2019年07月09日

ならまち保護どうふつ園

所用で奈良へ来たので、帰りに「ならまち保護どうぶつ園」へ立ち寄ってみた。

↓ コキンメフクロウ (手の平に乗るサイズ)






↓ チャコモリフクロウ


            ↓ インドオオコノハズク (手の平に乗るサイズ)
            

            ↓ オナガフクロウ
            

↓ アナホリフクロウ (手の平に乗るサイズ)

 
posted by 子猫 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2019年04月08日

四條畷神社の参道

歩くとまだ傷に響くが、お天気もいいので、自宅近くの参道を ゆっくり歩いてみた。
参道脇に植えられた桜が満開で、なかなか綺麗だった。 (osmo pocket にて)


  
posted by 子猫 at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2019年03月22日

再び入院

また、入院してました。 今度は 胆石症 胆嚢炎!

3/9(土) 未明、肝臓辺りに腫れる様な激しい痛みがあり救急搬送され、胆石の詰まりによる胆嚢炎と判明。
      息をするのも痛い状態で、寝転ぶ事もままならないのに、抗生剤や痛み止めの点滴だけで 30時間も様子見された。
      点滴や飲み薬の"痛み止め"を6時間おきに4種類試してくれたが、どれも全く効かず、モルヒネでも何でも
      使って欲しいってマジで思った!
3/10(日) お昼ごろ、応急処置として 胆嚢に管を通し 溜まった胆汁を排出。
       肋骨の隙間から 肝臓を貫通し 胆嚢に針を刺して、細い管を通し 溜まった胆汁や膿を抜いてくれた途端、
       痛みが嘘の様に無くなった。
3/15(金) 開腹手術で胆嚢を摘出。
       前回の手術で内蔵に癒着があるので 腹腔鏡は使えず、今回は 肋骨の下部に沿って 斜め横に開腹し胆嚢を切除。
3/22(金) 退院。

前回の手術痕(縦25cm)と 今回の手術痕(横20cm)で、フランケンシュタインのお腹になってしまった。
 
posted by 子猫 at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2019年02月12日

短時間での免許更新

今日(2/12)、運転免許の更新に行って来た。
免許を取得してから 半世紀以上、今までにない 短い更新時間に 少々面食らってしまった。
大阪・門真の試験場に到着したのは、9:20 ・・・
手数料の支払いや 視力の検査、写真撮影などで 何度も行列に並んだが、
10:00 には、新しい免許証を受取って試験場を後にした。
どうやら、過去数年間に違反や事故が無い事と、高齢者講習を受講済みなので、更新時の講習は免除らしく、
写真撮影後 5分ほどの待ちで新免許証を渡された。

posted by 子猫 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2019年02月01日

高齢者講習

抗癌剤の服用が始まる前に、高齢者講習や運転免許の更新を済ませておこうと、高齢者講習を受けに行った。

講習内容は「座学+動体視力等の検査+実車の運転検査」だったのだが、視野や視力等では これと言った問題点は無く、
車の運転検査でも、安全確認や 操作能力は優秀との事で ホッとした。
しかし、唯一指摘されたのが、一時停止の場所で、白線内での完全停車が出来ていないらしい!!!
・・・ 私は止っているつもりなのだが、車はズルズルと動いているとの事 ・・・

 

だが、同乗した他の受講者の中には、Lクランクや 車庫入れなどで 脱輪させたり、信号の無い交差点を、停車も徐行もせず
そのままの速度で突っ込むなど、あんた "運転免許" 返納した方が良いょ! と思える様な "鈍臭い" 人が居て、
こんな人が 街中を走ってるのか?って思うと 恐ろしくなってきたのも事実だ。
posted by 子猫 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2019年01月30日

退院しました。

今日(1/30)、退院し 36日ぶりに自宅へ帰って来ました。
膵臓癌の手術で、年末(12/25)から入院してたのですが、周辺やリンパなどへの転移も無く、中央部 1/3ほどの切除で済み、
一安心しています。
暫くすると、抗ガン剤の投与が始まるので、向こう半年ほどの間は、感染症や 怪我などに 細心の注意を払う必要が
有りそうですが・・・



手術後、2週間ほど経った頃、突然の膵液漏が発生し、激痛と高熱に 4日間ほど苦しみ、膵炎まで併発してしまったが、
今は、消化酵素の分泌を阻害する薬を飲んでいる性で 若干消化不良ぎみだが、インシュリンの分泌にも問題が無く、
普通に日常生活が送れそうです。

posted by 子猫 at 16:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 機材・その他

2018年09月14日

レンズの比較

Nikkor 500/5.6E PF ED VR を入手したので、早速、Nikon200-500mm や Σ150-600mm で撮り比べをしてみた。

↓ Nikkor 500/5.6E PF ED VR


被写体は、約50mほど離れた電柱の変圧器。 撮影は共に、焦点距離=500mm(換算=750mm) にて。(三脚使用)
画像1は、Nikon 500mm/f5.6_PF での撮って出しjpg画像の中央部を切り出し (容量は圧縮)
画像2は、Nikon 200-500mm での中央部を切り出し
画像3は、Σ150-600mm (500mmで撮影) での中央部を切り出し

