2013年11月22日

ムラサキツバメ

「蝶の先輩」にご案内頂き、いつものメンバーで “越冬する蝶” を探しに出掛けてみた。
お目当ての蝶は、ムラサキツバメだ!

天気予報は、晴れ後曇りで、日射しは有るが、雲も多い・・・
この時期は、直射日光が当たらないと、翅を開いてくれないし、飛ぶ事も少ないので、
枯葉との識別が難しい ムラサキシジミムラサキツバメ は、なかなか見付けられない!

  
               ムラサキシジミ                                ムラサキシジミ

  
               ムラサキシジミ                                ムラサキシジミ

  
               ムラサキシジミ                                ムラサキシジミ

食草である「マテバシィ」が 沢山植わっている斜面を 丹念に探す事50分、「蝶の先輩」が
尾状突起の有る ムラサキツバメを見付けてくれた!!!

  
               ムラサキツバメ                                ムラサキツバメ

一頭見つかると、その周辺で何頭かが飛ぶのを見付ける事が出来るようになったのだが、目線より高い位置ばかりで、
尾状突起の無い ムラサキシジミのように、開翅が撮れない、、、少し移動して 「シリブカガシ」の生えている場所へ・・・

  
               ムラサキツバメ                                ムラサキツバメ

開翅シーンは撮れなかったが、初めて見る ムラサキツバメも撮れたので、遅い昼食を摂ってから帰還する事に。。。
posted by 子猫 at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

2013年11月05日

山麓を散歩

散歩がてら PowerShot SX50_HS を持って、自宅近くの山麓を歩いてみたが、鳥も蝶も殆ど居ない!

  
                ヤマトシジミ                                 ヤマトシジミ
  

  
                ヤマトシジミ                                    モズ
posted by 子猫 at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

2013年10月01日

ウラナミシジミ

ウラナミシジミが発生して居ないか?と、PowerShot SX50_HS を持って、マツバギクの生える斜面へ向かってみた。
昨年の10月初旬には、十数頭のウラナミシジミが、斜面のお花畑で乱舞していたのだ・・・

相変わらず鳥たちの姿は無く、生き物たちも少ない・・・ 現地には、数は少ないが何頭かのウラナミシジミが来て居た。

  
               ウラナミシジミ                                ウラナミシジミ

  
               ウラナミシジミ                                ウラナミシジミ

  
                ヤマトシジミ                                 ヤマトシジミ

  
               モンシロチョウ                                モンシロチョウ

  
               チャバネセセリ                                  ヒメヒカゲ

  
                オオカマキリ                                 オオカマキリ

昨年に比べ ウラナミシジミの数は少なくなって居たが、何とかお目当ての蝶が撮れたので帰宅する事に。。。
posted by 子猫 at 21:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

2013年09月29日

裏山の山麓

散歩がてら PowerShot SX50_HS を持って、裏山の麓を歩いてみた。
鳥たちの姿も無く、蝶やトンボたちも少ない・・・

  
               ウラギンシジミ                                ウラギンシジミ

  
                ホシミスジ                                 ツマグロヒョウモン

  
              アオテンハナムグリ                              アオスジアゲハ

  
                リスアカネ                                   リスアカネ

昨年は、沢山居た ウスバキトンボの姿を、今年は全く見掛けない・・・どうしたんだろう???
posted by 子猫 at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

2013年09月10日

シルビアシジミ

蝶の季節も終盤になり、その姿もだんだん少なくなってきた。
高速道路のサービスエリアで待ち合わせ、蝶の先輩たちと、シルビアシジミ、クロツバメシジミを探しに行ってみた。

現地に到着したのは、8:40、里山の畑の周りで、親指の爪よりも小さな蝶を探す・・・
よく似た ツバメシジミや ヤマトシジミも ヒラヒラ飛び出してきて、紛らわしい・・・

  
               アジアイトトンボ                                ツバメシジミ

朝露に濡れた下草に、まだ体温の上がらない 絶滅危惧T類シルビアシジミが日光浴をしていた。

  
                シルビアシジミ                               シルビアシジミ

  
                シルビアシジミ                               シルビアシジミ

  
                シルビアシジミ                               シルビアシジミ

シルビアの開翅も撮れたので、車で少し移動して、もう一ヶ所の シルビアシジミのポイントへ・・・
ここは、ため池の土手で、近くの広場では、地元の方々がゲートボールを楽しんで居られる。

  
                シルビアシジミ                               シルビアシジミ

  
                 ヤマトシジミ                                モンキチョウ

さすがに、10時を回り気温が上がってくると、蝶たちも活発に飛び周り、なかなか留まってくれない。
この地を切り上げ、クロツバメシジミを探しに、車で30分ほど移動する事に。。。
posted by 子猫 at 02:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

クロツバメシジミ

再び高速道路に入り、クロツバメシジミのポイントへ・・・
今春、この蝶を探しに武田尾方面に出掛けたが、見付ける事が出来ずにいたものだった・・・

ここは、里山のお寺で 周辺には乾いた石垣が点在しており、ツメレンゲが沢山生えていて、
いかにも 準絶滅危惧クロツバメシジミ が生息して居そうだ!!!

  
               クロツバメシジミ                              クロツバメシジミ

  
               クロツバメシジミ                              クロツバメシジミ

  
               クロツバメシジミ                              クロツバメシジミ


                     クロツバメシジミ PowerShot SX50_HS で撮影

  
               クロツバメシジミ                              クロツバメシジミ

今日も、初めて見る蝶を 2種類GETでき、1時半過ぎ意気揚々と帰宅する事に。。。
posted by 子猫 at 01:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

2013年09月06日

ムラサキツバメを探しに・・・

大外れだった天気予報のお陰で、延期となっていた京都市内での蝶探しに行って来た。
途中で、蝶の先輩と待ち合わせ、まずは ムラサキツバメを探しに、マテバシイや シリブカガシが植わってる場所へ・・・

  
             ヒメウラナミジャノメ                                  カノコガ

  
               ハグロトンボ                                 マユタテアカネ

マテバシイや シリブカガシ周辺の下草を探して回るが、ムラサキツバメの姿か無い・・・
非常によく似た ムラサキシジミは、何頭も居るのだが・・・

  
               ムラサキシジミ                                ムラサキシジミ

  
               ムラサキシジミ                                ムラサキシジミ

  
                ヤマトシジミ                                  ホシミスジ

ムラサキツバメは 見込みが無さそうなので、早めに切り上げ、近くのレストランで チョット早い昼食を摂ってから、
クロセセリを探しに車で移動する事に。。。
posted by 子猫 at 03:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

