2014年11月03日

裏山を散策

久し振りに太陽が顔を覗かせたので、新しく買った 7D_mk2 に 300mm-F4 のレンズを付けて、裏山を散策してみた。
だが、小鳥はおろか越冬準備中の虫たちすら居ない・・・聞こえるのは、ヒヨドリの声のみ・・・

↓ 日溜まりの中を ヒラヒラ飛んで来た キチョウ。

                                     キチョウ


↓ 何か?赤っぽいのが飛んで来た!と思ったのだが、見慣れた テングチョウだった。

                                   テングチョウ

鳥が居ないので 一眼レフの出番が無く、以下の画像は、一緒に持って行った PowerShot SX50-HS で撮ったもの。。。

↓ ヤマトシジミも弱々しく飛び回っているが、なかなか留まってくれない。

                                   ヤマトシジミ




                                   モンシロチョウ


                                   ウラナミシジミ


                                    ベニシジミ

↓ 蜜を求めて飛び回り、留まってくれる事の無い ホシホウジャク。 (SX50_HSでは ちょっとピンアマ!)

                                   ホシホウジャク

↓ チャバネセセリだと思うが、翅裏に白斑が全く無い!

                                 ? チャバネセセリ ?


                                ボロボロの ホシミスジ


                                    オオカマキリ
posted by 子猫 at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2014年

2014年10月16日

見事にハズレ!

大阪南部にある 楽車で有名な市の池に、レンカクが現れたと聞き、朝から出掛けてみたが、見事にハズレ!!!
ツルシギも すでに抜けた後だったので、絶滅危惧T類のトンボ、オオキトンボを撮ってみた・・・

↓ 連結飛行中の オオキトンボ

                                   オオキトンボ


↓ やっと留まってくれた




↓ 単独で留まっているが、チョット遠かった・・・

                                   オオキトンボ

遠くに サギや カモ類が居るが、極々普通種ばかりなので、シャッターを押す気にもならず、移動する事に。。。
posted by 子猫 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2014年

2014年09月09日

再び ホソオチョウ

ホソオチョウの ♂ が、数頭 姿を現して居ると聞き、今日再び出掛けてみた。
到着したのは 10:00、天気が良いので、堤の上の道路脇には 3頭の ♂ が飛び交っている。

↓ 飛ぶ姿は見れるのだが、30分に一度ぐらい 10〜15秒程度しか留まってくれない!

                                 ホソオチョウ (♂)










↓ 食草の ウマノスズクサで、幼虫も見付けた!

                                 ホソオチョウの幼虫


                                      スズメ

ジャコウアゲハや キアゲハが、飛び回っているのだが、こちらも なかなか留まってくれない!

↓ ほんの数秒、花に留まった瞬間を狙って シャッターを押す。

                                  ジャコウアゲハ








↓ 食草が同じ ウマノスズクサなので、ジャコウアゲハの幼虫も居る!

                                 ジャコウアゲハの幼虫

今まで ♀しか見た事の無い ホソオチョウだが、今日は ♂が撮れ、これで ♂♀ 両画像が揃ったので
気分良く引き上げる事に。。。
posted by 子猫 at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2014年

2014年09月06日

ホソオチョウ

これといった 鳥も蝶も居なくて、自宅で「ボケ〜」としていたら、友人から ホソオチョウ が居ると電話が入った。
早速、EOS-7D と 180mmのマクロレンズを持って、出掛けてみた。

現地に到着し、電話で聞いてポイントだと思った付近を探すが、目印になる建物が見つからない!
再度、友人に電話して建物の位置を聞くと、どうやら、駐車場からは 15〜20分ほど上流側へ歩いた場所らしい・・・

↓ 道の脇の草むらに居た ホソオチョウ(♀)

                                 ホソオチョウ (♀)





                                      ドアップ!

↓ 翅裏も撮ってみた!