↓ Nikon 500mm/f5.6_PF


↓ Nikon 200-500mm


↓ Σ150-600mm(c) (500mmで撮影)


特筆すべきは軽さで、ガラスレンズの300mm/f4を付けてる様な感じなので、常時手持ちでも苦にならないし、VRも優秀だ。
解像度(クッキリ感)は、Nikon 200-500mm < Nikon 500mm_ PF < シグマ 150-600mm(c) で、
シグマの優秀さを再認識した。
AFの速さは、やはり大砲の 500mm/f4 には及ばないが、十分許容できる範囲内だと思う。
AFの速度で 5m→50m,50m→5m をテストしてみると、焦点を近くから遠くへ移動させた場合は、割と早いが、
逆に、遠くから近くへ移動させると、割と遅い様に感じた。
(この特性は どこのレンズにも有る現象だが、数十メートル先から向かって来る鳥には 追従できないかも。)
posted by 子猫 at 10:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2018年07月14日

エンジン・オーバーホール

今乗ってる車がもう 12年になるので、一度 エンジンをバラして タイミングベルトや ファンベルト、 各テンショナー、
プーリー類、各種ガスケットや オイルシール、点火プラグ、ウオーターポンプ、サーモスタット などを、
ディーラーで交換して貰った。

思った以上に エンジン音が静かになり スムーズな回転が心地よい。
これで、高速道路を長時間走っても安心して居られそう!


posted by 子猫 at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2018年02月01日

支え金具

寄る年波には勝てず、最近は レンズも 三脚も 雲台も 超軽量で小型の物を使う事が多くなったが、一眼レフの
ミラーショックなど、機材ブレと思われるブレ現象に、撮った写真の歩留まりが悪くなっている。
朝から雨の今日、少しでも機材ブレを防げるかも?と、支え金具を作ってみた。
(長目のスライドプレートに ネジを切り カメラとレンズの両方を支える)

↓ レンズの先端や ズームリング部を 支える位置に出来ないので チョット中途半端か!
posted by 子猫 at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2018年01月04日

iMacアップデートで動作不良

          

昨日(1/3)、iMacのOSを Sierra(10.12) から High Sierra(10.13) へ アップデートしてみると、
サードパーティ製のアプリが数種 異常を示したり動作しなかったり・・・
特に困ったのは、バックアップソフト(Acronis True Image 2017) で、システムディスクを 丸ごと 旧バージョンに
復元している途中で エラーが発生し、中断してしまった事だ!
新OSの動作が さらにオカシクなった上に、アーカイプされていた バックアップファイルまでもが壊れてしまっていた。
昨晩からほぼ徹夜状態で、新OSが まともに動作するよう回復作業をし、何とか おおむね修復する事が出来た。(疲れた〜!)
まだ、動作確認してないアプリが色々有るが。。。
 
posted by 子猫 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2017年12月18日

テスト撮り

Nikonマウントの望遠レンズで、最短撮影距離が 1m以下の物が ほとんど無い!
以前から気になっていた TAMRON 18-400mm の価格が可成り下がったので、ダメモトで買ってみた。

↓ TAMRON 18-400mm


今日、テスト撮りしてみると、連写した中に ボケ画像が結構混ざる。
シャッターが作動した時の ミラーショックに、手振れ防止機構が 悪反応してるのたろうか?

D7200 + TAMRON_18-400mm ISO=800, F=8, SS=1/500, EV=±0, 手持ち撮影
↓ 正常画像(3枚連写の1枚目)・・・トリミングのみでレタッチ無し


↓ 大ボケ画像(3枚連写の2枚目)・・・トリミングのみでレタッチ無し  ピントが後方にずれて居る


↓ チョイボケ画像(3枚連写の3枚目)・・・トリミングのみでレタッチ無し


もうちょっと状況確認が必要か???
posted by 子猫 at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2017年06月21日

新しいPC

長年愛用してきたPCが 10年を超えたので、トラブル無く動いている間に 移行作業を終えたいと考え、新しいPCを購入
する事にした。
選んだPCは 「iMac 21.5インチ Retina 4K Display モデル」で、CPUの速度やメモリ量、ストレージの種類などをカスタマイズ
して、CPU=Intel Core i7 3.6GHZ、VRAM=2400MHZ DDR4、Memory=16GB、Storage=SSD 512GB をチョイス。



