒメウラナミジャノメ

午後3:30を回ったので、今日は早めに ペンションへ戻る事に。。。
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2014年07月06日

道央の探蝶(鳥)旅_7/6-1

7月6日、ペンションでの朝食を済ませ 出発までの間、温泉街の周辺で蝶を探してみた♪

↓ アザミの花には、やっぱり エゾシロチョウたちが群がっていた!

                                  エゾシロチョウ

↓ 北海道では、何処にでも居る カラスシジミ

                                   カラスシジミ


                                    蛾 ???


                                    クロヒカゲ

温泉街の空き地で、蝶友が フキの葉に留まったシジミ蝶を撮っていた。
近寄ると、葉の上を くるくると動き回り、なかなかシャッターが押せなくて、もたもたしている間に飛ばれてしまった!
後で、カメラの画像を見せて貰うと、何と! リンゴシジミだったのだ・・・♪ (アチャ〜!)

朝8時過ぎ、大雪湖周辺での探蝶に出発・・・

↓ 三国峠を越えた国道脇の空き地には、ホソバヒョウモンが居た!

                                 ホソバヒョウモン





↓ 空き地の林縁部には、シロオビヒメヒカゲも居た!

                                シロオビヒメヒカゲ




林縁部に沿って、国道から少し離れ奥へ行ってみると、ホソバヒョウモンコヒオドシが沢山居た♪


                                 ホソバヒョウモン








                                    コヒオドシ








                                 コキマダラセセリ


                                 ミヤマカラスアゲハ


↓ 林縁の林の中から出て 車へ戻る途中、フキの葉の上に、カラフトタカネキマダラセセリが居た!

                              カラフトタカネキマダラセセリ




↓ 峠のトンネルを抜け、駐車場の周辺で クモマベニヒカゲを探しているとき、小さなヒョウモン蝶を見付けた♪
   蝶の先輩が カラフトヒョウモンだと教えてくれた。

                                カラフトヒョウモン

↓ 駐車場の反対側では、蝶友が ヒメシジミを撮って居た。

                                    ヒメシジミ

posted by 子猫 at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

道央の探蝶(鳥)旅_7/6-2

車に戻り、今度は オオイチモンジが居ると言う林道へ移動だ!
林道の入り口から数キロ車を走らせると、崖の傍で網を持った人が・・・どうやら此処がポインらしい・・・





                                 アサマイチモンジ

既に採集者に捕獲されてしまったのか? オオイチモンジの個体数が少ない上、留まってくれない。
此処は、見込みが薄そうなので、林道の入り口に近いもう一つのポイントへ・・・



↓ このポイントでは、オオイチモンジが 河原で吸水していた。

                                  オオイチモンジ






                                    コヒオドシ



この後は、カラフトセセリが見られると聞く、紋別地区の滝上町方面へ向け車を走らせた。
途中、それらしき場所を見付けたので、車を停め探してみる事に・・・

↓ 大当たり!探すほどの事も無く カラフトセセリが、あちらこちらに沢山居た!

                                  カラフトセセリ













↓ この場所には、シータテハも居た!

                                    シータテハ

再び車に乗り、滝上町の「陽殖園」へ向かってみる。

↓ 途中の牧場では、乳牛が自から整列して牛舎に戻って行くシーンに出会った♪


「陽殖園」に到着したのは、午後3:30を回っていたが、入園料 500円を払って入る事に!
この園地は、自ら「変人」と称する 園主の高橋さんが60年余りに渡って、一人で作り上げてきたもので
8ヘクタールの山に約800種類の花々が咲き誇るらしい・・・


                                 イチモンジチョウ




                                アオダイショウの幼体


                                   カラスシジミ


                                  カラフトセセリ

午後4:30を回ったので、この地を引き上げ層雲峡のペンションへ戻る事に。。。
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2014年07月05日

道央の探蝶(鳥)旅_7/5-1

7月5日、朝6:30 ホテルで朝食を摂り「愛山渓」へ移動し、林道のような国道 R223で、探蝶を開始♪

小さな橋が架かっている場所で、オオイチモンジが道路に降りて吸水していた。
そのまま車を停め 早速撮影を始める・・・この蝶は、今回の旅での お目当ての一種なのだ!

↓ コンクリートの上で吸水に夢中の オオイチモンジ

                                  オオイチモンジ







↓ 橋の欄干部分には、ヤマキマダラヒカゲも居た!

                                 ヤマキマダラヒカゲ



↓ 斜面の木々には、他の蝶たちも・・・

                                  サカハチチョウ


大きさの違う シロチョウたちが、3種類も入り乱れて飛んでいる。


                               エゾスジグロシロチョウ


                                  エゾシロチョウ


                             エゾシロチョウ と ヒメウスバシロチョウ


                                ヒメウスバシロチョウ





↓ 谷側の斜面に、葉の隙間から 大きなトンボが目に付いた・・・

                                    オニヤンマ



                                     コヒオドシ


                                  ヒオドシチョウ


↓ 獣糞には、シータテハが群がっていた!

                                    シータテハ



↓ こちらでも、蝶たちが獣糞に・・・

                       メスグロヒョウモン、オオイチモンジ、シータテハ



                                メスグロヒョウモン

↓ リンゴの木の近くで蝶を探していると、オレンジ色の“蛾”が舞い降りて来た!

                                    蛾 ???

この後、層雲峡へ向かう国道 R39 へ出て、昼食を摂る事に。。。
posted by 子猫 at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

道央の探蝶(鳥)旅_7/5-2

大雪国道 R39 に出て 層雲峡方面に暫く走ると、これから行こうとする「森のガーデン」と同じ名前で 広〜い庭の有る
ドライブインが目に入って来た・・・お腹が空いていた事もあり、間違いとも気付かずに駐車場へ・・・


                            車の窓に留まった ウラゴマダラシジミ

昼食後、広大な裏庭を回って蝶を探してみたが、これと言って珍しい蝶は居なかった!


                            広大な裏庭に居た ウラゴマダラシジミ


                         裏庭の一角で飼育されていた ヒグマ(3頭いた)

裏庭を回ってみて、間違いに気付き、本来の目的地「大雪森のガーデン」を カーナビにセットして再スタート!!!