クロセセリ

車で移動する事、約15分、山麓のお寺の駐車場脇に、クロセセリが居るらしい・・・
かっては、九州以南にしか生息しなかった クロセセリだが、温暖化による北上なのか? 人為的な移入なのか?
ここ京都の北区でも 幼虫の食草である ハナミョウガなどが植わって居る所に居るようだ・・・

到着すると、小川が傍を流れる 小さな駐車場には、ミョウガの花や ムクゲの花が咲いていて、
カメラの準備をしている間に、早速、大先輩が クロセセリを見付けてくれた。

  
                クロセセリ                                   クロセセリ

  
                クロセセリ                                   クロセセリ

  
                クロセセリ                                   クロセセリ


                        クロセセリ PowerShot SX50_HS で撮影

春とは違い 他の蝶やトンボたちは少ないので、チョット早いが 切り上げ帰宅する事に。。。
posted by 子猫 at 02:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

2013年08月27日

隣街へ

一昨日の豪雨の後、気温が大きく下がり 日中も過ごしやすくなったので、お隣の街のお花畑に行ってみた。

到着すると、百日草などの花は盛期を過ぎ、昆虫たちの姿も少ない・・・例年ならアゲハ蝶たちが乱舞していたのに・・・
辺りを見回すと、ウチワヤンマが マメコガネらしき甲虫を捕まえ食べ始めた!

  
                ウチワヤンマ                                 ウチワヤンマ

  
                 キアゲハ                                    キアゲハ

  
                 アゲハ                                  ツマグロヒョウモン

数頭しか居ない蝶たちは、皆、翅がボロボロで、近くで撮ったヤツや ボロが目立つヤツは殆どボツ・・・
過去に樹液が出ていた木には、ルリタテハが来ていたが、他には な〜んにも居ない!!!

  
                ルリタテハ                                 イチモンジセセリ

  
                リスアカネ                                 ベッコウハゴロモ

  
             ヒメウラナミジャノメ                               オオスズメバチ

  
     オオシオカラトンボを捕食中の オオカマキリ                 車のトランクに乗っていた タマムシ

この地も昆虫たちの姿は少なく、地元の裏山とあまり変わりは無いようだ!!!
posted by 子猫 at 23:43 | Comment(4) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

2013年08月20日

ゴマシジミ

また蝶の大先輩にご案内頂き、ゴマシジミや ミヤマチャバネセセリ、ツマグロキチョウを撮りに、日帰り遠征して来た。

現地に到着したのは、8:15、車を止めた牧草地の縁で 早速 絶滅危惧U類ゴマシジミを見付けてくれた。(早ャ!)
幼虫の食草である ワレモコウに ♀が産卵中だ!!!
思っていたより大きい! ヤマトシジミや ルリシジミの 2倍以上はあるだろうか!

  
               ゴマシジミ(♀)                               ゴマシジミ(♀)
  

♂もやって来て、2頭が絡み合って飛び始めた・・・

  
               ゴマシジミ(♀)                               ゴマシジミ(♂)

ワレモコウの回りを行ったり来たりしているので、翅表が撮れたらと 少し下がって 飛び物を狙ってみる事に・・・

  
               ゴマシジミ(♂)                               ゴマシジミ(♂)
  

  

9:30、次のお目当て ミヤマチャバネセセリを撮りに、数十メートル移動して、
手入がなされていない為、雑草類が人の背丈ほどに伸びた荒れ地へ踏み込んでみる。。。
posted by 子猫 at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

ミヤマチャバネセセリ

ゴマシジミが居た牧草地の縁から 数十メートル移動して、笹やススキなどが 人の背丈ほどに伸びた荒れ地へ・・・

荒れ地の縁辺りで 蝶を探して居ると、上空のツバメの群れに猛禽が突っ込んで行く姿が見えた!!!
翼の先が尖っているが、チョウゲンボウほど尾羽が長く無い・・・どうやら、ハヤブサのようだ・・・
三脚からカメラを外し、露出補正を +2 に変更して、手持ちですぐさま猛禽の姿を追う。。。

  
                ハヤブサ                                 ミヤマチャバネセセリ

笹やススキが生い茂った場所には、マダニなどの厄介なヤツが必ず居るので、笹漕ぎするのを躊躇っていると、
またまた大先輩が、ミヤマチャバネセセリを見付けてくれた。
後翅の裏・中央部分に白斑があるので、他のセセリとの識別がし易い!!!

  
             ミヤマチャバネセセリ                            ミヤマチャバネセセリ

  
             ミヤマチャバネセセリ                            ミヤマチャバネセセリ

翅を開いてくれるのを 待ってみたが、一向にその気配が無く、炎天下での待機は流石にキツイので、早々に退却・・・

  
            ? ヒメキマダラセセリ ?                        オオウラギンスジヒョウモン

この場所でも、今は「絶滅危惧U類」に指定されている ツマグロキチョウが ヒラヒラ飛んで居るのだが、
もっと沢山居る場所が有るとの事なので、車で移動する事に。。。
posted by 子猫 at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

ツマグロキチョウ

ツマグロキチョウの沢山居る場所へ移動の途中、夏型のスミナガシが見れるかも・・・と、寄り道してみる事に・・・
そこは、崖下の舗装道路脇で、岩の裂け目から水がしみ出しており、アワブキの木が繁っていた。

  
                アカタテハ                         アワブキの葉先に スミナガシの幼虫

成虫になった スミナガシの姿が無いので、再び車に乗り ツマグロキチョウのポイントへ・・・
途中、道幅が2mほどで、こぶし大の石が ゴロゴロしている農道があり、車の底を擦らないよう慎重に走らせる。

到着すると、十数頭のツマグロキチョウがヒラヒラと飛び交って居る。
地元に居るキタキチョウに比べると、2/3ぐらいの大きさで、昔は何処にでも居たらしいのだが、今では農地開発や
草地の管理放棄などで全国的に激減し、絶滅危惧U類に指定されている。

  
               ツマグロキチョウ                              ツマグロキチョウ

ジッと動かない♀に、交尾を迫ろうと ♂がやって来るのだが、♀は お尻を持ち上げ交尾拒否・・・
開いてくれない翅表が撮れる絶好のチャンスだ!!!