6/14の夕方、新しいマックPCが到着し、早速 初期設定、、、ユーザー名とパスワード、使用言語を設定するだけで、呆気なく立ち上がった。
このiMacには 仮想スクリーンが三っつ有り、マウスの上部を iPhoneの様に指でスワイプするだけで、スクリーンを切り替えたり、スクロール出来るのは面白い。

ただし、ディスプレーは、高コントラスト+高彩度の為、目を見張るほど鮮やかで綺麗なのだが、写真などのレタッチの際、このディスフレーで見た感じを整えた画像を、他のPCで表示すると、色が薄く メリハリの無い のっぺりした画像に仕上がってしまう。
AppleSupportへ問い合わせても、輝度以外 調整出来る個所は無く、一般的なディスプレーに近い 色合いやコントラストで表示出来る プロファイルやドライバーソフトは無いらしい・・・こんなのは、当然 調整できると思ってたのに・・・

また キーボードには「半角英数」と「全角かな」の切り替えしか無く、Windowsに馴染んだ私には、戸惑うことばかり。

それに、ファイル操作、写真や動画の編集、テキストエディターなどのアプリ類は、Windows用の様に シンプルで操作性に優れた第三者アプリが少ない様だ!

そこで、Mac上で Windows用のアプリが動く様にしてやろうとしたのが大失敗、、、Webで検索しながら 環境設定ソフト「XQuartz(Wine2.0)」をインストール中に、ハングアップしてしまい、MacPCそのものが起動しなくなってしまって、
あせった!焦った!

再度、初期化からやり直し、各種アプリのインストール(Windowsアプリを動かすのは諦めた)や、動作環境のカスタマイズなどをいじくって一週間、、、今 感じているのは、Macは Windowsほど 「痒い所に手が届かない」って感じ・・・

   -----------------------------------------------------------------------------------------------------------

6/23 追記
前回、インストールに失敗した Mac上で Windows用アプリを動作させる為の環境設定ソフト類を、再度 手順を変えて
インストールしてみた。  「XQuartz」→「PlayonMac」→「Wine」→「MSのフォント」の順で
今回は、ハングアップに備えて、起動ストレージをブート部分も含め丸ごとバックアップしてのトライだ。
予想に反し、思い掛けないほどスムーズにインストールが進み、Windows用のアプリが Mac上で正常に動作している。
ただ、Windows上で動作していた時に比べると、若干、動きが遅い様に感じるが。。。

6/28 追記
Mac標準の「メール」アプリ(ver.10.3)は、連絡先に登録していないメールアドレスには発信できない様だ。(何とも不便だ!)
また、添付ファイルは、メールの環境設定で別ホルダーへ自動的に移動させられると聞いていたのに、どうやら、移動ではなく
コピーされている様なのだ! (SYSTEMのライブラリー内にも残っていて二重に容量を食っている?)
posted by 子猫 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2017年02月13日

アクションカム・テスト撮り

昨日、Nikonの広角系レンズを買おうと、いつものカメラ屋さんに行くと、抽選が行われていて
SONY アクションカム HDR-AS300 が当たった。

               ↓ アクションカム HDR-AS300
               

今日早速、近くの神社へ行き、歩きながら 手持ちで 初のビデオ撮影に挑戦 !

しかし、アクションカムには モニターが無いので、カメラの傾きや 揺れ具合が解らないし、光学ズームの機能も無い・・・
それに、ダラダラと長時間に渡って撮った動画を、後で 短時間に切り取り編集するのも可成り面倒くさい。。。


                                アクションカム・テスト撮り
posted by 子猫 at 21:31 | Comment(3) | TrackBack(0) | 機材・その他

2016年11月05日

ブルーインパルス

これといった鳥も居ないので、今日は 金属の鳥撮・デビューをして来た。
カメラは、D500 + 16-35mm で動画を、D7200 + 300mm_PF で静止画を ・・・
が、演技飛行は平城京跡から南の逆光になる位置で行われる事が多く、動画状態では 咄嗟の露出補正が難しかった。


                                ブルーインパルス・平城京

↓ ブルーインパルス in 平城京跡





posted by 子猫 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2016年06月07日

相性が悪い

一年前に買った Nissinのストロボ i40 は、Nikonのカメラ D500 と相性が悪いようだ!
ストロボなんて滅多に使用しないので、今まで気付かなかったのだが、i40 を D500 で使用すると、
オートフォーカス補助光が 発光しないし、TTLでの調光量も 何だか不正確・・・

