2015年09月18日

ナニワトンボ

自宅から数qしか離れていない公園に、ナニワトンボ (青い赤トンボ) が居るらしいので、今日、出掛けてみる事に。
お目当てのトンボは、公園の中の4〜5坪も有るだろうか?と思えるような 小さな池の畔に、ひっそりと生きていた。
400mm(換算640mm)のレンズで、1mほどの距離から撮るので、絞り値を F=16 にして撮影開始・・・
撮った画像の黄色味が強いので、ホワイトバランスを K=4500 に設定して再開・・・

↓ ナニワトンボ












アオモンイトトンボや、リスアカネ、シオカラトンボ なども、同じ池の畔に居た。

↓ アオモンイトトンボ


↓ セスジスズメ


鳥の姿を探して、公園内を一週してみたが、スズメやカラスだけで、これと言った鳥には出会わず終い。。。
posted by 子猫 at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年09月05日

ゴイシシジミ

これと言った鳥も居ないので、今年4回目の羽化となる ゴイシジミが、1mほどの至近距離で見れると聞く 生駒の山の
麓へ出掛けてみた。

今日は、D7200 + 36mmの接写リング + 300mmF4_PF の組合せで、70〜80cmまで接近し手持での撮影を、
試してみるつもりだ!

此処のゴイシシジミは、6月頃から毎月 月初めに姿を現し、毎回、翅に傷みが無い事などから 第4回目の羽化
ではないか?と考えられるらしい。

↓ ゴイシシジミ




↓ ルリモンハナバチ




↓ ツマグロオオヨコバイ


↓ ホシミスジ


↓ キタキチョウ


↓ アオスジコシブトハナバチ


↓ ハキリバチ ???


↓ オオチャバネセセリ


↓ ベニシジミ


↓ ヤマトシジミ


接写なので被写界深度を少しでも稼ごうと、F=16まで絞り込んだので、SS が上がりにくい・・・
明るい場所では、何の問題も無いのだが、やはり、SS=1/40 以下になる様な暗い場所では、微妙なブレが目立つ・・・
三脚や一脚は必修か!!!

地面に落ちているセミたちや、翅がボロボロになった黒いアゲハ蝶たちを 度々見掛けるようになった。
いよいよ、昆虫たちも終盤か。。。

posted by 子猫 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年08月14日

再び 寄り目ちゃん

先日 撮りに出掛けた“寄り目ちゃん”(アカハネナガウンカ) ・・・
EOS-70D + 100-400mmZoom 単体では、最短撮影距離が約1mの為、思ったほど鮮明なドアップが撮れなかった。

今日は、カメラとレンズの間に、エクステンションチューブ(接写リング)を2個付け、最短撮影距離を 65cmぐらいに短縮し、
さらに AF用の補助照明として、850ルーメンの LEDライトを取り付け、再挑戦してみた。

↓ アカハネナガウンカ








Canonの 100-400mmZoom は、被写界深度を稼ごうと、F=16 まで絞り込むと、開放の時よりも画質が劣化する
ようなので、妥協策として今日は F=8 で撮ってみた。
posted by 子猫 at 23:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年08月12日

寄り目ちゃん

ギラギラ照りつける太陽も、今日はチョットマシなので、長袖、長靴、手袋、防虫ネットの完全装備で、
“寄り目ちゃん”(アカハネナガウンカ) を撮りに、出掛けてみた。

ウンカの居る場所は、背丈より高い笹が茂り、ヤブ蚊や ブヨも多く マムシや マダニの居る可能性も有る・・・
笹の葉を捲ってみては、赤い小さな ウンカが居ないか?探して回る!!!

↓ アカハネナガウンカ








体長 4〜5mmの 真っ赤な体を、真正面から見ると、極端な寄り目に見えるのが面白い・・・


↓ ベニイトトンボ


↓ キイトトンボ


↓ リスアカネ


↓ チョウトンボ


↓ ウチワヤンマ


↓ ムラサキシジミ


↓ ウラナミシジミ


何年かぶりかで、この時期、この地へ来てみたが、トンボは種類も数も非常に少なく、1.5時間ほどで引き上げる事に・・・
posted by 子猫 at 21:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年07月25日

スジボソヤマキチョウ

7月の中頃には、ミヤマイボタの花で吸蜜する スジボソヤマキチョウが撮影されているようなので、私も出掛けてみた。

朝8時、山上の駐車場に到着・・・水とカメラ (EOS-70D + 100-400mmZoom) を持って、蝶を探しながら山道を登り始める。
意外と花は少なく、蝶も スジグロシロチョウ ばかり・・・

↓ スジグロシロチョウ




↓ ヤマトスジグロシロチョウ ???