  
               ツマグロキチョウ                              ツマグロキチョウ

  
               ツマグロキチョウ                              ツマグロキチョウ

  
               ツマグロキチョウ                              ツマグロキチョウ


                        ♀に交尾を迫る ♂の ツマグロキチョウ

蝶の大先輩にご案内頂いたお陰で、炎天下の中、広大なポイントを探して回る事も無く、お目当ての蝶3種を
意図も簡単に撮影でき、超楽チンの遠征だったが、午後1時、帰途につく事に。。。
posted by 子猫 at 01:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

2013年07月12日

絶滅危惧種の蝶を探しに_1

今日も 蝶の大先輩に ご案内いただき、未だ見たことのない ウスイロヒョウモンモドキ や、ヒメシジミ、
ハヤシミドリシジミ、キマダラルリツバメ などを探しに、早朝から日帰りで遠征に・・・

現地に到着したのは、9:20、カシワ林の近くへ車を止め 長靴に履きかえて、周辺の下草から探してみると、
まず姿を見せたのは、初めて見る ヒメシジミだ!

  
               ヒメシジミ(♀)                                ヒメシジミ(♀)

  
               ヒメシジミ(♀)                                ヒメシジミ(♀)

翅の傷みがひどい個体だが、どうやら ヒメシジミは、もう終盤らしい・・・

一頭の ヒョウモンチョウが フワフワと飛んで来た! 大先輩が、ウスイロヒョウモンモドキだと教えてくれた!
以外と小さい! モンシロチョウよりやや大きいかな?と思える程の大きさだ!
若干、翅の傷みが気になるが、早々と、お目当ての二種目をGET!!!

  
           ウスイロヒョウモンモドキ                         ウスイロヒョウモンモドキ

  
           ウスイロヒョウモンモドキ                         ウスイロヒョウモンモドキ

この後、背の高さほどもある 笹やススキをかき分けながら カシワ林の中へ踏み入って行く事に・・・
時折ある野バラが突き刺さり、脚や腕が傷たらけ・・・

大先輩が目星を付けた カシワの木を、8mもある竿で叩いてみると、数頭のゼフィルスたちが飛び出した♪
その内の一頭が、地上2〜3mの葉に留まった! 初物の ハヤシミドリシジミだ!
だが、モロ逆光で、上手く撮れない!  取りあえずGETしたので、別の個体を狙ってみる・・・

  
              ハヤシミドリシジミ                         ? ハヤシ or オオミドリシジミ ?

  
         ? ハヤシ or オオミドリシジミ ?                    ? ハヤシ or オオミドリシジミ ?

オニヤンマが飛んで来て、近くの小枝に留まった。

  
                オニヤンマ                                   オニヤンマ

11時を回ったので、カシワ林の中は切り上げ、車に戻って 草原地帯へ移動することに。。。
posted by 子猫 at 04:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

絶滅危惧種の蝶を探しに_2

12日の続き・・・
車で10分ほど走って、草原地帯の近くで下車し 歩き始めると、道の真ん中に 人の頭ほどの石が転がっている。
特に気に留める事も無く、歩を進めると、その石が突然走り出した・・・何と、石だと思った物は ノウサギだったのだ!

  
                ノウサギ                                     ノウサギ

この ノウサギ、両サイドの茂みには逃げ込もうとはせず、道の真ん中を先へ先へと跳ねて行く・・・
ある程度の距離を置くと、我々が近づくのを待っているかのように、道の真ん中で また じぃ〜として居て、
まるで道先案内をしてるみたいに、何度も同じ事を繰り返している。

草原に脚を踏み入れると、コキマダラセセリが居た♪
初めて見るこのセセリは、陽の光を受けると、金色に輝いてとても綺麗だ!

  
               コキマダラセセリ                              コキマダラセセリ

  
               コキマダラセセリ                              コキマダラセセリ

さらに、草原の中程まで入ってくると、傷みの少ない綺麗な ヒメシジミも沢山居る!

  
               ヒメシジミ(♀)                                ヒメシジミ(♀)

  
               ヒメシジミ(♀)                                ヒメシジミ(♀)

  
               ヒメシジミ(♂)                                ヒメシジミ(♂)

ウスイロヒョウモンモドキも 何頭か ヒラヒラと飛び交っていて、トラノオに留まり吸蜜する個体も・・・
ここの個体は、翅の傷みが無く綺麗なヤツが多い・・・

  
            ウスイロヒョウモンモドキ                         ウスイロヒョウモンモドキ

  
            ウスイロヒョウモンモドキ                         ウスイロヒョウモンモドキ

飛翔速度が遅く、15cmぐらいまで近づいても逃げない・・・これでは、絶滅危惧種になるのも頷けるような・・・

     
                    ウスイロヒョウモンモドキ PowerShot SX50_HS で撮影

アサギマダラも一頭やって来て、トラノオで吸蜜しだした。

  
                アサギマダラ                                 アサギマダラ

日中の草原は、日射しが強く 草いきれで可成り蒸し暑いので、風の通る木陰に移り 長靴を脱いで昼食を兼ね一休み。。。
posted by 子猫 at 03:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

絶滅危惧種の蝶を探しに_3

12日の続き・・・
風が通り抜ける木陰は、爽やかで心地よく、床机でも有れば そのまま寝込んでしまうのでは?と思えるほどだ♪
携帯椅子に座って小一時間 休息をとって、再び ヒョウモン蝶などを撮りに、炎天下の中へ・・・

アザミの花に、ウラギンヒョウモンが留まった。 翅が傷んでない綺麗な個体だ!

  
              ウラギンヒョウモン                             ウラギンヒョウモン

平地と違い 数は少ないが、キチョウや シロチョウも飛んでいる。

  
                キタキチョウ                               スジグロシロチョウ

ふと下草を見ると、体長 50〜60mmの真っ黒いバッタが居た! こんなに真っ黒なヤツは初めてだ!!!
体長 15mmほどで、真っ赤な蜘蛛も・・・名前が解らない・・・

  
            真っ黒な トノサマバッタ                       真っ赤な蜘蛛 ? ハツリグモ ?

羽化して間がないのだろうか? 濃いオレンジ色で傷みのない綺麗な オオウラギンスジヒョウモンが居た!

