2017年09月29日

アサギマダラ

フジバカマに沢山のアサギマダラが来て居ると聞き D7200+300mmPF を持って出掛けてみた。

↓ フジバカマ


↓ アサギマダラ
















日差しが強く 薄いピンクの花が背景だと、蝶の姿が暗くなり露出補正が難しい・・・

↓ ツマグロヒョウモン






↓ キタテハ






↓ ミドリヒョウモン


11時過ぎ、蝶の撮影を切り上げ昼食を摂りに、明治時代の貴族院議員・田中源太郎が建てた1800年代後半の洋館を
利用した イタリアン・レストラン へ・・・

↓ 楽々荘・平面図


↓ 楽々荘のお庭


↓ 楽々荘での昼食



帰り道、過去の記憶を辿って田園地帯へ・・・休耕田を探すが、殆どがネギ畑になっており 鳥たちの姿がない!

↓ タシギ


↓ ヒバリ

posted by 子猫 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2017年

2017年09月14日

トンボ狙いで・・・

自宅の近くには 何〜にも居ないので、トンボ狙いで 少し車を走らせてみた。
しかし、ヤンマ系のトンボは全く見かけない・・・

↓ ムラサキシジミ










↓ キタキチョウ


↓ チョウトンボ




↓ マイコアカネ


↓ リスアカネ




↓ オオアオイトトンボ


↓ ベニイトトンボ






↓ アオバハゴロモ


↓ ホシハラビロヘリカメムシの幼虫


2時間ほど歩き回ったが、これと言った トンボも 蝶も 鳥たちも見つけられず 早々に退散するハメに。。。
posted by 子猫 at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2017年

2017年06月06日

蝶を探しに!

ウラゴや ウラナミアカ、ウラミス、クモガタヒョウモンの姿を求めて、早朝から宝塚の奥地へ行ってみた。
現地に到着すると、イボタや ウツギが白い花を咲かせ、栗の木も花をつけ始めているし、ヒメジオンや アザミも
沢山咲いているので、お目当ての蝶たちが期待できる。

↓ ダイミョウセセリ


↓ キンモンガ(蛾)


到着して早々に、下草で居眠りしている ウラゴが見つかったが、既に翅はボロボロ・・・

↓ ウラゴマダラシジミ(ボロボロ)


その後、ウラナミアカも現れた。

↓ ウラナミアカシジミ




















ウラゴの綺麗な個体を探しに、場所を移動する事に・・・

↓ ウラゴマダラシジミ








↓ ショウジョウトンボ


↓ ヤマサナエ(?)


↓ モズ


クモガタヒョウモンは 見ただけで、ウラミスは 現れずだったが、朝が早かった事もあり 2時前には撤収する事に。。。
posted by 子猫 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2017年

2017年06月02日

生駒の麓

先日、新しく知った生駒山のポイントへ再び出掛けてみた。
ウツギや イボタノキが、あちらこちらで 白い花を咲かせており、色々な蝶たちが期待できる。

↓ ルリシジミの集団吸水






↓ ルリシジミ


少し登山道を登った処に、スギタニでは?と思える個体も居た。(後翅の下やや後方 “く” の字型の黒斑が繋がっている)
↓ ルリシジミ(?)or スギタニルリシジミ(?)


細い登山道を登って行くと、イシガケチョウが居た。

↓ イシガケチョウ






↓ ウラギンシジミ(♀)






ウラギンシジミの開翅を撮っていると、コムラサキが飛んできて、目の前に止まった。

↓ コムラサキ(♀)




山道を途中で引き返している途中、翅を閉じた黒いセセリを見付け、一瞬、クロセセリか!と思ったが、
小さめの ダイミョウセセリだった。

↓ ダイミョウセセリ








↓ コミスジ


↓ クロヒカゲ


車まで戻って来ると、体長より長い尾と触角を持つ 見慣れないハチが止まっていた。

↓ ウマノオバチ(?)

posted by 子猫 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2017年

2017年05月31日

初めての場所

カーナビの修理が終わり 再 取り付けの為、ディーラーを訪れた帰りに、生駒山の麓の中でも、まだ行ったことの無い場所へ
出向いてみた。

黒いアゲハ蝶や、イシガケチョウ、タテハ蝶の仲間、シジミ蝶の仲間などが、あちらこちらで飛び回って居るのだが、
一向に止まってくれない!