↓ 食草のウマノスズクサに産卵する ホソオチョウの ♀

                                 ホソオチョウ (♀)




♂ の姿も探してみたのだが、見付けられず ・・・ 昨年の4月も ♀ しか見付けられなかったし ・・・
辺りには、ジャコウアゲハや キアゲハなどが数頭、飛んで居るのだが、全く留まってくれず、撮る事が出来ない!

↓ 幼虫が居たので撮ってみたが、赤も黒も ジャコウアゲハの幼虫だった。

                                ジャコウアゲハ (幼虫)

                                ジャコウアゲハ (幼虫)

何か鳥たちが入って居ないか?と、周辺の田園地帯を車で回ってみたが、スズメや ムクドリぐらいで、
これと言ってなぁ〜にも居ない・・・

↓ 距離は 30〜40m離れて居るが、田の畦に タシギらしき 嘴の長〜いシギが居た。

                           ? タシギ ? (1350x900に等倍切出し)

他にも何ヶ所か回ってみたが、全くと言って良いほど 鳥たちの姿を見ない!
posted by 子猫 at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2014年

2014年07月18日

キリシマミドリシジミ

7月18日、北海道へご一緒した蝶友たちと、現地合流で キリシマミドリシジミを撮りに行って来た♪

現地での集合時間は 9:00、、、早速、キリシマの居る山の中へ車を走らせる。
時期が数日早いので、ひょっとすると ハズレかも知れないが、アタリだと ピカピカの子に出会えるらしい。

ゴム長に履きかえ、ヒル避けスプレーを 足元にタップリ噴霧して、いざフィールドへ・・・
アカガシなどが自生する渓流沿いには、キリシマらしき蝶が飛んで居るのだが、遠くて高い場所ばかりで写真が撮れない!

ものは試し・・・と、持ってきた釣竿で 近くの枝葉を叩いてみると、木の上からヒラヒラと何かが落ちて来た!
何と! キリシマミドリシジミだった♪
 (既に ♀ が居ると言う事は、、、今年は可成り出現時期が早かったのだろうか???)


                              キリシマミドリシジミ (♀)







しかし、時折 薄日が射す程度の天気なので、蝶たちの動きが悪いのか? その姿が殆ど見られない・・・

↓ 砂防ダムの堰堤で ミヤマカラスアゲハが吸水していた。

                                ミヤマカラスアゲハ



↓ 近くの木の上に、蝶が飛来したが、どうやら ミドリシジミのようだ!

                                   ミドリシジミ


                                  ムラサキシジミ


11:30を回り お腹も空いてきたので、おにぎりを取り出し食べていると、いつの間にか!
2〜3m離れた木の葉に、白いゼフィルスらしき蝶が留まっているではないか ♪
しかし、蝶の翅だけが見え、頭や体は葉に隠れ見る事が出来ない!!!

↓ すぐ近くに居るのだが、葉が被り撮り辛い キリシマミドリシジミ

                              キリシマミドリシジミ (♂)


全身が見通せる場所が無いか?と、周囲をうろうろ探ってみた。


                              キリシマミドリシジミ (♂)


蝶の全身が見えるようにと、蝶友が、枝の根元に重りとして そぉ〜とそぉ〜と リュックなどをぶら下げた。





↓ ハチが近くへやって来ると、嫌がって翅をピクピク動かすので、メタリックな翅表が垣間見れる。







                               キリシマミドリシジミ

何とか開翅してくれないものか?と、粘りに粘って3時間!!!
だが、結局 翅を開いてくれる事は無く、根負けして引き上げるハメに・・・

↓ ヒョウモン蝶かと思ったら、割と大きめの綺麗な蛾だった。

                                    蛾 ???

車へ戻る途中には、ジャノメチョウヒオドシチョウミヤマカワトンボなども居た!


                                 ジャノメチョウ


                                 ミヤマカワトンボ

警戒した ヒルに出会う事も無く、初めて見る キリシマミドリシジミの ♂、♀ 共に出会え、気分良く帰宅する事に。。。
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2014年

2014年06月26日

日本海側の高原_1

以前、友人に教えて貰っていた 日本海に近い場所の高原へ、ゼフィルスを探しに出掛けてみた。
目的地近くになって、国道から県道に入り、さらに高原へ続く町道へ・・・だが、この町道が崖崩れの為、通行止めに
なっていて、目的地の高原へ行くには、一端、国道まで戻り、隣の県へ迂回して進入する必要があるらしい!