  
          オオウラギンスジヒョウモン                        オオウラギンスジヒョウモン

  
          オオウラギンスジヒョウモン                        オオウラギンスジヒョウモン

車へ戻る途中の道で、友人が、桜の小枝に産卵中の メスアカミドリシジミを見付けたようだ!

  
             メスアカミドリシジミ                             メスアカミドリシジミ


             メスアカミドリシジミ

この後、再び車に乗り込み、今日のハイライト、キマダラルリツバメが姿を見せるであろうポイントへ。。。
posted by 子猫 at 02:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

絶滅危惧種の蝶を探しに_4

12日の続き・・・
キマダラルリツバメ(キマルリ)が見れるであろうポイントは、周りのカシワ林よりも少し高くなった所で、林の上部が
ほぼ目線の高さで見渡せるので、撮影するには恰好の場所だった!

キマルリが姿を見せる時間には、まだチョット早いので、大先輩が後方のカシワ林で、ハヤシミドリシジミを探してくれた。

  
            ハヤシミドリシジミ(♀)                          ハヤシミドリシジミ(♀)

  
            ハヤシミドリシジミ(♀)                          ハヤシミドリシジミ(♀)

辺りを探してみると、オオウラギンスジヒョウモンアカシジミも居た!

  
           オオウラギンスジヒョウモン                              アカシジミ

5:20、キマルリが飛び初め、葉先に留まったのだが、距離が12〜13mあり、指の爪ほどの大きさの物を撮るには、
チョット遠過ぎる。
日陰になる場所では、ハヤシミドリシジミが 卍飛翔を始めたので、テリ張りの開翅を先に撮ることに・・・

  
              キマダラルリツバメ                            ハヤシミドリシジミ(♂)

  
            ハヤシミドリシジミ(♂)                          ハヤシミドリシジミ(♂)

キマルリの様子を見ていて下さった大先輩が、「近くへ来たよぉ〜!」って、教えてくれた ♪
6〜7m離れた葉の上で開翅しているが、小さいので翅裏がゼブラ模様に見える!

  
              キマダラルリツバメ                             キマダラルリツバメ

さらに、近くへやって来て、その距離3mほど・・・念願だった キマルリを、こんな至近距離で撮れるなんて・・・
しかも、4本の尾状突起が全て揃った 傷みの無い綺麗な個体だ!!!

  
              キマダラルリツバメ                             キマダラルリツバメ

  
              キマダラルリツバメ                             キマダラルリツバメ

  
              キマダラルリツバメ                             キマダラルリツバメ

  
              キマダラルリツバメ                             キマダラルリツバメ

     
                                 キマダラルリツバメ
     

同じような ショットばかりになるとは 解って居ても、ついついシャッターを押してしまい、帰宅後に削除する画像と、
残す画像を選り分けるのに、かなり悩むハメに。。。

時期、場所、天候などの諸条件を考慮して、探蝶地を決めて下さる 大先輩のお陰で、意図も簡単に珍蝶たちをGETでき、
暑さも忘れて 大興奮の一日だった!
posted by 子猫 at 01:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

2013年07月02日

三度 ゼフィルス_1

2日の朝 3時起きで、三度 ゼフィルスのポイントへ・・・大先輩たちとは、現地で合流する事に・・・
到着したのは 6:00、アイノミドリシジミなどの早朝のゼフィルスたちを探しながら 山道を登る!

今日のゼフィルスたちは、早朝なのに 高い木の上に居る事が多く、目線の高さに降りて来ない。

  
             ミズイロオナガシジミ                               ウラクロシジミ

前回もゼフィルスたちが沢山居た クリの木まで来たが、蝶たちの姿が見当たらないので、辺りの枝を揺すってみると、
メスアカ、ジョウザン、エゾ、などが飛び出した・・・

  
             メスアカミドリシジミ                             メスアカミドリシジミ

  
             メスアカミドリシジミ                             メスアカミドリシジミ

しかし、どの個体も鱗粉がはげ落ち、翅もボロボロだ!
初回に来た時から一週間、ここのゼフィルスたちも終盤なのだろうか?

  
            ジョウザンミドリシジミ                            ジョウザンミドリシジミ

  
            ジョウザンミドリシジミ                            ジョウザンミドリシジミ

♀も地面に降りミネラルの補給を始め、開翅も見せてくれた。

  
            ジョウザンミドリシジミ                            ジョウザンミドリシジミ

ジョウザンと エゾの見分けが、初心者の私には難しい・・・まして、翅がボロボロになった個体では・・・

  
               エゾミドリシジミ                               エゾミドリシジミ

  
               エゾミドリシジミ                               エゾミドリシジミ

  
               エゾミドリシジミ                               エゾミドリシジミ

同定には、自信が有りません! 誤りが有ればご教授願います。
posted by 子猫 at 02:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

三度 ゼフィルス_2

2日のつづき・・・
クリの木のポイントは、蝶たちの数は多いが、終盤の為、翅がボロボロになった個体ばかりなので、
一端車に戻り、もっと標高の高い場所へ異動する。

沢を渡る曲がり角に、クリの木が有ったので、車を止めゼフィルスたちを探してみると、ウラクロシジミが居て、
パールホワイトに輝く翅表も見せてくれた。

  
                ウラクロシジミ                               ウラクロシジミ

  
                ウラクロシジミ                               ウラクロシジミ

近くの木から、白い小さな蝶が飛び出した・・・初めて見る ウスイロオナガシジミ だ!!!
関西では、レア物の ウスイロオナガシジミに大興奮、しかし、チョット距離が遠い 12〜13mは離れているだろうか?
下草をかき分け、斜面を下りて、少しでも近づく・・・

  
             ウスイロオナガシジミ                            ウスイロオナガシジミ

  
             ウスイロオナガシジミ                            ウスイロオナガシジミ

当の ウスイロオナガシジミは、全く動かず、同じようなショットばかりしか撮れないし、角度を変えると、
葉っぱ被りになってしまう・・・足場も悪いので、これ以上の撮影は諦める事に!

再び車に乗り込み、さらに高い場所を目指し、峠の上までやって来た。
ここにも クリの木が斜面の下に生えていて、目線の高さに、クリの花が咲いている。

  
                トラフシジミ                                ウラキンシジミ

下界に比べ 気温が低いからなのか? 翅の傷みが無い ジョウザンミドリシジミが居た!