ストロボの故障か?と、別のカメラ D7200 に付けてみると、問題無く作動する。
メーカーに問い合わせてみると、動作確認が取れてないので、いつ、どの様な対応になるのか不明との事・・・(オイオイ!)


posted by 子猫 at 19:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 機材・その他

2016年04月28日

Nikon D500

今日(4/28)、予約していた Nikon の D500 を、いつものカメラ屋さんで購入して来た。
大きさも重さも D7200 とあまり変わらないのだが、メディア・スロットが XQD と SD の2スロットになっている。

XQDの規格は、最近の物なので、私のPCでは、使用する事が出来ない!
やむを得ず 一般のカードリーダーに比べると、数倍の値段がする、XQD専用のカードリーダーも購入する必要があった。



posted by 子猫 at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2016年04月11日

代車

10年、70,000q乗った愛車の、足周りの部品交換と オーバーホールの為、ドック入りさせた。
代車としてお借りしたのは、軽四と同じホイールベース長(2460mm)の車で、2003年製のトヨタ・イストだった。
車重は 1050s、エンジンは 1500ccで、無段変速の CVT、FF、46,000qほど走っている車なのだが、
サスペンションが ガチガチ・・・
一般道を走行していても 路面の不陸がモロに体に伝わって来るし、タイヤが跳ねる!!!

歳いったら だんだん遠出する事も無くなるので、“ 軽四でもいいか〜?” なんて思ってたけど、
こんなに疲れる車だったら、、、私には無理・・・

↓ 代車のイスト


やはり、そこそこの乗り心地を求めると、長めのホイールベースと、1500s前後の車体重量は不可欠なようだ。
posted by 子猫 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2016年04月07日

走行テスト

ホイール・アライメントの点検に出す前に、自分でも確認をしておこうと、普段はやらない 「急」 のつく走行テストをしてみた。
★ 急ブレーキでのハンドルのブレ・・・異常なし。
★ 急ハントルでの車両の応答性・・・ハンドルの切り始めに、極わずかだが 車の回頭が遅れる感じ。
★ スラローム・・・ロールの収まりもスムーズで、 特に異常なし。
★ 波打った路面での走行・・・フワフワ感は有るものの、減衰力が低下している感じでは無い。

タイヤの内側が摩耗している事と、ハンドルの切り始めに 若干 回頭が遅れる事から、トウ角が ややアウト気味なのでは?
と推測される。
他には これと言った不具合が有る様には感じられ無いが、もう7万キロ近く走っているし、あと何年かは乗ろうと思うので、
4輪とも分解して、ショックアブソーバーや ゴム製のブッシュ類を 交換しておく事に決めた !!!
ついでに、雑巾のような匂いがするエアコンも、室内ユニットや ダクトを、一端 取り外して洗浄してもらった方が良さそう。。。



posted by 子猫 at 16:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2016年04月04日

タイヤの偏摩耗

スタッドレスを夏用タイヤに履きかえる時期がきたが、夏用タイヤの内側の溝が結構摩耗しているので、
新品に交換する事に ・・・
タイヤが扁摩耗してるって事は、アライメントが狂ってきてるのかなぁ〜! 一度、チェックに出す必要が有りそうだ !!!
事故ったり、溝に落としたりした事は無いし、荒っぽい運転もしないんだけど・・・




posted by 子猫 at 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2015年12月05日

カメラの操作性

それにしても、ニコンのカメラは操作性が悪い!
普段は、中央1点のAFエリヤで撮影しているが、上空に鳥などが現れると、AFエリヤモードを、9点, 21点, 51点,
などに切り替え、飛ぶ鳥を追いかける。

この切替操作には、
@、レンズマウント左側の「AFモードボタン」を押しながら、
A、カメラ右側の「サブコマンドダイヤル」を回さなければならない!

手持撮影の時、左手で望遠レンズを支え、右手でカメラを握っているので、「レンズマウント左側のボタンを押しながら」
と言う 両手を必要とする操作が、非常にやり辛く、咄嗟の時に間に合わないのだ・・・



取説を読んでも、この操作を代替えする方法が書かれていない!
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2015年11月15日

レンズの比較

Nikon200-500mm と Σ150-600mm を同じカメラ(D7200)で撮り比べをしてみた。(三脚使用)
被写体は、約50mほど離れた電柱の変圧器。

撮影データーは共に、ISO=800 F=8.0 SS=1/500 EV=-0.3 焦点距離=500mm(換算=750mm)

聞くところによると、Nikonの 200-500mmは T社製の OEMらしい・・・
レンズには それぞれの設計により、解像度の高い物と ソフトフォーカスぎみの物が有るが、遠くの物を撮ると
解像度の違いが顕著に表れる。