そこで、県道をさらに山奥へ進み、滝などの有る場所まで来て、ブナ科の木々で 蝶を探してみる事に・・・

↓ まず、姿を見せたのは、マイフィールドでもお馴染みの ゴイシシジミだった!

                                   ゴイシシジミ

後ろを振り返ると、見慣れない蝶が・・・アカシジミにしては黒っぽいし・・・ミドリシジミのような白い筋が有るし!!!
蝶の先輩が、カラスシジミだ!と教えてくれた♪  関西圏で、この蝶に出会えるのは、非常に珍しいらしい♪

↓ 初めて見る カラスシジミだったが、数枚撮影しただけで、飛ばれてしまい行方不明

                                   カラスシジミ


↓ カラスシジミが飛んで行った先に居た 黒っぽい蝶は、ムラサキシジミだった。

                                  ムラサキシジミ


                                   ルリシジミ(♀)

蝶の数が少なそうなので、国道まで戻り、1.5時間ほど掛けて迂回し、目的地の高原へ・・・
しかし、お昼近い時間になってしまった事もあり、ゼフィルスたちの姿が無い・・・


                                    クロヒカゲ


                              ミドリヒョウモン(暗色型)

ヒラヒラと飛び回って、なかなか留まってくれず、飛ぶ姿を見て ヒョウモン蝶の仲間か?と、思っていたのだが、
ヒメキマダラヒカゲだと教えてくれた!

↓ この蝶も初めて見る蝶で、留まれ!留まれ!と念じ続けて、やっと撮れた ヒメキマダラヒカゲ

                                 ヒメキマダラヒカゲ




この後、ブナ林の中の林道を、車でゆっくりゆっくり走りながら、ゼフィルスたちの居そうな場所を探してみる事に。。。
posted by 子猫 at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2014年

日本海側の高原_2

山からの水が流れる 小さな谷に生えたブナの木に、フジミドリシジミが何頭も卍飛翔をしている。
早速、車から降りて、何とか近くへ来ないか!と、待ってみた。

↓ チョット遠いが、カメラのライブビューで拡大し、マニアルでピント合わせして、やっと撮れた フジミドリシジミ

                                フジミドリシジミ(♀)





↓ トンボも、初めて見る ヒメクロサナエが居た!

                                  ヒメクロサナエ



標高 1000m級の林道を下って来ると、雑木林の日溜まりで、ゼフィルス達が 卍飛翔していた♪

↓ 2mほどの距離で開翅してくれるのだが、目線の高さなので、翅表の輝きが上手く写せない・・・

                                  エゾミドリシジミ










再び、ぐる〜っと迂回して、元来た道を帰途につく・・・
蝶の先輩が、帰路の途中に、ハヤシミドリキマルリが姿を見せる場所が有ると言うので、立ち寄ってみる事に・・・

↓ カシワの葉に留まった キマルリ

                                 キマダラルリツバメ


↓ アカシジミも姿を見せた。

                                    アカシジミ

ハヤシミドリは飛ぶ姿を見ただけで、撮る事は叶わなかったが、夕日で写真が赤く色づく時間になったので、
ここらで切り上げ 帰阪する事に。。。
posted by 子猫 at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2014年

2014年06月20日

中国地方で探蝶_1

今日もまた 蝶の先輩たちと、早朝4時起きで、中国地方へ遠征に!
狙いは、ウスイロオナガ、ウラジロミドリ、ウラミスジ、クロミドリ、ヒロオビミドリ、等々・・・

先ずは、インターチェンジから少しでも近いポイントへ 車を乗り入れてみたが、どうもハズレのようで、蝶の姿が無い!
それではと、さらに40分ほど車を走らせ、川の対岸に有る山へ移動し、林道の周辺に沢山ある
ブナ科の木、カシワ、ナラガシワ、クヌギ、コナラ、ミズナラ、アベマキなどを見て回る・・・

↓ 今期の生駒山系では、姿を見る事の出来なかった ウラジロミドリが居た!