  
             ジョウザンミドリシジミ                           ジョウザンミドリシジミ

  
             ジョウザンミドリシジミ                           ジョウザンミドリシジミ

♂に比べ 茶色味の濃い ♀も居て、翅を開いて見せてくれた。

  
             ジョウザンミドリシジミ                           ジョウザンミドリシジミ

  
             ジョウザンミドリシジミ                           ジョウザンミドリシジミ

周辺には、フキバッタが何十匹も群れをなして居るし、中には、セマダラコガネも混じっている。

  
               セマダラコガネ                                セマダラコガネ

  
               ミドリヒョウモン                        ? ジョウザン or エゾミドリシジミ ?

午後3時過ぎ 「 日没近くまで残る 」 と言われる 大先輩たちと別れ、一足先に帰宅する事に。。。
posted by 子猫 at 01:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

2013年06月27日

再び ゼフィルス_1

27日の朝、再び お隣の県で待ち合わせ 蝶の専門家の方と、極秘の場所のゼフィルス・ポイントへ・・・
到着したのは 9:30、一昨日、ゼフィルスたちが沢山居た クリの木を目指して山道を登る!

途中、湧き水が流れ出す小さな沢の辺りに、2日前には見掛けなかった ジョウザンミドリシジミが居た♪

  
             ジョウザンミドリシジミ        SX50_HS で撮影        ジョウザンミドリシジミ

  
             ジョウザンミドリシジミ        SX50_HS で撮影        ジョウザンミドリシジミ

クリの木の所まで登って来ると、今日も ゼフィルスたちが飛び回り、テリ張りしている個体も彼方此方に居る!
先日は、1〜2頭しか見掛けなかった メスアカミドリシジミが、今日は沢山いるようだ。

  
             メスアカミドリシジミ                             メスアカミドリシジミ

  
             メスアカミドリシジミ                             メスアカミドリシジミ

  
             メスアカミドリシジミ                             メスアカミドリシジミ

  
             メスアカミドリシジミ                             メスアカミドリシジミ

  
             メスアカミドリシジミ                             メスアカミドリシジミ

  
             メスアカミドリシジミ                             メスアカミドリシジミ

今日は、あまり移動せず このクリの木の周辺で、蝶たちが近くへやって来るのを待ってみる事に。。。
posted by 子猫 at 02:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

再び ゼフィルス_2

27日のつづき・・・
この地は、6〜7種類のゼフィルスたちが、時間帯によって棲み分けてるので、移動しなくても見れる可能性が有る。
図鑑などによると、明方4時ごろ・・・クロミドリシジミ
             早朝 ・・・・・・・・・ウスイロオナガシジミ
             6時〜10時 ・・・アイノミドリシジミ
             8時〜 9時 ・・・ジョウザンミドリシジミ
             9時〜10時・・・オオミドリシジミ
            10時〜12時・・・メスアカミドリシジミ
            14時〜16時・・・ヒサマツミドリシジミ
            15時〜17時・・・エゾミドリシジミ、フジミドリシジミ
            夕方〜 日没 ・・・ウラクロシジミ、ウラキンシジミ などの活動が活発になる時間帯らしい・・・

クリの枝を揺すって 下に降りてくるゼフィルスを探したり、沢が見える場所で 目線より下に居るのを探してみる。

  
             ? エゾミドリシジミ ?                           エゾミドリシジミ(♂)

  
             エゾミドリシジミ(♂)                           エゾミドリシジミ(♂)

  
             エゾミドリシジミ(♂)                           エゾミドリシジミ(♂)

  
             エゾミドリシジミ(♀)                           エゾミドリシジミ(♀)

  
             エゾミドリシジミ(♀)                           エゾミドリシジミ(♀)

チョット大きめの蝶が目の前に留まった・・・ミドリヒョウモンだ!

  
               ミドリヒョウモン                              ミドリヒョウモン

午後になると、ウラクロシジミの姿も よく見掛けるようになった。

  
               ウラクロシジミ                                ウラクロシジミ

  
               ウラクロシジミ                                ウラクロシジミ

  
               ウラクロシジミ                                ウラクロシジミ

先日は、何頭も目にした ウラキンシジミを、一頭も見掛けない!
一日違いで 大違い! 」とは、よく言うが、この2日の間に、エゾが少なくなり、メスアカが増えたように感じる。

午後4時、一昨日よりは 30分ほど早いが、キラキラと輝く開翅ショットが沢山撮れたので、帰宅する事に。。。
posted by 子猫 at 01:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

2013年06月25日

ゼフィルスを探しに_1

25日早朝、お隣の県で待ち合わせ また蝶の専門家の方に、極秘にされているゼフィルスのポイントをご案内頂いた。
到着したのは 7:30、まずは、ミドリシジミが居る 麓のハンノキ林から探してみる事に・・・

  
                ツバメシジミ                                  ベニシジミ

  
                ミドリシジミ                                  ミドリシジミ

朝、時間が早いので、期待通り 翅を開き初めてくれた。 脚立を持って来てはいるものの、上からの撮影は難しい!!!

  
              ミドリシジミ(♀A型)                            ミドリシジミ(♂)

  
              ミドリシジミ(♀B型)                              ミドリシジミ

  
                ミドリシジミ                                キマダラセセリ

ヒョウモン蝶もやって来た!

  
            オオウラギンスジヒョウモン                       オオウラギンスジヒョウモン

  
                ノシメトンボ                                  ノシメトンボ

1時間ほどで このポイントを切り上げ、ウラキンシジミや ウラクロシジミを探しに、山の中腹へ移動する
posted by 子猫 at 04:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

ゼフィルスを探しに_2

25日のつづき・・・
ウラクロシジミや ウラキンシジミを探しに、山の中腹へ車を置き、ハンノキや クリの木を調べながら徒歩で登って行く。
山道を20分ほど登ってくると、クリの木やその周辺に ウラクロシジミが居た。
初めて見る ウラクロシジミに夢中でシャッターを押す。。。

  
               ウラクロシジミ                                ウラクロシジミ

  
               ウラクロシジミ                                ウラクロシジミ

  
               ウラクロシジミ                                ウラクロシジミ

クリの枝を揺すると、ウラキンシジミも飛び出した。
これも今回初見のゼフィルスだ!!!

  
               ウラキンシジミ                                ウラキンシジミ

  
               ウラキンシジミ                                ウラキンシジミ

クリの葉に居るゼフィルスを夢中で撮影して居ると、一頭の ミドリシジミの仲間 が地面に舞い降り吸水し始めた。
やがて、ゆっくりと翅を開き、待望のキラキラとしたメタリックブルーを見せてくれた♪ (ヤッター!)