画像1は、Nikon 200-500mm での撮って出し.jpg画像 6000x4000pixel (容量は圧縮)
画像2は、Nikon 200-500mm 中央部を 1000x700 に切り出し
画像3は、Σ150-600mm (500mmで撮影) 中央部を 1000x700 に切り出し







私には、Σの方が若干明るく撮れる上に、解像度も高い様に見えるのだが・・・
posted by 子猫 at 16:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 機材・その他

2015年11月11日

レンズの修理完了

手振れ補正の機能に疑問があり、カメラと共に修理に出していたレンズ、シグマ 150-600mm DG OS HSM (c) が、
3週間ぶりに戻って来た。
だが、修理品納品書に書かれていたのは 「点検の結果、異常ありませんでした。」 ・・・

早速、室内で 600mm、SS=1/60 にして、動作テストしてみると、確かに ブレは発生しない。
連写した時の2枚目以降もブレない。。。 「???何で!」の状態だ!

まっ!これなら 薄暗い場所で SSが遅くなっても 大丈夫そうなので 一安心だが。。。


posted by 子猫 at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2015年10月26日

DSC-HX90V

散歩の時のコンデジとして、SONY の DSC-HX90V を買ってみた。
ポケットに入るコンデジでありながら、ポップUP式のファインダーが付いてるし、マニアルでピント合わせ出来るリングが
有るのが魅力だったのだ。

しかし、、、お店でテスト撮りし カメラの液晶で拡大表示した時には、気付か無かったのだが、
今日フィールドで撮影してみると、ノイズ除去の機能が 半端無く 悪い ISO=80 でも、陰の部分はザラザラ・・・

これでは、3.5年前に買った Canon の SX260_HS の方が よっぽどマシだ!!!

↓ バンの幼鳥 ( jpg 撮って出し画像を 1200x800 に縮小のみ)


↓ jpg 撮って出し画像を 1050x700 に等倍切り出しのみ

             Pモード 中央1点スポット EV=+0.7 F=6.4(Auto) SS=250(Auto) ISO=250(Auto)

↓ ツマグロヒョウモン ( jpg 撮って出し画像を 1200x800 に縮小のみ)


↓ jpg 撮って出し画像を 1050x700 に等倍切り出しのみ

             Pモード 中央1点スポット EV=±0 F=6.4(Auto) SS=250(Auto) ISO=200(Auto)

↓ アオサギ ( jpg 撮って出し画像を 1200x800 に縮小のみ)


↓ jpg 撮って出し画像を 1050x700 に等倍切り出しのみ

             Pモード 中央1点スポット EV=±0 F=6.4(Auto) SS=500(Auto) ISO=80(Auto)


ホワイトバランスも Auto なのに、上手く切り替わらず、赤茶けた画像になってしまう。

↓ のら猫 ( jpg 撮って出し画像を 1200x800 に縮小のみ)

             Pモード 中央1点スポット EV=±0 F=6.4(Auto) SS=640(Auto) ISO=80(Auto)

↓ ヤマトシジミ ( jpg 撮って出し画像を 1200x800 に縮小のみ)

             Pモード 中央1点スポット EV=-0.3 F=6.4(Auto) SS=640(Auto) ISO=80(Auto)

↓ ホシホウジャク ( jpg 撮って出し画像を 1200x800 に縮小のみ)

             Pモード 中央1点スポット EV=±0 F=6.4(Auto) SS=250(Auto) ISO=80(Auto)

↓ モズ ( jpg 撮って出し画像を 1200x800 に縮小のみ)

             Pモード 中央1点スポット EV=±0 F=6.4(Auto) SS=400(Auto) ISO=80(Auto)

さらに、オートパワーOFF の設定は有るが、レンズを収納せずに直ぐに再起動できる 節電モードが無いので
再び撮影出来るようになるまでに時間が掛かり チャンスを逃してしまう。
また、お蔵入りのカメラを増やしてしまった様だ。
posted by 子猫 at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2015年10月21日

レンズ入院

この6月に購入した、シグマのレンズ 150-600mm DG OS HSM (c) の 手振れ補正機能に疑問があり、
カメラ D7200 と共に、今日メーカーへ送り出すハメに。。。

状況は、600mmで使用する時、SSが 1/125 以下の場合には、70〜80% ほどの割で ブレが発生するのだ。
それも、手持ち撮影の場合だけでなく、手摺りなどに乗せている場合、三脚に取り付け雲台のロックをやや緩めている場合
など、どれも同じ様な確率でブレが発生する。

特に斜め 45°ぐらいに レンズを傾けた場合には、90%近い確率でブレてしまうし、
連写すると 1枚目はOKだが、2枚目 3枚目に ブレが発生する。  ミラーショックをモロに拾ってるのか???
手振れ補正のモードを 通常の1から 流し撮りの2に変更しても 全く変化なし!