                                ウラジロミドリシジミ


                                ミズイロオナガシジミ

↓ ヒロオビミドリが姿を見せた!  昨年 お隣の県で、開翅の綺麗な輝きを見て感動したのを思い出す。

                                ヒロオビミドリシジミ




周辺の木々を 竿で叩いてみると、地上5〜6mの葉に留まって居た 蝶たちが飛び出し、中には低い位置に降りて来る。

↓ 撮影時は、普通のミドリシジミだと思って居たのだが、どうやら クロミドリの(♀)らしい!!!

                               ? クロミドリシジミ(♀) ?



↓ 蝶友が、複雑に入り組んだ小枝の中で 隠れて居る ウラミスジを見付けてくれた!

                                ウラミスジシジミ

↓ 昨年、遠くからチラット見ただけで、消化不良だった ウスイロオナガも近くへやって来た!

                                ウスイロオナガシジミ




徒歩で場所を移動し、ブナ林の中に有る小さなススキの原っぱ周辺で、蝶を探してみる事に。。。
posted by 子猫 at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2014年

中国地方で探蝶_2

広さ300坪ほどのススキの原っぱに移動して来て、ブナ林との境目辺りで蝶を探してみる。

↓ 時には、地面に寝転ぶような体勢でしか撮れないほど 低い位置に居る事も・・・

                                 ヒロオビミドリシジミ







↓ 蝶友が、目線の高さで 葉留まりしている クロミドリを見付けた!

                               ? クロミドリシジミ(♀) ?



↓ また々々、ヒロオビミドリが、ススキの中で見つかった! (この地には、ヒロオビの数が可成り多いようだ)

                                ヒロオビミドリシジミ



↓ ススキの中の日溜まりに、ウラミスジも居て、翅の色が綺麗に出ていた。

                                ウラミスジシジミ

↓ ススキの原っぱとの境目にある クヌギの木に、クロミドリが姿を現した!

                               ? クロミドリシジミ(♀) ?



↓ 車へ戻ろうと、この地を後にしかけると、ミズイロオナガが明るい場所に居た!

                                ミズイロオナガシジミ



↓ 午後1時を回り、昼食タイムにしようとやって来たキャンプ場には、コオニヤンマも飛んで来た!

                                   コオニヤンマ

朝一に立ち寄ったポイントには、蝶たちの姿が少なく、今日はハズレかぁ〜!って、半ば諦めムードだったが、
2っ目のポイントでは、お目当ての蝶たちが 次々に現れて、ウスイロオナガや ウラミスジの リベンジも果たせたので、
チョット早いが帰還する事に。。。
posted by 子猫 at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2014年

2014年06月17日

ゼフィルスを探しに_1

6月に入ってからは、天候が不順で 一日中晴れという日は なかなか望めない!
その上、今年の地元は、蝶たちの姿が殆ど無いので、久し振りに蝶の先輩たちとプチ遠征して来た。

「まだ時期がチョット早いかも・・・」などと話ながら、到着した目的地の山頂近くに車を停め、
カメラの支度を調えて、周辺のカシや クリの木などを 探蝶してみる。

↓ ウラギンヒョウモンが数頭 飛び交っているが、なかなか留まってくれない!