  
        ? ジョウザン or エゾミドリシジミ ?                  ? ジョウザン or エゾミドリシジミ ?

  
        ? ジョウザン or エゾミドリシジミ ?                  ? ジョウザン or エゾミドリシジミ ?

  
        ? ジョウザン or エゾミドリシジミ ?                  ? ジョウザン or エゾミドリシジミ ?

初めて見るゼフィルス類の為、エゾミドリシジミなのか? ジョウザンミドリシジミなのか? 見当がつかない・・・

  
              エゾミドリシジミ                                エゾミドリシジミ

この後、沢筋に沿って さらに山道を登り、他の種類の ゼフィルスを求めて移動する。。。
posted by 子猫 at 03:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

ゼフィルスを探しに_3

25日のつづき・・・
沢筋に沿った山道を登りながら クリの木とその周辺を丹念に見て歩くが、ゼフィルスたちの姿が少なく、
居ても高い枝先の葉に留まって居る為、写真が撮れない・・・
ゼフィルスたちが集まり、写真が撮りやすい場所となると、条件が厳しく 可成り場所が限定されるようだ!!!

  
                ムカシヤンマ                                 ムカシヤンマ

  
                アキアカネ                                アサヒナカワトンボ

  
               ? 蛾の仲間 ?                             ツマキシロナミシャク

11時ごろ、沢を渡るように曲がった山道の傍に生えた クリの木にも ウラキンや ウラクロが居たので、休憩を兼ねて
チョット早いが、昼食を摂る事に・・・

昼食を摂った場所に、メスグロヒョウモンの♀がやって来た♪
♂は何度も見掛けて居るが、♀が撮れたのは初めて!!! (ラッキー!)

  
              メスグロヒョウモン(♀)                         メスグロヒョウモン(♀)

  
              メスグロヒョウモン(♀)                         メスグロヒョウモン(♀)

  
           ウラクロシジミの翅表も撮れた                           ウラキンシジミ

上に登って来ても、蝶たちの姿が少ないので、朝、ゼフィルスたちが沢山居た クリの木まで戻る事に・・・

  
               ウラミスジシジミ                         谷側の木の枝に居た シマヘビ

山道の途中に有ったはずの、クリの木を見落としてしまい、「アレッ!おかしいなぁ〜?」って言いながら、とうとう
車が見える位置まで戻って来てしまった!
posted by 子猫 at 02:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

ゼフィルスを探しに_4

25日のつづき・・・
車まで戻って来てしまったので、長靴を脱ぎ、リュックなどの余分な荷物は車に置いて、再び 山道を登ってみる事に!
今度は、ポイントを見落とさないように注意しながら歩いて行く!!!

ポイントのクリの木に到着すると、相変わらず ゼフィルスたちが群がっているし、谷筋では 卍飛翔も繰り返して居る。

ウラクロシジミを撮っていたら 「 ヒサマツ! ヒサマツ! 」 の声・・・駆け寄ると、人の頭ほどの石の上で、
黒い縁の太い ゼフィルスが開翅していたのだが、ピントが合う前に飛ばれ、葉っぱの上に移られてしまった!

  
             ヒサマツミドリシジミ                            ヒサマツミドリシジミ

  
             ヒサマツミドリシジミ                            ヒサマツミドリシジミ

後で、大先輩にお聞きすると、何年もゼフィルスを追っかけて居ても 滅多に出会えない蝶なのだとか・・・
またしても、ビギナーズラックに大興奮の一瞬だった!

再び、地面に降りて吸水を始めた エゾミドリシジミが居た!

  
               エゾミドリシジミ                              エゾミドリシジミ


                                  エゾミドリシジミ

  
               エゾミドリシジミ                              エゾミドリシジミ

時間も3:30を回り、彼方此方で ゼフィルスたちの “ テリ張り ” 行動が活発になり、今まで以上に
よく姿を現すようになった。

  
          ? メスアカミドリシジミ ?                         ? メスアカミドリシジミ ?

  
          ? メスアカミドリシジミ ?                              エゾミドリシジミ

出来るだけ、斜め前に回り込み、あの輝くメタリックブルーを写し撮る・・・

  
               エゾミドリシジミ                              エゾミドリシジミ

  
               エゾミドリシジミ                              エゾミドリシジミ

  
               エゾミドリシジミ                              エゾミドリシジミ

  
               エゾミドリシジミ                              エゾミドリシジミ

4:30、あんなに活発に飛び回っていた メスアカミドリシジミや エゾミドリシジミが 姿を消し、
パールホワイトの翅表をキラキラさせながら飛ぶ ウラクロシジミが目立つようになってきたが、
そろそろ切り上げて帰宅する事に。。。

カメラを向ける事は無かったが、ミドリシジミ類以外にも アカシジミ、ウラミスジシジミ、ミズイロオナガシジミ なども居た。
posted by 子猫 at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

2013年06月23日

隣町のミドリシジミ

今日は、裏山の園地と お隣の市の園地へ出向いてみた。  お目当ては、オオムラサキと、ミドリシジミだ!
しかし、天気予報に反し 空は どんよりと曇っている ・・・ この分では、蝶との出会いは見込み薄 ・・・

まずは、オオムラサキを狙って 裏山の園地へ ・・・ 途中のフィールドでは 予想通り蝶たちの姿は皆無 ・・・

昨日の夕方に、沢山の オオムラサキを見掛けた場所とは、別のポイントへ 先に回ってみると、
一頭のオオムラサキが 樹液の木に来ていた。 まずは抑えの一枚を撮影♪

一頻り撮り終えた頃、雨がポツリポツリと降り出した。
急ぎ足で、昨日見掛けたポイントもチェックしてから、車に戻り、隣町の園地へ ミドリシジミを探しに移動する。

ポイントに到着すると、昨年と同じく イソノキで、3頭のミドリシジミが吸蜜していた。

  
                ミドリシジミ                                  ミドリシジミ

  
                ミドリシジミ                                  ミドリシジミ

吸蜜中のミドリシジミは、殆ど動かず、翅も全く開いてくれない ・・・ 40分以上経っても状況の変化はなし ・・・

  
                ヤマトシジミ                                キマダラセセリ


                コマルハナバチ

お昼を回っても、小雨だが 相変わらず降り続いているので、引き上げる事に。。。
posted by 子猫 at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