↓ ヒメキマダラセセリ




↓ ジャノメチョウ


↓ ウラギンヒョウモン ???


山頂近くまで登って来ても、スジボソヤマキの姿は見当たらない!!!

現地でお会いした、花や蝶のカメラマン氏が、15mほど向こうに居る黄色い蝶を発見された!
だが、山道にはロープが張ってあるので、近づけない・・・
望遠レンズ越しに見ると、待望の スジボソヤマキだ!  すぐさまシャッターを押す!

↓ スジボソヤマキチョウ


やっと見つかった スジボソヤマキだが、チョット遠すぎる・・・
おまけに、スジグロシロに邪魔されて、姿が見えなくなってしまった。

↓ キアゲハ


↓ モンキチョウ


↓ オオウラギンスジヒョウモン


遠いヤツしか撮れなかったかぁ〜 ・・・ と、消化不良のまま 山道を下って、駐車場に戻って来たのは、11:45 、、、
車の中で昼食を摂り、再び周辺を探索してみる事に。

すると、植物を探索していたグループの傍に、何処から現れたのか? スジボソヤマキが地上 20cmほどの所に留まった。
私からは 2mほどの距離なのだが、花を撮影する人達がファインダーに入り シャッターが押せない・・・
その内、蝶が移動し、クガイソウで吸蜜を始めた。

↓ スジボソヤマキチョウ






↓ シモツケソウにもやって来た。





↓ スジグロシロチョウが、集団で吸水していた。


↓ 手前の右から2番目・・・小円形の黒斑が 上下の翅脈に接しない事から ヤマトスジグロシロチョウ と思われる ?


5〜6時間に渡って、山道を歩いたり、ずぅ〜と立ちん坊だったりで、脹ら脛はパンパン、アキレス腱は悲鳴を上げて居た。
湿布薬を何枚も脚に張り、車を運転して帰途につく事に。。。
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年06月29日

高山性のゼフ−1

6月29日、高山性のゼフィルスを探しに、早朝3:30の出発で、兵庫県 北部の山へ出掛けてみた。

お目当ての蝶は小さいのて、1.4xのテレコンを加増し、D7200 + 1.4x + 300mmPF (実質 630mm) にして手持ちで撮影。
また、谷間など遠い所に居る場合を考えて、EOS-70D + SIGMA 100-600mmズーム (実質 960mm) も持って行った。

山道を走りだすと、中腹の辺りから 沢山の木の枝や、石ころが、いたるところに落ちている。
まるで、台風でも通過した後のようだ!
枝や石ころを避けながら、ジグザグに ゆっくりと走りながら山上を目指す。。。

7時すぎ 山の上に到着すると、一面にガスが掛かり、しかも寒い (気温 12℃) ポンチョを取り出して上から被る。
今日もダメかぁ〜!と、この地を諦め、少し高度の低い南側へ移動する事に。。。

昨年、フジミドリを見付けた場所まで来ると、道路脇の下草の中に、フジミドリ達が 翅に水滴を付け身を隠して居た!
一つ見つかると、1〜2m間隔ぐらいで 下草の陰に隠れている フジミドリが 次々と見つかった。

↓ フジミドリシジミ












エゾミドリも下草に隠れて居た!
↓ エゾミドリシジミ






この場所は、山蔭なので陽が射すまでには まだ暫くかかるだろうから、200〜300m離れた陽の当たる場所へ移動してみると、
アイノミドリが翅を開いて テリ張りを始めていた!

↓ アイノミドリシシミ




高山性のゼフィルスが、携帯でも撮れる距離で見れるなんて、滅多に無い現象に大興奮・・・
(続く。。。)
posted by 子猫 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

高山性のゼフ−2

先程の場所にも、ぼつぼつ 陽が射しているだろうと戻ってみると、フジミドリが下草の上で開翅しだした。

↓ フジミドリシジミ








↓ エゾミドリシジミ


水滴がいっぱい着いた アイノミドリも 翅を広げウォーミングアップした後、テリ張りを始めた。
↓ アイノミドリシジミ
















卍飛翔の撮影にも挑戦してみたが、動きが速く ISO=1600、SS=1/640 では、全く止まらず全てブレブレ・・・
やっぱり、高感度ISOを使っても ノイズが目立たない D4S や 1DX で、1/1600 以上の SS を使う必要が有るのか?
↓ アイノミドリシジミ




この後、場所を移動して、念の為に!と見て回ったポイントでは、フジミドリの開翅や、テリ張り行動が見られた。
(続く。。。)
posted by 子猫 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

高山性のゼフ−3

場所を移動して、念の為に!と見て回った林縁のポイントには、周りより 2〜3mほど高い場所があり、テリ張り行動をする
フジミドリが何頭も飛び回り、目線の高さで、しかも、至近距離で見る事ができた。。。

↓ フジミドリシジミ






やがて、♀を見付け プロポーズが始まった。 (左が♂、右が♀)













が、、、どうやら ♀のお気に召さなかったようだ!