今度は間違わずに到着出来た様だ♪


                         ヒマラヤの青いケシと言われる・メコノプシス

しかし、このガーデンは創設されて、まだ年月が浅いのか? 草花が根付いておらず、蝶たちも殆ど居ない!
カフェでソフトクリームを食べただけで早々に引き上げ、近くで眺めのいい牧場へ・・・


                            「大雪森のガーデン」近くの牧場

この牧場を通る道路脇には、ノビタキが何羽も居た♪


                                  ノビタキの幼鳥


                                     ノビタキ


                                   ノビタキ(♀)


                                   ノビタキ(♂)




フェンスで囲まれた斜面に、キタキツネが姿を現した・・・キツネの目線をたどると、茶色い大きなウサギが・・・
ウサギの方も気付いて居るようで、20〜30mの間合いをとって、悠然としている。

↓ 足元の草地を見ると、ヒメシジミが何頭も居た!

                                    ヒメシジミ

見晴らしの良い牧場地帯を抜けて、丸瀬布へ・・・「昆虫生態園」には、蝶に詳しい館長さんが居ると聞く・・・







                                 ニューナイスズメ


今夜の宿、層雲峡温泉へ向かう途中、エサを貰おうと道路に キタキツネが出て来た♪


                                    キタキツネ



途中で、ガソリンを補給し、今夜の宿がある「層雲峡温泉」へ。。。
posted by 子猫 at 21:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2014年07月04日

道央の探蝶(鳥)旅_7/4-1

7月4日、朝食前に探蝶(鳥)しようと、まずは 神楽岡公園へ・・・しかし、空一面に雲が広がり日射しが全く無い・・・
それでは!と言うことで、カーナビに「北邦野草園」をセットして移動することに・・・

野草園に到着したのは、朝6時、相変わらず日射しが無く、蝶たちの姿は全く見られない!!!

↓ 半ば諦めかけた時、地上30cmほどの下草の上に カラスシジミが留まって居るのを発見!

                                   カラスシジミ


その後も暫くは、蝶たちの姿が無かったが、6:30を回り、雲が切れて日射しか戻ってくると、
何処からともなく蝶たちが姿を見せだした。


                                    ルリシジミ

↓ ゼフィルスたちも姿をあらわした。

                                メスアカミドリシジミ


鳥や リスたちも 近くにやって来ている!


                                      コゲラ


                                     エゾリス

↓ 初めて見る コヒョウモンも姿を現した♪

                                   コヒョウモン

↓ 地面で開翅してくれるのだが、日射しと蝶とカメラの角度が合わず、輝く翅表が上手く撮れない!

                                  エゾミドリシジミ




                                   カラスシジミ




                                    アカシジミ

7:00を回り 日射しも強くなってくると、彼方此方で 卍飛翔が始まった♪

↓ 前傾したフキの葉で、ジョウザンミドリシジミが 太陽に向かって開翅した♪ 翅表のメタリックな輝きが綺麗だ!

                           カラスシジミ & ジョウザンミドリシジミ


                               ジョウザンミドリシジミ





                                  ( 斑紋異常 )

↓ ウラゴマダラシジミの開翅も撮れた♪

                                 ウラゴマダラシジミ

↓ トイレの窓枠には、これまた初めての キバネセセリが何頭も居た!

                                   キバネセセリ

日の当たる場所では、ヒョウモンチョウたちが、乱舞している。


                                   コヒョウモン






                                 メスグロヒョウモン



↓ コムラサキも居たが、翅表を撮る事は出来なかった!

                                    コムラサキ

↓ 翅がボロボロになった ミヤマカラスアゲハ

                                 ミヤマカラスアゲハ


                                    ヒメシジミ

↓ これも初めて見る蝶、カバイロシジミだ♪  翅裏までパールホワイトに輝いている。

                                  カバイロシジミ



蝶たちが乱舞する夢の様な時間は、あっ!という間に過ぎ、時間も8:30を回ったので、朝食を摂りに帰る事に。。。
posted by 子猫 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

道央の探蝶(鳥)旅_7/4-2

空模様は、晴れたり曇ったりで、蝶たちを探すにはイマイチの日射しだが、朝食を済ませてから、
10:00出発で、旭岳方面へ行ってみる事に・・・

ロープウェイの乗り場まで来て、山を見上げると、中程から上はスッポリ雲に覆われている。
そこで、周辺のフィールドを散策してみる事に・・・


                                   ミヤマアカネ

しかし、蝶や鳥たちの姿は 全く無く、極々普通種のトンボが居ただけ・・・
下山して来られたハイカーに 山上の様子をお聞きすると、結構、晴れ間が多いらしいので、登ってみる事に♪


                              ロープウェイの山上駅からの景観

大砲レンズの人が何人か居る 第3展望台で、昼食を摂っていると、「出たょ〜!」の声!


                                  ギンザンマシコ






到着してからの待ち時間が、こんなに少なくて、ギンザンマシコが撮れたのは、今回が初めて・・・
今までは、3時間も4時間も待って、やっと姿が見れるか否かだったのに・・・


                                     ノビタキ


                               第4展望台辺りからの景観


                                姿見の池辺りからの景観


                              姿見展望台に居た幼蛇 ジムグリ




                             旭岳でも咲いていた コマクサの花


                                    カワラヒワ


                                      ノゴマ

2:30、他には 蝶も 鳥も 少ないので、下山する事に!!!
posted by 子猫 at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

道央の探蝶(鳥)旅_7/4-3

旭岳では、ギンザンマシコや カヤクグリ、ノゴマなどには出会えたものの、高山蝶は皆無だったので、
夕方までの時間を利用して、「上野ファーム」へ 蝶を撮りに行く事に・・・

↓ ガーデンに入って早速目に付いたのは、初めて見る フタスジチョウだった♪

                                  フタスジチョウ





↓ 見慣れたカラスシジミも お花留まりだと なかなか綺麗だった!

                                    カラスジミ





↓ トイレの窓枠に留まってた キバネセセリも、ここでは、お花留まりだ♪

                                   キバネセセリ




                                  エゾシロチョウ


                                    ルリシジミ

↓ コキマダラセセリも お花にやって来た!!!