↓ アサマイチモンジ






↓ ツバメのお子ちゃま


やっと止まったと思ったら ルリシジミだった・・・

↓ ルリシジミ (斑紋の黒点が足りない)


↓ ルリシジミ (別個体・これも黒点が足りない)


到着した時間も遅く、様子見のつもりで来たので、あまり奥の方まで立ち入らず、撤収する事に。。。
posted by 子猫 at 19:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2017年

2017年05月29日

生駒の麓

本家の ウラナミジャノメに出会えたらと、生駒の麓へ行ってみたが、結果はハズレ〜〜!

イボタの木の傍で、ウラゴマダラシジミらしき チョット大きめの シジミ蝶が数頭 飛び交っていたので、30分ほど待機して
みたが、全く止まってくれず、結局、撮れず終い。。。

↓ ヒメジャノメ


↓ クロヒカゲ


↓ ヒメウラナミジャノメ


↓ キスジホソマダラ(蛾)


↓ ナミホシヒラタアブ


↓ ミズイロオナガシジミ


↓ イシガケチョウ




↓ アオサギ


お目当ての ウラナミジャノメは 空振りだったが、今期初の ミズイロオナガシジミや イシガケチョウには、
出会う事が出来たし、ウラゴが居る様なので、近い内にまた行ってみるかぁ〜〜♪

↓ ウラゴマダラシジミ(過去画像より)


posted by 子猫 at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2017年

2017年05月28日

隣町の麓

ゴマダラチョウや イシガケチョウにでも 出会えたらと、隣街の麓へ出向いてみたが、これと言った 蝶も鳥も
何〜にも居ない ・・・ 数年前は、ウラナミアカシジミまで居たのに ・・・

↓ アサヒナカワトンボ




↓ ハンミョウ




↓ アカシジミ


↓ モンシロチョウ


↓ ナミホシヒラタアブ(?)


お目当ての イシガケチョウは、一頭も姿を見ずだし、ナガサキアゲハや コミスジは やって来るのだが、
止まらないので撮れず終い。。。
posted by 子猫 at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2017年

2017年05月22日

またまた生駒の麓

アオバセセリの姿を求めて 5度、生駒の麓へ・・・

今日は、8:15と 10:20の2度、その姿を見る事が出来たが、1度目は 暗いので LEDライトを向けた途端、飛ばれてしまい
2度目は、アカシジミに気を取られていて、アオバに気付いた時は、飛び去る直前で、時既に遅しだった。

↓ イソヒヨドリ




↓ アオバセセリ (8:15の個体、LEDライトを向けたら飛ばれてしまった)


↓ アカシジミ




↓ コチャバネセセリ


↓ コミスジ


この後、車に戻り、少し南の麓へ移動し、ウラナミジャノメを探してみたが、見付けられず・・・少し早かったのか!?

↓ ラミーカミキリ


↓ ホシミスジ




最近、カーナビの調子が悪く、3時にディーラーへ修理予約してるので、昼食時間を考慮して撤収する事に。。。
posted by 子猫 at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2017年

2017年05月19日

アオバセセリ

今日も、アオバセセリの姿を求めて生駒の麓へ ・・・ 一番確率が高いと思える トベラの木の傍で待機する事に ・・・

9:20、4〜5m離れた日陰で暗い トベラの花に、アオバセセリはやって来た。 手持ちのまま あわてて撮影!!!
ISO=1600 では SS=1/320 にしか上がらず、動かれると全てブレブレ