2013年06月18日

ミドリシジミ_1

今日はまた、蝶の専門家の方々と、ミドリシジミを探しに プチ遠征してきた。
現地に到着したのは、7:45・・・下草には露が残り、山蔭になっている為 まだ日も射していないので、
気温の低いこの時間帯なら、開翅の可能性も大いに見込める。

ハンノキのやや高い所に居る ミドリシジミを発見 ・・・ 低い場所へ来るのを期待して 枝を揺すってみる事に ・・・
飛び出した先を目線で追うと、地上2mほどの葉に留まった。

  
                ミドリシジミ                                 ミドリシジミ

葉の表面の水分を吸って居るのだろうか? 口吻で葉の表面を舐めるようにしながら、くるくると歩き回っている。

  
                ミドリシジミ                                 ミドリシジミ

  
                ミドリシジミ                                 ミドリシジミ

やがて、ゆっくりと翅を開きだした。 待ちに待った瞬間だ!!!

  
                ミドリシジミ                                 ミドリシジミ

  
                ミドリシジミ                                 ミドリシジミ

  
                ミドリシジミ                                 ミドリシジミ

チョコット場所を移動したので、全開した翅表が見えるが、目線より高い位置の為、上から見下ろす角度では撮れない・・・

  
                ミドリシジミ                                 ミドリシジミ


                                    ミドリシジミ

こんな時の為にと、車には脚立が積んであるのに、500mほど離れた所まで取りに戻る余裕も無い・・・
posted by 子猫 at 02:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

ミドリシジミ_2

18日のつづき・・・
開翅を見せてくれた ミドリシジミが、遠くへ飛んでしまったので、ウラキンシジミを探しに移動する事に!
ハンノキが沢山生えた 池近くの少し開けた場所には、セセリ類や 羽化したてと思えるミズスイロオナガも居た。

  
              オオチャバネセセリ                               キマダラセセリ

初めて見る ヒメキマダラセセリも居た! 何てラッキーなんだろう♪

  
              ヒメキマダラセセリ                             ヒメキマダラセセリ

  
              ヒメキマダラセセリ                             アオマダラタマムシ

  
             ミズイロオナガシジミ                             ミズイロオナガシジミ

下草の笹の中に、これも羽化して間がなさそうな ミドリシジミが居た! 少し下がらないとカメラのピントが合わない!

  
                ミドリシジミ                                  ミドリシジミ

  
              アサヒナカワトンボ                               ハラビロトンボ

  
                コシアキトンボ                             ツマトビキエダシャク

  
                ベニシジミ                                  ツバメシジミ

ウラキンシジミには 出会えなかったが、今日も ゼフィルスと呼ばれる蝶の メタリックに輝く開翅が撮れた上、初めての
ヒメキマダラセセリにも出会え、満足々々大満足で お昼過ぎには帰還する事に。。。
posted by 子猫 at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

2013年06月16日

ミドリヒョウモン

ぼつぼつ、ヒョウモンチョウが姿を見せて居るころだろうと思い、SX50_HSを持って 裏山の園地へ行ってみた。
トラノオの花を探すが、猫ジャラシのような白い花の房も小さく、まだまだ蕾状態だ!

  
               ミドリヒョウモン                              ミドリヒョウモン

  
               ミドリヒョウモン                             ミドリヒョウモン(暗色型)

  
               ミドリヒョウモン                              ミドリヒョウモン

半月前には、スミナガシが姿を見せて居た「樹液の木」へ、オオムラサキが姿を見せているようなので回ってみた。
到着して暫くすると、10日ほど前から姿を見せないと聞く、スミナガシが一頭 姿を見せた。
近くでよく見ると翅がボロボロだ! 採取されずに、生き残ったヤツがいたんだぁ〜〜♪

  
                オオムラサキ                                 オオムラサキ

  
                オオムラサキ                                 オオムラサキ

出現し初めだからか? 日射しが当たらないからか? 一向に翅を開いてくれない!
周辺を散策してみると、ゴマダラチョウや イシガケチョウも居た。

  
                ゴマダラチョウ                               イシガケチョウ

  
                モンシロチョウ                                コオニヤンマ

この地では、オオウラギンスジヒョウモンや メスグロヒョウモンは、まだチョット早いのか?
その姿を見付ける事は出来なかった。
posted by 子猫 at 00:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

2013年06月11日

ゼフィルスを探しに!

年に一度、梅雨のこの時期にだけ発生し、短期間しかその姿を見る事が出来ない 「ゼフィルス」と呼ばれる蝶たちを探しに
蝶の専門家の方にご案内頂き プチ遠征してきた。

到着した場所は、過去にゼフィルスを探しに一人でやって来て、結局見付けられなかった所だった!
車を降り、山道を登り始めると、地面には 黄色と黒の綺麗な蛾が 留まっているし、サンコウチョウの声が
杉林から聞こえて来るが、その姿は見付けられない。

稜線近くまで登ってくると、以前と変わらない見覚えの有る景観だ!
クヌギや ミズナラ、カシワなどの木が生える、ゼフィルスのポイントへ・・・

  
                キンモンガ                               ウラナミアカシジミ

ウラジロミドリシジミが姿を見せ、メタリックブルーの綺麗な翅表を見せてくれたのだが、私の位置からでは顔の部分に
葉が被り、上手く撮れない・・・場所を移動した途端、飛ばれてしまい大失敗・・・

  
              ウラジロミドリシシミ                        ウラジロミドリシシミ (アップに!)

9時半ごろ 台風の影響なのか? ポツリポツリと雨が降り出し、ヒカゲチョウなどの姿も無くなった。。。
30分ほどで雨は上がったが、下草が濡れている為、靴やズボンの裾が びしょ濡れだ!

雨が上がり気温もアップしてきたので、下草の中で羽化したばかりの蝶が出てくるのを期待する。

  
              ミズイロオナガシジミ                           ミズイロオナガシジミ

ミズイロオナガシジミを撮っていると、いつの間にか、私の足元から1mほど離れた下草に、見慣れない蝶が留まっている。
案内して下さった友人が、即、ウラミスジだ!って教えてくれた。 (図鑑で見るよりも黒っぽく感じる!)
別名 ダイセンシジミとも呼ばれ、6月下旬には この蝶を見る為に、大山や蒜山まで行ってみるつもりだったのだ!

  
               ウラミスジシジミ                          ウラミスジシジミ (アップに!)