メーカーの説では、補正機能は 4段分らしいので、SS=1/40 でもブレを防止できるはずなのだが・・・
これでは、SSの上がる明るい場所以外では使いモノにならない。。。


posted by 子猫 at 14:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2015年08月29日

自立型の一脚

ベンロの一脚 C29T (400g) と スリーレッグ VT1 (250g)、GITZO の自由雲台 G1178M (400g)を組み合わせて、
自立型の一脚を作ってみた。

組み立て後の縮長は、56cm ・・・自由雲台を外せば、47cmなのでリュックにも収まるし、飛行機にも持ち込める。
しかし、自由雲台が 400gもあるので、結局、総重量は 1sほどになる。

↓ 自立型一脚のパーツ


軽いカメラなら取り付けた状態でも 確かに自立するが、不安定なので、カメラは常に首から ぶら下げておく必要がある。

                  

棒状態の一脚だけでは、カメラを構えた時に、左右に回転する様に揺れるが、スリーレッグを着けると三脚なみに止まる。
上下左右へのカメラ位置変更は、手持ちに勝るものは無いが、三脚に比べると、高さの変更が簡単だし、自由度が高そうだ。
posted by 子猫 at 22:54 | Comment(6) | TrackBack(0) | 機材・その他

2015年04月29日

Nikonのカメラ

昨年の10月末に、EOS-7DU を購入以来、Canonのカメラには、どうも信頼感が持てず 気に入らない部分が多いので、
この際、他のメーカーに変わってみようか?と思案していた所、Nikonから非常に軽い 300mmのレンズが発売された。

そこで思い切って、カメラ(D7200) & レンズ(300mmF4_PF) & テレコン(14EV) & ストロボ(Nissin-i40) を買ってみた。

>

自宅へ戻り梱包をバラして、先ずはバッテリーの充電。

前ピン、後ピン など、カメラ本体とレンズの相性をテストする為、セットする。
軽い!・・・カメラ+レンズで 1.5sほど!
これなら一日、首からぶら下げて居ても苦にならない♪

だが、今まで ず〜っとCanonを使ってきた私にとって、初めての Nikonは途惑う事ばかり・・・
購入前から解っていた事だが、
レンズのマウント方法、ピントリングの回転方向、などは全く逆だし、メニュー画面の設定方法も可成り異なる。
カメラ上部の液晶に表示される SS や ISO感度の情報も 実際に撮影される値では無く、Auto設定の上限値が表示されるし、
操作ボタンの カスタマイズ方法もややこしい!
「アクティD-ライティング」だとか? 「ウィネットコントロール」だとか? 項目名も取説を読まなければ解らない。

まっ! 慣れるしかないか。。。
posted by 子猫 at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2015年03月25日

シグマのレンズ

歳を重ねると共に体力が落ち、重い大砲レンズや三脚を担いで、野山を歩き回るのが キツくなってきた昨今、
シグマから重量が 1.9sの 600mm超望遠レンズが発売された。
同じような商品を、先行して発売していたT社の製品よりは、防塵防滴などの対策が 若干良いらしいのだ!

            ↓ シグマ 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
            

今日、行きつけのカメラ店 「大林カメラ」 にお願いして、シグマの 150-600mmズームレンズを お借りし、
テスト撮りさせてもらった。 (天候は曇りで、コントラストが出にくい!)

解像度を比較する為、私が保有する EF100-400mmUのズームと EF1.4xVのテレコン(換算焦点距離 560mm)と、
EOS-1DX のカメラを持って行ってみた。

撮影方法は、
30mほど離れた場所に テニスボールを置き、重り代わりとして 予備バッテリーを乗せ、スケールを添える事とし、
カメラは、ブレを回避する為、SSを 1/1000に固定、絞り値を変更出来るようにして、ISO感度は Autoにした。

↓ ちなみに、30m先のテニスボールは こんな感じ・・・(600mmで撮影)



以下、掲載の画像は、画像の中央部を 800x1200 に 等倍切り出しした物で、レタッチ処理は一切無し!

↓ 先ずは 純正のズームレンズ + テレコンで 基準となる画像を撮影。

            Mモード SS=1000 F=8.0 EV=±0 中央1点スポット測距 ISO=2000(Auto)

シグマ 150-600mm(c)のレンズに交換し、テレ端にセット、テニスボールにAFを合わせる (AF速度は以外と速い!)