↓ アオバセセリ






ものの 20〜30秒ほどの お出ましだったので、何だか消化不良の感が強い・・・

今期初見の アカシジミも姿を見せたが、既に後翅がボロボロ・・・

↓ アカシジミ






↓ アゲハ


↓ キマダラツバメエダシャク(蛾)


その後、1時ごろまで待機してみたが、再び アオバセセリが姿を見せる事は無かった!
posted by 子猫 at 19:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2017年

2017年05月17日

相性の悪いアオバセセリ

2〜3年前から、何度行っても出会えない アオバセセリ ・・・ どうにも相性が悪いようだ ・・・

性懲りもなく、またまた 生駒の麓へ出向いて 朝からお昼過ぎまで待機してみたが、案の定 アオバの姿は 影も形も無し!
蝶友たちは、何度もこの場所で綺麗な写真を撮っておられ 「昨日は良く出てたのに!」って言われるが!!!

代わりに、トラフシジミの春型が 代役を務めてくれた。

↓ トラフシジミ








↓ イチモンジチョウ




↓ コミスジ


↓ コチャバネセセリ




↓ アオスジアゲハ


↓ ナガサキアゲハ


↓ ツマグロヒョウモン


↓ オオイシアブ




↓ マガリケムシヒキ


↓ ヤマトシリアゲ


↓ スミゾメハキリバチ


↓ アオカミキリ


↓ オオハナアブ


↓ ナガメ


↓ シジュウカラ


↓ カワラヒワ






午後1時、お腹も空いてきたので、諦めて撤収する事に。。。
posted by 子猫 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2017年

2017年05月12日

八ヶ岳の麓−1/3

5/11〜5/12、開田高原〜八ヶ岳方面へ探蝶(鳥)に出掛けてみた。

翌 12日は、朝から快晴 ・・・ 7:00 に朝食を摂り ヒメギフチョウを探しに、荒れた林道を通って原村の北東部へ・・・
しかし、気温が低く お目当ての蝶は姿を見せない!  待機している間に コガラがやって来た。

↓ コガラ
















↓ オオルリ(♀)


9時過ぎ、蝶たちが全く姿を見せないので、ポイントを移動しようとした時、タテハ蝶が現れた!
それに 釣られる様に、ヒメギフチョウも姿をみせた。

↓ キタテハ




↓ ヒメギフチョウ




お目当ての蝶が姿を見せたが、数が非常に少ないし 滅多に留まらないので、やはり移動する事に・・・
別のポイントへ移動を始めると、運転していた蝶友が、林道に降りている エルタテハ(初見)を見付けてくれた。

↓ エルタテハ




 つづく・・・
posted by 子猫 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2017年

八ヶ岳の麓−2/3

移動した先の林道は、路面の凹凸が酷く、床下の低いセダンでは踏み入れず、車を降りて歩く事に・・・



渓流傍の針葉樹林で、日溜まりの有る処に、ヒメギフは飛んで居るが、滅多に留まらないし、たま〜に留まっても
ほんの一瞬で、ピントが合うころには もう居ない ・・・ やむなく飛翔中を狙ってみる事に ・・・

↓ ヒメギフチョウ






林道を先へ進んでいた蝶友からTEL・・・着信音は鳴るが、声が聞こえない・・・おそらく 「たくさん居るから此方に来い」 と
言う事だろうと、駆け足で先へ進むと、スミレほどの大きさの 金鈴花(?)に、ヒメギフが度々やって来る。

↓ ヒメギフチョウ (黄色い花は金鈴花?)