わずか10秒ほどの出会いで、同じようなショット十数枚しか撮れなかったが、予想もしていなかった蝶に出会え
大感激の一瞬だった。

まだ、時期が2〜3日早かったのか? ゼフィルス類の姿が以外に少ないように感じる・・・
山の斜面に腰を下ろし、辺りの状況を監視しながら昼食タイム・・・

お昼1時を回り、陽が射して来ると、お目当ての ヒロオビミドリシジミが 「まいこまいこ」と呼ばれる 卍飛翔をし始めた ♪
目で後を追い、留まるのを待つ・・・

  
              ヒロオビミドリシジミ                            ヒロオビミドリシジミ

わずかだが 木漏れ日が当たる葉に留まったので、開翅してくれるのを 息を凝らして待つ・・・

  
              ヒロオビミドリシジミ                            ヒロオビミドリシジミ

  
              ヒロオビミドリシジミ                            ヒロオビミドリシジミ

翅を全開した後、方向転換して此方へ向いてくれた・・・
翅表のメタリックな ライトブルーや ライトグリーンが 光を反射して輝く・・・なんと綺麗なんだ!

  
              ヒロオビミドリシジミ                            ヒロオビミドリシジミ

  
              ヒロオビミドリシジミ                            ヒロオビミドリシジミ

図鑑でしか見たことの無い ヒロオビミドリシジミの開翅が撮れ、ビギナーズラックに興奮が冷めやらない。

  
               ダイミョウセセリ                             ウラジロミドリシシミ

案内して頂いた友人に感謝しながら、3時ごろこの地を後に帰途に着いた。。。
posted by 子猫 at 14:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

2013年06月09日

ウラナミアカシジミ

先日、初めて出会った ウラナミアカシジミは、鉄パイブ留まりだったので、葉留まりを狙って再び出向いてみた♪

到着したのは 10時前、アカシジミや イシガケチョウ、ルリシジミなどは居るものの、お目当ての蝶は見つからない!
お昼前になり、諦めて帰りかけた時、道脇の草に ウラナミアカシジミが留まって居るではないか! しかも膝の高さだ!

  
               ウラナミアカシジミ                            ウラナミアカシジミ

  
               ウラナミアカシジミ                            ウラナミアカシジミ

チョコット移動する事はあるが、遠くへは行かずに、後翅を擦り合わせるような仕種を繰り返している。

  
               ウラナミアカシジミ                            ウラナミアカシジミ

  
               ウラナミアカシジミ                            ウラナミアカシジミ

写真もたっぷり撮れたので、動画も撮影してみた。





お昼を大幅に回ってしまったが、狙い通りのものが撮れ、気分良く帰還する事に。。。
posted by 子猫 at 02:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

その他の昆虫たち

昨日のつづき・・・ウラナミアカシジミを見付けるまでの間に撮った、蝶や蛾たち・・・

  
               イシガケチョウ                                  ルリシジミ

  
                アカシジミ                                   アカシジミ

  
              ミズイロオナガシジミ                            ウラナミアカシジミ

  
               ハガタベニコケガ                              ヒメクルマコヤガ

  
               ウコンエダシャク                               ギンボシリンガ

  
                 コミスジ                                ? カミキリムシの仲間 ?
                                              ミドリカミキリ (S-Birdさんにお教え頂きました)
posted by 子猫 at 01:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

2013年06月07日

ウラジロミドリシジミの開翅

先日撮った ウラジロミドリシジミが、昨日は開翅して、陽の光に輝く綺麗なメタリックブルーを見せてくれたらしい♪
一日遅れで、今日、行ってみた。

到着したのは、8:00・・・アカシジミや テングチョウは居るものの、お目当ての蝶は まだ姿が無い!
陽の光が差し込んで来るまで、他の蝶を撮りながら 少し待ってみる事に・・・

9時過ぎになり、ようやく ウラジロミドリシジミが姿を現し、やがて翅を開きだした。
光の当たる角度により、メタリックブルーの輝きがコロコロ変わる。

  
            ウラジロミドリシジミ(♂)                          ウラジロミドリシジミ(♂)

  
            ウラジロミドリシジミ(♂)                          ウラジロミドリシジミ(♂)

  
            ウラジロミドリシジミ(♂)                          ウラジロミドリシジミ(♂)

(♂)ばかりに気を取られていたが、近くに ウラジロミドリシジミの(♀)も居た!

  
             ウラジロミドリシジミ                            ウラジロミドリシジミ(♀)

  
           ウラジロミドリシジミ(♀)                          ウラジロミドリシジミ(♀)

ラッキーにも 足元の舗装された遊歩道に舞い降り、開翅しだした。 距離も 1mほどの至近距離だ!

  
             ウラジロミドリシジミ(♂)                          ウラジロミドリシジミ(♂)

撮影したカメラ SX50_HS の液晶で、画像を確認した時には、翅の輝きが再現出来ているように見えたのだが、
帰宅後、PCに取り込んでみると、色の深さが全然足りない!!!
一眼レフに比べ、CMOSセンサーのダイナミックレンジが狭いからなのか? それとも、光の当たり具合が悪いのか?
キラキラと輝く メタリックブルーの深い色合いが、上手く再現出来て居ないのには、ガッカリ!
posted by 子猫 at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年

サンコウチョウ

7日のつづき、、、お目当てのウラジロミドリシジミが 姿を現すまでの待ち時間に、撮った蝶たち・・・

  
                テングチョウ                             ミズイロオナガシジミ

  
                ルリシジミ                                   アカシジミ

  
     オオホシオナガバチ  体長5〜6cmのこの蜂、12〜13cmはありそうな 長〜い産卵管を持っていた!

  
               イシガケチョウ                                イシガケチョウ

  
            ケムシを食べる ササキリ                          ケムシを食べる ササキリ

山を下り、サンコウチョウが居ると聞くポイントへ場所を移動した。

暗い杉林の中で、距離がある上、枝から枝へ素早く移動する サンコウチョウは、ネオ一眼の SX50_HS では無理なので、
車に積んであった EOS-7D + 300mm で、鳥影を追う。。。

  
               サンコウチョウ                                サンコウチョウ

足元を流れる小さな川には、アカシジミや イシガケチョウ、ルリシジミ、カワトンボなども居た。

  
               アサヒナカワトンボ                            アサヒナカワトンボ
posted by 子猫 at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2013年