                                ウラギンヒョウモン






70〜80m離れた場所から、私を呼ぶ声が・・・何か ゼフィルスが姿を見せたようだ♪

↓ 地上50cmほどの高さで、今期初見の ゼフィルス、ヒサマツミドリシジミ が、開翅していた。

                               ヒサマツミドリシジミ




所々にある草原には、ヒメジオンや アザミも生えていて、黒いアゲハや モンキチョウなども飛んで居た。


                                   モンキチョウ


                                    アカシジミ


                                  ヒオドシチョウ


                                      コゲラ

カシやクリの木などを 竿で叩くと、ゼフィルス類が飛び出すのだが、目線より低い位置には降りて来ず、写真は撮れない。
11時を回ったので、一端車へ戻り、もう一つの蝶のポイントへ移動する事に。。。
posted by 子猫 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2014年

ゼフィルスを探しに_2

1時間ほど車を走らせて、初めての林道へ乗り入れ、ナラガシワの木を探しながら ゆっくりと走らせる。


                                    ルリシジミ

この時期、クリの木には、色々な蝶をはじめ 沢山の昆虫たちが集まっていた。


                                 ミドリヒョウモン


↓ 近くの花に、ウラギンヒョウモンが留まり、吸蜜しだした。

                                 ウラギンヒョウモン




↓ アザミの花には、アゲハ蝶たちもやって来た。

                                      アゲハ




                                   モンキアゲハ

↓ 林道をゆっくり走らせていると、地面に降りて翅を広げている ヒオドシチョウを、度々見掛けた。

                                  ヒオドシチョウ

以外と、ナラガシワの木が少なく、ヒロオビミドリシジミや ウラジロミドリシジミは、撮れず 再び移動する事に。。。
posted by 子猫 at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2014年

ゼフィルスを探しに_3

ヒメジオンで吸蜜する キマダラルリツバメが 撮れるかも?と、移動してきた場所には、カシワの木が何本も有った♪

↓ 車を停めた すぐ傍のカシワの木に、探すほどの事も無く ハヤシミドリシジミ(♀)が居た!

                                ハヤシミドリシジミ

                                      (♀)






キマダラルリツバメを探して、ヒメジオンが咲いた草原を見て回るが、お目当ての蝶は見つからない・・・
半分諦めて、車の近くで腰を下ろして居ると、「おぉ〜い!こっち!こっち〜!」って呼ぶ声が♪
声はすれども姿は見えず! おまけに、声が反射して方向が解らない!
とりあえず、声が聞こえたと思える方向へ 駆け足で近づく・・・


                                 キマダラルリツバメ






この キマルリ、写真を撮りながらも、何となく違和感を感じていたのだが、撮った画像を確認していて、
触角が2本共無いのに気付いた!  しかし、どんな状況で無くしたのだろう???







時間も3:30を回っているし、お目当てのゼフィルスや、キマルリも撮れたので、気分良く帰途につく事に。。。
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2014年

2014年06月12日

信貴山_1

雨もあがったので、11時ごろから信貴山へ オオムラサキでも居ないか!?と、出掛けてみた。
ところが、山頂付近に到着すると、再び 空が暗くなり 雨がポツリポツリ・・・
可成り暗いので、ストロボと傘を持ってフィールドへ・・・
樹液の出ている木を見付けたが、オオムラサキや ヒオドシの姿は無く、居るのはヒカゲチョウぐらい!

↓ 雨宿りしていた東屋の近くに、ノウサギがやって来た。

                                     ノウサギ




↓ 光量の多い外付けストロボを使ってみたが、警戒する様子も無く、葉っぱを食いちぎっては食べていた。




車まで戻って来ると、雨はあがり、再び 陽が射してきたので、改めてフィールドを回ってみる事に・・・


                                    ホシミスジ




                                 ダイミョウセセリ




                               ミズイロオナガシジミ


車へ戻り、山上のスカイラインを、南へ向かって 鳥や蝶を探しながら ゆっくりと走らせる。
posted by 子猫 at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2014年

信貴山_2

スカイラインをゆっくり走っていると、道路脇でカラスに混じって キジが一羽 採餌していた。
15mほど手前に車を停め、カメラを手にして、ドアーを開けると、道路を横断するように逃げて行く・・・


                                       キジ


↓ 車を待避場へ停め、林縁を見て回ると、ホオジロが何羽も居た。

                                     ホオジロ


↓ さらに南へ車を走らせると、道路脇に また ノウサギが居た!!!