たまには 枝留まりもしてくれ、抜けの良い写真が撮れた。

↓ ヒメギフチョウ




さらに 林道を先へ進むと、小さな スミレが咲いていて、お花留まりの ヒメギフが撮れた。

↓ ヒメギフチョウ










スミレ留まりを撮っていて、2頭が地上で絡んだと思った瞬間、交尾が始まった。

↓ ヒメギフチョウ(交尾)










交尾したまま飛び上がり、地上2mほどの枝先に留まった。

















交尾写真まで撮れたので、元来た林道を 蝶を探しながら ゆっくりと引き返す。



  つづく・・・
posted by 子猫 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2017年

八ヶ岳の麓−3/3

車へ戻り、越冬明けの キベリタテハや ヤマキチョウが居ると聞くポイントへ移動・・・

↓ コツバメ




↓ スジボソヤマキチョウ(越冬明け)


↓ キベリタテハ(越冬明け)


またまた原村の中を移動して、春型の ヒメシロチョウを撮りに・・・

↓ ヒメシロチョウ (姫踊子草で吸蜜)






この後、高藤へ移動しミヤマシジミを探すが、チョット時期が早かった様で、見付けられず !!
2泊3日の予定で 出掛けて来たが、翌日の天気予報は一日中雨らしいので、予定を切り上げ帰途に着く事に。。。
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2017年

2017年05月11日

イエローバンド

5/11〜5/12、開田高原〜八ヶ岳方面へ探蝶(鳥)に出掛けてみた。
開田高原に到着したのは 8:00、、、あいにくの曇り空で、可成り寒く、蝶はもとより 鳥たちも 全く姿を見せない!

↓ 開田高原・針葉樹の森


網屋さんが 何人か入って居るので、写真を撮る前に捕獲されない様、離れた場所を選ぶことにして、とりあえず、
縁毛が途切れる事無く均等に黄色い ギフチョウのイエローバンド型が、姿を見せそうなポイントを探してみる。

↓ カケス


雲の隙間から 極わずかの日射しが有ると、ハチや 甲虫、シロチョウたちが姿を見せるようになり、期待が高まる。

↓ ミヤママルハナバチ




お昼前になって、本格的に日射しが出て来ると、お目当てのギフチョウたちが姿を見せだした。

↓ ギフチョウ・イエローバンド型



















↓ スジボソヤマキチョウ (越冬明け)



↓ ギフチョウ・普通型












お目当ての イエローバンドも 普通のギフチョウも 撮れたので、遅くなった昼食を摂りに車へ戻る事に。。。
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2017年

2017年05月08日

堺の浜へ

昨年、堺の浜に トベラの木が沢山有り アオバセセリがやって来る! と聞いていたので、今日、出掛けてみた。
現地に着くと、トベラの花は まだ咲いておらず、巾30m・長さ300m ほどの 防風林の中に、植えられているので、
この中から アオバセセリを見付けるには、探すべき範囲が広すぎる。

↓ ナミホシヒラタアブ


↓ コフキコガネ


↓ キイロホソガガンボ


↓ ヒトツメシロヒメシャク


トベラの花が まだ咲いていないので、日を改めてまた来てみるか〜〜。
posted by 子猫 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2017年

2017年04月14日

春の妖精

春の妖精を撮りに D7200 + 300mm_PF を持って、今期初の蝶撮りに出掛けてみた。
到着早々、駐車場の直ぐ傍に 「春の妖精」ミヤマセセリが飛んで来た。

↓ ミヤマセセリ


暫くすると、アセビや ツツジの花に留まった。





少し移動し 小さな池の傍まで来ると、これまた「春の妖精」の一種 コツバメが姿を見せた。

↓ コツバメ




さらに移動して、ギフチョウのポイントへ・・・

↓ ギフチョウ






このポイントにも、ミヤマセセリがいて、ツツジで吸蜜していた。

↓ ミヤヤセセリ






↓ ギフチョウ


























↓ ホソミオツネトンボ


昼食を摂ろうと移動している途中、様子を見に立ち寄った場所には、ツマキチョウが飛んで居た。

↓ ツマキチョウ


現地でお会いした、地元の方が ヒトリシズカ が咲いているょ!って教えてくれた。

↓ ヒトリシズカ


この時期の短期間だけ見れる蝶が、4種も撮れたので昼食後には帰宅する事に。。。
posted by 子猫 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蝶・トンボ_2017年