1時近い時間になったし、この辺りでは、ジョウザンや ヒサマツの姿を見掛けないので、帰途の途中にある
別の山へ向かって移動する事に。。。
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

高山性のゼフ−4

朝来た道路を引き返す形で1時間ほど走り、過去に何度か来た事のある地へ立ち寄ってみた。
山の上まで車で登れると思っていたのに、1qほど手前で通行止めになっている。
しかたが無いのて、車から降り カメラと飲料水だけを持って、歩いて登る事に・・・

↓ スジグロシロチョウ


↓ ウラギンヒョウモン


↓ ウスイロオナガシジミ


↓ キアゲハ




↓ ウラキンシジミ


↓ コキマダラセセリ




↓ ツマグロキチョウ


↓ ミズイロオナガシジミ


↓ アカシジミ


わざわざ立ち寄った割には、ネットマンに遭遇した上、これと言った蝶も見当たらないので、今日の探蝶を終了し
帰宅する事に。。。
posted by 子猫 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年06月25日

隣町の園地

今日はお昼ごろから、お隣の街の園地へ出掛けてみた。
過去3年、数は少ないが ミドリシジミや アカシジミ、ミズイロオナガシジミ などを見掛けているのだが・・・

しかし、現地に到着すると、なぁ〜にも居ない! テングチョウすら見掛けない!

↓ 色の褪せた アカシジミ


↓ コシアキトンボ


↓ ヤマサナエ


↓ 10cm以上ありそうな ザリガニ


↓ カナヘビの妊婦さん ?


↓ オオウラギンスジヒョウモン


以前は沢山生えていた トラノオの花も殆ど無く、蝶や昆虫たちが居なくなるのも解る気がした。
posted by 子猫 at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年06月22日

兵庫の北部へ

朝6時の出発で、兵庫県の北部へ探蝶に出掛けてみた。
途中、カーナビに登録されていない新しい道を走ったら、その後の指示ルートがおかしくなった。
間道を走るショートカットの道かも?と、ナビに従って走ると、とんでもない山道へ誘導されてしまった。 (バカナビが!)
山越えする道なのかも知れないが、かえって時間が掛かるだろうから、来た道を引き返し国道へ出る事に・・・

現地で 蝶の先輩たちと合流し、車で 900m級の山の上を目指す。
山を登って来るに従い、薄雲が広がり陽差しが無くなってきた。 とりあえず 目的地の手前にある草原で探蝶してみる。

↓ ウラギンヒョウモン




↓ モンキチョウ


↓ クロアゲハ


↓ イチモンジチョウ


さらに車を走らせ、ゼフィルスのポイントへ・・・

↓ ヒメキマダラヒカゲ




↓ ルリシジミ


ブナの木を 長竿で叩いてみても 何〜にも飛び出してこない!
昨年、フジミドリを見掛けた場所へ移動する事に! ・・・ しかし、此方もハズレ! 蝶の姿が無い!

↓ ウスイロオナガシジミ




↓ ミズイロオナガシジミ


↓ オオヤマトンボ ???


今年は、何処へ行っても 蝶たちの姿が少ない ・・・ ハズレ年なんだろうか?
お目当ての フジミドリにも出会えず終い、、、3:00前、雨も降ってきたので、早々に帰途に着く事に。。。
posted by 子猫 at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年06月17日

中国地方で探蝶

早朝4時の出発で、蝶の先輩たちと 中国地方へ ゼフィルスたちを探しに出掛けてみた。

厚手の長靴で マムシからの防御、レインスパッツで マダニの進入を防止 ・・・ それでも時々衣服のチェックが必要だ!
探索を始めた時には、メスグロヒョウモンの♀も留まっていたのだが、カメラを向けた途端、飛ばれてしまった。

今期は、地元で姿を見る事が出来なかった ウラジロミドリ や ミズイロオナガ も撮れた。
↓ ウラジロミドリシジミ




↓ ミズイロオナガシジミ




ミズイロオナガに似た ウスイロオナガの姿もよく見かける。
↓ ウスイロオナガシジミ









↓ クロミドリシジミ


ベルベットのような翅表が、陽の光を受けて美しい・・・









↓ ヒロオビミドリシジミ







初めて見る セセリ蝶、ヘリグロチャバネセセリ がいた!
↓ ヘリグロチャバネセセリ







↓ ウラナミアカシジミ (翅がボロボロだったので、あえて葉っぱ被りに!)