                                  コキマダラセセリ





                                 コキマダラセセリ

ガーデンでソフトクリームを食べながら一休みしていると、蝶友が「外にクジャクチョウが居た!」と言う♪
以前から 見たい見たいと思いながら 今まで出会う事が無かった蝶なので、早速、撮りに向かった。

↓ ガーデンの外の農道で、クジャクチョウが テリ張りして居た♪

                                  クジャクチョウ




午後5:30近い時間になったので、今日はこの辺りで切り上げ、ホテルへ帰る事に。。。
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2014年07月03日

道央の探蝶(鳥)旅_7/3-1

2014.07.03 〜 2014.07.08 の日程で、蝶の先輩たちと、北海道の道央地区へ 探蝶(鳥)旅行に行って来た。
神戸空港から 朝8:00発のスカイマークで、新千歳空港へ・・・到着が15分ほど遅れたが、トラブル無く到着・・・
予約してあったレンタカーを借り、一路、日高山脈を目指して、高速道路をひた走る。

樹海ロードに入る前に、近くの町に有る「ラーメンかわぶち」で、まずは 腹ごしらえ!!!
いよいよ 林道に乗り入れ、蝶が居そうな環境を見付けては、車から降りて探蝶開始・・・

↓ まず目に付いたのは、やはり シロチョウたちだった!

                                エゾスジグロシロチョウ


                                   モンキチョウ

↓ 初めて見る シータテハが葉留まりして居た! しかし、大きなフキの葉が密生していて近づけない!

                                    シータテハ


↓ 少しでも近くで撮影する為、意を決して フキの茂みへ入り込む・・・

                                    シータテハ




フキの茂みから出て来ると、案の定、ズボンやシャツに マダニがくっ着いている。
目の届かない後ろ側を、お互いにチェックし ダニの駆除!

橋の近くでは、シロオビヒメヒカゲが飛んで居るのだが、これまた、留まってくれない!!!

↓ 留まってくれないので、マニアルフォーカスで蝶の姿を追うが、ピントがイマイチ・・・

                                 シロオビヒメヒカゲ



↓ ボロボロの個体だが、サカハチチョウも飛んで来た。

                                  サカハチチョウ





↓ アザミには、エゾシロチョウが群がっていた♪

                                  エゾシロチョウ





↓ 蝶と見間違った蛾、イカリモンガも居た!

                                   イカリモンガ

この後、ちろろルピガーデンに移動して、花に来る蝶たちを探す事に。。。
posted by 子猫 at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

道央の探蝶(鳥)旅_7/3-2

薄日が射しているものの、やや曇り空ぎみなので、蝶たちの種類が少なく、話に聞いていた エゾライチョウも
姿を見せないので、林道を出て、「ちろろルピガーデン」へ移動する事に・・・

ここは、オーナー夫妻が、製材工場の跡地に咲くルピナスを見て、庭園の造成を思い立ったという オープンガーデンで、
入場は無料、自由に入って楽しむことのできる庭なのだ!
花の種類は 130種ほどといわれ、6月から10月までの5ヶ月間、庭は少しづつ表情を変えていくらしい・・・

関西から わざわざ訪れてくれたと言う事で、ご夫婦揃って 手入れの行き届いた 広いお庭を案内して下さるのだが、
非常に有り難い反面、蝶がメインの我々には、チョット気が引ける・・・♪

↓ ギンボシヒョウモンを見るのは初めてなので、翅裏も撮ろうとするのだが、なかなか撮らせてくれない!

                                 ギンボシヒョウモン








ガーデン到着前に降った雨の性か? 蝶たちの姿が少ない!!!


                                エゾスジグロシロチョウ

↓ シータテハも姿を見せた。

                                    シータテハ





午後4:30を回ったので、今夜の宿泊地、旭川市内に向け、一般道を2.5時間ほどかけて 北上する事に。。。
途中、美瑛の観光スポット、美瑛の丘へ立ち寄ってみたが、到着が15分ほど遅く 夕日が沈んでしまった後だった。
posted by 子猫 at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2014年07月02日

道央へ 探蝶(鳥)に!

2014.07.03 〜 2014.07.08 北海道の道央地区へ 探蝶(鳥)旅行に行ってま〜す。

蝶で北海道へ出掛けるのは、今回が初めてなので、ネットなどの情報がたよりなのだが、トマムの日勝峠や
旭岳、愛山渓、層雲峡などの林道へ 分け入る予定なので、何に出会えるか? 楽しみだ・・・


  
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2010年06月29日

道北の鳥見旅−7

朝食までに戻る予定で、朝4:00にホテルを出て、昨日の 森林公園へ ・・・
アカゲラの巣立ちが見れるかも知れない ・・・ との期待からだ !

しかし、森の中の4〜50m離れた所から アカゲラの声はするものの、雛も 親も その姿が無い。。。
どうやら、昨日の午後に巣立ちしたようだ。

森林公園の中を 少し歩いてみるが、葉が茂っている為、他の鳥達の姿も 見付ける事は出来なかった。

  
            エゾアカゲラ                                     ヒヨドリ

  
           ニュウナイスズメ                                  ニュウナイスズメ

ホテルへ戻り 美味しい朝食を摂った後は、お風呂で汗を流しスッキリと ・・・
カメラ機材以外を スーツケースに納め、宅配便で自宅へ送ってもらうよう ホテルのフロントに依頼し、
11時の チェックアウトまで、部屋で一休み ・・・

レンタカーの返却もあり、12時過ぎには 旭川空港へ着いたが、空港周辺にガソリンスタンドが無い !!!
仕方なく レンタカー会社で聞くと、4qほど離れた所にあるとの事。
ガソリンを 満タンにして戻ってくると、時間は 12:30を回っている。 返却手続きも まだなので 少々焦った。
posted by 子猫 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2010年06月28日

道北の鳥見旅E-1

朝4:30ごろから ホテル周辺を探鳥 ・・・ 今日も暑くなりそう ・・・
庭の木の天辺で、綺麗な鳴き声がする。 アオジの “さえずり”だ!