↓ 絞り開放 F=6.3 で撮影

            Mモード SS=1000 F=6.3 EV=±0 中央1点スポット測距 ISO=1000(Auto)

↓ 絞り F=8

            Mモード SS=1000 F=8.0 EV=±0 中央1点スポット測距 ISO=1600(Auto)

↓ 絞り F=11

            Mモード SS=1000 F=11 EV=±0 中央1点スポット測距 ISO=4000(Auto)


20mほどの距離に、テニスボールを移動し 絞りを F=8 にして撮影。

↓ テレ端で 絞り F=8 (20m)

            Mモード SS=1000 F=8.0 EV=±0 中央1点スポット測距 ISO=2500(Auto)

距離20mほどのまま、シグマのレンズに 1.4倍のテレコンを付け、焦点距離を 840mmにして撮影。

↓ シグマ 150-600mm(c) テレ端 + 1.4xテレコン 絞りF=9

            Mモード SS=1000 F=9.0 EV=±0 中央1点F8測距 ISO=6400(Auto)

結果、解像度は 純正の 100-400mmズームに 1.4倍のテレコンを付けた方が、若干 良いように思える・・・が、
シグマの 150-600mmに 1.4倍のテレコンを付け 840mmにしても、中央1点だけだが AFが作動するのて、
価格、重量、AF速度、解像度などを 総合的に判断すると、これは使えるかも!
posted by 子猫 at 21:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 機材・その他

2015年03月16日

EOS-70D もピント不調

昨年の8月末に購入した EOS-70D、AFの精度が悪くなったのか? ジャスピンの画像が少なくなってきた。
当然、がっしりした三脚と、大砲レンズを使っての事だ!!!

今は手放してしまった EOS-7D markU で発生していた現象によく似ている。
前ピンであったり 後ピンであったり ・・・ 合焦位置がずれている為、撮った画像がボケているのだ・・・

                   ↓ EOS-70D 本体
                   


手前に障害物が無い状態で、30mほど離れた場所に テニスボールを置き、500mmのレンズで テスト撮りしてみた。
 (掲載の画像は、画像の中央部を 800x1200 に 等倍切り出しした物で、レタッチ処理は一切無し)

↓ EOS-70D で1枚目に撮った画像 (見事にピンボケ)


↓ 再度AFを合わせ直し2枚目に撮った画像



↓ 同じ位置から EOS-1DX で撮影した画像 (上と同じく 800x1200の等倍切り出し)

         (35oフルサイズのカメラなので、同じ場所から 同じレンズで撮っても 小さくしか写らない!)

どうにも気に入らないので、今日、レンズと共に キャノンのサービスセンターへ持ち込んだ。
所要日数は何と14日間で、それ以上は短縮出来ないとか!(長過ぎるやろ〜)
数年前までの旧製品では、こんな事は全く無かったのに・・・最近の製品は どうも「???」が多いようだ!
posted by 子猫 at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2015年03月12日

十数年ぶりに・・・

十数年ぶりに、日本橋の電器屋街へ出掛けてみた。
PCの部品を探しに行ってみたのだが、昔のような 電気部品を扱うお店は、皆無になっている。

話には聞いていたが、こんなに様変わりしていたとは・・・おのぼりさん宜しく、うろうろと歩き回ってみた!

街並みはゴチャゴチャしていて、統一した街作りがなされて無いのだろうか? スッキリした感じが無いし、
ゲーム、フィギヤ、コスブレ用品などのお店が目立ち、すれ違う人達の会話は、何だか中国語のように聞こえ、
東南アジアにでも来たのか?と、錯覚さえ覚える。。。

↓ 大阪・日本橋




↓ 少なくなった電気部品店


↓ コスブレ・フィギヤ・ゲームなどの店






アウトレットの店には、カメラなども置いていたが、既に廃盤となった 旧 EOS-7D が 119,000円もしているし、
これといった目星い物も無く、手ぶらで帰って来てしまった。
posted by 子猫 at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2014年12月15日

カメラ乗り換え

今日、期待外れで不満が募る EOS 7D MarkU に見切りをつけ、EOS 1DX に乗り換えた。

昔の EOS 7D に比べ、新しい 7D MarkU が劣っていると言う訳では無いのだが、N社や S社の最近の機種を
実際のフィールドで体感し、「眼から鱗」って感じだったので、
7D MarkU の機能が、今の時代としては 可成り遅れているように感じるのだ!