蝶友が見付けた アオガエル ・・・ 虹彩が赤味を帯びているように見えるので、モリアオガエル だろう!
↓ モリアオガエル




↓ キハダカノコガ


↓ 交尾しながら飛ぶ ヒラタアブ


ウラミスジシジミの姿が全く無く、ウラナミアカも ボロボロの個体を1頭見ただけだし、今日羽化したものと思われる
クロミドリシジミが、発生木の周辺に姿を見せ始めたが、帰りが遅くなるので、ぼつぼつ帰途に着く事に。。。
posted by 子猫 at 17:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年06月10日

ゼフィルスを探しに!

6月10日、朝から蝶の先輩と待ち合わせ 滋賀県の北部へ「ゼフィルス」と呼ばれる蝶を探しに出掛けてみた。
曇りの予報に反し 空は快晴、気温も高く 日の当たる場所では、汗ばむほどだ・・・

先ずは、標高の低い平地から探索を開始・・・
クリの花が咲き、ヒョウモン蝶たちが群がっている。  ウツギの花もまだ咲いている。

↓ メスグロヒョウモン(♂)


↓ メスグロヒョウモン(♀)


↓ オオウラギンスジヒョウモン


↓ ミドリヒョウモン


近くで、クリの花を見て回ると、ミドリシジミが何頭も吸蜜に来ていた。

↓ ミドリシジミ








ミドリシジミは吸蜜に夢中で、翅を開く事が殆ど無く、また、視線より20〜30cm上にいる為、開翅が撮れない!

↓ ルリシジミ


↓ キタテハ


↓ ヤマサナエ ???



標高の高い山の中へ移動し、ウラクロ や メスアカ を探してみる事に・・・

↓ 蝶友の肩に留まった ムカシヤンマ


しかし、例年、メスアカ や ウラクロ などを見掛けたポイントには、何にも居ない・・・
フライングで、2〜3日早かったか?  とりあえず、もう少し上まで登って、昼食タイムに・・・

普通、キンモンガは、翅が黄色と黒なのに、此処のキンモンガは、黒と白のヤツばかりだ!
↓ キンモンガ



期待した フジミドリにも出会え無かったので、下山する事に・・・
2時ごろ、下って来る途中で、もう一度先ほどのポイントを探してみると、少数だが ウラクロ と メスアカ が見つかった。
どうも、今朝 羽化したばかりでは?と思われる。

↓ ウラクロシジミ




メスアカは、6〜7mと距離が離れている上、枝や葉の障害物が多く、撮る事は叶わなかった!

下まで降りて来ると、ヒョウモン蝶や ミドリシジミなどが まだ飛び交っている。

↓ キマダラセセリ


ウラジロミドリがまだ撮れてないが、3:30近い時間になったので、この地を切り上げ 帰途に着く事に。。。
posted by 子猫 at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年06月04日

くたびれ儲け!

今期はまだ、ミズイロオナガシジミの姿を見掛けていない!
今日は朝から 生駒山系の 北部、中部、南部の3ヶ所を巡って、その姿を探してみた。

しかし、結果は総ハズレ!  例年なら苦もなく見れる蝶なのに・・・

遊歩道を歩いていると、何羽もの ソウシチョウや ウグイスの声が響き渡るのだが、その姿を見付けられない・・・

↓ コゲラ


↓ キビタキ




↓ ルリシジミ




↓ コミスジ


↓ ホシミスジ


↓ ツバメシジミ




↓ コムラサキ


↓ ヒカゲチョウ


↓ モンシロチョウ


↓ アオダイショウ


↓ ウシガエル ???


車で移動したとは言え、山の中は徒歩、、、鳥や蝶を探しながら 今日は、7〜8qは歩いただろうか?
3時すぎ、何の収穫も無く 3っ目のポイントから車へ引き返す 2qほどの間は、足どりが重く 疲れがドッ!と出てきた。
posted by 子猫 at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年05月31日

柳の下の・・・狙い

二匹目の「ドジョウ」を狙って、先日 アオバセセリを見掛けた場所へ出掛けてみた。

先日来の夏日で 汗ばむ陽気の為、もう少し標高の高い場所の方が良いかも・・・と、山上近くまで登ってみると、
谷筋には、ウツギや イボタ、ノイバラなどの 小さな白い花を咲かせた木が、彼方此方に生えていて、
ハチや甲虫たちが群がっている。
日陰になる場所の白い花を見て回るが、アオバセセリの姿は無い・・・

↓ イシガケチョウ


↓ ダイミョウセセリ




↓ コミスジ


↓ アサマイチモンジ


↓ イチモンジチョウ


↓ モンシロチョウ


↓ アオスジアゲハ


↓ アカタテハ



これと言った蝶も居ないので、先日、アオバセセリを見掛けた場所まで降りて来て、アカシジミでも居ないか?と
探してみるが、こちらも蝶の姿が無い!