  
            アオジ                                      ニュウナイスズメ

川沿いに出ると、コマドリ や カワラヒワの “さえずり”も・・・
ホテルの中庭に戻ると、庭の木に ベニマシコが来ていた。

  
            ベニマシコ                                      ベニマシコ

  

旭岳の駐車場周辺からの トレッキング・ルートも、手入れや 管理がなされていないのだろう
草がぼうぼうで 木道も腐り 折れたり 欠落したりしているので、散策するのを諦める。

  
            キセキレイ                                      キセキレイ

旭岳を早々に切り上げ、K森林公園 へ行ってみる事に・・・
オオルリ や キビタキの “さえずり”が聞こえる。
現地でお会いした 地元のバーダーさんに、エゾアカゲラ や エゾフクロウ が比較的 見やすいポイントを教えて頂いた。

  
           エゾアカゲラ                                      エゾアカゲラ

  
           エゾアカゲラ                                      エゾアカゲラ

  
           エゾアカゲラ                                      エゾアカゲラ

  
           エゾアカゲラ                                      エゾアカゲラ

シマアオジ だけは 『外れ!』 だったが、ウトウ に ケイマフリ、ウミスズメ、オオジシギ、ギンザンマシコ、クマゲラ、等々
見たいと思っていた鳥達を、一通りGETでき、満足、満足、大満足 !!!

今日帰るお二人を 旭川空港まで送り、私は ナキウサギが見てみたくて、旭山動物園へ ・・・
posted by 子猫 at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

道北の鳥見旅E-2

午後から “ナキウサギ” & “昼間のシマフクロウ” が見てみたくて、旭山動物園へやって来た。
日本一との評判の『旭山動物園』・・・ 駐車場には 50台ほどの観光バスが止まっている。

西門の方へ回り、駐車料金 500円、入園料 800円を払って中へ入る。
気温33℃、コンクリートで囲まれた園内は、昨日の旭岳 以上に暑い !!!

まずは、北海道産動物のコーナーへ 行ってみる ・・・
キタキツネ や エゾリス、エゾフクロウ、アカゲラ などが居るものの ナキウサギ は居ない !
猛禽舎には、2羽のオジロワシが じぃ〜として居るだけで、全く動か無い ・・・ シマフクロウ も居ない !

動物の行動展示をする動物園として、超有名なのだが ・・・ 他の動物園と どこが違うのだろう ???

案内係の人に聞くと、ナキウサギ、シマフクロウは、現在は飼育されて居ないとの事。 ガァ〜ン!
暑い中、『骨折り損のくたびれ儲け』なのか(?)

  

連泊予定のホテル 「 ディアバレー 」 に戻り、お風呂で汗を流す。。。

夕方6:30ごろ、部屋の窓から ふと裏庭を観ると、森の中から エゾジカ が用心深く 此方の様子を伺っている。
やがて、辺りを警戒しながら 裏庭に姿を現し 草を食みだした。

  

今夜も美味しいディナーをいただき、道北の旅、最後の夜を の〜んびり、ゆったりと過ごす。
posted by 子猫 at 11:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2010年06月27日

道北の鳥見旅D

朝 5:00 旭川市内の ブラザホテルを出発 ・・・
途中、今夜の宿「ホテル・ディアバレー」に立ち寄って、ロープウェイのチケットを貰い 6:00 の便に乗る。

遊歩道にも50cmの残雪が有ると聞いていたので、カッパやレインスパッツ、簡易アイゼンまで
持って行ったのに ・・・ 姿見駅を出ると、朝なのに寒いどころか 気温23℃。。。

まずは、第3展望台へ行く ・・・ 既にカメラマンが5名、20分ほど前に ギンザンマシコの姿を見たとの事 !
30分ほど待機してみたが、第4展望台でも ギンザンマシコが出たとの情報があり 移動する事に ・・・

  
        第4展望台から見る朝の旭岳山頂                   第4展望台から第3展望台方向を望む

  
            エゾシマリス                                     エゾシマリス

  
            エゾシマリス                                     エゾシマリス

日が昇り、朝8時を回ると気温がどんどん上がる。 リュックに付けた温度計は 28℃を指している。
無風状態で太陽がギラギラと照りつける・・・寒いと思い、関西では春先に着る服装で登って来たので、暑くてたまらない。
しかも、ブヨが多く何十匹も周りを飛び回るから、手袋や長袖、首まわりのタオルは外せない !!!

1本しか持って行かなかった ペットボトルの飲み水が すでに底をついた ・・・
遊歩道を下って、姿見駅の売店まで 飲み水を買いに行くしかない。。。

戻ってくると、第4展望台から 階段状の岩を 20mほど下りた場所で ギンザンマシコが姿を見せていた !!!
鳥までの距離も近い ・・・ だが、カメラが手元に無い ・・・ あぁぁ〜〜〜 ついてない !

  
            ノゴマ                                        ノゴマ

やっと ギンザンマシコが姿を見せた ! しかし、遠い 100mほど離れている。
7年前に来た時と 同じような距離だ !

  
           ギンザンマシコ                                  ギンザンマシコ

  
           ギンザンマシコ                                  ギンザンマシコ

  
            キセキレイ                                     カヤクグリ

午後6時の最終まで居る予定だったが、あまりの暑さに、ギブアップ ・・・ 午後2時過ぎには下山。。。
エアコンの効いた売店で、ソフトクリームを注文 !!! 生き返る思いだった。

ロープウェイから車で5分ほどの リゾートホテル 「 ホテル・ディアバレー 」 へ
此処は、部屋数が25部屋ほどの プチホテルで、品の良いザービスと 美味しい食事で、リビーターも多いと聞く。

3時を回っていたので、チェックインし お風呂で汗を流す ・・・
夕食までの間、部屋で一休み と思いきや、部屋にはエアコンが無い !
しかも、夕日がまともに差し込むので 再び汗が流れてくる ・・・

支配人にお聞きすると、この地で30℃を超える日は、年に1、2度あるか無いか(?) なので、
この辺りのホテルには、どこもエアコンの設備は無いらしい ・・・
仕方が無いので、木陰に座って やって来る鳥達を見ている事に。。。

  
            カワラヒワ                                      モズ
posted by 子猫 at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2010年06月26日

道北の鳥見旅C-1

朝4:20 民宿「あしたの城」を出発しようと車を発進させた途端、
民宿入り口の道路に エゾセンニュウ らしき鳥が ・・・
車をバックさせ、カメラを持って行くと ・・・ もう居ない !!!