                                     ノウサギ




                                     コミスジ


                                  モンシロチョウ


                                 ダイミョウセセリ


                                    ルリシジミ


                                ? コシアキトンボ ?


                                コバネアオイトトンボ

雨上がりだからだろうか? それとも、車や人の通りが非常に少ないからだろうか? 野鳥の声は途切れる事が無く、
野生の動物や鳥たちが 道路に出て来て 餌探ししている姿を度々目撃した。
posted by 子猫 at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2014年

2014年06月10日

蝶たちが居ない!_1

天気予報に反し朝から快晴なので、三度、ウラジロミドリシジミを探しに出掛けてみた。
現地に到着しても、虫網を持った人には、珍しく一人も出会わない!
それもそのはず、過去にウラジロミドリを見掛けたポイントを、何ヶ所か探してみるのだが、一頭も見つからない!

↓ アカシジミも たった一頭 見掛けただけ!

                                    アカシジミ


↓ 目の前に、フラフラと ムラサキシジミがやって来て、翅を開いてくれた!

                                  ムラサキシジミ




↓ 今期初の ミドリヒョウモンも 一頭だけだが姿を見せた。

                                 ミドリヒョウモン


↓ シロチョウや キチョウも、チラホラ見掛ける程度。

                                  モンシロチョウ


                                ヒメウラナミジャノメ


                              フタツメオオシロヒメシャク


                                     カノコガ


                                ナガゴマフカミキリ


お目当てのウラジロミドリシジミも居ないので、ヒオドシチョウや オオムラサキが居たと聞く、
もっと南の山麓公園へ移動してみる事に。。。
posted by 子猫 at 22:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2014年

蝶たちが居ない!_2

車で20〜30分走り、さらに南に位置する山麓公園へ・・・
到着すると、すぐ近くで コジュケイが大きな声で鳴いているが、姿が見付けられない!
オオルリや キビタキ、サンコウチョウ、ウグイスなどの鳴き声も、彼方此方から聞こえて来る。
しかし、300mmのレンズでは、チョット遠い。。。


                                  センダイムシクイ


                                      メジロ

↓ 歩を進めると、ミズイロオナガシジミが居た!  翅に傷みの無い まだピカピカの子だ!

                                ミズイロオナガシジミ


一頭見付けると、他の個体も次々に見つかり、この周辺だけでも10頭ほども居た。


                                ミズイロオナガシジミ






↓ 釣り竿で 斜面の草を軽く叩いてみると、ダイミョウセセリが飛び出して来た。。。

                                 ダイミョウセセリ

↓ テントウムシぐらいの大きさで、甲羅が透明なハムシが交尾していた。

                              ? セモンカメノコハムシ ?


空がどんよりと暗くなり、雨もポツリポツリと落ちて来たので、本降りにならない内に 引き上げる事に・・・
しかし、歩いて来た距離の半分も戻らない内に、豪雨のような大粒の雨が激しく降り出し、ずぶ濡れになってしまった。
posted by 子猫 at 21:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2014年

2014年06月06日

ボロちゃんばっかり!

昨夜からの雨も 午後には止み、薄日も射して来たので、ウラジロミドリシジミが姿を見せて居ないか?
SX_50HSを持って、様子を見に行ってみた。


                              翅がボロボロの アカシジミ


                                   ミスジチョウ

今日の蝶たちは、ほんの一瞬しか留まってくれず、フレーム内に捉え ピントが合うまでに、数秒かかる SX_50HS では、
シャッターを押す前に飛ばれてしまう・・・


                                 アサマイチモンジ

↓ 頻繁に姿を見せたのは、アサマイチモンジだったが、この子も翅がボロボロ!

                                 アサマイチモンジ


                                 アサマイチモンジ

↓ 思いがけずムカシヤンマが近くに留まった。

                                   ムカシヤンマ

結局、ウラジロミドリシジミの姿は無く、ミズイロオナガシジミを一頭見掛けただけだった。
posted by 子猫 at 20:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2014年

2014年05月30日

黒いアゲハ蝶を探しに!