↓ ルリシジミ





暫く待機していると、目の前 2mほどの場所に、一頭の スミナガシが留まった。
すぐさまカメラを構える。

↓ スミナガシ


2〜3枚連写した時、カメラを構えている目の前で、声も掛けずに横からサッ!と、網で捕獲されてしまった。
可成り「ムッ!」ときたが、文句を言えば喧嘩になるだけと 「ぐっ!」とこらえる事に。 しかし、目は睨み付けていたと思う!
これが、ネットマンの常識なのか?
posted by 子猫 at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年05月29日

やっと出会えた・アオバ

曇天の今日、早朝5:30の出発で、シーズン終盤となる アオバセセリのポイントへ 五たび 出掛けてみた。
が、、、トベリの花も大半が茶色くなり 虫たちの姿も皆無だ!

小一時間ほど 待機してみたが、やっぱり お目当ての蝶は来そうに無いので、離れた場所に生えている
トベリや ウツギなどの花を見て回る事に・・・

アカシジミを見付けたので、撮影角度などを考えながら、ふと横を見ると ウラナミアカシジミが下草に留まっていた。
とりあえず何枚か撮影し、位置を変えようと、一歩動いた途端 遠くへ飛ばれてしまった。

↓ ウラナミアカシジミ




↓ アカシジミ


ブルーの翅表を 輝かせながら飛ぶ、白いシジミチョウが 留まったので、ウラジロミドリか?と、後を追って ガッカリ!
単なる ルリシジミだった!
↓ ルリシジミ


↓ アオスジアゲハ


↓ アサマイチモンジ


↓ ウラギンシジミ


9:30、今日もダメかぁ〜!と、車まで戻って来ると、数m離れた日陰に有る イボタ(?)の花で、黒い物が動いた!
近づくと、何と待望の アオバセセリだった!
地上3mほどの暗い場所で、花から花へ忙しなく移動するので、可成り撮り辛い・・・

↓ アオバセセリ








暗い上に 被りが酷く シャッターが押せなくて、モタモタしていると、ものの 2〜3分で飛んで行かれ、ジ・エンド!
撮影時には気付かなかったが、シーズン終盤とあって、翅はボロボロだったが、今期は諦めモードに入っていただけに、
やったぁ〜!って達成感に、ルンルンで帰還する事に。。。
posted by 子猫 at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年05月28日

蝶を探して!

ウラナミアカシジミ にでも出会えれば ・・・ と、奈良県側の生駒の山麓へ 午後から出掛けてみた。

樹液が出ている木があり、ゴマダラチョウが来ていたが、真上を見上げる角度なので、露出が難しい。
↓ ゴマダラチョウ




アカシジミが やって来て、目の前、視線の高さに留まった。
↓ アカシジミ




他の場所でも アカシジミには、よく出会った。





苔生した岩にいたルリシジミが、今まさに飛び出す瞬間だった。
↓ ルリシジミ


↓ サトキマダラヒカゲ


↓ コジャノメ


ウラナミアカも、スミナガシも見付ける事は出来ず、帰宅する事に。。。
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年05月26日

ゼフィルスを探しに_1

今期は、蝶たちの出現が 例年に比べ少々早いようなので、フライングかも知れないが、早朝、蝶の先輩と待ち合わせ、
ウラナミアカシジミ、ウラゴマダラシジミ、などを探しに、山間部の農村地へ出掛けてみた。

7時過ぎ、ウラナミアカシジミなどが居るであろう 最初のポイントへ到着。
車から降り、20mも進まない内に、アカシジミが地上40〜50cmの高さに居た・・・

↓ アカシジミ






↓ ルリシジミ


↓ アオイトトンボ




↓ ハラビロトンボ


お目当ての ウラナミアカシジミは、この地では まだチョット早かったようで、全く姿を見ない!!!
時間を無駄にしない為にも 1時間ほどで切り上げ、次のポイントへ移動する事に。。。
posted by 子猫 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

ゼフィルスを探しに_2

早目に出現する ゼフィルス類を探しに行った 2っ目のポイントでは、周辺の林が伐採され 半分ほどしか残っていない!
ウラゴマダラシジミの棲息そのものが危ぶまれるが、とりあえず 残った林縁を索蝶してみる事に・・・

昨年に比べると、数は少ないが、何とか 4頭は見付ける事ができた!
大柄のルリシジミという感じの蝶で、飛ぶと翅表の水色がきれい!