サロベツ原生花園へ行ってみるが、風が強く ウィンドブレーカーを着ていても まだ寒い。
シマアオジの姿は無さそうなので、下サロペツへ回る事に ・・・

駐車場の近くでは、今朝も コヨシキリが 朝日を浴びながら盛んにさえずっている。

  
            コヨシキリ                                      コヨシキリ

  
            コヨシキリ                                      アオジ

  
            ツメナガセキレイ                                ツメナガセキレイ

鳥種は昨日と変わりないが、朝の為 太陽の位置が逆で、もろ逆光となり 写真が撮りづらい !

Mさんが 駐車場の柵に留まる カッコウを発見し 携帯で連絡してくれたのだが ・・・
到着と共に飛ばれてしまった。(うぅ〜ん残念!)

サロベツまで来たのだから パンケ沼も見てみようと、車を走らせる。

  
            ノビタキ ♂                                     ノビタキ ♂

  
            ノビタキ ♀                                     ノビタキ ♀

朝7:00 今日の目的地“S湖”へ向け出発 ・・・ R40を走り 先ずは美深へ !
posted by 子猫 at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

道北の鳥見旅C-2

パンケ沼 から S湖 まで 約150q、途中 美深の町の北で、休憩を兼ね 少し探鳥 ・・・
しかし、ニュウナイスズメと ツツドリしか見なかった。

10時すぎ、S湖に到着。
先客のカメラマン達が皆、カメラに張り付き撮影している。 クマゲラが現れているようだ。!!!

前回(23日)とは別の角度から狙おうと、距離は少し遠くなるが反対側の位置に陣取る ・・・

  
            クマゲラ ♂                                     クマゲラ ♂

  
            クマゲラ ♂                                     クマゲラ ♂

  
            クマゲラ ♀                                     クマゲラ ♀

  
            ヤマゲラ ♂                                     ヤマゲラ ♂

午後4時前、クマゲラのポイントを後に、23日に宿泊した「そばの花」前へ移動 ・・・
相変わらず アオジ、ニュウナイスズメ、ノビタキ、ベニマシコ、ホオジロ などが 頻繁に姿を現す。
距離 7〜8mで撮れるという事もあって、車中から撮影することに ・・・

  
           ニュウナイスズメ ♂                                 ノビタキ ♂

  
            ノビタキ ♂                                     ノビタキ ♂

午後5:30、今夜の宿泊地である旭川市内へ向け この地を後にする ・・・
明日は、早朝から旭岳だ !!!
posted by 子猫 at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2010年06月25日

道北の鳥見旅B-1

今朝はボートに乗り 海上からの撮影だ ・・・
朝6:00 予約していたチヤーターボートに乗り込み、海上から“赤岩”へ向かう。
ここ何日か 風が強かったり 波が高かったりで、出航出来なかったらしく
我々は「非常に幸運な人達だ!」と言われた!!!

“赤岩”の周辺に到着すると、海上には ケイマフリと ウトウが 沢山の群れに分かれ 浮かんでいる。
ボートがゆっくり近づくと 10mほどの距離までなら逃げないが、
さらに接近すると 水面を蹴って飛び出してしまう。

  
            ケイマフリ                                    ケイマフリ

  
            ケイマフリ                                    ケイマフリ

この時期、岩の上に上がって居る ケイマフリは 珍しいのだとか ???
サービス精神 旺盛な子が居て、よかった! よかった!

  
            ケイマフリ                                    ケイマフリ

  
            ケイマフリ                                    ケイマフリ

波間に浮かぶ 巾1.5mx長さ6mほどの 小さなボートは、木の葉のように よく揺れ、
被写体を フレームに入れるのが難しい !!!
ピントの許容範囲が広がるように、絞り値を F8 まで絞り込む。

  
            ウトウの大あくび                                 ウトウ

  
            岩の上で小休止                                  岩の上で小休止

  
        海面から岩によじ登る ウトウ                           海面から岩によじ登る ウトウ

  
       ディスプレー行動をする ウトウ                          ディスプレー行動をする ウトウ

  
            ウミスズメ                                      ウミスズメ

  
            ウミウ と 雛
posted by 子猫 at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

道北の鳥見旅B-2

朝9:40 の高速艇で 天売島を後にし、羽幌へ戻る ・・・
船中では、外の景色を見るより 今朝 海上から撮影した画像の削除作業に没頭 ・・・

10:40 羽幌港に到着、駐車場に置いてあった車に 荷物を積み込み サロペツへ向け出発 !!!
一路 オロロン街道を北上 ・・・ 天塩町から“道道稚内天塩線”と呼ばれる海岸道路を走るつもりが、
何処かで、入り口を見落としてしまったのだろう R40 と合流してしまった。
10q以上 内陸部へ入った事になる。。。 海岸道路へ戻らなくでは ・・・

幌延ビジターセンターに到着。
先客のカメラマン氏に聞くと、センニュウ類は駐車場の周辺、ツメナガ、アカエリは長沼の入り口付近との事 !

  

  
            ツメナガセキレイ                                ツメナガセキレイ

  
            ツメナガセキレイ                                ツメナガセキレイ

  
           アカエリカイツブリ                                アカエリカイツブリ

  
           アカエリカイツブリ                                アカエリカイツブリ

  
            ノビタキ                                       ノビタキ

  
            ノビタキ                                       コヨシキリ

サロベツ原生花園へ移動 ・・・ ビジターセンター直前の 草が刈られた路肩で、ジシギ発見 !!!
車にフロントガラスが 無ければ 撮れたのにぃぃぃ!

原生花園の木道を一週してみたが、ノビタキと ツメナガ程度で、お目当ての シマアオジは見かけない。
シマアオジ狙いのカメラマン氏に聞くと、朝に一度姿を見せただけだと言う・・・
しかも 100mほど先なので デジスコでも遠いらしい。。。

  
            ノビタキ                                      ツメナガセキレイ

  
            ツメナガセキレイ                                ツメナガセキレイ

原生花園へ到着する直前に ジシギを見かけた場所で、オオジシギの鳴き声がする。
車を止めて声のする方向を探すと、200mほど離れた上空を、此方へ向かって飛んで来るところだ !!!
三脚を出している暇は無い・・・ 手持ちで ピントが合った瞬間にシャッターを押した。

  
            オオジシギ                                      オオジシギ

今夜の宿は、サロベツ原野のすぐ側にある民宿「あしたの城(じょう)」だ。。。
posted by 子猫 at 11:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2010年06月24日