特に気になるのは、
1.AFの合焦精度・・・(被写体が20m以上で、小さい場合は、合焦しないか、ビンボケが多い)
2.高感度ISOでのノイズに関しては、少し良くなった程度。
3.色合いは、鮮やかには見えるけど、自然な感じが無く、ドギツク感じる。

そこで、これ以上 試行錯誤を繰り返し、あれこれ悩むよりも、2.5年前に発売された代物だが、
カメラマン仲間に評判の良い EOS 1DX に移行する事にした。
本当は、N社の物にしたいのだが、何本ものレンズ、ストロボ、トランスミッターなどを一式買い換える訳にもいかず・・・

↓ EOS−1D X


帰宅後、すぐに充電し、保有レンズとの相性をチェック・・・一応、前ピンや 後ピンの現象は無いようだ・・・
しかし、重い・・・今までの2倍ぐらいの重量がある。。。
posted by 子猫 at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2014年11月20日

期待外れのカメラ

5年ぶりに鳴り物入りで登場した Canonの一眼レフカメラ EOS_7D_mark2、先行予約までして 10月末に購入したのに、
期待はずれも甚だしい・・・
一番の難点は、AFの合焦精度や合焦率が Nikonなどの下位機種よりも遙かに劣る点だ!
ピントの甘いボケ写真は、何枚撮っても意味が無い!!!
その次は、標準設定では 色合いが不自然で、赤や青が強く 取って付けたようにドギツイ!!!
そろそろ Canon信者からの脱却時期かも。。。

   
posted by 子猫 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2014年11月17日

2点支持のホルダー

12月の末ごろに、Canonから 手振れ防止付き 100-400mmズームのレンズが、リニューアルされて発売されるらしい・・・
このレンズの旧型製品は、10年ほど前まで、EOS_D30のカメラにセットして使っていた事があり、印象としては、
10mほどの距離までだったらクッキリ写るが、それ以上の距離となると、解像度が可成り落ちてくる状況だった。

今は、ズームレンズよりは解像度が高い、単焦点のレンズを何本か保有し使い分けている。

カメラが悪いのか? 腕が悪いのか? ここ数年の Canon製品は、薄暗い場所に弱く、解像度も、AFのビント精度も
Nikon製品に比べると可成り劣り 企業努力が感じられないのだ。。。
新しく出た EOS_7Dmk2 も、AFセンサーの感度が、Nikon_D4s や D800 などと同じ -3EV となっていたのだが、
どうみても 誇大表示のような気がする。

保有レンズの中に、手振れ防止機能の無い 400mm F=5.6 が有り、旧 100-400mmズームよりは 遠くの解像度が
良いので、今でも時々使っているのだが、暗い場所では、三脚を使ってもミラーショックなどで ブレる事が有る。
そこで、手振れ防止機能がないレンズ用に、ブレを少しでも軽減できればと、レンズ先端と カメラ本体を同時に支える
二点支持式のホルダーを作ってみた。

↓ レンズの先端はマジックテープのベルトで固定、カメラ本体側は小さな雲台を使用

                                 カメラのホルダー


↓ レンズやカメラに取り付けた状態。

                                ホルダーのセット状態


↓ 三脚にセットした状態。


AFでのピントの甘さは、ライブビュー表示して、マニアルで微調整し、そのまま、レリーズを使ってシャッターを押せば、
ブレの無い画像が撮影できるものと期待している。 (・・・が、これではデジスコと変わらんやんか?)
posted by 子猫 at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他

2014年10月31日

EOS 7D MarkU

もう、5年近く使っているカメラ EOS-7D の後継機 EOS-7D MarkU が、10月30日に発売されたので、
古い 7D を手放し、新しい 7D MarkU を買いに、行きつけのカメラ屋さんへ出掛けてみた。

  
              旧 EOS-7D 本体                          新 EOS-7D MarkU 本体

私が感じる改良点としては、
高感度ISOを使ってもノイズが少なくなった事、連写速度が10枚/秒になった事、AFの測距点が65点になった事、
ぐらいで、撮影時の操作性に関しては、改悪点の方が多いように思える。

ますは、ピントの精度だが、相変わらず薄暗い場所での AFによるピントの甘さは、伝統的に継承しているし、
AFの動作速度も、旧_7D の方が 断然早かったように思える。

また、画像の拡大、縮小ボタンが 液晶画面の左側に配置替えされたので、ライプビューで拡大表示しマニアルで
ピントを合わせる時に、レンズのピントリングを持っている左手を 一々移動させなければならない事。

さらに、カメラとPCを USB接続する為のソフト、EOS Utility が Windows_XP にはインストール出来ない様に
なっていて、カメラをPCに接続する事が出来ない。
 (高慢なマイクロソフトの販売戦略に、同調しないで欲しいなぁ〜!御手洗さん)

等々、操作性の点では、旧_7Dより不便に感じる点が多いし、アレもコレもと欲張った機能を搭載している割には、
CPUの速度が遅いのか?各動作が素早く起動しない・・・開発者は何故こんな設定にしたんだろう???
まっ! 使い込んで慣れていくしか無いのだろうか。。。
posted by 子猫 at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材・その他