↓ ウラゴマダラシジミ












↓ アカシジミ


↓ アサマイチモンジ


↓ ヒカゲチョウ


10時ごろには、この地を切り上げ、ウラナミジャノメが居る可能性がある 3っ目のポイントへ移動する事に。。。
posted by 子猫 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

ゼフィルスを探しに_3

ゼフィルス類では無いが、3っ目のポイントには、ウラナミジャノメや ヒメヒカゲが居るはずなのだが、到着すると、
山の斜面が 巾80m、長さ200m ほどに渡って削られ、ソーラーバネルが設置されようとしている。
ここの蝶たちも、生息地を無くし絶滅しなければ良いのだが・・・

↓ ヒメウラナミジャノメ




↓ ヒメヒカゲ






↓ 交尾中のヒメヒカゲ (上が♀、下が♂)


↓ ツバメシジミ


↓ ベニシジミ


↓ サトキマダラヒカゲ


↓ コシアキトンボ


↓ ケリ




ウラナミアカシジミと 本家ウラナミジャノメは見る事が出来なかったが、1:30を回ったので、高速道路が混まない内に、
帰途につく事に。。。
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年05月24日

アオバとは縁が無いのか!

どうも アオバセセリとは 相性が悪いようで、何度行っても ハズレ ばかり・・・私が行かなかった日には良く出てるのに・・・

昨日(5/23) あの曇天の中、3時間以上に渡って トベラの花に来ていて、ゆっくり撮影出来たと聞き、
今朝 6時ごろに家を出て アオバセセリの ポイントへ行ってみた。

家を出るときは、昨日と同じような曇天なので、到着したら既にアオバセセリが姿を見せて居るだろうと、意気込んで
いたのだが、期待は見事に裏切られ 蝶はおろか一匹のハチすらいない・・・
7:30ごろになると、降水確率60%の雨予報なのに、空は雲が切れ 青空がのぞき出した。

↓ メジロ


↓ ジャコウアゲハ


↓ コミスジ


↓ ヒオドシチョウ


↓ コゲラ


トベラの木にも陽が当たり、アオスジアゲハや テングチョウが 何頭も来るようになったし、午後から所用も有る事なので、
9:00すぎ、諦めて引き上げる事に。。。
posted by 子猫 at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年05月22日

アオバ、又々 ハズレ!

生駒山系の麓で、トベラの花に、アオバセセリが姿をみせていて、何人かの方が 撮影されているようなので、
朝から出掛けてみた。
到着したのは 9:30、、、友人も来ていて、ヒオドシチョウが居ると教えてくれた。

↓ ヒオドシチョウ




友人のカメラに、ウラギンシジミが留まった。
↓ ウラギンシジミ




しかし、トベラの花には、アオスジアゲハ、テングチョウ、イシガケチョウ しか集まって居らず、お目当ての蝶は居ない!

↓ アオスジアゲハ


↓ テングチョウ


↓ イシガケチョウ




↓ クロアゲハ


↓ ツマグロヒョウモン


↓ オオスカシバ



トベラの近くで 2.5時間 待ってみたが、アオバセセリが 現れないので、過去に蝶の姿を見掛けたポイントを、見て回る事に!

↓ イソヒヨドリ


↓ 吸水する イシガケチョウ


↓ ルリシジミ


↓ 少々ピン甘 (残念!)


アカシジミや ミスジチョウは発生しているらしいが、見掛ける事も無く ・・・ ウラジロミドリも まだ姿が無いようなので、
元の場所へ戻って来たのだが、相変わらずお目当ての蝶は、来ていないらしい・・・

↓ コミスジ


今日見掛けた セセリ蝶は、これ一頭のみ!
↓ イチモンジセセリ


お目当ての蝶は ハズレだし、5時間も立ちん坊して疲れたので、諦めて帰る事に。。。
posted by 子猫 at 21:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年05月17日

アオバ・丸坊主!

アオバセセリを探しに、早朝から京都へ出掛けてみた。
到着したのは、7:30 ・・・ 谷筋には まだ陽が当たらず、蝶も、トンボも、甲虫も、何〜にも姿が無い!
鳥たちの鳴き声すら聞こえない!

渓流沿いに、上流や下流方向へ移動し、双眼鏡も使いながら 白いウツギの花を丹念に見て回る、、、が、見事にハズレ!