道北の鳥見旅A-1

昨夜から降り出した雨は、今朝になっても止まないので、朝食までの間、車中から探鳥する事に!!!
「 そばの花 」の前を流れる 朱鞠内川の岸辺には、オオイタドリが密生しており 餌となる虫たちが多いからか
ノビタキ、ベニマシコ、ニュウナイスズメなどが、頻繁に姿を現す。 カメラとの距離7〜8m・・・

しかし、車を運転しながら 助手席に置いた大砲レンズでの撮影は、レンズの取り回しが自由に出来ず、
撮り逃したショットも多い・・・

  
            ノビタキ ♂                                      ノビタキ ♂

  

  
                                                           不明の鳥

朝食後、チェックアウトし、クマゲラのポイントへ ・・・
駐車場の直前で、採餌中のクマゲラ発見 ・・・ 急遽、手持ちによる車中からの撮影となった。

  
            クマゲラ ♂                                      クマゲラ ♂

  
            クマゲラ ♂                                      クマゲラ ♂

車を駐車場に入れ、昨日の撮影ポイントで待機 ・・・ 相変わらず ブヨの大群が襲って来る・・・
雨は小降になっているが、昨日以上の暗さで、飛び物を狙う事は出来ない!!!

  
            クマゲラ ♂                                      クマゲラ ♂

  
            クマゲラ ♀                                      クマゲラ ♀

  
            クマゲラ ♀                                      ヤマゲラ ♀

このポイントには、ヤマゲラも多く 目の前を飛ぶ姿を何度も見かけた。
フェリーの時間もあり、11時ごろには切上げて、羽幌港へ向けて出発。。。
posted by 子猫 at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

道北の鳥見旅A-2

S湖を後にして 一山越えると、天候が変わり空は晴れて来た。
羽幌港へ向かう峠道は、数十キロにも渡って信号の無い区間があり 車にも殆ど出会う事が無く快適に走れる。
途中、キタキツネが道路を歩いていたので 車を止めると、車の側に寄って来て 食べ物を貰おうとする ・・・

フェリー乗り場を確認した後、時間に余裕が有るので、近くの“道の駅ほっとはぼろ”で昼食を。。。
この地は、日本一のアマエビの産地らしい・・・アマエビを使った 色々なメニューの中から、
“エビたこ餃子ら〜めん”( @ 900 ) を食べてみた。
見た目よりは あっさりしていて、けっこう美味しかった。

  
           エビたこ餃子ら〜めん                           羽幌フェリー(489トン)

此処のフェリーは、思っていた以上に小さく 横幅が10mほどしか無い ・・・
駐車場に車を置き 荷物を持って 人間だけ乗り込む ・・・
この船には ジャイロや スタビライザーが 搭載されていないのか(?) 横揺れがひどく
手摺りに掴まっていないと 立っている事も難しい!!!

天売港に着くと、今夜の宿「 オロロン荘 」のご主人が迎えに来てくれていた。
お聞きすると、『 ウトウの写真を撮りたいなら バスツアーよりも レンタカーが 絶対にお勧め! 』との事なので、
急遽「 おろろんレンタル 」で、軽四を借り 明るい内に、下見を兼ねて 島内を 一週してみる事に。

写真には撮れなかったが、車で赤岩展望台へ行く途中、道路に エゾセンニュウが降りている事もあった。

  
          赤岩の灯台と展望台付近                           赤岩展望台からの眺め

  
          赤岩展望台からの眺め                            赤岩展望台からの眺め

地面に空いた無数の穴ボコは、全て ウトウの巣穴らしい ・・・
半径150m、高さ100mほどの この一角に 60万羽を超える ウトウが生息するという。

  
          海面に浮くウトウの群れ                         海面に浮くウトウの群れ(アップ)

赤岩展望台を離れ 周遊道を東へ ・・・

  
            ノゴマ ♂                                      ノゴマ ♂

  
            コヨシキリ                                     コヨシキリ

1泊・18時間ほどの滞在予定だが、少々時間が足りないかも ???
posted by 子猫 at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

道北の鳥見旅A-3

午後5:30に、早めの夕食をとり まだ足下が明るい 6:30ごろから、赤岩展望台へ ・・・
太陽が沈み 周りが暗くなってくると、何万羽もの ウトウ達が 魚を咥え 一斉に巣穴に戻って来る。
その魚を狙って、待ちかまえていた ウミネコや セグロカモメの集団が ハトほどの大きさの ウトウに襲いかかる !!!

その為、ウトウは 飛行状態からいきなり巣穴に飛び込もうと、まるで 特攻隊のように突っ込んで来るので、
道路標識やガードレール、遊歩道の柵、案内板などに激突し、気絶する個体も多いのだとか?
しかし、彼らの体は頑丈に出来ていて、激突で死ぬ事は殆ど無いと聞く。。。

  
            ウトウ                                       ウトウ

  

例年なら、一度に 何匹もの魚を咥え戻って来るのに、今年は、殆どが一匹しか咥えていない ・・・
海の環境が変わり 魚の群れが少なくなっているのだろうか ???

  

             

辺りは真っ暗で、ライトが無いと足下すら見えない !

遊歩道に立って撮影していた Mさんが、撮影中のカメラに激突され、そのカメラで 鼻頭を強打 !!!
鼻血こそ出なかったが かなり痛そう ・・・

ウトウに激突され 怪我をしたのでは 物笑いの種と、遊歩道のフェンス内に しゃがみ込み、柵ごしに撮影していると、
今度は、ゴーンという音と共に、私の左頬に ウトウが激突した。

どうやら、柵に激突し、そのまま 柵をすり抜けて、私にぶつかったものらしい。
足下に落ちた ウトウは、ピクリとも動かない ・・・

十数秒も経っただろうか? 仰向けに転がった ウトウが、ケイレンを起こし始めた ・・・
やがて、意識の戻ったウトウは、もがきながら立ち上がり、ヒョコヒョコと歩いて遊歩道のフェンス内を出て行った。

  
         気絶し仰向けに落ちた ウトウ                      意識が戻り起き上がろうと もがく


 何事も無かったかの様に スックと立ち上がり 姿を消した

ヒチコックの“鳥”を 思い出させる光景で、まるで 鳥の集団に 自分が襲われているかの様な 錯覚さえ覚える。
日本広しと言えども、このような光景を 目の当たりに出来るのは、おそらく此処だけだろう!
鳥好きには、“一見の価値有り”の感動ものだった !
posted by 子猫 at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2010年06月23日

道北の鳥見旅@

まだ一度も行ったことのない道北 ・・・ いつものように Mさんが、企画してくれた。
ルートは、旭川 → 朱鞠内湖 → 天売島 → サロベツ原野 → 朱鞠内湖 → 旭川 → 旭岳 → 旭川 と回ることに !