中国地方の渓谷へ、黒いアゲハ蝶たちを探しに出掛けてみた。
目的地に到着し、舗装の無い林道で 車の底を擦らないように、ゆっくりと走らせていると、
路上に浸み出した水で吸水する アゲハ蝶が何頭も居た。

そのまま林道に車を停め、カメラと三脚を持って、そろりそろりと近づく・・・


                       カラスアゲハ、クロアゲハ、ミヤマカラスアゲハ




↓ 光の当たり具合で、メタリックな構造色が 青や緑に輝く・・・

                                ミヤマカラスアゲハ






↓ 大きいヤツが、クロアゲハで、一回り小さいヤツが、カラスアゲハ

                               カラスアゲハ、クロアゲハ


↓ 気が付くと、真っ黒い クロアゲハよりは、見た目に鮮やかな ミヤマカラスアゲハの方ばかり撮っていた。

                                ミヤマカラスアゲハ










歩いて林道を登って行くと、ウスバシロチョウや サカハチチョウも姿を見せた♪


                                 ウスバシロチョウ

↓ 初めて見る サカハチチョウだったが、ほんの十数秒だったので、翅表は撮れず終い・・・残念!

                                  サカハチチョウ


↓ 一時間ほど登った場所には、オナガアゲハの姿も有った♪

                                   オナガアゲハ




↓ 車まで戻る途中の渓流では、カワガラスも見掛けたが、300mmのレンズでは、チョット遠い!!!

                                    カワガラス

お目当ての 森林性の黒いアゲハ蝶、4種が撮れたので、気分良く帰還する事に。。。
posted by 子猫 at 20:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2014年

2014年05月28日

ウラゴマダラシジミ

地元の蝶たちが姿を見せないので、蝶の先輩にご案内頂き、近畿の西部へ ウラゴマダラシジミを撮りに出掛けた。
現地に到着したのは、8時すぎ・・・昨日この地域は雨でも降ったのだろうか? 下草は濡れ、地面はジュクジュク!

白い花を咲かせたイボタの木で、翅を休めて居ないか?と、丹念に探して回る♪
探す事、役10分、先輩が日溜まりで体を温めて居る一頭を見付けてくれた。


                                ウラゴマダラシジミ

↓ 逆光に透ける翅




↓ 目線より低い位置にも居た! 「開け! 開け!」って、心の中で念じる・・・














↓ 今日、羽化した個体だろうか? 鱗粉がピカピカで、他のヤツとは白さ具合が違う・・・






↓ サナギから出て来たばかりで、まだ 翅が固まってない個体も居た!


この後、車に戻り次の目的である ヒメヒカゲの場所へ移動する。
posted by 子猫 at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2014年

ヒメヒカゲ

初めて見る ウラゴマダラシジミなので、動画も撮ってみた。。。


                         ウラゴマダラシジミ EOS_7D + 300mm で撮影

ウラゴマダラシジミの居た場所には、アカシジミや ツマグロヒョウモン、モンシロチョウ、ハラビロトンボ なども居た。


                                    アカシジミ


                                  ハラビロトンボ


場所を移動して、ヒメヒカゲの居るポイントへ ・・・
腰ほどの高さの草を かき分けて、少し拓けた場所まで来ると、早速、ヒメヒカゲが姿を見せた。


                                    ヒメヒカゲ










足音なのか? 人の動きなのか? 結構、敏感な蝶で、ゆっくり近づいても1.5mぐらいの距離で逃げられてしまう。
posted by 子猫 at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2014年

2014年05月16日

ウスバシロチョウ

16日、蝶の先輩にご案内頂いて、近畿北部の高原へ ウスバシロチョウを、撮りに出掛けてみた。
ウスバシロチョウは、今まで見た事の無い蝶で、透きとおるような薄い翅で、草地の上を滑空するように飛ぶらしい・・・

9時過ぎ、現地に到着すると、道路脇や民家の庭先、空き地、休耕田などで沢山 乱舞していた。


                                 ウスバシロチョウ

↓ その名の通り薄い翅には、後ろの黄色い花が透けて映っている。


開翅長 6〜7cmの中型の蝶だが、これでも、アゲハ蝶の仲間らしい・・・それにしても、毛深い蝶だ!