9:30 を回ると、谷筋にも陽の当たる場所が増えてきたので、再び蝶の姿を求めて、渓流沿いを歩いてみると、
オナガアゲハや、アオスジアゲハなどが 姿を見せるようにはなったが、肝心のアオバセセリは見掛けない・・・

↓ コミスジ


↓ アサヒナカワトンボ


陽が当たる場所が増えてくると、何処からやって来たのか? オナガアゲハが数頭、タニウツギの薄いピンクの花に
群がっていた。

↓ オナガアゲハ





10:30 を回っても、お目当ての蝶が見つからないので、大阪へ戻り、生駒山系の麓で、樹液の出ている木を探してみた。

↓ ホシミスジ


↓ サトキマダラヒカゲ


↓ サトキマダラヒカゲ ???


サトキマダラを見掛けたので、飛んで行った先の木を見ると、樹液が出ていて コムラサキや ゴマダラチョウが居た!
だが、葉が茂り 隙間からしか撮れないのが、チョット残念!!!

↓ ゴマダラチョウ






↓ コムラサキ (日陰なので翅の紫色が出ない!)








↓ オオスズメバチ


↓ アサマイチモンジ


3時前、この地の様子も解ったので、引き上げる事に。。。
posted by 子猫 at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年05月12日

ウスバシロチョウ_3

ネギボウズは、昆虫たちにとって、最高のご馳走なのか? 集客力が高く 今日一番の繁盛ぶりだった。

↓ ネギボウズに集まる ウスバシロチョウたち



















数百枚もシャッターを切ったので、この地を切り上げ、先日スギタニルリシジミの居た場所へ回ってみる事に・・・

↓ 体長 30cmほどの シマヘビ幼体


↓ カラスアゲハ






この後、朝一番に立寄ったポイントを、もう一度見てから帰途につく事に。。。
posted by 子猫 at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年05月10日

ウスバシロチョウ_1

蝶の先輩たちと、ウスバシロチョウ狙いで、近畿北部の山へ出掛けてみた。

先ずは、目的地の少し手前にある「黒いアゲハ」や「アオバセセリ」が居るであろうポイントへ 先に立ち寄ってみる事に!
谷筋を登って来ると、車中にまで ミソサザイの鳴き声が聞こえて来る。
タニウツギが生え、陽の当たる場所には、黒いアゲハ が飛来して居た。

↓ オナガアゲハ




ミソサザイの姿を探しながら 渓流沿いに少し移動していると、換わりに カワガラスを発見・・・

↓ カワガラス




↓ カラスアゲハ




一端車に戻り、民家などが点在する場所まで戻って来ると、白い蝶がヒラヒラ飛んで居る。

↓ スジグロシロチョウ


↓ アサヒナカワトンボ


↓ ウスバシロチョウ




↓ ツマキチョウ






あまり遅くなると、お目当ての「ウスバシロチョウ」の活性が上がり、飛び回って留まらなくなってしまうので、
ぼつぼつ 本命の場所へ行く事に。。。(続く)
posted by 子猫 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

ウスバシロチョウ_2

寄り道をした為、本来の目的地に着いた時は、既に10時を回っていたので、蝶の活性が上がり、
沢山の ウスバシロチョウが 辺りを飛び回っている。

↓ ウスバシロチョウ






何とか 飛び物と、翅の透けた感じが撮れたら・・・と トライしてみた。










蝶の先輩が、サカハチチョウを見付け、40〜50m離れた場所に居た私を呼んでくれた。
↓ サカハチチョウ







↓ 今年も出会った キジくん



200〜300mほど移動すると、カラシナにも沢山の ウスバシロチョウが集まって居た。
↓ ウスバシロチョウ
















徒歩で移動し、ネギの植わった畑まで来ると、さらに沢山の ウスバシロチョウが集まって居た。。。(続く)
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年05月05日

少し南の山麓公園

自宅から南へ車で 20〜30分ほどの山麓公園へ 蝶たちの様子を見に、
D7200 + 1.4xV + 300mmF4_PF を持って出掛けてみた。
駐車場は満車状態・・・子供の日とあって、小さな子供たちを連れた家族でいっぱい。

園内には、テングチョウや キチョウ、ヒメウラナミなどは よく見掛けるが、他の蝶たちは皆無・・・
鳥も、ウグイスの声が時折聞こえるだけ・・・

↓ ヤマトシジミ ?