3日前までは、最初に 旭岳へ回る予定だったものを、現地の天気予報などを調べ
急遽 ホテルなどの予約を変更してくれたものなのだ。

出発当日は、朝から雨 ・・・ リュックとスーツケースに レインカバーをかけ、傘を差して自宅を出る。

到着した旭川空港は 曇り、予約してあった レンタカーを借り、旭川市内の 上川神社へ ・・・
過去には、チゴハヤブサが 目の前で見れたらしいのだが、今回はその姿が無い !!!
早々に諦め、クマゲラが見られるという S湖へ移動。

クマゲラに関しては、ピンポイントでの 位置情報が有る。

到着は 17時ごろで、曇り空の為か(?) 林の中は可成り暗いが、ISO感度を1600まで上げることで、
止まっている物なら 何とか撮影ができそうだ !

待機していると、プヨの大群が周りを飛び回る。 長袖、長ズボンに手袋、首にはタオルを巻いて防御。
虫よけスプレーは必修アイテム ・・・

  
     関東や九州方面から来られた先客さん達                       クマゲラ ♂

  

  

今夜の宿は、朱鞠内湖から車で5分ほどの所にある 「 そばの花 」 というペンションで、
その名の通り“蕎麦”づくしの料理が味わえ、一日3組までとの事・・・
こぢんまりとはしているが、上質でインテリヤなどには可成りのこだわりを持って居られる感じが伝わってくる。

  
           朱鞠内湖 そばの花                                蕎麦づくしの料理
posted by 子猫 at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2009年12月06日

冬の道東・鳥見旅D

釧路は昨夜から どしゃ降りの雨、風も強い・・・
山手は雪である事を願って 鶴居村へ向かう。
1時間ほどで到着したが、期待は外れ やはり雨、しかも強風の為 横殴りの状態だ!
仕方なく 車の窓越しに撮影するはめに。。。

  
        雪裡川にある鶴の塒                                  塒近くの農場

タンチョウ・サンクチュアリ へ移動・・・この雨の中では、バーダーやカメラマンは 誰も来ていない。 (あたり前か・・・)
鳥の見れる場所は、風下側になる為、窓を開けると雨が車内に吹き込んで来る。
鳥達は皆、風上に向かって立つので、我々の位置からは タンチョウのお尻ばかりが見える事になる。

  
          タンチョウヅル                                 タンチョウのディスプレー行動

  
          タンチョウヅル                                 タンチョウのディスプレー行動

益々風が強くなり 人も飛ばされそうな状況なので、一端この場を離れ シマエナガを探しに住宅街へ・・・

  
          ハシブトガラ                                        ヤマガラ

結局、シマエナガは見付けられなかった。
相変わらず 風は強いが、雨が上がったので再びサンクチュアリへ・・・

  
          タンチョウヅル                                 タンチョウの成鳥、若鳥、幼鳥

  
        タンチョウのディスプレー行動                         タンチョウのディスプレー行動

  
          タンチョウヅル飛来                                  タンチョウヅル

  
        1羽単独でディスプレー(???)                      1羽単独でディスプレー(???)

  
        タンチョウのディスプレー行動                         タンチョウのディスプレー行動

  
        タンチョウのディスプレー行動                         タンチョウのディスプレー行動

午後1時、なごり惜しいが飛行機の時間が迫っているので、この地を後に釧路空港へ。。。

今回の旅では、山野の鳥と雪景色には恵まれ無かったが、初めて見る水辺の鳥たちが 7種も増え、
移動途中は ジョークが絶える事のない楽しい楽しい旅で、あっという間の5日間だった。
ライファーは、カモメ、シロカモメ、ワシカモメ、コオリガモ、シノリガモ、ビロードキンクロ、アカエリカイツブリ。
posted by 子猫 at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2009年12月05日

冬の道東・鳥見旅C

朝6時、まだ夜が明けぬ ここ春国岱の外気は−8℃、2〜3分 外に居るだけで指先がジンジンと痛くなってくる。
鳥達の姿も見えないようなので早々に屋内へ退却。。。

昨夜の宿 “民宿風連” の朝食には、6種類の手作りジャムが出てくる。 これがまた美味しかった!
ここでも又、朝食中に何度も席を立つ行儀の悪い事をしてしまった。
窓から見える庭の木々や餌台に、アカゲラや小鳥達が何度もやって来るのだ・・・

  
          エゾアカゲラ ♂                                     エゾアカゲラ ♀

  
           ハシブトガラ                                   シロハラゴジュウカラ

この庭で待機していると、色々な小鳥達が来そうだが見切りを付けて出発する事に・・・
宿のご主人が言っておられた 根室市内の明治公園へ ギンザンマシコを探しに行く・・・が、見付からない!!!
根室半島を縦断し 花咲港から南海岸沿いに、探鳥しながら納沙布岬へ向かう。
途中の歯舞漁港に コオリガモ が居たが逆光で見づらい!

  
           コオリガモ                                       コオリガモ

漁船が近くを通った為、鳥達は沖合へ飛び去ってしまった。 帰りにもう一度立ち寄る事にして岬へ向かう。
納沙布岬に到着したのが 11時前、そそり立つ岸壁に ヒメウが沢山集まっている。
この中に チシマウガラスが混じっている事が有るらしい。

  
            ヒメウ                                      チシマウガラス (?)