場所を移動して、別の渓谷へ ・・・ ミヤマカラスアゲハや アオバセセリを期待したが、撮ることは叶わなかった。
此処にも ウスバシロチョウが居たので、飛翔姿を狙ってみることに♪











蝶の姿を追って少し奥に入った所で、先輩が キジを見付けてくれた。
15mぐらいまで近づいても、警戒しているだけで 逃げようとはしない ・・・
近くで営巣して居るかも知れないので、早々に撤退する事に!!!
posted by 子猫 at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2014年

2014年05月02日

ギンイチモンジ・リベンジ

昨年は、ギンイチモンジセセリを撮りに行っても、お目当ての蝶は居るものの、低い位置を常に飛び回り、やがて見失う・・・
の繰り返しで、写真がワンショットしか撮れず 悔しい思いをした。

今年も同じ場所に、ギンイチモンジセセリが姿を現して居ると聞き、早朝に家を出た。
現地に着いたのは、7:30、朝露で下草はベットリ濡れている。


                               ギンイチモンジセセリ(♀)






♂の翅は、鱗粉が可成り剥げ落ちているのか? 色が薄いように感じる。

                               ギンイチモンジセセリ(♂)




♀の方が多いのか? 目に付くギンイチは、ほとんど♀だった!


                               ギンイチモンジセセリ(♀)




ギンイチのお花留まりを狙って、場所を移動してみる。


                               ギンイチモンジセセリ(♀)








結局、移動の甲斐も無く、お花留まりは撮れずじまい・・・
この後、クロツバメトラフシジミのポイントを見て回る事に!!!
posted by 子猫 at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2014年

トラフシジミ

5月2日のつづき ・・・
ギンイチモンジをタップリ撮った後、ツメレンゲが自生する崖へ クロツバメシジミを探しに行ってみたが、
まだ少し時期が早いのか? 全くその姿は無かった!

それではと言う事で、昨年 トラフシジミが何頭も居た 岩がゴロゴロし ウツギの木が有る流れへ・・・
この地は、蝶が目線より低い位置に留まる事が多く、しかも、背景が抜けてくれる場所なので、撮影者としては有り難い♪


                                   トラフシジミ


度々、翅を開いてくれ、ブルーの輝きを期待したが、なかなか思うようには、その輝きが再現出来ない!





















ギンイチモンジのリベンジも果たしたので、午後1時過ぎ 意気揚々と帰宅する事に♪
posted by 子猫 at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2014年

2014年04月25日

スギタニルリシジミ

蝶の先輩にご案内頂いて、まだ見た事の無い スギタニルリシジミを探しに、近畿北部の山へ出掛けてみた。

春の蝶は、なかなか留まってくれないので、もし、場所だけ教えて貰って 自力で探してたとしたら、
飛ぶ姿を見ただけでは識別できず、おそらく 単なる ルリシジミだと思い見過ごしていただろう。


                                スギタニルリシジミ

山の湧き水が 浸みだした砂地に、吸水にやって来た♪


                       スギタニルリシジミ EOS_7D + 300mm で撮影

陽が当たると、翅裏がパールホワイトに輝き、小さいけれど とても綺麗だ!


                                スギタニルリシジミ


                                スギタニルリシジミ


                                スギタニルリシジミ


                                スギタニルリシジミ


                                スギタニルリシジミ

この吸水場所には、トラフシジミもやって来た。


                                   トラフシジミ


                                   トラフシジミ

黒っぽい小さな蝶が飛んで来た・・・留まった姿を見ると、コツバメだ!  だがモロ逆光!!!


                                    コツバメ


                                    コツバメ

その他にも、何種類かの蝶たちが飛んでいるのだが、留まってくれないので写真は撮れず。。。
posted by 子猫 at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2014年