↓ キタキチョウ




↓ コミスジ


↓ コジャノメ


↓ エサキモンキツノカメムシ


↓ ツマグロヒョウモン


途中、網を持った方にお会いしたので、アオバセセリの情報をお聞きすると、「居るょ! 早朝なら花にも留まるょ!」
との事・・・また、「ウツギは最近見なくなった!」とも言っておられた。
posted by 子猫 at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年05月01日

シルビアシジミ

早朝、5:30に自宅を出発し、途中、蝶友の車に乗り換えて、シルビアシジミを撮りに Nikon D7200 + 300mmF4_PF を
持って出掛けてみた。

一番目のポイントに到着しても、お目当ての蝶の姿が無い・・・手分けして探しても見つからない・・・
暫くすると、「居たょ〜! だけど ボロ!」の声、、、とりあえず 証拠写真を・・・

↓ シルビアシジミ


その後、何頭かの シルビアシジミが見つかったが、どれも翅の傷みが酷い!
この地も、例年より可成り発生が早かったようだ! 早々に、この地を諦め、二番目のポイントへ移動する事に・・・

二番目のポイントも到着時には、蝶が居なかったが、暫くすると何処からともなく、何頭ものシルビアが飛び回り出した。

↓ シルビアシジミ








日射しが強くなって来ると、翅を開きだす個体も出て来た。













お目当ての蝶が、そこそこ撮れたので、余裕で、この地に居た 他の蝶や トンボたちも撮ってみた。。。
posted by 子猫 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

ダイミョウセセリ・他

シルビアシジミの第二ポイントに居た 他の蝶や トンボたちも撮ってみた。

↓ ダイミョウセセリ








↓ モンキチョウ


↓ ツマグロヒョウモン




↓ ハラビロトンボ




↓ クマバチ


第一目的の蝶が、たっぷり撮れたので、今度は モンキアゲハや カラスアゲハ などを撮りに移動する事に。。。
posted by 子猫 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

黒いアゲハ蝶

シルビアシジミを撮り終え、移動して来た先には、車中からでも 黒いアゲハたちが飛び交っているのが見える。
はやる気持ちを抑え、駐車スペースへ車を停めてから、カメラだけを持って駆けつける。

↓ モンキアゲハ












↓ アゲハ




↓ カラスアゲハ










中央9点のAFエリヤにセットし、コンティニアンスAFで、飛び回る黒いアゲハ蝶を追跡するのだが、AFが追従出来ない!!!
蝶友のレンズ 旧300mmF4 をお借りしセットしてみると、ちゃんと追従するので、新300mmF4_PF の問題なのだろう・・・
軽くする為に、超音波モーターの出力が小さくなったのか???

まだ帰宅にはチョット早いので、帰る途中に有る クロツバメシジミのポイントへ 発生具合を見に立ち寄ってみる事に。。。
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

クロツバメシジミ

発生状況を確認するつもりで立ち寄った クロツパメのポイントには、到着当初、何〜にも居なかった!
暫く経って、最初の1頭を蝶友が見付けてからは、次々に姿を現すようになった!

↓ クロツパメシジミ


























3:30を回ったので、ぼつぼつ引き上げ帰途に着く事に。。。
posted by 子猫 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

2015年04月28日

ギンイチモンジ

早朝6:20に自宅を出て、お隣の県へ ギンイチモンジを撮りに出掛けてみた。

昨年と同じ流域だが、別のポイントへ入って探してみる事に・・・
今日の天気は、薄曇り・・・日射しが無いと蝶たちの活性が上がらず飛ばないので、見付けられるか?どうか?疑問だ!
心配をよそに、探し初めて5分もしない内に、ギンイチモンジを発見!
一頭見付けると、次々と見つかり、私の周りたけでも数頭いるようだ・・・

↓ ギンイチモンジ




















同じ様なショットばかりになるので、このポイントを切り上げ、トラフシジミの居る場所へ移動する事に。。。
posted by 子猫 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年

蝶を探しに!

お目当ての ギンイチモンジも撮れたので、車に戻り移動して トラフシジミの居るポイントへ・・・
しかし、日射しが弱いからか? 例年見掛ける場所では一頭も見付けられず、車の近くまで戻って来て やっと姿を見付けた。

↓ トラフシジミ








↓ サトキマダラヒカゲ


↓ ベニシジミ


↓ シロスジヒゲナガハナバチ ? (額が赤いのは、どうやら花粉で染まっているようだ!)




再び車で移動し、ツマキチョウが居る場所へ・・・

↓ ツマキチョウ




またまた、車に乗り、アゲハチョウを探しに・・・

↓ ジャコウアゲハ




移動して来た湿原には、羽化して間のない カワトンボも居た。

↓ アサヒナカワトンボ ?


2時ごろ、お目当ての蝶も撮れたので、引き上げる事に。。。
帰途についた直後、電話が鳴った、、、1ヶ月以上前に注文していた Nikonのレンズがようやく入荷したとの事!
車の進路を梅田に変更し、カメラやレンズ類を引き取りに。。。
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2015年