ここ納沙布岬には、ラッコが2頭いるそうで カメラマンも来て居たが、ラッコの姿を見る事は出来なかった。
昼食後、再び コオリガモの居た歯舞漁港へ・・・

  
           ウミアイサ                                       コオリガモ

  
           コオリガモ                                       コオリガモ

  
           コオリガモ                                       コオリガモ

コオリガモが 再び遠くへ泳いで行ってしまったので、根室漁港へ向け出発・・・
根室漁港は大きな港の為、鳥達は遠く珍しい鳥も居なかった。 
漁港を出て5分と走らない内に カラ類が飛び交う林が見えた。
一羽のゴジュウカラが飛んできて、道路脇の木の枝に止まり、いきなり ウトウトと居眠りを始めた。。。
人が2m以内に近づいても じぃ〜っと固まったまま動かない。 もう10分以上にもなる。
全員声を揃えて『こんなん初めてやぁ〜!』

  
        爆睡中のシロハラゴジュウカラ                             トビの成る木

国道44号を春国岱方面へ戻る・・・

  
         池の対岸に居た エゾシカ                              タンチョウヅル

  
         タンチョウヅル(幼鳥)                              タンチョウヅルの家族

この後は、今夜の宿泊地である釧路市内へ。。。
posted by 子猫 at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2009年12月04日

冬の道東・鳥見旅B

昨夜、片付けもしなかった撮影機材を朝から撤収・・・狙い通りの シマフクロウ が撮れたのでルンルン。
朝食後、標津へ向けて出発。。。 羅臼の町を出てすぐに後部座席から 『オジロ〜〜!』 の声・・・

  
          オジロワシ                                        オジロワシ

  
          オジロワシ                                        オジロワシ

車を少し走らせると、また別の オジロワシ が居た。
標津漁港へ立ち寄った後、中標津の町へ・・・この町の街路樹は、ほとんどが ナナカマドで 赤い小さな実を沢山付けている。
ギンザンマシコが居ないか(?) 歩いて探す事に。。。

  
          シジュウカラ                                      シロハラゴジュウカラ

  
          ハシブトガラ                                       ハシブトガラ

  
          ヒヨドリ                                          スズメ

残念ながら ギンザンマシコは見つからず、野付半島へ移動する事に・・・
目線の高さで 距離 100mほどの所に、強い風に晒されながら オオワシが止まっている。 そろりそろりと 50mまで近づく。。。

  
          オオワシ                                          オオワシ

  
          オオワシ                                          オオワシ

  
          オオワシ                                          オオワシ

野付半島を後に、根室の風蓮湖へ・・・途中の海岸には ビロードキンクロが居た。 これも初めて見るカモの仲間だ!

  
          ビロードキンクロ                                   ビロードキンクロ

午後3時、今夜の宿泊地に近い春国岱までやって来た。

  
          春国岱付近の景観(一部)                              クロガモ

  
         根室半島の小さな小さな漁港                           温根沼付近での日没

今夜の宿は、鳥見宿として有名な 民宿風連、春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターのすぐ近くだ。
posted by 子猫 at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2009年12月03日

冬の道東・鳥見旅A

夜明けは6時半、窓を開けるとキーンと張り詰めたような冷気が漂う。

  

朝食に降りた2階のレストランの窓越しに ヤマゲラ が見えた。
バイキングの取り皿をテーブルに放り出し、8階の部屋へ戻り カメラを取って、1階の玄関から 鳥の居た場所へ・・・
幸いな事に ヤマゲラ は飛び立たずに、我々を待って居てくれた。

  
          ヤマゲラ                                 ヤマゲラ (赤い実の木はエゾコリンゴ)

網走川には、関西では考えられない数の カワアイサ、スズガモ、ホオジロガモ が・・・
見付けた時は、岸近くにいるが 車から降りると、徐々に遠ざかって行く。

  
          カワアイサの群れ                        カワアイサ、スズガモ、ホオジロガモの群れ

昨夕訪れた網走漁港には、ホオジロガモ、ヒメウ、シノリガモ(ライファー)が居たが、オオハムは やはり見付けられなかった。

  
          ホオジロガモ                                      ヒメウ

  
          シノリガモ                                      シノリガモ

濤沸湖へ立ち寄る・・・ここは観光客が餌をくれるので、水鳥達が多い。
オオハクチョウ、カモメ類、カモ類、アイサ類、オオワシ、オジロワシ、トビ、などが居る。

  
          オオハクチョウ                                    カワアイサ

  
          シロカモメ                                      シロカモメ

  
          ホオジロガモ                                     オジロワシ

途中、赤い小さな実を沢山付けた ナナカマドに、ギンザンマシコが来て居ないか(?) 注意しながら移動する・・・
斜里漁港・・・小さな漁港だが 海が荒れると色々な水鳥達が湾内に避難して来るらしい。

  
          ウミアイサ                                     アカエリカイツブリ

  
         アカエリカイツブリ                                  アカエリカイツブリ

真鯉地区の知布泊漁港

  
           クロガモ                                       クロガモ

  
        ワシカモメ+オオセグロカモメ                         ミヤマカケス (朱円付近で・・・)

午後4時、ようやく羅臼へ到着・・・もう辺りは暗くなり 撮影機材のセッティングには 懐中電灯が必要だった!

  
          シマフクロウ                                      シマフクロウ

  
          シマフクロウ                                      シマフクロウ

  
          シマフクロウ                                      シマフクロウ
posted by 子猫 at 15:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅

2009年12月02日

冬の道東・鳥見旅@

今日から4泊5日で道東へ・・・
鳥見仲間のMさんが、飛行機、宿、ガイドなど全てを手配してくれ、私は付いて行くだけの楽ちんツアーだ・・・
しかも ガイドは、野鳥ビデオのプロ “佐藤 進” さんだと言う!!!
探鳥ルートは、網走→斜里→羅臼→中標津→野付半島→風蓮湖→納沙布→釧路→鶴居 と回る予定だ。

伊丹→女満別の直行便が無くなり 羽田で乗り換えの為、時間が掛かり到着は 14:40 なのだ!

  
       飛行機の窓から見えた富士山                             雪の無い網走支庁

女満別の空港には、既に佐藤さんが迎えに来てくれており、早速、網走漁港へ・・・
北海道は、ここ暫く 雪も無く 穏やかで、此の地にしては暖かい日々が続いているらしく 喜んで良いのか悪いのか???

網走漁港では、昨日まで居たという オオハム を見付ける事は出来なかったが、ライファーのワシカモメをGET。
しかし、時間はまだ3時半過ぎだというのに、日は沈みかけ辺りは薄暗くなって来た。。。撮影はもう無理!

  
          ワシカモメ                                      セグロカモメ (幼鳥)
posted by 子猫 at 15:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の探鳥(蝶)旅